2008年06月15日

家で作る台湾ラーメン

最近外食でラーメンを食べる機会が減っています。これは単純に節約できるようにと家で飯を作ることが増えたからです。最近よく使っているものはこれです。

スガキヤから発売されている袋入り台湾ラーメンです。東京では食べられそうで食べられない台湾ラーメンなので家でしか食べられないんですよねぇ~。実家近くの薬局チェーンで1袋118円で売っているので帰るたびに10袋位買いこんでは作ってます。さすがに1袋分の麺の量では満腹にならないので1回食べるごとに2袋使うのですが、

スープと具は1袋ずつしか使わないで、残りは冷蔵庫に入れておく

ということをします。そうすると麺だけ買ってこればもう1セット作れてお得です。単純にめんどくさがりなだけですし、むしろ屑っぷりをさらけ出しています。これに「豆板醤とラー油を一晩浸したひき肉」と直前に切ったにらを炒めたモノを載せるとこんな感じになります。あくまで自分で作って食べる用ですので

舌に乗ってしまえば一緒

というわけで盛りつけは雑です。ご了承ください。雑なものをわざわざ拡大する必要もないので大きさはこのままのものだけです。もう1枚についても同様です。ちなみにこれの具を野菜炒め+たっぷりのにんにくに変えれば「ベトコンラーメン」としても食べることができます。まさに一粒で二度おいしいといえる魔法の袋です。

ちょっと前に東京スポーツを見た際に紹介されていた「唐辛子酢」を入れるとさっぱりします。途中で入れると味の変化にもなりますしお勧めです。唐辛子が入っているので辛さが薄まることはないし、なかなか使えます。この唐辛子酢は冷麦のつゆに入れても結構いけます。これから夏に向けて使う機会が増える調味料ではないでしょうか?自分の人生の中で東京スポーツが役に立ったランク上位です。この唐辛子酢の作り方は

100円ショップの輪切り唐辛子と穀物酢500ccと砂糖(辛いのが苦手な人は多めに)を混ぜて冷蔵庫に入れて数日待つ

という簡単なものです。輪切りするのは単純に表面積が多くなればそれだけ早く味がいきわたるというだけのことです。ぶっちゃけ1晩でもそれなりに辛さはつきます。これは東南アジアではよくつかわれているそうです。

しかし唐辛子酢を加えるというのをしてもさすがに飽きてきたので、いっそのこと

最近流行の汁なしバージョンにしたらどうだろう?

というのを考えました。作り方は極めて簡単で、

スープとかやくと豆板醤とラー油を加えてお湯をれんげ2-3杯分入れてしっかり混ぜあわせて麺とひき肉とにらを炒めた物を載せて全部混ぜる

だけでOKです。

これまた先ほどと同様に「舌に乗ってしまえば一緒」ということでお許しください。さらには混ぜた後なので丼が汚れてしまっているものお許しください。はっきりいって食べた感想を言えば、

普通のラーメンバージョンよりもずっとうまい

と言い切っていいくらいです。これを食べたいがためにスガキヤのサイトで台湾ラーメン12袋1600円+送料を注文してしまおうかと思うくらいです。「台湾ラーメン 汁なし」でググると一部店舗でしかやっていなくてさみしいです。その一部店舗も焼きそばに近いビジュアルでして、油そばタイプではないです。担々麺はもともと汁なしですし、多くの店でやっているのを考えるとこのメニューはできそうな感じがするのですがどうでしょう?味仙でも裏メニューでやっているという噂ですが、表メニューになったら食べてみたいですね。

この袋がない場合でも「豆板醤+ラー油+唐辛子+にんにく+鶏がらスープの素+醤油」があればそれなりの味にはなると思います。(試したことはありませんが)もちろんこのときにも先の唐辛子酢も入れてみたというのは言うまでもありません。

投稿者 91E : 12:50 | コメント (2) | トラックバック

2008年01月17日

名古屋名物ラーメンを自宅で

夏だと何かと面倒なのですが、せめて冬のうちくらいは家で料理するかなと思い、今回は「名古屋名物麺料理を自宅で」というコンセプトで簡単な作り方とアレンジを紹介していこうかなと思います。あとは自らの課題も合わせて。とにかくテーマは「あくまで簡単に」です。

