« らーめん鉢ノ葦葉 | メイン | 2010年2月の記録 »

2010年02月24日

支那虎らぁめん@近鉄四日市店物産展

遅くなりましたが、19日に名古屋から東京に戻る際にせっかくだからと立ち寄りました。これがメインでありまして鉢ノ葦葉はついででした。24日まで開かれていた近鉄四日市店での北海道物産展に出ていた「支那虎」にて塩焦がしラーメン750円を。風のガーデンの番宣番組内で中井貴一がほめていたメニューだったので気になってました。というかあの場に居合わせたら塩焦がしを選択するしかないです。とにかくそれくらいにおいで持ってかれてました。

昼1時くらいに行ったのですがそれでも5人待ちとなかなかの盛況。5分待って入ってから10分ほど待って出てきました。

 

豚骨ベースのスープにマー油がかかっていて最後までアツアツでした。が、

熊本ラーメンを食べているみたい

という感じもして妙に複雑な印象でした。富良野だったらあるはずもないしオリジナルでしょうけど、東京だとなんつっ亭などマー油を出している店もありまして先に書いたように複雑でした。

実際に麺も細めの加水率少なめのものでむしろ九州にありそうな感じのものでした。具はメンマと炙ったチャーシュー。メンマは大ぶりで固めであまり味がついていないのは名古屋の好来系に近い感じ。チャーシューは下味がしっかりついていた上に余分な脂身が落ちてビールのつまみにしたいくらいにうまかったですね。

うまいかまずいかの観点でいえばうまいんですけど、物産展のラーメンや地方に行った際のラーメンはうまいだけじゃなくてその場所でしか味わえない何かを感じたいのもありまして、妙に複雑な味わいでした。

探偵ナイトスクープの依頼から派生して調べたものによると

味や言葉は京都を中心とした同心円状で説明できることも多い

とのことですが、京都から熊本と富良野の距離を考えるとあり得ない話ではないのかなと。

ちなみに富良野の店については

住所:富良野市幸町12-6
営業時間・定休:11:00-20:30(L.O.20:00) 月曜

となっています。富良野駅からは歩いて10分くらいなので鉄道で旅行している人にも行きやすい店です。

投稿者 91E : 2010年02月24日 23:16

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kiss-to-heaven.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1793

コメント

先日は、私の質問への回答ありがとうございました。最近、ブログの更新が少ないですね。どうかなさいなしたか?

投稿者 なかむら : 2010年03月03日 19:28