2010年01月15日

なりたけ本八幡店

三連休の最終日の11日にせっかくだからというので中山競馬場まで。去年は1回も行かなかった(はず)ですから久しぶりです。もし日曜日に小岩が開いていれば中山競馬に行くついでに立ち寄るとかできるのですが、定休なのが残念です。

この日は金をけちって家から本八幡までは都営地下鉄フリー切符で、本八幡から船橋法典までがJRという使い方をしました。というわけで昼過ぎに本八幡で降りたのですが、選んだのは結局なりたけでした。本当は「新天地」で客として歓迎されているのかどうかはわかりませんが二郎インスパイアメニューを食べようと思ったのですが、調べると夜しか二郎インスパイアメニューを出していないとのことであきらめました。

到着すると10人弱が行列していて10分ほど待ってから着席。今回は味噌味玉ラーメン800円にしました。水はセルフなのですが氷が出すぎです。着席してから5分ほどで。

 

味についての印象は

札幌で食べる札幌ラーメンと純すみ系を足して2で割った感じの味

が近いなという印象でした。豚骨+背脂+味噌の甘さ+熱さという札幌で食べる札幌ラーメンの味わいとともに、純すみ系の味噌ラーメンで感じるショウガの効いた若干刺激のある味わいも混ざっていたのでそう感じました。とにかくの印象としては

塩分濃度が濃い

わけでしてその日は水をどれだけ飲んだかわからないくらいでした。実際その日はレモンチューハイを水代わりに飲んでしまい結果として相当酔ってしまいましたから。具はもやしとももチャーシューとメンマ。麺は中くらいの太さでして、あまり加水率は高くない感じ。それで食べているうちに

ライスをおじや風にして締めたい衝動

に駆られて半ライス100円を追加注文。うまいんですけど結果としてさらにスープを入れてしまったわけでのどの渇きがやばかったです。ちなみにその日の晩飯は中山で鳥千のフライドチキンを1本食べたこともありちょっとしたつまみ以外は不要でした。

投稿者 91E : 22:14 | トラックバック

2009年09月29日

ラーメン横綱四街道店

22日の夕食というかおやつくらいの時間です。勝浦から戻る道中で四街道のイトーヨーカドー内にある「ラーメン横綱」へ。


住所:四街道市四街道都市核北土地区画整理事業地内5街区(イトーヨーカドー2F)
営業時間・定休:11:00-22:00 無休

もともと京都の屋台が発祥で関西や東海地方を中心に展開しているのですが、四街道駅から徒歩圏内にあるので今回行ってみました。メジャーリーグで9年連続して200本ヒットを打つような人の実家から近いところにある支店で食べたらそれなりにうまかった印象がありましたから。改めてこの人のすごさを考えると、

9年間コンスタントに試合に出続けられていることとプレースタイルが変わらないこと

なんだなというのを感じます。それで到着したのが夕方4:30頃だったのでさすがにすいていました。今回はラーメン630円を。すりおろしニンニクが袋に入ったのが出てきて妙に興ざめ。しかも量も多くないです。ほかには刻み九条ネギと特製唐辛子もあります。酢も頼めばもらえます。重たいと感じる人は酢をもらうのはありでしょう。

  

頼んで5分くらいで出てきました。

 

麺とチャーシューはまさしく関西のラーメン屋です。細めでストレートで博多よりかはボリューム感あるタイプです。チャーシューはもも肉を薄切りしたもの。メンマはあまりこれといった味は付けていない感じ。他には九条ネギともやし少々があります。

スープは鶏がらではなくて豚骨ベースですが、ちょっとぬるかったなぁという印象でした。ただトッピングの特製唐辛子はいいですね。スープののど越しに不思議と重量感が出てくるというかそんな感じで。それでも調味料で一番うまく感じたのは「ブラックペッパー」でした。

このラーメン横綱とは関係ありませんが、10/1は同じ京都発祥の天下一品祭りでただ券(ラーメン並)がもらえるみたいだからどこかの支店に行くかな。

投稿者 91E : 16:21 | トラックバック

2009年09月28日

勝浦の担々麺

22日の昼食です。もともと勝浦の担々麺には興味はあったのだけど、「遠い」という理由でひたすらスルーしていたのです。ただこの時期にものすごくスペシャルな出来事があって

勝浦に行ってもいいのではないのか?

