2007年12月01日

くるまや2店

評判がいいかどうかはともかくとして、自分の中でこのブログのコンテンツとして重要視しているのが実は「東京で食べられる名古屋フード」です。単純にこれを見た人が興味を持ってくれればうれしいという思いです。あとは基本的に味が濃いものが多いので、二郎好きな人だったら合うんじゃないのか?というのもあります。現時点では別に1つ無料ブログを借りて名古屋フードネタを独立させてもいいのかな?というのは感じているところであります。

というわけで名古屋フードの一つとしてあがるものは「台湾ラーメン」です。これを説明するのは非常にめんどくさいのですが、

台湾料理店のラーメンとは全くの別物

なんですね。というか台湾料理店の賄い飯が出発点なんですけど・・・。台湾ラーメンという言葉でいろいろと調べているとどうやら「くるまやラーメン」でそういうメニューがあるとのこと。早速サイトに行って東京や仕事場近辺だとどこにあるかなぁ?というのを調べていると、

公共交通機関の人には優しくなくむしろ車を使う人向けな感じ

でした。店名の由来は「車で移動販売みたいな形でやっていた」ということです。それで調べていると自分とかかわりがありそうな場所でかつ鉄道の駅から歩いて10分以内のところはどこだろう?と思って調べると1つだけでてきました。それは新座店です。JR武蔵野線の新座駅から10分弱のところにあります。道中にあるちゃんこ料理店のランチメニューが気になったので1回行きたいなと思ったのですが、まだ行っていません。というわけで新座店です。

看板がなんか後から取ってつけたような感じで嫌な予感がしつつも入店。そしてメニューを見ていると「台湾ラーメン」というのはありません。仕方ないのでメニューにあった味噌キムチラーメン735円(消費税込み)を。カウンターに座って5分ほどで。

劇的にうまい味噌ラーメンが食べたいという向きには正直厳しいとは思いますが、たとえば昼の時間がない場合とか夜11時を過ぎてとにかく何かを食べたいとかそういう場合に食べるというのを考えるとそんなに悪くない味だったなぁという印象です。ただ肉を食べたい場合にはチャーシューのトッピングをしないと出てこないので注意してください。

この回は味噌だったのですが、「くるまやの台湾ラーメンを食う」という目的の下でどこだったら食べられるのか?というのを調べてみると直営店とのことでした。先の新座店は看板の雰囲気から察するようにFC店のようです。FC店だとこのメニューはないというリスクはあります。なので直営店だとうちからだとどこがいきやすいかなぁ?というのを調べていると青井店でした。足立区内の環七沿いで富士丸西新井との連食も考えられましたから。住所は足立区青井5-5-15です。連食を見越して自転車で移動。家からはママチャリで1時間とちょっとかかりました。川越え2つはやっぱり疲れますね。

台湾ラーメンがあったのでそれを注文。消費税込みで630円です。注文してから10分弱で出てきました。

スープはとりがらベースの醤油のあっさり目で、それにラー油とハッカクと胡椒を加えて結構スパイシーな感じです。自分が本来苦手であるハッカクのかおりが不快じゃなかったのにびっくりしました。スープとのバランスはよかったということでしょうか?具はもやしのみで、あとは刻みねぎでした。名古屋名物台湾ラーメンにはあるはずのにらや挽肉がないのは淋しいなぁという印象。有料の追加トッピングにもないです。

麺は細目でやや柔らかめのゆで加減でして、量は普通くらいです。トータルの印象としては台湾料理屋のラーメンよりは名古屋名物台湾ラーメンに近いかもしれないなという印象です。構成要素の一つ一つは違うんですけど。

投稿者 91E : 08:50 | トラックバック

2007年09月15日

UNDERGROUD

今回はもろもろの事情によりカテゴリーはここになっています。13日の昼食です。この日はグッドウィルドームに行くことになっていたのですが、いろいろと考えるとこの日じゃないとここに行くのは無理だろうという結論に達していきました。東上線で川越までいってそこからJRに乗り換えて西川越まで。ものすごくのどかな風景で本当に「地図使えるのか?」といろいろと不安になりましたが、何とか西川越から10分ほどで到着しました。