台湾ラーメン

これは名古屋は今池の中華料理店「味仙」のまかない料理からスタートです。中華料理の鶏がらベースに唐辛子やスパイスなどで辛さを加えそれにひき肉いためとにらと輪切りの唐辛子を載せた非常にシンプルなものです。シンプルなんですが、一言でいえば「ビールに合う」そんなラーメンです。使ったものはこちら。

これは名古屋で売っている商品でこないだ名古屋に帰った際に買いに行きました。通販で買うとするとこちらからの購入になります。12袋1680円+送料になります。残念ながら自分の東京での生活圏内ではこの商品を見たことはありません。

普通にラーメンを作ってそれとは別にひき肉炒めとにらを載せました。輪切り唐辛子は載せ忘れました。失態です。今回はこないだ購入したスガキヤのどんぶりに入れてみました。

もともとがシンプルなスープなので比較的再現しやすいとは思うのですが十分満足できる辛さでした。人によってはもう少し辛くてもいいかもというくらいに感じます。そういう場合は唐辛子やラー油を足せばいいでしょう。コクがもう少しほしいとなれば豆板醤かコチュジャンでもいいでしょう。もともと台湾ラーメン自体が、

材料は豚のミンチ、ニンニクのみじん切り、タカの爪のみじん切り、これらを炒め、しょうゆ、さとう少々で味を付けます。「他にもっと色々な調味料が入っているでしょ」とお客様に聞かれますが、あとは材料の持つうまみなのだとか。丼にもやしを敷き、麺をいれ、ニラを載せた上に調理したミンチを載せ、鶏がらスープを注いでできあがりです。

という作り方なので非常にシンプルです。今後の課題としては、

市販の袋ラーメンの醤油味をいかに台湾ラーメンテーストにするか

ということですね。基本的には袋ラーメンの醤油味は鶏がらベースなので十分可能な気はしています。もっとも単純にラー油だけを入れると「出前一丁」ですから、それだけではないでしょう。ラー油だけではなくコショウや豆板醤やコチュジャンや唐辛子のブレンドを試していくという感じになるでしょうね。うまくいったら報告したいです。

ちなみにこのラーメンは台湾にはなくて名古屋のみですのでご注意ください。物産展とかで味仙とかきてくれればうれしいなぁ。

ベトコンラーメン

もともとの由来は「ベストコンディション」ですが、ちょうどできたのがベトナム戦争の時期でありそれもあって「ベトコン」と略すようになりました。自分の中でこのラーメンは

日本一ビールに合うラーメン

という位置付けです。名古屋地区では「新京」とかで食べられます。基本的な構成は台湾ラーメンによく似ていてはっきり言って具を変えれば「ベトコンラーメンです」といって出せるくらいの商品であるように感じています。なので麺とスープは先の台湾ラーメンと同じものを使用しました。東京の自宅で食べるというコンセプトにおいてはこれで十分です。

麺とスープは上のものから作るとして具はもやしとにらとにんにくと輪切り唐辛子を炒めたものを載せます。ただそれだけです。注意することとしてはにんにくは「こんなに入れるの?」ってくらいいれることです。今回は手抜きでにんにくの醤油漬けを使いましたが、できれば生にんにくがあればそっちのほうがいいです。二郎を超えるにんにくくささになるくらいにしたほうがいいです。あとはスープとの一体感を考えるとコショウで味付けてもいいでしょう。逆に箸休め的な機能を重視するならなくてもいいです。その辺は各自の好みで。

やっぱりこれはビールと本当にあいますね~。ゆきちゃんラーメン仕様だと炒めたものに玉子を絡める形になります。その辺も各自の好みで。あとは作り方としては札幌ラーメンみたく具を中華なべでいためてからそれにスープと麺を入れる形にしてもいいかと思います。

投稿者 91E : 21:17 | トラックバック

2006年01月31日

オリエンタルマースカレーきしめん

29日の昼は28日分の蓮爾登戸店の最後に紹介した「オリエンタルマースカレーきしめん」を食べました。とりあえずはオリエンタルカレーと寿がきやのコラボレーションですよ。それだけで名古屋出身者としては無条件に食べなくてはなりません。というかオリエンタル坊やとスーちゃんがいっしょにいたらそれだけで無条件です。我が家でもこの2キャラのコラボレートをしてみました。

とりあえずは「君しる~や~♪君しる~や~♪オリ~エンタルカレ~♪」のリズムが脳内をリフレインしてます。(wavファイルです)あとは当然「ハヤシもあるでよ~」も必須アイテムです。(これまたwavファイルです)このファイルの音をあんまり違和感なく聞き流している自分が怖いです。