という出来事があり行くことにしました。切符で行ける範囲でしたし。その出来事に関することを済ませたあとに担々麺を二軒で食べてきました。基準は「勝浦駅から歩いていける範囲」です。一軒目は「ニュー福屋」です。


住所:千葉県勝浦市墨名719
営業時間・定休:11:00-22:00 水曜

ここは普通の定食屋といった趣でして、担々麺630円を注文。10分弱でようやく出てきました。定食メニューの中に二つほど「時価」というのがあったのは妙に気になりました。メニューを見ても本当に「定食屋の中の定食屋」といえるくらいのメニュー構成でした。

 

具は大ぶりの玉ねぎのみじん切りとひき肉を炒めたものとヒゲネギでした。スープは自分が食べた限りで一番近かったのは味仙の「台湾ラーメンのアメリカン」でした。味噌ではなくて醤油ベースの辛いラーメンというのはあったのですが、これといって辛さを感じなかった分印象はこれかなと。麺は縮れていてモチモチとして透明感のあるタイプ。量は普通くらいでした。

さすがに勝浦まで来て1軒で帰るのはもったいないし、次の電車が来るまで1時間くらいあったのでだったらもう1軒ということで「ひさご」へ。薄暗くて正直入りづらかったです。おばちゃんが作って旦那さんが出前するという感じでした。


住所:千葉県勝浦市出水1268
営業時間・定休: 11:00-14:00 18:00-23:00 水曜

一番印象に残ったのは、

隠居生活をしている村山富市の写真

でした。2003年ごろのものだったのですが、懐かしかったですね~。今回は担々麺700円を。頼んでこれまた10分弱で。辛い物を頼んだ人には冷蔵庫から500mlのペットボトルに入った水を出してくれます(辛い物を頼んでいない人にも出るかもしれませんが、確かめたわけじゃないので…)。

 

具はもやし+にら+大ぶりの玉ねぎのみじん切り+ひき肉を炒めて唐辛子で味付けしたものでした。スープはこれまた醤油ベースでして「ベトコンラーメン」「台湾ラーメン」に近い感じで、具にも結構唐辛子やラー油で辛さをつけているのでかなり統一感ありました。結構野菜が盛られていて最後片づけるのが大変でした。

麺は細めのストレートでかなりの質感でした。なんとなくですが熊本辺りで食べられる麺に近いのではないのか?というくらいでした。麺に関しては勝浦の担々麺の各店で違うと判断していいかと思います。ただいずれにしてもざっくり刻んだ玉ねぎが入っていましたし、竹岡式のもそうだと考えると房総半島では玉ねぎは中心的な食材の一つなのではないのか?というのは感じます。

味としては勝浦の担々麺は台湾ラーメンやベトコンラーメンに近いから都内に進出してくれると自分が単純にうれしいなと思います。

投稿者 91E : 20:50 | トラックバック

2009年08月04日

栄家

8/2の昼食です。日曜日だったのですが、どうしても都合上この日にしかポケモンスタンプラリーに行けなくて「千葉・茨城コース」をやってきました。もしこれをされている方がいらっしゃいましたら、

日曜日に土浦や熊谷を絡めたコースはまじできつい

この日は土浦から順に常磐線を松戸方面に戻るコースをやっていたのですが、各駅各駅10分くらい待ってようやくスタンプが押せるという状況でして、当初考えていた、

終わったらどこかの二郎に食いに行くぞ

という気力はゼロでした。スタンプで行列したのにさらにラーメンで行列するのかと考えるとさすがに無理でした。というわけでして、常磐線ラインをクリアして船橋駅と千葉駅をクリアする途中にあまりにもの空腹に耐えかねて稲毛で下車。そこから5分ほど歩いたところにある栄家に。ラーメン二郎の2つの支店以外では間違いなく、

