2010年02月01日

神座池袋東口店

板橋本町の「慶次郎」については多くのコメントをいただきありがとうございます。なかなか上々のコメントもありまして、営業時間や定休の確認も込めて2/5までに1回行く所存であります。

さて1/28分です。この日は都合上必要となった段ボールを池袋の東急ハンズで買ってきたのですが、そのついでに神座に行ってきました。年末「天理スタミナラーメン系連食」なんてことをしたからなんとなく食べたくなったというのはあります。というか神座自身が不思議と年に1回くらいのペースで行きたくなってしまうんですよねぇ~。普通のラーメン650円を。頼んで6 分くらいで。

 

一言でいえば

関西のラーメンらしいラーメン

です。麺はやや細めで柔らかめのゆで加減なところとか鶏がらベースのややあっさりしたスープとか関西だなぁと感じましたねぇ。なんとなくですが、東京近辺の人からはあんまり評価は上がらないだろうなぁと思いつつ食べてました。

何よりこの店の魅力は具。白菜と豚バラ炒めが入っていただけなのですが、これは天理で食べた「天理スタミナラーメン」「彩華」よりも好きですね。単純に豚バラ炒めが入っていただけなのですけど、「これがほしいのに入っていない」というのでこの二軒にさみしさを感じましたから。スープに関しては本当に甘いくらいだったのですが、卓上の豆板醤とにんにくを入れるとがらっと変わります。これを入れ過ぎなくらい入れると天理スタミナラーメン系の味になってむしろちょうど良くなります。さらには卓上のニラもどさっと入れるとなおさらよくなるなという印象です。

この店に年1ペースで食べに行くと本当に関東と関西って味違うよなぁってつくづく思いますねぇ。出口側の自動扉にも「ゆびつめにご注意ください」なんて張り紙がありますが、これこそまさに関西クオリティだなと感じました。

投稿者 91E : 19:48 | トラックバック

2009年12月06日

CHABUTON池袋東口店

11/5の昼です。書くのを忘れていました。この日は知らない間に「グロービート」グループになっていたCHABUTONの池袋東口店で秋の限定メニューである「八丁味噌のせ秋塩らぁ麺」850 円を。もう終了してしまったんだろうなぁ。この時期は家の回線の具合が悪くてブログにアップしづらかったのも痛かったです。


住所:東京都豊島区東池袋1-3-7
営業時間・定休:月-土11:00-26:00 日11:00-24:00

席数は10くらいのカウンターのみの店ですが、エアコン(冷房)が効き過ぎなのにはびっくりしました。頼んで5分くらいで。

 

スープはいわゆる塩とんこつだけど若干の臭みはありました。とはいえ具を見る限り水菜と刻みねぎしかなくて何か物足りない感があったのでこの若干の臭みはむしろアクセントにはなったのかも。脂濃度についてはあっさりかと言えばこってりだし、こってりかと言えばあっさりだしくらいの濃度でした。麺については若干細めのを若干柔らかくゆでていました。替え玉OKメニューだったので1回替え玉してもらいました。

八丁味噌については味噌+だし汁+砂糖(ザラメが理想)を煮込んでとろっとさせたものがかかっていましたが、全部をスープに溶いても「味噌ラーメンの味」まではいかずに「味噌の味が若干ついた豚骨ラーメン」くらいな感じでした。これだったら、

味噌に水菜をつけて食べるくらいのほうがちょうどいいのでは?

