2009年12月30日

天理スタミナラーメン屋台

27日の夕食その2です。彩華ラーメン本店で食べた後は天理駅に移動しそのまま郵便局まで歩いてその対面にある「天理スタミナラーメン」の屋台へ。本当は本店にしたかったのですが単純にここが一番移動が楽だったので。


住所:天理市川原城町(天理郵便局前)
営業時間・定休:18:00-2:00(日祝1:00まで) 無休

30人くらいは座れるのですがこれまた満席でしばらく待つことに。するとその5分後に恐ろしい事態に遭遇しました。

天理高校柔道部と合同合宿している他校の柔道部員が30人くらい大挙してやってきた

もし順番が逆だったら速攻であきらめて電車で1駅の本店にいっていましたね。やっぱりがたいのいい柔道部員30人の後ろというのはきついですから。と同時に自分も高校時代は半日授業の日は野郎12人くらいでとんかつ屋に行って4人がけテーブル3つを独占してうるさくしていたものでして、当時の大人の方々に対して申し訳ない思いでいっぱいになりました。

それでも15分くらいで座れて小600円を。ロットのラストだったこともあり5分くらいで。これは助かりました。もし次のロットになっていたらこの日寝泊りした奈良健康ランドへ行くバスを1時間待たなくてはならない状況でしたから。そうしていたらフィギュアスケートも見られなかったわけでして本当に助かりました。

 

写真についてはかなり暗い席になったので高感度で撮影しました。自分の目に入ったのもこんな感じの色合いでした。しっかり観察して食べるのなら普通に建物の中で食べるべきでしょう。ただあくまで「日記」だし逆にリアリティあるのかな?くらいに勝手に居直ることにします。

麺は細めでやや柔らか目というのは先の彩華と変わらないけどスープや具は結構違ってました。スープはやや乳化したとんこつベースです。辛さやにんにくは若干抑え目で代わりに酸味が利いていて妙に複雑な味わいでした。具は野菜はやや少なめだったけど豚の細切れ肉が少しあったのはうれしかったなぁ。

もし彩華と似た味だったら正直徒労だろうなぁと思ったけど、結構違いがあって自分にとってはよかったです。

投稿者 91E : 23:00 | トラックバック

彩華ラーメン本店

27の夕食です。まずは「彩華ラーメン本店」です。近鉄天理線前栽駅から歩いて10分ほどだけど歩道が整備されていなくて怖かったです。地方のしかも郊外にあるラーメン屋は公共交通機関で来る人の存在を考えてないよなぁ。夜の壬生から二郎栃木街道店への道も怖くて無理だもんなぁ。


住所:奈良県天理市岩室町91
営業時間・定休:11:00-3:00 無休

当然車で来る人前提なのはいうまでもないのですが、駐車場の警備員が二人いるのはさすが繁盛店だなと。実際7-80はあろうかという席数なのに待たされましたから。もっとも一人客だったので数組抜いてすぐに座れましたけど。今回は最初から連食計画(次回のでネタにします)だったのでラーメン小680円を。関西のラーメン屋らしくサイドメニューは豊富。連食を考えていなかったらから揚げとか食べたかったけど仕方ないです。5分弱で。

 

麺は細めで柔らかめ。過去の関西のラーメンを思い出してみるとこれが関西スタンダードと考えていいのかなという気がしています。具は白菜にらもやしを炒めたもの。できればバラ肉か細切れかひき肉かを炒めたものがほしいなという印象。その油が表面に浮いているものの総じてあっさり目のスープです。鶏がらベースのシンプルなスープににんにくとラージャン(店での名称ですが、豆板醤に似ているものです)で辛さと香り付けを加えています。特にラージャンは卓上にもあるのですが、これはうまいですね。ちょっと加えるとより刺激が増していいのでは?と思います。最後まで熱々で体の芯から何か力が湧き出る感じがします。