ちなみに帰りはためしに「川越市」を通過して「本川越」まで歩いて帰ってみたのですが、間違いなく西川越を使ったほうがいいように感じました。到着したのが12:40頃だったのですが、すでにこの看板が出ていました。

ものすごくがっかりです。これが目当てでしたから。仕方がないから西武線沿線で仕事があるときに気合を入れて早めに出て行くことにしよう。

住所 川越市今成3-15-8
営業時間・定休 11:30-14:30 17:30-21:30 日定休 祝日は昼のみ
開店直後に書かれたブログには昼のみになっているものが多いですが、夜もやっているようです。

念のために店員さんに「辛みそないですか?」と聞くと「ない」という反応だったので、盛りチャーシュー1000円を。店内はカウンターのみで12,3人ほどが座れる大きさ。机の上にあった「とらさん」を読みながら待つこと12,3分ほどで出てきました。

麺は「ひかり製麺」のものでした。かなり太めの平打ちで「てかってるなぁ」と思ってしまうほどつるつるもちもちのものでした。たれをつけずに味わってもなかなかのおいしく感じました。量については平均的くらいで多いなぁとは特には感じませんでした。具はチャーシューとメンマ。チャーシューは普通でもかなり多め。その上別皿でチャーシューが出てきたのでつけだれの半分以上がチャーシューで埋まってしまうくらいでした。厚切りの短冊状にカットされていて食べやすくなっています。メンマはこりこりした歯応えで味付けは薄めです。

たれは醤油ベースのあっさり目で透明感ある魚介とんこつとりがらタイプです。動物の味がわりと出ていてそれを魚介がフォローしているような感じ。たれの中に入っているゆずの味わいがすっきり感を出してくれます。全体としては甘いとかすっぱいとか辛いとかいう味は入っていなくて自分の好きなタイプのたれでした。最後にスープ割をしてもらったのですが、そのスープは魚介ベースのものでして味の傾向がガラっと変わり一度で二度楽しめる「ダブルテイスト」ともいえるような味わいでした。頑者とはぜんぜん違うタイプのつけでした。

とにかくもう1回辛みそを食べに来ることにしよう。

投稿者 91E : 05:17 | トラックバック

2006年07月09日

仙龍

6日の夕食です。所沢方面での仕事を終えてこの店の開店まで北朝霞のネットカフェで時間をつぶしてました。ちょうどそこには伊藤理佐「おいピータン」が置いてあったのでそれを読みまくっているといい感じの時間になったので出て東所沢まで。

東所沢から東に1キロ、北に1キロ行くとあります。住所は埼玉県所沢市亀ヶ谷137-1です。駅から30分ほど歩いてしまいました。間違いなく公共交通機関で行くための店ではないです。

入るとカウンターで15席と4人がけテーブル2つあるなかなか大きめの店内。エアコンのききがいまいちのようで扇風機がかかってはいましたが暑かったです。とりあえずは

・好陽軒のメンマ
・中本の唐辛子
・二郎の脂

と並んで「仙龍のねぎ」はあるので食べてみることに。勇気を出して「ねぎラーメン」900円。を注文。店の人からは「本当にいいんですか?」と念押しされたのですが、食べてみることに。とりあえずゆで卵を1個もらって何か得した気分。暑かったので水をがんがん飲みながら待っていると、10分ほどで出てきました。

二郎の野菜のごとく刻んだねぎが盛られています。「やってもうた~」とこの段階で激しく後悔。ただ救いは店内が満席になることなく、常に空席はあったので後ろの人の視線は気にしなくてもよかったことです。あとは店員さんのオペレーションに乱れが生じる状況でなかったのもよかったです。とはいえかなり時間をかけて食べてしまい、他の客からの視線は痛かったです。ちなみにこのねぎの山の下はこんなんです。