くらいに感じました。とはいえ東京で八丁味噌(というか使っていいのはこの名称を使っていいのは二つの会社だけなので多くは「豆味噌」というのが正しいです。赤みそだと仙台のもののイメージになりますから)を使った料理を食べられただけでもよかったと思うようにしよう。

投稿者 91E : 10:23 | トラックバック

2009年10月01日

天下一品池袋店

10/1は天下一品祭りということで、この日ラーメンか定食を食べるともれなく「ラーメン並1杯無料券」がもらえるのでさっそく行ってきました。ちょうどこの日は西武線沿線で用事だったので池袋店にしました。

11:20過ぎに到着するとまだ店内には空席がありました。ところが店を出る11:40頃の前に一気に人が来ました。実際去年神田店で12時過ぎに行ったらかなり行列していたのですが、混まずに食べるには昼飯時を避ければいいのかなと思います。今回はちょっとした臨時収入があったのでこってりチャーシューメン900円を。頼んで5分くらいで。

 

この池袋店は都内のほかの天下一品よりも粘度が強いように感じますが、どうでしょう?それ以外の部分では普段食べる天下一品のこってりと変わりませんが、チャーシュー麺にしたことによってそのチャーシューの繊維が多くて歯に引っかかって後々面倒でした。年を取るということは歯に引っかかりやすくなるということなのかもしれません。ここでボリューム感を求めるのならばチャーシュー麺にするよりも「大盛りにする」「定食にする」「ライスだけでも頼む」というのがいいような気がしました。特に味噌を加えたスープにライスを入れたうまさは異常ですからなおさらです。

そのあとは実は思いのほかボリューム感を感じて晩飯が王将の餃子1人前+ミニから揚げ(3個)だけでOKだったのに自分でびっくりしました。当初予定は桜台二郎に行くだったのを思うと臨時休業で結果オーライだったのかなと。ちなみに王将のぎょうざ倶楽部のスタンプカードですが、今回食べたことで残り3つでクリアの運びとなりました。王将でラーメンを食べたいとは正直思わないし、更新のペースが遅いのはぎょうざ倶楽部スタンプカードも一部貢献しています。

というわけで今回11/30までラーメン並の無料券をゲットしました。

いつどこで食べようかな。

投稿者 91E : 20:08 | トラックバック

2009年09月04日

秋の北海道物産展2つ

実は現段階で5軒書かないと行けないくらいの状況なのですが、9月になると都内の各デパートで「北海道物産展」が始まるわけでして、それに行った記録をまずは作成しようかなと。

一つ目は9/1から7まで行われている新宿の伊勢丹の物産展で出されている「すみれ」の味噌ラーメンです。9/2の昼食だったわけですが、新宿の本屋に行くついでに行きました。11時40分ごろにつくと15人くらい行列していてなかなか進みません。結局20分くらい待ってようやく着席できました。着席してからは5分くらいで。今回は味噌ラーメン870円を。

 

スープは生姜の香りが強いかなりアツアツでラードも入ってこってり感も高いもの。北海道のラーメンの多くはこういう感じの味なんですよねぇ。具は炒めた玉ねぎ少々とひき肉と細かくしたチャーシューとコリコリのメンマです。というか具を炒めたところでスープを入れてさらには麺を入れるとなればそりゃあそうなるわなぁという印象です。とはいえいざ食べてみると若干さみしい感じがありました。もうちょっと具がほしいなぁというわけで。麺は札幌でよくある黄色い縮れた麺。量は2時ごろには「腹減った~~」と言っていたくらいに少なかったですね。札幌の本店で食べたものと比較してはダメですが、やっぱり本店で食べたほうがいいなとは思ってしまったわけです。

もう一つは9/2-9/8まで池袋の北海道物産展で出されている旭川の「天金」へ。このイベント自体は14まであるのですが、9からは別のラーメン屋になりますので。あとは水曜どうでしょうでおなじみのHTBがこれまた8日まで臨時にグッズ販売をするみたいですが、かなり行列しているのにびっくりです。

それをスルーして11時くらいに着いたのですが、外に10人くらい待たされて結構な混み具合でした。結構待って中に入って理由がわかりました。

麺を1回あたり3人分しかゆでられない

ということです。どうがんばっても4人分です。調理担当の人は麺あげ以外の人は妙に時間をもてあましている感じでした。実際に中を見ていると「麺をゆでるコンロの火力や鍋の大きさが3人分くらい」でした。そんなわけで食べている人よりも多くの人が常に待っている状況でした。もっともこういうところだと客も連れ立ってきていてゆっくりだからさほど問題ないのかもしれませんが…。結局座ってからも10分以上待ってようやく出てきたわけです。頼んだのが醤油ラーメン750円でした。