名古屋の台湾ラーメンやベトコンラーメン、関東のニュータンタンになじんでいる人には問題なくおいしく食べられると思います。

投稿者 91E : 18:17 | トラックバック

ジャンク屋哲

26日の夕食です。天理でラーメンを食べた後は天理市内・薬師寺・唐招提寺をうろついた後に平城宮跡の朱雀門のライトアップを撮影してから新大宮まで歩いて、二郎インスパイア店「哲」のある富雄まで。どうやらこの富雄ですが、関西のラーメン本を立ち読みする限りではラーメン激戦区のようです。

この哲は米子の「笑福」の系列店なのですが。場所は富雄駅から歩いて1分と本当に近いです。新代田よりも近いと感じたくらいですから。


住所:奈良市富雄北1-3-5
営業時間・定休:11:30-14:00 18:00-スープ切れ 無休(12/31-1/3は休み)

早速黄色い看板で「ニンニク入れますか?」というアピールがあるのを確認して入店。席数はカウンターが7くらいで奥に座敷席があります。関西のラーメン屋では客とのやり取りを大切にしているのか券売機を導入する店はほとんどないのですが、ここも導入していませんでした。

今回は豚入り200g850円を。ちなみに300gでも同一料金なのですが、晩飯なので200gにしておきました。「写メ大歓迎」といううれしい張り紙があります。

夢を語れや地球規模で考えろのTSUYOSHI店主といい関西の二郎インスパイア店の店主は「どや」アピールをしたいようです。無料トッピングで野菜とにんにくと鰹節を入れてもらうことに。7,8分で。

 

麺については極太とありましたが、

二郎の半分くらいしかないんですけど…

というのがまず率直に感じた印象です。食感としてはごわごわでももちもちでもなく何だろう?と考えていると、

スパゲッティハウスヨコイの麺を質感ある感じにしたのが一番近いかなぁ?

という実に伝わらない説明。いずれにしてもパスタっぽさはあるなという印象。量は野菜よりも少なくて野菜を片付けていたら知らない間になくなっていたくらい。その野菜は水分が多くてかなりクタ。三田と富士丸の中間くらいといえば伝わるでしょうか?これが結構重たいから実に減らない。減らずに苦労していると店主が

多かった?

とこれまた「どや、うちは多いやろ」アピール。地方などには「二郎=野菜をすごく盛る」というイメージがあるようです。これもすべては平和島にある麺香房暖々のせいのような気がするんですけど…。

スープは「とんこつと鶏がらを煮込んで」とあり、確かに鶏がらの味も入っていてその分軽い感じでありました。しょうゆの味はあまり前面に出てきません。味に飽きるので店主が「途中でトッピングの希望があれば足すよ」といっていることもあり、途中から鰹節を入れて味を変えるのがいいのでは?と思います。

豚はばら肉の厚切りでジューシーなもの。これにはしっかりと味もあり本当にうまかったです。これだけは増して正解だったと心から思えました。不思議なことにこうやって地方の二郎のインスパイアを食べていると桜台でたんまり食べて「しばらく二郎はいいや」と思ったのに、早く東京に戻って二郎を食べたいと思っている自分がいます。やっぱり二郎と二郎インスパイアの間にはなんともいえない違いがあるんだなというのを実感してます。

投稿者 91E : 10:49 | トラックバック

2009年12月29日

豚菜館

26-28と関西に行ってきたのですが、26の昼は近鉄天理線の二階堂駅で下車し、豚菜館へ。5分くらいで到着。


住所:奈良県天理市二階堂上ノ庄町24-6
営業時間・定休:11:30-15:00 日曜・月曜

開店時間10分前に到着したのでちょっとふらついて開店時間直前に行ったら普通に営業していました。確かにケンミンSHOWで

大阪では営業時間前に営業しているのは普通

というのはやっていましたが、まさにそれを実感。自分の前にすでに8人いてその分を作ってから自分の番に。作業工程を見ていると細麺なのに麺上げしてから3分くらいかけて盛り付けて提供しているから「これはやわ麺だろうなぁ」と思ったらそのとおりでした。でもよくよく考えると関西のラーメン屋で食べるとやわ麺で出てくることが多いし、関西の人もそれを求めているんだろうと思います。