完成したのがこれです。生麺タイプだったのでものの2分もあれば完成です。

やっぱりカレーうどんやカレーきしめんはこの色じゃなきゃダメです。少なくとも自分の中では牛乳が入っていて白っぽいのはカレーうどんという感じがしません。具体的にいうと古奈屋のカレーうどんです(注:これは育った環境のせいで味そのもののせいではありません)やっぱりこのカレーカレーした色がいいんですね。一応きしめんになっているってことで麺をクローズアップ。

湯気と手ブレのせいでぼやけてしまい申し訳ございません。つるつるの極太の平打ち麺がきしめんです。インスタントにしては良くできていますが、今後これを食べようという皆様がいらっしゃいましたら「お湯は少なめ」にしてください。規定の線より少なくしてよりとろみを出したほうがおいしくいただけるかと思います。

オリエンタルの通販サイトで12個2500円+送料でも購入できます。他には「あんかけスパ+どて飯+カレーうどん」の名古屋飯三点セットなんかも買うことができます。どて飯については自分の中でかーーなり食いついてますね。

これだけでは足りるはずもないので「UFOのイタリアンタイプ」も食いました。これについてはスタンダードに普通のUFOを食べたほうがうまいというのが印象です。

投稿者 91E : 08:58 | コメント (4) | トラックバック

2005年08月31日

寿がきや和風とんこつラーメン

8/31の夕食です。この日は昼に大塚三浦屋でひつまぶし1.5人前2850円を食うという愚行をしたために、晩飯は節約しなきゃモードに入ってしまいました。1回名古屋で「ひつまぶし食おうぜ」という流れになっていったら見事に休みだったと言うことがあったのでリベンジしたいと言う気持ちと「東京でひつまぶしらしいひつまぶしが食べられる」(要は名古屋式の焼き方をして作るから)というので行ってみました。結論から言えば美味しいですが、そう頻繁に食べられるものでもありません。9月中まで食べられるそうです。場所はJR大塚駅の北口から左斜め前に見えるスタバの通りを奥に進んで東横インの隣です。

ひつまぶしの量がさほど多くなかったので夕食時には普通に空腹。贅沢な食事の後は思い切り質素にというわけで、名古屋滞在中に買い込んで送った袋入りラーメンを。まずはThe名古屋の袋いりラーメンといえるこれを。

実家の近所のクスリ屋で1袋100円で売っていたので買い込んでおきました。さすがにいくらめんどくさがりな自分でも具が何もないのは寂しいと言うことで今回はメンマと焼き豚を買っておきました。メンマはグリコのシリーズ(スーパーの袋入り生麺のところにおいてありました)で焼き豚は加工肉のコーナーにおいてあるモノを買いました。

袋入りラーメンは2袋分どさっと入れるのがお約束なので入れて完成したところに先ほど紹介した具を入れました。面倒なので丼に移し変えるなんてことはしません。そのまま鍋食いをしました。こういうところに不精な性格がそのまま現れています。

食ってみたんですけどなんといいますか全体的な印象として「このスープとの相性はビミョー」というのはありました。特に豚のほうなんですけど、もっと不健康そうででもっとやばそうでもっと脂身過剰な豚だったらこのスープとマッチするのですが、1個300円弱するようなある程度高級な豚にしたのでいまいちでした。どうやら徹底的に安い豚にしたほうがあいそうな予感がします。本当は名古屋のスーパーに置いてある「すがきやが作った具」を入れるのが一番なのでしょう。

麺は店で食うよりもなんか黄色がかっていてちょっと違和感。スープもなんか和風な味が前面にですぎていてちょっと「寿がきやとのバランス」という点からすると何か違うなというのが率直な印象です。正直なところこれを食うんだったら高田馬場(電車で往復300円)までいって普通に食べたほうがいいです。特に具に使った金を考えると。。。なお卵については本当は入れて「特製ラーメン」風にしたかったのですが、残った卵の管理が面倒だったのでやめてしまいました。

あと袋入りラーメンシリーズはあと数回は実施することになっています。期待しないで待っていてください。なお大塚三浦屋で雑誌を読んでいたら高円寺に「名古屋風イタリアンスパゲッティ」を出す店があるとのことなのでいずれ行こうと思います。ここのネタにするかどうかはわかりませんが。

投稿者 91E : 23:59 | コメント (2) | トラックバック

1