千葉県内で一番多く行った食いもの屋

になります。(書いてみたら中山競馬場内にある鳥千のほうが多いことが判明したけど、お店ということで考えるとやっぱりここです)さすがに昼3時だったので客はゼロでした。ここは岐阜県多治見市の人気店「大石家」で修行をし、同じスタイルのラーメンを出しているのですが、大石家と言えばチャーシューメンなのでチャーシューメン950円を。


 

汗をかいて疲れた体に塩っ気が体に染みていく感じがしました。あっさり目のスープなのですが、ついついごくごくと飲みほしてしまいました。麺はやや細めの縮れタイプで量は普通のラーメン屋の量くらいでしょうか?具はメンマとチャーシュー。メンマは多治見の大石家よりもやや小ぶりで濃いめの味付けでした。歯ごたえは若干柔らかめでした。チャーシューは「かつおのたたき」のような感じで表面をあぶったものでして外の部分のカリカリ感と中の部分のジューシーさのコントラストがたまりません。家までの距離が遠くなかったらつまみチャーシューを頼んでビールの一杯でもほしくなります。

ポケモンスタンプラリーもなんとか横浜市内の4駅を残すだけになりました。名古屋の実家に戻る際にクリアしよう。

投稿者 91E : 18:13 | トラックバック

2009年03月08日

こってりラーメン誉

4日の昼食です。この日はもらい忘れた書類をもらってから上野の博物館に行ってからせっかくだから青春18きっぷを使い偕楽園に行こうと思い立ち、その道中の柏にあるこの店に。本当は水戸の「スタミナラーメン」「水戸藩ラーメン」のどちらかにしようと思ったのですが、水曜日は定休日だったのでらーナビで検索してポイントの高かったこの店に。松戸駅近くだったら片道290円で日常でもいけますから、柏のほうがいいかなと。


住所:千葉県柏市旭町1-7-11
営業時間・定休:11:00‐24:00 火曜

味玉味噌中盛850円を。カウンターのみの10席ほどの店でしたが、12時半ごろについたら外で待つほどでした。ここは「なりたけ」出身の人の店でしてそういうラーメンを出します。

 

スープはいわゆる背脂チャッチャ系になります。食べているときは案外脂も軽い感じですが(札幌のみそラーメンのほうがこってりしているくらいに感じた)、何時間か経過するとボディーブローのように効いてきます。この日は電車でひたすら座っていたのもありましょうが、まったくと言っていいほど空腹感はありませんでしたから。もっとも戻る電車で最寄り駅を降りたとたん空腹になりましたけど。それだったら松戸で空腹になって二郎に行ければよかったのに…。

味わいとしては味噌は合わせ味噌ベースで割と甘めです。さらに背脂の甘さもあいまって甘さがより強くなっていたなという印象でした。具はメンマとチャーシューです。メンマは割と甘めで柔らかめな味わいです。チャーシューは薄切りのモモ肉。関西ででてくるものに近いくらいなという印象のものが1枚。でも下味はしっかりついていてチャーシュー麺にしたらちゃんと味わえたのかもという気はしました。麺は加水率低めでかなり固めのゆで加減でした。ただスープとの絡みはあんまりよくないかもというのは感じました。スープとの相性という部分ではライスのほうがいいのかも?という気はしました。

投稿者 91E : 17:15 | トラックバック

2008年08月13日

松信

8/4の夕食です。ポケモンスタンプラリーをこなしてから稲毛の栄家で食べてから近くのファミレスで雑用をこなしていると六時前になっていてしかもそこそこ空腹という状態でした。千葉駅近くにできた「あや」と迷ったのですが、単純に「青春18きっぷを使った今回でないと佐倉に行く可能性は限りなくゼロである」というのを考えてこっちにしました。佐倉から六分程でつきます。