ちなみに今回はメンマ入り700円を。ここは京都風ラーメンの店でしてメニューはラーメンのみという関西のラーメン屋にしては珍しい仕様です。

 

しょうゆは薄口しょうゆベース。色は淡いけど塩分濃度は高め。まさしく関西のしょうゆだなと。実際その後水分とりまくりでしたから。それにやや乳化した鶏がらスープ。ご飯と一緒に食べると合いそうな味わいです。追加で150円払うか迷ったくらいです。後々のことを考えてやめましたけど。

具は薄切りのモモチャーシューと軟らかく煮たメンマと九条ねぎと細いもやしです。関西では細もやしが人気みたいでこれが使われてました。九条ねぎといいまさに関西だなという印象。モモチャーシューは味付けがしっかりしていてかなりうまかったです。700円で持ち帰りで買ってビールやご飯とあわせて食べてみたいなと思いました。

トータルの印象としては「関西に来たことを心から実感できるラーメン屋」という印象でした。関西で人気の来来亭が相武台にできたみたいですけど、大丈夫なのかなぁ?

投稿者 91E : 21:23 | トラックバック

2009年03月29日

丸高ラーメン

3/23-24にかけて関西方面に行ってきました。23日は月曜日だったので目当ては大阪の福島駅近くの原点ラーメンです。

 
住所:大阪府大阪市福島区福島5-8-11
営業時間・定休:11:30-14:00 18:00-23:00 日曜
メモ:どさんこグループのお店らしいです。

月曜日の夕方6時過ぎに行ったので開いているはずですが開いていませんでした。ものすごくがっかりです。写真を見る限りは二郎っぽいものがあるのか?という期待もあります。ただ検索して調べるとメモにも書いたとおりにどさんこグループのお店らしいです。長野や群馬にある原点と同じような感じかなと考えたほうがいいのかもとは思います。でもこの画像は長野の伊那の原点に行った時よりも二郎っぽくて期待したくなるんですよね~。ちなみに関西方面にはこんな店もあるようです。

麺屋団長 大阪府大阪市此花区島屋6-1-101
営業時間・定休:17:00-24:00(L.O.23:45) 日祝
メモ:神戸ちぇりー亭の系列店です。

というわけで開いていないという事実は覆らないので空腹を満たすためにコンビニでおにぎりを買ってからは三宮のカプセルホテルの近くにあるこの店に。らーナビで検索すると星3つでしたからいいかなと。三宮駅からは歩いて5分くらいです。


住所:兵庫県神戸市中央区二宮町4-11-9
営業時間・定休:11:30-2:00 火曜

店に入るとカウンターのみ15席という関西では珍しい仕様。関西は基本的にテーブル席がメインという印象がありますから。一人でラーメンを食べに行くという感じではなくみんなでワイワイという感じです。というか全国的には東京のお一人様に優しすぎなほうが特殊なのかなと…。あとは関西の特徴としては「ラーメン自体は少なめにしてサイドメニューと合わせて食べることを考える」ということでしょうか?実際に自分以外の人は餃子とかチャーハンとか頼んでいましたから。夢を語れの初期のころに「唐揚げやご飯はないのか?」という意見が出たのもわかります。中華そば590 円を。5分位で。

 

和歌山ラーメンなのですが、豚骨の臭みが正直ありました。しかし食べ進めていくにつれて慣れたのかあまり感じなくなりました。スープは割ととろっとはしているのですが、西台の戎を基準にするとかなりあっさり目だなという印象です。かといって車庫系ではないんですけど…。何回か関西のラーメンを食べてみた感じの印象ですが、関西の人は関東の人に比べてコクとかこってりを求めないのではないのか?という気がしています。二郎系としてよく挙げられる夢を語れでも東京で食べる二郎や富士丸を基準にするとコクやこってりは抑え目な感じはありますから。改めて「日本は広い」「文化は京都を中心とした同心円状につながる」というのを感じるところです。

麺についてはやや細めで若干柔らかめの湯で加減。関西のラーメン屋は自分が食べた限りではそういう傾向が強いです。チャーシューはモモ肉の薄切りですが、かなり入ってましたし満足度も高かったです。和歌山ラーメンということでかまぼこが特徴でして1枚入ってました。メンマはうす味ですが柔らかめに煮てありました。またさらに関西らしいのが葱の青い部分を多く使っているということでしょうか?