鶏がらととんこつの醤油ベースの味わいで背脂が乗っかっています。麺は中麺か若干太めで割とおいしく食べられました。チャーシューは小刻みのものが入っていました。チャーシュー麺にしたらまた違うものが出ていたらしいです。二郎のように「麺をほじくりだすようにして食べないと、延びるかも」という不安で麺を重点的に食べていたら、最後のほうには麺が平均的な量だったこともあり、

ねぎしか残っていない

という状況になってしまっていました。かなり刺激の強い味わいで、しかもそれしか味がないというのは本当にきついです。途中辛味噌やコショウをかけて味を変えるなどして頑張りましたが、本当にきつかったです。ごめんなさいして逃げ出したくなる状況でした。というか後ろで待っている人がいたらごめんなさいして逃げていました。最後の一口は口には入れましたがのどを通りませんでした。しばらくねぎは見たくありません。翌日に食べたけいすけにもねぎが入っていたのですが見ているだけで「うっ」って感じになってしまいましたから。

もしこの店にいかれる際には「麺を多くする」「ホルモンやチャーシューなどの具を入れる」などしてねぎを分散する必要はあると思います。「ねぎ少な目」は必須でしょう。東所沢まで戻る途中には本当に戻してしまいそうでした。途中のコンビニで飲む胃薬を購入したので何とかなりましたが。

ここに行くときには準備と覚悟をしてから行くようにしてください。

投稿者 91E : 11:11 | コメント (2) | トラックバック

2005年10月21日

ぜんや

20日の昼食です。それとは全然関係ないのですが19日のトリビアの泉に最近自分の中でブームがきているパッション屋良が出ていたようです。見逃してまじで悔しいです。この無駄に暑苦しい芸風と妙に古めかしい芸名にすっかりはまっています。金曜日の22時から『たけしの誰でもピカソ』に出るので見なくちゃいけないです。どれくらいブームがきているかというと早見優「PASSION」と堤大二郎「燃えてパッション」を連続で一人カラオケしてしまうくらいです。誰かと一緒じゃこの曲選はなかなか無理ですから。平日の昼間なら案外デフォで新たな楽しみが見つかるのでは?と思います。それができる自分がダメ人間であるということは抜きにしておきます。

さて20日は木曜日なので仕事で所沢へ。夜には別のプランでちょっと空腹にしておきたかったから重たさを感じさせるものは避けてこの店にしました。東武東上線で朝霞台に出て「越後そば」をぐっと我慢し、武蔵野線の北朝霞に移動し1駅先の新座まで。南口を出てコンビニを右に出ると大きな道路(川越街道)にでるからそこを左に。最初の信号を横切るように渡り道なり。小学校を過ぎるとあります。駅からは7.8分くらいの距離になります。大勢の人が行列中座れるようにいすがずらっと並んでいます。こんなところからも人気店であることがうかがえます。

自分の前には3人ほどいてしばらくは外で行列。妙にまぶしくて日焼けしてしまうのではないのか?と嫌な予感が漂いました。それで15分くらい待ったところでようやく店内に入れました。店はカウンターのみ8席と少な目。自分はチャーシュー麺850円を注文。夜のことを考え大盛にはしませんでした。セルフサービスの水を注いでちょっと暇つぶしの雑誌を見ていたら4分くらいで出てきました。意外と早くてびっくりです。

見た感じしょうゆと塩との違いはあるものの、雰囲気として「名古屋の好来系っぽい感じ」という印象を受けました。つまりこの段階でかーーなり印象は良かったです。スープは鶏がらベースですがそれだけではない何かも入っているような印象です。表面に油が浮くなどしていてかなりコクがあるスープで、下のほうにたまっているブラックペッパーもあいまってついつい飲んでしまいました。塩分濃度が高そうで半分くらいでやめましたが、潜在意識で「スープは飲まないもの」と思っている自分基準にすれば相当よかったんでしょう。個人的にはチャーシューもスマッシュヒット。ばら肉のチャーシューなのですが、しょうゆ味がしっかりしみていてスープとの相性もいいし、単品でも味わえそうなおいしさでした。麺はちょっと粉っぽさはあったものの水準の味はあったのではないか?と思います。量は大盛にしなかったので、普通のラーメン屋の普通盛りという量でした。夜に何かするために夕方には空腹にするという目標も達成できました。