住所:千葉県佐倉市鏑木町491-2
営業時間・定休: 12:00-14:00 18:00-20:00 麺切れ終了 火水定休

カウンターのみの6席というかなり狭い店内。ラーメン普通250g600円を。七分程で。トッピングはにんにくを入れてもらいました。野菜や大盛りは100円。豚は200円。ラジオが流れていたのですが、そこで

津田沼に落雷があり総武線中央線の各駅停車が止まっています

というのを聞いてかなり血の気が引いたのは言うまでもありません。何とかセーフでしたが。しかし水道橋から地下鉄で最寄り駅に着いたらいきなりすごい雨で思わず50mくらい離れたコンビニまでかさを買いにダッシュしてしまいました。痛い出費です。食べているときも「帰れるかなぁ?」というのが気になってあまり集中して食べられなかったです。

見た感じは家系っぽいなぁと感じたのですが、全体的な味わいとしてはちゃんと二郎っぽくなってました。どんな感じかといえばフーズ系のが一番近いでしょうか?豚は関内の巻き豚を薄くした感じです。厚さも味も。野菜はかなり水切りしてありました。

麺は平打ち気味で二郎にしては細目でして割ともちっとした食感した。ただだまになっててちょっと食べにくかったです。印象としては先にも書いたように二郎インスパイアによくある感じでしょうか?松本の麺とび六方にわりと近いかな?というのを感じました。量については二郎基準で見るとやや少なめでして食べられる人なら大盛りにしてもいいでしょう。

投稿者 91E : 16:18 | トラックバック

2008年08月11日

8月上旬の二郎インスパイア以外

まずは8/1の昼食です。書類提出が1日遅れたので西武池袋線沿線まで手渡しで提出することにしたわけです。そのついでにポケモンスタンプラリーは駒込と目白をクリア。目白から椎名町まで歩いてそこから西武池袋線というルートです。その途中にある店でこの日の昼食。それは目白丸長です。

昼の2時くらいだったのですが、外には6人くらいの行列。10分くらい待って店内へ。しかしチャーシューも野菜も終わっていたのでメンマつけ1000円に。座ってから1分くらいで出てきました。 2回目ですが相変わらず早いです。

鶏がらと豚骨が半々くらいのわりとあっさり目のつけだれです。そこに酢・砂糖・唐辛子・コショウを思い切り入れています。味として強いのは唐辛子とコショウでしてとにかく辛さが一番です。つけを食っていても汗が出てきたくらいでしたから。麺は割と太めでもちもちとしたタイプでして、量は普通だから少ないくらいです。ただこの日の夕食を考えると軽めにしておきたいというのはありましたので逆に狙いでした。具はメンマ9割で残りがチャーシュー3切れとかまぼこの千切りがちょっとでした。あとは刻みネギです。このメンマは割と酸味の強いタイプでした。市販のメンマに割と近い味かなぁ?という印象でした。一通り食べてスープ割してもらいましたが、このスープ割は満足でした。スープ割をしないと完結しないですね。

続いては8/4の昼食です。この日はポケモンスタンプラリーで残った東のほうを一気にクリア。土浦、取手、天王台、北柏、柏、南柏、北小金、馬橋、金町、北千住、亀有、北松戸、新松戸、南流山、船橋、市川、千葉とクリアしてから稲毛まで戻り「栄家」へ。朝9時半から3時過ぎまで何も食べなかったのでかなり空腹でした。稲毛からは6,7分歩いて到着です。

住所:千葉市稲毛区小仲台7-26-1
営業時間・定休:11:00-21:00 火

岐阜県多治見市の有名店大石家のお弟子さんのお店です。実家に帰ると好きでよく食べに行くのですが、実は関東で唯一食べられるのでありがたいです。味としてはチャーシューの煮汁をお湯で割るタイプのラーメンでして、イメージとしては竹岡式に似ています。どちらかといえばあっさり目なんですけど意外とスープはコクがあるんです、不思議と。チャーシュー麺950円を注文。6分くらいで出てきました。

