« 2010年02月 | メイン | 2011年09月 »

2010年03月31日

2010年3月の記録

突然ではありますが、更新はこれをもって最後にします。ある方から「あんたのはあまりに個人的なメモ過ぎる」というコメントをもらいまして、当初ブログを始めた理由を思い出しました。もともとは「今日の二郎はどうだった」みたいなやり取りをリアルにやる相手がいなかったから「じゃあネットで」というので始めたということを。そしてブログに移行してから5年9カ月ですが、そのミッションは達成できたと思います。というわけでこれからはSNSなどに移行します。もともと自分用のメモという機能ですからそれで達成できます。わざわざブログという形式を取らなくてもいいかなと思いました。その方には感謝しないといけないですね、ある意味。

というわけで最後の記録になりますが、3月は12軒12回12杯(今年43軒44回44杯)でした。実家にいたことや選抜高校野球を見ていたという理由であまり食べに行ってないです。ただ関西に行ったのでその際には7軒行きましたけど。

1.二郎(今月2店2回2杯。今年7店9回9杯)
1回 府中店、湘南藤沢店

年内ゼロ 松戸駅前、京成大久保、小岩、大宮、武蔵小杉、高田馬場、新宿小滝橋通り、亀戸、歌舞伎町、荻窪、神田神保町、品川、目黒、茨城守谷、千住大橋駅前、ひばりヶ丘駅前、環七新代田、環七一之江、池袋東口、鶴見、相模大野、野猿街道2、めじろ台法政大学前、新小金井街道、横浜関内、立川、松戸駅前

このブログをやめてもいいかなという踏ん切りがついたのはこないだ三田に行った際に二郎の行列を見て「いいや別のところにしよう」と思ってしまったことです。こんなこと今まではなかったのですが、行列程度で他の手段を考えてしまった自分に本当にびっくりしました。もはや「ラーメン二郎食日記」という機能を果たさないんじゃないのかと自分で感じてしまいました。

2.元二郎・二郎インスパイア系(今月1店1回1杯。今年11店11回11杯)
1回 ラーメン大(名古屋)

結局確認のためにいったラーメン大(名古屋)だけでした。関西には行ったけど話題の「マッチョ」はその段階では情報入手していなかったので行けませんでした。「阪神と広島でプレーした選手」という噂のあるオーナーのことが一番気になっています。誰だろう?安仁屋宗八だったらなんか感動。高橋慶彦はいま千葉ロッテの二軍監督だしなぁ。長嶋清幸は2009年は韓国で今は千葉ロッテでコーチだし。赤松真人は関東に住んだことないはずだし。(新井金本は考えない)いろいろ調べてみて「ある程度若い」「東京にいたことがある」「阪神と広島に行ったことがある」に該当する選手は山田真介でしたが、彼は現在巨人の球団職員なんだよなぁ。いったい誰なんだろう?最後の最後ですっきりしないなぁ。

3.それ以外の店(今月10店10回10杯。今年16店16回16杯)
1回 めん馬鹿一代、炉端焼・郷土うどん「じろう」・まるイ・をかべ本店・丸繁・山為食堂・山崎麺二郎・まる重・キッチンこっこ亭

めん馬鹿一代は「火柱が立つラーメン」でおなじみの京都のラーメン屋です。まる重は和歌山にある地盤沈下で傾いたラーメン屋です。キッチンこっこ亭はB級グルメ本で「ラーメン太郎」として紹介されていたけどいきなり店名変更していました。山崎麺二郎は京都は円町駅近くにあるのですが、店内の雰囲気や味がラーメン二郎と真逆と言ってもいい店でした。

今月の好印象としては、

・府中二郎の赤みそ
→赤みそだけだと仙台の味噌かもしれないので行ってみないとわからなかったのですが、名古屋の豆味噌(八丁味噌)でよかったです。自分の中で無条件に肯定するしかない味です。

・まる重の接客
→気さくに話しかけてくれてうれしかったです。

・山崎麺二郎の店内
→本当にきれいだったし、割り箸じゃないのに一膳ごとに箸袋に入れるなどの気配りに感動しました。

関西のマッチョのオーナーについては気になりますが、長い間本当にありがとうございました。

投稿者 91E : 22:58 | トラックバック

2010年03月23日

湘南藤沢店(1)

3/14に開店したラーメン二郎湘南藤沢店ですが、その日は関西で用事があり開店祭りには参加できませんでした。ようやく東京に戻ってきた22日の夜に行けました。


住所:神奈川県藤沢市本町1-10-14
営業時間・定休:11:00-14:30 17:30-21:30 火曜

以前下見に行った際に

・住宅街の真ん中なので音やにおいが大丈夫なの?
・隣のラーメン屋は大丈夫なの?
・路駐大丈夫なの?