これは評判になるわけですなと感心して退店しました。エリア的にかなり行きづらいのは間違いないのですが、年内にもう1回行っておこうと思います。昼のみ営業だから仕事前に行くということになりそうです。

投稿者 91E : 20:30 | コメント (2) | トラックバック

2005年04月07日

筑豊ラーメンばさらかラーメンアカデミー店

春休みのラストウィークということで、ロッテ浦和球場に二軍のロッテ対インボイス(西武)の試合を見に行ってきました。場所は武蔵浦和から埼京線を南方向に10分くらい進んだところにあります。とりあえず黒木を間近で見られただけでもよかったです。

実は武蔵浦和にラーメンアカデミーがあるというのを知らずに地元の大戸屋で食ってからそこに行ってしまいました。まじで後悔です。知っていれば昼にラーメンアカデミーで1食、夜に○二北浦和店コースをしていました。もともとは夜は○二北浦和店に行く予定だったのですが、ラーメンアカデミーのチラシでばさらかが「あぶりトントロチャーシュー麺」なる商品を提供しているとのこと。何せ最近あぶりチャーシューが自分の中でブーム形成されているのでスルーするわけにはいきません。「○二北浦和店への移動の手間」と「とりあえずはあぶりチャーシューは食える」というのを天秤にかけた結果後者にしたというわけです。本当にこんな怠け者な自分がちょっと嫌いです。胃袋的に「両方食う」という選択肢はありませんでした。やっぱり北浦和からバスというのは面倒です。車もバイクもない貧乏人の辛さが出てしまいました。

そんなわけで武蔵浦和駅西口すぐのところにあるラーメンアカデミーです。

この入り口を入ってエスカレーターを上り右前方にあります。

行ったのが5時過ぎくらいだったということもありほとんどお客さんはいませんでした。とりあえずはあぶりトントロチャーシュー麺950円の食券を購入。人気No.1との触れ込みです。店員さんに渡して東京スポーツを読みながら待つこと3分で出てきました。

スープはとろみがある一方で臭みは感じませんでした。かなり好印象です。豚骨のみならず鶏がらも入っているような味わいです。その後お目当てのあぶりトントロを食いましたが、これはかなりうまいです。かなり長時間あぶっていた効果が出ていたと思います。それに上にかかっていた黒コショウの味が絶妙にマッチしていました。麺は博多系のラーメンにしては若干太いかなぁというタイプでちょっとやわらかめにゆでてあったような感じがあります。全体的にあぶりチャーシューを食べることに集中していたのですが、スープの味わいもよくて結構飲んじゃいました。普段だったら替え玉しているところですが、本当は地元に帰ってからもう1軒別のところに行こうと思ったのでやめてしまいました。味玉も個人的には好きな味わいだったし、全体的にこの店は好きでした。基本的に鶏がら系があるラーメンは好きなんだなというのを実感しました。

ただ家に帰ってから調べてみると、池袋のラーメン名作座に進出しているとのこと。こういうのを見るとわざわざ浦和で食べたというのがちょっと悔しいです。やっぱり下調べはきちんとしないとダメだなという反省をしました。

投稿者 91E : 23:59 | コメント (2) | トラックバック

2005年03月10日

チャーシュー力

わざわざ川越まできたからにはもう一軒。どこにしようか?と考えたときここしか考えられませんでした。東京に「みの麺多」あれば、埼玉には「チャーシュー力」です。みの麺多はJR京浜東北線・地下鉄南北線・都電荒川線の王子駅から明治通りを池袋方面に進むとすぐのところです。こんなのれんです。