 

ちなみに麺は割と細め仕様です。豚も表面のあぶりが少ないかなという印象です。メンマはあまり味がついていなくてかなり大ぶりで歯ごたえのあるタイプです。割と名古屋ではこういうタイプのメンマを出す店が多いです。でもこの店があってくれるだけで満足です。本当にもっと都内に近づいてくれるとうれしいです。これもある意味で名古屋ラーメンのひとつにカテゴライズされてもいいのではないかと思っています。

最後は8/6の昼食です。この日締め切りの書類の提出があったわけですが、前日中に郵送という手もあったけどあまりに強い雨でポストにいくのさえめんどくさくなりあきらめて当日に直接手渡しで。とにかく暑くてやたら汗が出たということで「これは塩分補給をする必要がある」というわけで、しょっぱいことで定評のある「欣家」に。早い時間に行ったのでチャーシューつけがありラッキーでした。チャーシューつけ890円を注文。10分弱待ってようやく出てきました。

つけだれは「あれっ?」と思うくらいに薄味になっていました。どれくらいだったかというと「スープ割をしなくてもそのまま飲まないと塩分補給できないな」と思うくらいに。「今までがしょっぱすぎ」と思う人には改良かもしれません。肉についてはバラ肉を醤油だれに浸してからあぶったものが2枚と渦巻きタイプのが1枚加わってました。これをつけだれに浸すと味が増えるのですが、脂身が多くて結構あとからずしりときました。他にはあまり味が付いていなくて歯ごたえがかなりこりこりした大ぶりなメンマが結構ありました。感覚としては先の栄家で紹介したメンマと味わいは近いのかなと。麺はいつも通りとしか言いようがないです。割と太めでごわごわともちもちの中間くらいの食感です。量については平均的なつけめんの店よりは若干多いくらいです。

ポケモンスタンプラリーをこなした夜はこのブログを書く気力がどうしても出なかったのでこんな形で溜め込んでしまって申し訳なく思います。

投稿者 91E : 23:40 | トラックバック

2007年04月16日

らーめんむげん

15日の昼食です。この日は中山競馬場で皐月賞があるということで行くことにしました。それで皐月賞の腹ごしらえとして「風来房ででも食うか~」ということで東西線で行徳まで行ってそこから7分ほど歩いて「市川市湊新田1-9-15」と思い込んだポイントまで着いてみたら、

「らーめんむげん」なる店だった

いろんな勘違いがあった上でこうなりました。「愚か者だと笑いますか♪」(「愛しき日々」by堀内孝雄)

1.この場所は実は市川市湊新田1-3-15だった(ぽっぽっ屋行徳店の跡地)
2.実は風来房は「千葉県市川市南行徳1-14-10」(南行徳)に「らーめん松信」として移転していた

という全くもって愚かというか事前調査不足の事態に陥ったわけですが、空腹だったこともあり「ここで食べる」という選択肢しかありませんでしたので入りました。

入ると券売機があったのでチャーシュー麺900円を。太麺で注文し、なんかテンションがあがらないまま着席していると卓上ににんにくと豆板醤が。

「にんにくん」と「豆板ちゃん」はものすごく脱力しますねぇ。皐月賞の予想をしながら5分くらいで出てきました。

背脂がたっぷりで塩分濃度が高く、イメージとしては香月に近いなぁという印象。というか自分は香月としか思えなかったのですが、調べてみると「なりたけ」をやっていた人のようです。さらに調べてみるとホープ軒から弁慶と香月に別れて、弁慶がこってり系で香月が若干あっさり系でその弁慶からなりたけになったとのこと。

具は刻みネギとメンマとチャーシュー。刻みネギが白い部分が多いのはやっぱり関東だなぁという印象。メンマは若干既製品っぽさも。チャーシューはモモ肉ですがかなり肉厚(とはいっても真中で折れるくらいではありますが)でジューシーで満足度ありました。結構肉を食べたなぁという意味の満足感はありました。