というのは感じたのですが、やっぱり近隣住民の方からのクレームにより営業時間が変更になりましたし、常に助手さんが行列チェックしないといけないなど厳しいようです。隣のラーメン屋については現在閉店しています。閉店したのなら看板をはずしてほしいです。路駐に関してはさすがに店の前にはなかったのですが、若干外れたところにしていて助手さんからナンバーを言われてた人はいました。

夕方の6時半過ぎに到着したのですが店の外には20人弱でこれはすんなりかなぁ?と思っていたら、

店内で20人待ち

でした。確かに下見の際に後ろのスペースが広いなとは思ったのですが、20人の背後霊とは…。結局1時間弱で着席だったので、だいたい人数×1.2-1.5分くらいの時間でありつけるのかなと。助手さんが3人いることもあり(一人は行列担当ですが)回転は早い部類になると思います。今回は小豚750円ににんにくを。

 

最初の印象は「丼小さいな」でした。実際食べてみてもかなり少なくて目黒や鶴見が比較の対象になるくらいだなと感じました。その分夜に食べるにはありがたいですね。スープ自体はかなり乳化傾向で塩分濃度はやや高めという印象。店主がかつて助手をしていた関内のスープとはタイプは違います。ここ1カ月半二郎を食べていなかったのですが、改めて「二郎欲は二郎じゃないと満たせない」というのは実感。インスパイアじゃやっぱり二郎欲を満たしきれません。

野菜はキャベツをかなりざっくり切っているのと生に近いゆで加減が特徴的でした。二郎の中でも一番生に近いのでは?豚はジューシーで脂身の量もほどほどあり自分が一番好きなタイプのもので大満足。そして何よりうれしかったのは箸です。最近エコ箸を導入する店が増えているのですが刻みが浅くて食べづらいことが多いです。しかしこの店のは刻みが深くて滑らずに食べられました。これはいいですね、本当に。

投稿者 91E : 09:35 | トラックバック

2010年03月16日

ラーメン大(名古屋)

最近「なんだかなぁ」と感じてしまうテレビや雑誌記事によりテンションがあまりあがっていなくて更新をしていませんでした。

1.Dancyuの記事では二郎も元二郎も二郎インスパイアも一緒に「二郎系」とカテゴライズしていた
→この雑なくくりに愕然。実際二郎インスパイア店が増えれば増えるほど「二郎を食べたいという思い」は結局二郎じゃなければ満たされないのを強く感じるようになりました。もっとも記事で取り上げられていたあかつきは二郎インスパイアの中ではレベル高いほうだと思っています。
2.テレビ東京系列でのラーメン番組内で「ラーメン二郎目黒店ではとんこつであるのに対し・・・」という発言
→むしろ二郎インスパイアの多くが「濃厚醤油とんこつに背脂」というつくりの店が多くてがっかりすることが多いです。二郎ってむしろ豚肉を煮込んでいるのが特徴だと思うのですが・・・。

それはともかくとして3/8の昼食です。とりあえず味見ということで。


住所:名古屋市中区錦2-9-6
営業時間・定休:平日11:00-14:30 17:00-20:00 土曜11:00-14:00 日祝

看板のロゴは東京の店のは以下の通りです。同一のものと考えていいのか別物と考えていいのかわからないです。先にあるのは本郷三丁目のものですが、店内の張り紙には「ラーメン大」とあるのでひらがなカタカナに大きな意味があると考えていないと思います。

 

12時半過ぎに到着すると外には行列が5人ほどでした。券売機で小豚800円を。5分くらい待って着席。席数はカウンターのみの9席ほど。着席から7,8分で。トッピングは先ですが、野菜とにんにくにしてもらいました。

  