ちなみにこの店は西武新宿線の本川越から一駅所沢寄りの南大塚駅にあります。この駅の改札を出て北口に行きましてセブンイレブンが見える方向に行けばすぐにあります。1分も掛からないうちに到着します。ちなみに朝11時から夜2時くらいまでは開いていて無休(昼休みは店内掲示ではないっぽいのですが、各種サイトにはあるようなことが書かれているのでビミョー)なので便利なお店です。

問題は先ほどの頑者から30分くらい経過していて満腹中枢が程よく刺激された状況であるということです。ちょっと後悔したのですが、ここまできたら何か食うしかないのでメニューの中で比較的あっさりしていそうな坦々麺800円を。

店内は思い切りプロレス大好きぶりをアピールしていました。ちゃんと佐々木健介やら長州力が食べにきたと思しきサインや写真がありました。だてにこの店名は名乗っていません。マンガや雑誌や新聞も置いてある上にテレビもあるので暇つぶしに困ることもありません。おしゃれさのかけらもない豪快な雰囲気の店です。ですけど、自分が行ったときには女子高生4人組もいてちょっと隔世の感があるなぁという印象です。それで5分くらい待ってでてきました。坦々麺800円です。

二郎の大くらいの丼が出てきてちょっとびっくりです。ただ半分くらいしか埋まっていないので見た目よりは量は多くないです。(注:見た目よりはです)ただ明らかにこれは今まで自分の人生で見てきた坦々麺とは明らかに別物です。確かにごま油と辛みそが入った麺であるのは間違いないのですが、ちとイメージとは違いました。「背脂チャッチャ系」のベースで坦々麺っぽくアレンジしてみたという感じのラーメンです。

麺は札幌ラーメンのちりぢりとした麺で黄色がかったタイプのです。味噌ベースにするとあいます。そういう意味ではよかったです。こないだの「なりたけ」も「味噌がお勧め」と読者の方から指摘していただいたのですが、その理由がわかったような気がします。確かに背脂チャッチャ系は味噌合います。今回これを確信しました。

坦々麺だったらひき肉かと思いきやチャーシューの切れ端が入っていました。何せ店名からするとチャーシューが売りなのは明らかです。期待は高まります。タイプとしては箸を入れると崩れるタイプのチャーシューですが、下味がなかなか丁寧につけてあるという印象でした。

というわけで全体的な印象としては、名前の割には結構いけるというものでした。夜に行ってビールと餃子とあわせながら食べるとよりおいしくなるんじゃないのかなと思います。あとはプロレススキの人にはお勧めでしょう。

投稿者 91E : 23:59 | トラックバック

頑者

今日は明日くらいにでも実家に戻るので、4月からの仕事場(非常勤ですが)の視察のため西武線で所沢付近まで行ってみることに。この際せっかくなので川越近辺の二軒はこの機会じゃないと行かないだろうということで行ってみることに。おいしい場合は仕事の前後に行けばいいですし、このラーメン店の視察も兼ねてというかそれをメインに行ってきました。

まずは有名どころ。昨年末の東京一週間のつけ麺部門でも4年連続1位の店。あんまり場所を調べずに行ったのですが、その心配は不要でした。西武線の本川越を出て右の方のバスのロータリーから右斜め前に行列が見えます。そこが頑者です。日曜日は休みですし、他の日はこれが一番の目印でしょう。近くに自分がこれまた大好きなホワイト餃子があるので誘惑を断ち切るのが大変なのですが、断ち切ります。

店に到着すると自分の前の行列が25人くらいはいたでしょうか?下手すると1時間コースかなぁ?と不安になりました。とりあえずは持っていた本を読みながら時間をつぶしていると15分くらいで行列が一気に減り13人くらいに。どうやら入れ替え制を導入しているようです。それから15分が過ぎてまた入れ替えになりまして残り3人でぎりぎりアウトと思いきや店員さんが神の声を。