麺は太麺となっていますが、中太くらいの感じ。あんまりもちもちとごわごわの中間くらいの感じの食感でした。量は普通のラーメン店を基準にすると若干多いくらいかなぁ?という印象。入る前に「張り切ってむげんのラーメンを食べよう」というテンションじゃなかった分、あまり印象に残っていないのが正直なところです。これは店の責任ではなく自分の責任です。ビールとは合いそうだなぁという印象は持ちました。

その後は中山競馬場に行って皐月賞を見たのですが、こんな馬券で当然撃沈。フサイチホウオーの三着付けは考えられても(というかフサイチホウオーとアドマイヤオーラはあって3着という発想だった)ヴィクトリーがいかにも「そこそこ人気して飛ぶというカモ」にしか思えなかったのでどう考えても取れない馬券でした。

この夜に知人と飲みに行ったのですが、メンバーの中に三連複を取った人がいたのにびっくりしました。大多数の人の興味は「サンツェッペリンをなぜ入れられたのですか?」ということだろうと思うので聞いてみると「パドックがよかったから」とのこと。パドックなんてよしあしはさっぱりわからないのですが、わかる人にはわかるんですね~。うらやましい限りです。

投稿者 91E : 18:50 | コメント (3) | トラックバック

2007年04月01日

ちばから

29日の夕食です。一旦昼の1時25分に到着するも

の張り紙。確かにのれんもなくなっていたししょうがないけど、わざわざここまできたから悔しくてダメ元で交渉したものの「ないです」の一言であっさりアウト。仕方がないので五井まで戻ろうとバス停に行こうとしたらちょうどバスが見えたのでダッシュ。しかしあっさりとスルーされてしまい30分ほど待つことに。そして待っている最中に、

本日昼の部麺切れで終了です

というメルマガがきました。もう本当に脱力ものです。情報価値としては「早くなくなりそうです」のほうがあります。こんな張り紙もあるのですが、よりによって自分が行った日になるなんて・・・って感じです。

ある意味で「ちばからクオリティ」が経験できたからラッキーくらいに心を作り変えて、栄家に行ってネットカフェで時間をつぶし再び五井まで。5時過ぎると東口からのバスです。31分に出るバスに乗り、45分頃到着です。見事に一番乗りを果たしてしまいました。さすがにこの時間だったら麺切れはないでしょう。安心して待っていると6時に開店。

 

結構広い店内に入ると奥に券売機があったので小豚700円を購入し着席。店には男性店主と女性助手でした。5,6分待ってトッピングを聞かれたので「野菜にんにく」で。初めての店で辛めはリスキーですから避けました。

スープは乳化系ですが、結構しょっぱいけど甘みもあるという複雑な味わいでした。辛めを入れていたらもっとしょっぱさがきわだったんだろうなと思うと自分としては入れなくて正解でした。ちょっとだけ自分で自分を誉めたいと思いました。脂濃度については平均的な二郎よりは低いけど、荻窪などのライトな感じの店と比べると高めでした。

野菜はもやし9.5にキャベツ0.5くらいの比率でした。量については自分はちょうどいいくらいだったのですが、野菜の優先順位が高い人だともっとほしいというくらいでしょうか?マシマシも対応しているのでそうしたほうがいいかと思います。もやしはしゃきしゃきでキャベツはくたなゆで加減でした。これもありそうでないバランスだなぁという印象。豚は結構厚切りで噛みごたえ十分でした。自分としてはわりと好きなタイプの豚です。

麺は平打ちタイプで若干柔らかめのゆで加減でした。量は平均的な二郎よりは若干少ないかなぁというくらいの量でした。そんなわけで無事に食べきったのですが、この3食で1キロ近く増量してしまいました。やばいです。もう1回つけ麺を食べに行く機会に恵まれるかなぁ?夏の青春18きっぷの際に考えてみます。

投稿者 91E : 11:56 | トラックバック

1  2