« 桜台駅前店(1) | メイン | つけめん舎 一輝 »

2010年02月12日

麺屋かばち+α

前回同様にまだまだ書かなきゃならない店もありますが、気になるネタがあったのでまずはそれを先に。

「ラーメン大」が名古屋にできるとの事なので早速様子見に。地下鉄伏見駅から錦通に出て栄方面に向かって歩いて最初の信号を左に曲がるとこの看板が見えます。

そしてしばらく歩いてようやく目的地に到着。伏見駅からは5分くらいで到着します。


住所:名古屋市中区錦2-9-6(ちょうどこのビルに住所表示の看板があったので)
営業時間・定休:2010年2月12日の段階では張り紙なし

本当にできるんだなと。店内は割りと広めです。ちなみにこの店は開店2,3日は100円セールをやるのですが、ここでもやるのでしょうか?繊維問屋の中にぽつりとあるのですが、においは大丈夫なのかなぁ?気になるのは支店名です。普通に「名古屋店」にするのでしょうか?更なる進出を狙って別の名前にするのでしょうか?前者にすると「ラーメン大名古屋店」になってしまいまして、「ラーメン」「大名古屋店」という風に分割しちゃうと「大名古屋といえばビルヂングだよな」という突っ込みを入れたくなっちゃいますねぇ。ちなみに味については「あっ晴れ大府店」が近いと予想されます。

その後で東海地区のラーメン本を見ていたら「この外観は二郎っぽくね?」ということで気になっていた麺屋かばちまで歩いて移動。


住所:愛知県名古屋市中区栄3-20-14
営業時間・定休:11:00-14:00 17:00-22:00(麺切れ終了) 月曜

二郎っぽい店だったらもうちょっとネタになってもいいかなと思うのですが、意外とネタになっていないのを不思議に思っていたのですが、その理由は

撮影一切禁止

だからじゃないかと。雑誌媒体の取材には応じているみたいなんですけどね・・・。近隣にある某店では「写真撮影時退店無返金」なんて名乗りつつ一部の人には撮影許可をしているのですが、ここはそれはなさそうなのである意味すっきりします。それ以上に参ったのが、

メガネの曇りが異常

ということでした。卓上にティッシュがあったのでそれで何回か拭いたのですが、拭くやいなやまた曇るんです。これはきつかったですねぇ。席はカウンターのみで10人くらいです。ランチタイムはライスor麺増量を選択できるのですが、

初めての店ではリスクは避けるべきだろう

ということでライスに。漬物と一緒にでてきました。そしてそれを3分の2くらいあいたところでラーメンが出てきました。今回は「初めてのお客様に」というラーメン700円ににんにくを入れてもらいました。いかんせん撮影禁止なのでイメージしづらいだろうということで近くにあった案内板から援用します。

出された際のにおいとスープを一口すすった感じでは「ら・けいこっぽさ」を感じました。なんだかんだ言ってもラーメン界にら・けいこが果たした役割は大きいんだろうなぁ。二郎インスパイア店の何軒かは「実はらけインスパイアじゃね?」と思ったくらいですから。(例:札幌のてら)とりあえず味についての触書はこちら。

味についての印象は確かに醤油の味は濃かったですねぇ。たまり醤油を使っているのでしょうか?実際かなり黒っぽい色合いでした。名古屋近辺は味噌のイメージもありますが、実は醤油も白醤油といいたまり醤油といい結構独特な文化があるのかなというのを感じました。このたれにとんこつと鶏がらを煮込んで若干とろみが出るくらいになっていまして、それに背脂が吹きかかってます。

麺は中くらいか若干太いかというくらいの四角いもので割りともちもちとした食感でした。これはら・けいことはかなり違います。量はラーメン本には200gとあります。野菜は軽く湯通ししたくらいのゆで加減でしたが、キャベツ比率は意外と多かったなという印象。メンマは薄切りでかなり濃い目の味付けで柔らかく煮てました。チャーシューは渦巻き肉の脂身の多い部分を使っていまして、それを薄切りしたものが2枚。かなりジューシーで味もしっかりついていてなかなかの美味。これを使ってチャーシューご飯を食べてみたいなと思ったくらいです。

食べ物は写真の有無で伝わる情報量が違うからどれだけ伝えられたかは正直なところわかりません。

投稿者 91E : 2010年02月12日 22:24

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kiss-to-heaven.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1788