お一人の方どうぞ

前が2人組だったので自分が先に入りました。○二本店でごぼう抜きしたときのような気持ちよさです。そんなわけでこんなのれんです。

入ると思い切りめがねが曇りまくりで参りました。何回か拭いてもなかなか曇りが取れません。ようやく取れて水を取ってから着席。すると5分くらいで出てきました。つけチャーシュー1000円です。もう一軒行こうと決めているので大盛にはしませんでした。

チャーシューは分厚く切ってあるのを短冊状にしていてその上に鰹節が直接かかっていました。スープもカツオの匂いが相当しています。いわゆる魚介と豚骨のダブルスープなのですが、鰹節が相当出ているタイプで濃厚な味わいです。麺は太くてつるつるしたタイプでこれがなかなかの美味。麺とスープのバランスという点からするとこのタイプの店の中では結構上位です。おいしく戴きました。最後にスープ割もしてもらいましたが、これもなかなかです。

行列と距離がネックではありますが、月に1回くらいは所沢での非常勤のついでに食べにいきたいお店になりました。

投稿者 91E : 17:34 | コメント (3) | トラックバック

2004年09月21日

らーめん屋いとう

以前の「巣鴨ラーメン」(現在のすがもらーめんとは異なります)を経営されていた方が、新たに埼玉県秩父市(幸いなことに西武秩父駅から歩いていける範囲)にラーメン店をオープンさせるということでいってきました。

自分はきわめてインドア人間なので、ハイキングなんて行こうと思うはずもなくどういうきっかけがあれば秩父にいくのか?ということをかねがね考えていました。いささか力技ではありますが、この日は「西武ドームの自由席入場無料」しかも「潮崎哲也引退試合」ということで西武ドームにいってもいいという感じがする日でした。西武線沿線に行くとしたら「西武ドーム」「西武線沿線の大学に学会」しかありません。現実として後者は当面のところ予定されていません。ということはこの日西武ドームに行かない限りは行く機会は間違いなくないと断言できたので行くことを決意しました。

西武池袋から急行で飯能まで移動し、そこから西武秩父まで普通で乗り換えました。特急料金をケチってレッドアロー号はやめましたが、後悔するほどの長旅でした。しかも道中にめぐってくる風景はこちらです。

 

電車の中から撮影したものですが、今まで散々田舎田舎書き散らしてきた実家が栄えているように見えます。実家ついでに書けば中央線で「高蔵寺と多治見の間」というか「中津川から松本へ向かう間」というのが妥当でしょうか?どこに連れて行かれるんだ?という不安にさいなまれました。vodafoneはほとんど圏外でした。FOMAも圏外が多かったです。結局西武池袋を11:43に出て西武秩父に到着したのが13:30でした。いやぁ遠いです。

そこから、仲見世どおりを抜けて踏み切りを渡りそのまま道なりで歩き、幹線道路(ってか信号のある交差点)を右折しそのまま道なりで歩いてベスト電器内の駐車場内にあります。西武秩父から10分くらい歩いたでしょうか?

入ると食券方式でした。二郎でいうと「八王子野猿街道」「新小金井街道」タイプの番号入力式の食券です。チャーシュー麺大盛りと味付き卵にしました。これで1000円です。客は自分を入れて二人。座るとお茶でした。巣鴨ラーメンと同じです。なんか人当たりの良い接客で恐縮しながら待つこと4分くらいで出てきました。

いやぁ懐かしいです。スープはこの色だよ~~。飲んでも昔の巣鴨ラーメンです。チャーシューは今のすがもらーめんもこれを目指して作ったんだなというのがわかります。麺にだまができていた嫌いはあるものの総じて「巣鴨ラーメン」ということで本当に懐かしい気持ちにあふれて食いました。正直なところ秩父はあまりに遠すぎるので二度と食いに行くことはないとは思いますが、もし万が一秩父近辺に行く機会があればまた食べに行きたいと思っています。味そのものは「巣鴨ラーメン」(今のすがもらーめんとは違います)に下していた評価と同じになるでしょう。

投稿者 91E : 23:35 | コメント (2) | トラックバック

1