というわけで「旅に出た」ということを実感できるラーメンを食べることができたのは満足です。

投稿者 91E : 20:31 | トラックバック

2009年03月25日

ラーメン荘地球規模で考えろ

3/23,24と関西方面に出かけてきました。要はWBCがあるなか思い切り「裏番組」的なポジションである甲子園にいって西条対PL学園の試合を見てきたということです。PLの勧野が将来的にスーパースターになった場合に「甲子園デビュー戦見てたぞ」というのを期待してのことです。

この日は全体的に試合の流れが速くて4時くらいに終了しましたので時間がタップリあることから開店時間の6時よりも前につけそうだということでこの店に行ってきました。同じ京都の一乗寺にある「ラーメン荘夢を語れ」の二号店になります。


住所:京都市伏見区撞木町1153-9
営業時間・定休:平日土曜18:00-24:00 日曜11:00-17:00 月曜

近鉄の伏見駅から5分くらい歩いて到着です。京都駅からだと1本でいけるので夢を語れよりは行きやすいですね。ただ普通しか停まらないので注意が必要です。営業開始10分くらい前に到着したにもかかわらず12人目くらいでもしかしたら営業開始直後に入れなくて待ち時間が長くなるのでは?と不安だったのですが、ぎりぎり入れました。横に12席くらいの長いカウンターです。二郎で言うと関内みたいな配置でしょうか?TSUYOSHI店主が麺あげなどをして助手は他に男性二人。

セカンドロットだったので着席してから15分くらいで出てきました。小豚800円ににんにくと脂と野菜を入れてもらいました。調味料は一切置いていない代わりに持ち込み自由になっているので今回はサラダエレガンスを持っていきました。

  

丼には店名が書かれています。夢を語れみたいにメッセージがあるわけじゃないです。店内の張り紙にもあるように唐辛子がデフォで入っています。ですけど食べた感じとしてはそんなに入っているわけじゃないのでさらなる辛さがほしい場合には追加してもらうなり自分でもっていくなりしてもいいのでは?と思います。トータルの感じとしては夢を語れとほぼ同じだったなという印象です。自分がTSUYOSHI店主がいるときにしかあたったことがないからかもしれませんけど。要は彼の出身店である富士丸西新井大師店の味を全体的にマイルドにしたという感じでしょうか?

麺については富士丸からごわごわとした感じと甘さを抜いてやややわらかめにゆでた感じでしょうか?量は200gとあるようにさほど多くなくて夜食べる分にはちょうどいいくらいかなと。豚は豚入りにしたので腕とバラあわせて6枚くらいでかなりのボリューム感がありました。富士丸の豚というよりはむしろ二郎の豚に近いくらいの味わいでした。スープはあまりたれの味は強くないなという印象でして、脂濃度も富士丸西新井大師店よりもやや抑えたくらいでしょうか?普段二郎や富士丸を食べて遠征に行く人だと脂トッピングはいると思います。野菜は富士丸ほど水分が多くないのでスープが薄まるという感じはないと思います。途中サラダエレガンスをかけながら食べましたが、やや甘さの強いスープだと合いますね。また野菜に直接かけて食べるのもいいです。この調味料は相当使えますね。

その後は青春18きっぷで3時間くらいかけて実家まで戻りました。27日は東京の歯医者があるのでそれまでには東京に戻ります。26日に再開なる三田の二郎に早速行くことにしよう。

投稿者 91E : 13:10 | コメント (3) | トラックバック

2008年08月24日

本家第一旭本店

8/17の昼食です。この日は朝からJR西日本の京都のポケモンスタンプラリーをやって嵯峨野線部分を終了するとちょうど12時過ぎで空腹感。このまま名古屋に戻らないといけないのであまりのんびりしている余裕もなかったので京都駅近くで食べようと思いこの店に。