見た感じですが、

大というよりはフーズ系のに見た感じ似ている

というのが率直な印象でした。いわゆる「濃厚醤油とんこつに背脂をどっさりと入れた」という感じのラーメンという表現が一番近いかなという気がしました。その中での特徴としてはやや醤油の味が強くて塩分濃度が濃いなというところでしょうか?豚は筋が多い部分もあって歯に引っかかりまくりだったのは参ったなぁ。うまいなと感じたものもあったので当たり外れの差が大きいなという印象。麺は池袋や大崎の凛に似た感じのパスタっぽさがあるもので、こないだ本郷の大で食べたものとは明らかに違ってました。(以下のもの。ここではまだ記事にはしていませんが)

量は普通のラーメン屋の大盛くらいもあるかなぁ?というくらいであまり多くないです。野菜は割りとシャキなゆで加減でもやし比率は95%くらい。結局東京のラーメン大とは違った部分も多かったのでこの店との関係についてはよくわかりません。

トータルの印象としては、
・名古屋に出張・観光に来た東京の人はらけに行ったほうが面白みがある
・数年前まで一部店舗で「二郎」として出していたものに近いので、らけよりは二郎っぽいのは間違いない
・ディープに二郎が好きで名古屋転勤になった人が食べると却ってもやもや感が高まりそう
というものでした。ただらけと比べると回転はいいです。

投稿者 91E : 10:15 | トラックバック

2010年03月04日

2010年2月の記録

まだいくつか更新しなきゃならないネタはあるのですが、とりあえず先に2月に食べたラーメンでも。引き続いて2000杯と1000店(支店は別の店扱い)をそれぞれ目指して頑張りたいと思っています。2000という数字の由来となった人が保釈申請したのにはさすがにびっくりしました。どう考えても無理なのに…。2月は15軒15回15杯(今年31軒32回32杯)でした。実家に帰ったりしたのであまり食べていないです。

1.二郎(今月1店1回1杯。今年6店7回7杯)
1回 桜台駅前店

年内ゼロ 松戸駅前、京成大久保、小岩、大宮、武蔵小杉、高田馬場、新宿小滝橋通り、亀戸、歌舞伎町、荻窪、神田神保町、品川、目黒、茨城守谷、千住大橋駅前、ひばりヶ丘駅前、環七新代田、環七一之江、池袋東口、鶴見、相模大野、野猿街道2、めじろ台法政大学前、新小金井街道、横浜関内、立川、松戸駅前

2/20に神田神保町店に行ったのですが12:30過ぎで死刑宣告くらいました。それで結果として1回だったのですが、体重そのものはあまり減っていないのがつらいです。晩に家飯するとついつい1品増えてしまうのがきついですねぇ。ちなみにその桜台も2/2に食べたきりなので、いっそのこと「どこまで二郎を我慢できるかコンテスト」に転化しようという気さえしています。二郎インスパイアで二郎以上に「二郎を食べた」という満足感を得られるところはほとんどないですから。あとこないだのラーメン番組で「二郎は豚骨」みたいな紹介をされていたのを見たとき「あまりにひどい」というのは感じました。

2.元二郎・二郎インスパイア系(今月4店4回4杯。今年10店10回10杯)
1回 ラーメン大本郷店、つけめん舎一輝、麺屋かばち、慶次郎

あかつきがゼロでした。ラーメン大本郷店については名古屋に「ラーメン大」ができたというのがあって味の確認で行ってみました。一輝とかばちは名古屋地区の二郎インスパイアですが、むしろらけの影響をうけているのかな?というのを感じました。慶次郎については今後どろそばも調査したいです。

3.それ以外の店(今月10店10回10杯。今年16店16回16杯)
1回 ますたに田町店、欣家、大石家、豚とろ@東武池袋物産展、綱取物語@伊勢丹新宿店物産展、支那虎らぁめん@近鉄四日市店物産展、らーめん鉢ノ葦葉、ときせい、牛乳屋食堂@上野松坂屋東北物産展、松壱家藤沢本店

2月は物産展シーズンだったので結構出かけたんだなという印象です。

今月の好印象としては、

・慶次郎の豚
→とにかく豚はうまかったです。

・松壱家藤沢本店の接客
→キャリーバックを持っていたのですが、入退店の際にはドアを開けてくれてうれしかったです。

・らーめん鉢ノ葦葉の卓上のつけもの
→漬物に関しては基本プラマイゼロの自分ですが、ここのは満足度高かったです。

投稿者 91E : 20:28 | トラックバック