食べた感じとしてトータルで持った印象は

呑助飯店のこってりに近い

でした。さすがにあれをもう少し間口を広くして油濃度は抑えたのですが、トータルな印象としてはこれが近いのかなという印象でした。飲みやすくて結構ごくごく飲んじゃいましたが…。麺は加水率の低い縮れ麺ですが意外と細くて札幌の麺とは何か違う感じでした。あんまりごわっとした感じはなかったですし。チャーシューは2枚でしたがかなりうまかったです。メンマは割と柔らかめの食感でした。

この時期は新宿の小田急と京王でそれぞれ函館の店が物産展で出ているみたいです。

投稿者 91E : 18:32 | トラックバック

2009年06月04日

康竜池袋西口店

5/25の昼は池袋西口の康竜で。とにかく1回ここで食べてみたいとう思いが芽生えてなおかつ池袋に関連した場所で用事があったので行ってみました。


住所:東京都豊島区西池袋1-20-3
営業時間・定休:11:00~翌6:00 無休

今回はこの店の特徴である自分仕立てラーメン800円を。具を8つの具から4つを入れられるというシステムです。「紙に好みを書く」「替え玉の際に席にある簡易券売機にコインを入れると音が鳴り店員さんが持ってきてくれる」「給水口の存在」などで一蘭から「パクリじゃね?」ということで裁判を起こされた店でもあります。パクリと引用の差は「○○を参考にした」というのを明記しているか否かが大きいのですが、時期も重要な要素です。そして裁判について言えば

一蘭側の勝利に近い

わけでして、康竜は確かに「博多ラーメン」を売りにしつつ沖縄と東京にしか店を出していないという部分でそれはあらわれているのかなと…。そんなわけで東京で食べられる博多らしい博多ラーメンの店の一つという可能性と東京に数店舗あるので味見として行ってみたわけです。入り口横に券売機があったのですがあまり目立たなくて買わずに入ったのですが、現金でもやりとりしてくれました。ありがたいです。

ちなみに頼んだのは「自分仕立てラーメン」でして4種類選べるのですが、きくらげ、味玉、角煮、メンマにしました。(ちなみに残り4つは辛子高菜、追加博多ネギ、有明のり、揚げニンニクです)

味については「いわゆる博多寄りの博多ラーメン」(あまり東京アレンジしていない)ですが、なんというか実に

印象に残らない

味わいでした。まずかったら逆に印象に残るので決してまずいわけではありません。その見方からすると豚骨の臭みが出ているということもありません。唯一ネックだなぁと感じたのは

替え玉200円、半分100円

ということでしょうか?博多ラーメンでは替え玉最低1玉はお約束ですが、要は「大盛り」という感覚でしてそれに200円払うのは疑問符がつくというか…。家から近い「博多ラーメンをアピールしている店」の一つでもあります。(大塚の博多天神がつぶれたので…。ぼたんと共にというポジションです)とはいえ具の一つ一つや麺はそれなりの味わいはあったようには思います。

でも自分仕立てラーメンをしてから替え玉すると1000円近くなるのは、一番本場の博多ラーメンとは遠い部分ではないかと…。福岡で食べる普通の博多ラーメンが400-600円という価格設定を考えると(例:長浜屋)厳しいなとは思います。改めて感じるのは、

東京のラーメン好きは意外と値段には甘いんだなと

いうことでしょうか?自分も最近は大盛りにして具をましたら1000円近くなってもしょうがないかなというのは感じつつあったところなので…。それでも「さすがにどうよ?」と文句の一つも言いたくなる価格設定のラーメン店が近所にオープンして食べに行ったのですが、その店については後日改めて。