住所:京都市下京区高倉通塩小路下ル東塩小路向畑町845
営業時間・定休:5:30-翌2:00(LO1:50) 木曜

以前に1回行った際の夜の画像です。ここは有名店「新福菜館」と隣接しています。この日はそっちがすいていてこの店が5人ほど行列していたのですが、久々にこっちにしようと思いました。10分くらい行列して店内へ。水はセルフですのでご注意ください。特製ラーメン750円を注文し、5分ほどで出てきました。

あっさり目のとんこつスープです。透明感があるので若干薄いのかなぁ?とは思うのですが結構コクがありなかなか飲みやすいスープでした。しょうゆの味自体もなかなかうまいなと感じましたが、若干しょっぱいのでしばらく水分摂りまくりでしたね~。具はメンマとチャーシューと九条ねぎ。チャーシューは薄切りのモモ肉でして、メンマは割りと小さめでこりこりとした歯ごたえ。

麺も前回の高安と似たタイプの麺で(順序から言えば高安が似た麺ですが)して、割と細めで加水率は高くないタイプです。なんといいますか京都のラーメンの基本形の味かなという気がします。ちなみに隣の新福菜館はあの黒っぽさはこの店ならではのオリジナルという部分も感じます。第一旭のラーメンについては豆板醤を入れるとかなりいいですね。これで3回だけでしたが関西のラーメンは終了でこれからは名古屋で食べたラーメンになります。今回は外出が面倒なのであんまりラーメン食べていないんです。また現在名古屋ですのでラーメン二郎大宮店開店祭りには行っていません。どんな感じだったかをいろんな方のレポを見て楽しみにします。

投稿者 91E : 09:20 | トラックバック

2008年08月22日

高安

現在姪っ子が実家に遊びに来ているので遊び相手をほぼエンドレスにさせられていてなかなか時間が取れません。ポケモンかるたやらトランプやらで遊んでます。七並べとかババ抜きとか久しぶりにやったなぁ・・・。今日はたまたま早く寝たので時間を無事に確保。それはともかく8/16の夕食です。15の夜は難波のカプセルホテルで一泊してから「大阪城公園」「JR西日本のポケモンスタンプラリー」をこなして、一乗寺のラーメン屋で食べてからそのまま青春18きっぷで名古屋に帰るかと思ったところ

ちょうどこの日が大文字焼きの日

でしてその鑑賞スポットが一乗寺からきわめて近いというのもあってそれを見ていたら名古屋には青春18きっぷでは帰れないからもう一泊確定。この場所にいて見ないほうがアホですから。というわけでのんびりできるというわけで「夢を語れ」「亜喜英」にそれぞれ行ってみるも両方臨時休業。というわけで選択肢が天天有と高安だったのですが、

高安のほうが行列が長いから大文字焼きまでの時間稼ぎができる

という理由でこっちにしました。行列は10人ほどでしたが単独客は自分くらいしかいません・・・。


住所:京都市左京区東大路北泉通下ル一乗寺高槻町10
営業時間・定休:11:30-15:30 18:00-24:00 月曜と28日と時々火曜日定休

40分くらい行列してから入店です。卓上にはニラごまが置いてあります。円形のカウンターに10人弱、Lの字のカウンターには7人ほどで4人がけテーブルが2つという構成でした。店内はかなりきれいでおしゃれな感じで自分としてはあまり落ち着かなかったです。

注意書きに辛いので少量ずつ入れてくださいとあるのですが、確かにこれはものすごく辛いです。見た目は「ニラキムチ」っぽくて普通に食べられそうで実際に口にも入るのですが、入ってからずしりときます。から揚げ定食950円を注文。これはラーメン+ごはん+から揚げ3個の組み合わせです。その注文から15分待って出てきました。見るからに炭水化物と脂分が多くてとても高カロリーです。

  

ラーメンはいわゆる京都のラーメンでした。鶏がらと野菜をベースにじっくり煮込むという感じです。相当煮込んだようで見た目はかなりクリーミーなのですが味わいそのものはわりとあっさり目であるように感じました。時間が経つとスープの表面に膜が張るほどでした。東京や名古屋の人に伝えるとするならば天下一品のこってりとあっさりをブレンドした感じでしょうか?

