« 唐麺や十兵衛所沢店 | メイン | 凡の風@東武池袋北海道物産展 »

2010年01月21日

栃木街道店

1/20の昼食に行ってきました。残った青春18きっぷが1日分ということで「往復2300円以上の場所」という縛りの下でどこかこの時期に行ってよさげな場所はあるかな?と思って調べていると

足利フラワーパークのイルミネーションが24日までやっていてよさげ

とのことで栃木県の南部に行くわけですから、そりゃあ栃木街道店に行かないという選択肢は存在しないので昼に行ってきました。夜のほうが時間配分という意味ではいいのですが、いかんせん壬生からの道を歩くのは危険極まりない行為ですから仕方ありません。それで壬生に11:24につく電車で行ったのですが、

店に到着した11:40ごろには外で20人くらいの待ち

という状況でした。当然店内には10人はいるわけでしてスタートダッシュすごすぎです。すっかり栃木の人にも浸透したなと思います。この中で壬生から歩いてきたのは店内含めて自分だけなんだろうなぁという感がありまして妙にアウェイな感がありました。行列を見ているとカップルや女性同士というのも多くて、

ひばりの次に女性比率高いんじゃね?

という気がしました。結局行列開始から1時間とちょっとで出てきました。人数×2分前後で出てきたのを考えると神保町や新代田や府中よりは回転悪くないです。今回は小豚800円ににんにくを。ラーメン以外は撮影禁止なのでご注意ください。

 

出てきたものを見て率直に感じた印象としては、

プチ桜台

でした。スープの多摩地域にありそうな乳化した色合いといい、野菜のシャキなゆで加減といい、豚のボリュームといい、スターチで麺の若干黄色がかった感じといいとにかく桜台をほうふつさせるなという印象でした。そして実際に食べた感じとしても、

プチ桜台という表現があう

というものでした。桜台ならではのうまさを保ちつつ「えげつなさを抑えた」というのが妥当でしょうか?桜台ってうまいんですけど、えげつないんです。そう感じている人も多いのではないでしょうか?脂濃度とか量とか豚の何とも言えないパワーというか本当にえげつないんです。後々のダメージは相当なものです。実際にそのえげつなさに関して自分が感じていることは

桜台に行くというテンションになっていたときには、いざ臨休というときでもひばりは代替にならない

というものです。それくらい心身の準備をしてから桜台には向かいます。とにかくえげつなさを覚悟していくわけですが、それをしないでもそれに近い味を味わえたのが今回の栃木街道店でした。そんなわけでして今回はものすごく満足できました。

ただ壬生まで歩いたら電車が出た直後で30分待たされたのはきつかったなぁ。あの何もない駅で30分待つのは本当にきついです。あと24日までやっている足利フラワーパークのイルミネーションは本当にすごくきれいです。行く価値あると思います。

投稿者 91E : 2010年01月21日 21:23

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kiss-to-heaven.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1775

コメント

本日15時半過ぎに行きましたが、麺切れのため帰ってきました…残念です。

投稿者 lightkenshin-tt : 2010年01月24日 21:34

日曜日だと厳しいんですね。
確かに地元客のみならず自分のような遠征客もいそうですから。

投稿者 91E : 2010年01月25日 09:33