2004年10月07日

池袋東口店11:55am

このカテゴリーを新たに作りました。またサイトの再構築です。ちと面倒。

今日は秋になってさすがにサンダル生活から靴生活への移行のため、靴下を買いに池袋東口のドンキホーテまで。ここが一番安く買えるのではないかという目論見です。くるぶしまでの靴下にしようと思ったのですがいい年でそれはあまりに痛いということでむくみのひどい足には痕がついてしまうものの普通の靴下を買うことに。それで5足1050円で無事に購入した後、どこにしようかと考えたところ「このBlogでまだ池袋東口は扱ってなかったなぁ」ということで久々に池袋東口に行ってみることにしました。

大阪から東京に転勤になった競馬サイトのお客様が池袋東口で食べて「なんだかなぁ」という感想を述べてそれに対して自分は「池袋東口がいまいちだからといってそれで二郎を判断しないでください」とアドバイスしてしまったくらい、正直なところ自分としては二郎としての評価は高くないんです。ただ定期的に「今回はどうかな」という様子見はすることにはしています。おいしくなっていれば比較的近所に住むものとしてはうれしいですから。写真そのものは食いきってから撮ったものですが、こんな外観です。光の都合でうまく写っていなくてごめんなさい。

それで11:20に着くと自分の前にはすでに10人以上のお客様が。池袋東口にはすぐ隣に大勝軒南池袋店をはじめとして他にも屯ちん、無敵家、二天、えるびす、光麺、山頭火、ばんから、名作座、はせ川、玄武、ちょっと歩けば大勝軒東池袋、七人の侍等々あるわけなので分散されてもと思うのですが、意外と行列が多くてびっくりです。それでやっとこさオープンして入ろうとすると3つ目のロットでようやく出てくるという状況でした。その間、日刊スポーツを読んだりiモードを眺めたりしているとようやく出てきました。小ダブル野菜にんにく煮卵です。

どうも自分としては乳化したスープは二郎っぽくなくて(注:自分の思い込み)好きではないのでテンションが上がりません。スープを飲むとしょっぱいというかすっぱいという感覚でした。ただ豚は5月か6月に行ったときに香油ラーメンを食ったときにも思ったのですが、かーーなりよくなっていました。高田馬場の豚がこれだったら自分的にはベストなんじゃないかといえるくらいです。醤油もちゃんと染みていてだしがらになっていなかったです。野菜はほとんどもやしです。もう少しキャベツがあってもなぁという印象です。豚はすんなり食えるのですが、結構量そのものが多いので最後のほうは辛くなってきます。唐辛子やコショウをかけて味を変える必要があります。実際ほんの少しだけだけど残してしまいました。申し訳ございません。

というわけで実は「名作座」にある「味噌次郎」と迷ってココにしたわけですが、今度池袋に行く際には「味噌次郎」を食うことにします。他にも無敵家、えるびす、光麺、ばんからも食ったことがないのでこの辺を食べ歩くことを優先することになると思います。さらには読者の方からのリクエストを受けている中本の冷やし味噌もありますし、次回の訪問は相当後になりそうな予感がします。

投稿者 91E : 15:43 | トラックバック

前の10件 1  2