麺はいわゆる京都のラーメンに多い割と細めであまり加水率の多くないタイプでした。量は普通のラーメン屋くらいです。具は細めでやわらかめでやや甘めの味わいのメンマとこれまた関西に多い薄切りのモモ肉と九条ねぎの刻みです。

唐揚げはカレー粉ベースの味わいでした。かなり大きくて実際に食べた感じとしてはから揚げがメインだと思ったほうがいいでしょう。夢を語れがオープンした頃「から揚げはないの?」と聞いた人がいて自分は不思議に思ったのですが、この界隈でラーメンを食べていた人にとってはから揚げは必須アイテムなんでしょうね。持ち帰りの箱が100円なのですが、それでも持ち帰りの人が多いのもわかります。

無鉄砲のときにも書きましたが、関西ではラーメンは「中華料理屋の1メニュー」という位置づけでしてどうしても回転が遅くなるのは仕方ないです。みんなでわいわい食べるものですから。この日はこの回転の遅さがむしろ奏功し食後に地下鉄松ヶ崎駅に歩いてついた頃にちょうど「妙」がスタートという時間でむしろラッキーでした。

そこから北山通りを東に10分ほど歩くと「法」の字が。

「大」は一乗寺に行く途中の出町柳から銀閣寺にかけてのあたりが一番のスポットなのですが、それは見ることができませんでした。もっともいろんな写真で見られるからいいんですけど・・・。実際に見た感想から言えば一種類しかなくて変化を楽しむことができないので花火ほどは率直にいってイベントとしては面白くないかなというものでした。ただ厳かな気持ちにはなれます。

投稿者 91E : 22:31 | トラックバック

2008年08月20日

無鉄砲大阪本店

8/15から17と関西に行ってきたのは先にも書いたとおりですが、15日は甲子園で2試合見た後は梅田に戻り、HEP FIVEで17まで開かれている探偵!ナイトスクープ展に。空手の母と劇団に入った息子をそっと見つめる母の話は泣けてきますね。皆さんもぜひ探偵ナイトスクープのDVDを借りて見てください。

そしたらおなかがすいたので御堂筋線の大国町近くにある無鉄砲の大阪本店に。


住所:大阪市浪速区戎本町1-5-21
営業時間・定休:11:00-15:00 18:00-23:00 月曜定休

外には10人ほどの行列。これが二郎だったら20分くらいであくのですが、関西ではラーメンは「中華料理の1メニュー」という位置づけなのでみんなでわいわいと食べるのでさっぱり回転しません。いいとか悪いとかではなくそういうものと思って対応するよりほかありません。というかラーメンを食ったら即退出というパターンのほうが全国的に見るとマイノリティと考えたほうがいいでしょう。結局35分くらいで着席。お約束のとんこつラーメン700円で麺固め、こってり、ねぎ多めを注文して5分弱で。

かなりスープにとろみがあります。コラーゲンがかなり出ているような感じです。天下一品のこってりほどではないけど、それ以外のラーメンならそうはないようなとろみです。たれのしょうゆの味も結構濃いのですが、卓上にある「にんにく醤油」が絶品です。この店でこれを入れないと損をしたと言い切っていいくらいです。醤油ににんにくと何かを入れているのですがとろみがありかなり濃厚な味わいです。具は関西に多い薄切りのモモ肉ともやしと九条ねぎとのりです。

麺は中くらいの太さで縮れていてややもちもちとした感じです。このタイプのスープだと細くて加水率少なめタイプが多いから珍しいタイプといえると思います。しめにはライスを注文して入れたくなります。替え玉もしたので炭水化物とりすぎリスクを避けるためやめましたが・・・。

「二郎っぽいラーメン」と紹介されることもたまにありますが、二郎とはぜんぜん違います。とはいえ自分が食べた限りで言うならば二郎好きならOKなのでは?という感じがしました。

投稿者 91E : 09:40 | トラックバック

1  2  3