投稿者 91E : 20:34 | コメント (2) | トラックバック

2008年10月26日

天下一品池袋店

10/1にもらった無料券をさっそく使いに21日に池袋の天下一品へ。毎月この時期は金がないからありがたかったです。

前回食べに行った神田と比較するとスープの量が少なかったです。その分とろみが増してその分濃厚でした。やっぱり天下一品って同じような商品を作っているように見せかけて実は各店違いが大きいんだなというのを改めて実感。

あとは通販で買ったこってりですが、読者の方からご意見いただきましたようにパックに入っているものを若干煮詰めてから食べてみたところ味のレベルが上がったような気がしました。どうもありがとうございました。

実は今日の朝「がっちりサンデー」で京都特集があり、その中で天下一品の社長が出ていました。その中で「京料理って割とあっさりベースなのですが、なぜこってりなのですか?」という質問に対して、

京都にはよその地域から来ている学生さんが多いからです

という答えでした。言われてみれば当たり前なんだけどものすごく腑に落ちた感じがしました。別に京都の土着の味にこだわりがない一方で、がっつり食べたいという欲は多いという層が意外と多いのかなと。なので京料理の上品な味とは違うところが多いようです。この延長線上でサイドメニュー充実とか学生料金とかもあるんだなと。

とりあえず京都に関しては10月から夢を語れで「つけ」が始まったみたいなので1回食べに行ってみたいですね。

投稿者 91E : 10:07 | トラックバック

2008年08月11日

8月上旬の二郎インスパイア以外

まずは8/1の昼食です。書類提出が1日遅れたので西武池袋線沿線まで手渡しで提出することにしたわけです。そのついでにポケモンスタンプラリーは駒込と目白をクリア。目白から椎名町まで歩いてそこから西武池袋線というルートです。その途中にある店でこの日の昼食。それは目白丸長です。

昼の2時くらいだったのですが、外には6人くらいの行列。10分くらい待って店内へ。しかしチャーシューも野菜も終わっていたのでメンマつけ1000円に。座ってから1分くらいで出てきました。 2回目ですが相変わらず早いです。

鶏がらと豚骨が半々くらいのわりとあっさり目のつけだれです。そこに酢・砂糖・唐辛子・コショウを思い切り入れています。味として強いのは唐辛子とコショウでしてとにかく辛さが一番です。つけを食っていても汗が出てきたくらいでしたから。麺は割と太めでもちもちとしたタイプでして、量は普通だから少ないくらいです。ただこの日の夕食を考えると軽めにしておきたいというのはありましたので逆に狙いでした。具はメンマ9割で残りがチャーシュー3切れとかまぼこの千切りがちょっとでした。あとは刻みネギです。このメンマは割と酸味の強いタイプでした。市販のメンマに割と近い味かなぁ?という印象でした。一通り食べてスープ割してもらいましたが、このスープ割は満足でした。スープ割をしないと完結しないですね。

続いては8/4の昼食です。この日はポケモンスタンプラリーで残った東のほうを一気にクリア。土浦、取手、天王台、北柏、柏、南柏、北小金、馬橋、金町、北千住、亀有、北松戸、新松戸、南流山、船橋、市川、千葉とクリアしてから稲毛まで戻り「栄家」へ。朝9時半から3時過ぎまで何も食べなかったのでかなり空腹でした。稲毛からは6,7分歩いて到着です。

住所:千葉市稲毛区小仲台7-26-1
営業時間・定休:11:00-21:00 火

岐阜県多治見市の有名店大石家のお弟子さんのお店です。実家に帰ると好きでよく食べに行くのですが、実は関東で唯一食べられるのでありがたいです。味としてはチャーシューの煮汁をお湯で割るタイプのラーメンでして、イメージとしては竹岡式に似ています。どちらかといえばあっさり目なんですけど意外とスープはコクがあるんです、不思議と。チャーシュー麺950円を注文。6分くらいで出てきました。

 

ちなみに麺は割と細め仕様です。豚も表面のあぶりが少ないかなという印象です。メンマはあまり味がついていなくてかなり大ぶりで歯ごたえのあるタイプです。割と名古屋ではこういうタイプのメンマを出す店が多いです。でもこの店があってくれるだけで満足です。本当にもっと都内に近づいてくれるとうれしいです。これもある意味で名古屋ラーメンのひとつにカテゴライズされてもいいのではないかと思っています。

最後は8/6の昼食です。この日締め切りの書類の提出があったわけですが、前日中に郵送という手もあったけどあまりに強い雨でポストにいくのさえめんどくさくなりあきらめて当日に直接手渡しで。とにかく暑くてやたら汗が出たということで「これは塩分補給をする必要がある」というわけで、しょっぱいことで定評のある「欣家」に。早い時間に行ったのでチャーシューつけがありラッキーでした。チャーシューつけ890円を注文。10分弱待ってようやく出てきました。

つけだれは「あれっ?」と思うくらいに薄味になっていました。どれくらいだったかというと「スープ割をしなくてもそのまま飲まないと塩分補給できないな」と思うくらいに。「今までがしょっぱすぎ」と思う人には改良かもしれません。肉についてはバラ肉を醤油だれに浸してからあぶったものが2枚と渦巻きタイプのが1枚加わってました。これをつけだれに浸すと味が増えるのですが、脂身が多くて結構あとからずしりときました。他にはあまり味が付いていなくて歯ごたえがかなりこりこりした大ぶりなメンマが結構ありました。感覚としては先の栄家で紹介したメンマと味わいは近いのかなと。麺はいつも通りとしか言いようがないです。割と太めでごわごわともちもちの中間くらいの食感です。量については平均的なつけめんの店よりは若干多いくらいです。

ポケモンスタンプラリーをこなした夜はこのブログを書く気力がどうしても出なかったのでこんな形で溜め込んでしまって申し訳なく思います。

投稿者 91E : 23:40 | トラックバック

2008年07月01日

我流軒たくら

7/1をもちましてこのブログは幸か不幸か5年目に突入しました。現段階ではやめなきゃならない理由もないのでとりあえずはしばらくは頑張っていこうと思っています。というか明後日から札幌4泊5日用事+ラーメンの旅なので、ここで頑張ろうと思います。

引き続きよろしくお願いします。

さて6/28の昼は池袋の「我流軒たくら」に行きました。


住所:豊島区東池袋1-42-12
営業時間・定休:11:00-23:30(LO23:00) 無休(年末年始などは?)

今話題のIHを駆使したつけ麺やしゃぶしゃぶのお店です。一人1台IHが置いてありそこにつけだれや鍋を置いて食べるという方式です。

今回は濃厚豚骨つけしゃぶ880円を注文しましたが、もちろんランチタイムの半ライスと生玉子もセットでお願いしました。女性店員に頼んで5分くらいで出てきました。

つけだれはいわゆる濃厚魚介豚骨です。普通にうまいんだけど正直なところ「飽きつつある」というタイプの味でもあります。認めたくはないのですが、やっぱりラヲタシフトしているのかなぁ?と感じてしまいます。やや塩分濃度は高めです。

卓上調味料はいろいろあるんですけど入れる必要ないですね。味自体は十分に濃いですから。あるのはコショウ、魚粉、ラー油、酢、ごま油、生にんにく、唐辛子、醤油ラーメンのたれ、塩ラーメンのたれ、醤油、塩の11種類です。ただトータルの印象としては麺にかかっている刻みネギがないと味が単調な感じがしてしまいます。麺は玉子の香りがするタイプでs8。やや太めでつるつるとはしているけど割と固めの食感でした。量は大勝軒やべんてんを基準にすると少ないけど、それ以外の所を基準にすれば標準的な量でしょう。IHで温めてくれているので途中につけだれがぬるくならないのはありがたいですね。しゃぶしゃぶ用の具を入れながら食べました。

最後はスープ割をもらってからご飯と生玉子を溶いたのを入れておじやにして食べました。このおじやが結構ボリューム感があって意外と晩飯まで腹はすかなかったです。 つけ麺の欠点が「ぬるくなること」と感じている人にはいいのではないかと思います。

投稿者 91E : 21:57 | トラックバック

2008年05月14日

東池袋大勝軒

11日の日曜日に信号待ちをしていたら、ものすごいスピードで激突されて思わず転んでしまいました。その相手はあっさりと逃げて行ったわけですがとにかくびっくりしました。それで家に帰ってポケットを見ると二度びっくり。

デジカメの液晶が割れてました

翌日に修理に出すと有償というので腹が立って警察に被害届を出しに行くも「事故扱い」されるし、その上に「相手がわかんないんでしょ?」みたいな形でめんどくさそうに扱われて取りつく島もないって感じで泣き寝入り決定です。何のために交差点に監視カメラを置いているの?という突っ込みだけはいれましたが、どうにもならないです。そんなわけでしばらく携帯カメラでの撮影になりますのでご了承ください。また皆さんにおきましては、

1.持ち運ぶ電化製品については買う際に総合保障に入っておきましょう
2.電化製品を持ち運ぶ際にはしっかりと保護するケースに入れておきましょう
3.警察をあてにしてはいけない

以上三点このバカから学んでいただければと思います。本当に腹が立ちますがどうにもなりません。携帯を買い換えてカメラの性能そのものはよくなったんですが、

1.レンズの位置がおかしい(画質向上のためにはこの位置でなければならないみたいですが)
2.シャッター音が過剰にでかい

という部分で非常にいやなんですが、仕方ありません。その修理に出しに行った場所が池袋だったのでせっかくだからといったのが東池袋大勝軒。移転後(というか業態変更後)は初めてです。12日の昼食です。昼ごろに到着すると外には20人ほど。入り口横に券売機がありそこで「あつもり」700円を。その横に山岸さんが座っていまして温和な顔をされていて気持ちが少しだけ和みました。

「つけ麺の店は意外と回転がいい」という定説通りに意外と待ち時間は少なくて20分ほどで店内へ。そこから5分で着席でした。席数はカウンターが10くらいで4人掛けテーブルが2つに2人掛けテーブルが1つです。水はセルフ。着席してからは事前に食券を渡していたこともあってすんなりと出てきました。

この日は寒かったのであつもりにして正解でした。つけだれはしっかりと混ざっていて最初から最後まで同じ味わいでした。結構混ざりが甘くて最初の方は薄いなぁという感じだったのが最後の方に甘さと酸っぱさとがどっとくる店も結構ある中それだけでも満足度は高かったです。それにしっかりとだしも出ていて「結構濃厚だなぁ」という風に感じました。チャーシューもパサ気味な店が多い中ちゃんとジューシーさを保っていましたしよかったです。あとはメンマが数本入ってました。

麺については量は340とありましたが、あまり多いという感じはしなかったので中盛りでも食べられそうだなぁという感じはしました。ぬるくしないようにとは思いますが、麺がお湯の中に入っているのでそれでつけだれが薄くなるリスクを考えるとこれくらいの方がおいしく食べられるのかなぁ?というのも感じます。太さは中くらいでわりともちっとした感じでした。

いったい修理代どれくらいかかるんだろう?かねてから疑問なんですけど「新品と修理が選択対象になる」ということそのものがおかしく思うんですけどどうでしょう?(アンティークものとか古すぎるモノに関しては別)技術料8000円とか見ると「メーカーって修理でもうけようとしていない?」というのをどうしても感じてしまうんですよねぇ。自分の知らない事情もあるかもしれませんが。

投稿者 91E : 09:13 | コメント (6) | トラックバック

1  2  3  4  5  6  7