« 高田馬場店 | メイン | あかつき »

2009年12月17日

麺屋武蔵虎洞

吉祥寺にある麺屋武蔵虎洞で二郎インスパイアメニューを出しているらしいのでものはためしと行ってみました。麺屋武蔵が二郎をインスパイアするとどうなるんだろう?という興味もありましたし。それにしても高円寺から吉祥寺辺りはすっかり二郎インスパイア激戦区になったものです。吉祥寺といえば、

「ホテルニューヨーク」の上にある自由の女神です。「うちの子にかぎって」でおなじみです。恥ずかしながら初めて見ました。自分にとっては「東京を象徴する建物」の一つですから見られて良かったです。うちの子にかぎってでいえば高橋良明が死んだというのはびっくりしたなぁ。

それはともかくとして虎洞に12時前に行ったのですが、若干待ってから着席。


住所:東京都武蔵野市吉祥寺本町1-1-7
営業時間・定休:11:30-23:00 無休

二郎以上に狭かったなぁ。とりあえず虎麺1000円を。トッピングに関しては一切聞かれません。大きさは大中小とありますが、値段は変わらないので様子見で中を。頼んでから7,8分くらいで。麺屋武蔵の妙にテンションの高い接客や店員同士のやりとりが妙になえます。これも好感接客とはあまり縁のない二郎でなじんでしまったことの副産物かなぁ?正確には高校時代に通っていたラーメン屋の店主が無愛想だったのでそれになじんだのですが。

 

丼はかなり小さめ。各所でも出ていますが鰹節がかかっていて二郎インスパイアというよりは辰屋インスパイアといった雰囲気も。出てきた瞬間には実は煮干しの香りが強かったですね。スープはやや乳化系です。やや甘めの味わいでありますが、意外とコクがあり二郎を意識しなければ案外悪くないなという印象。さらには途中で味に飽きた場合には卓上にある七味を入れるといいです。これはかなりうまかったですね。

麺は二郎基準からするとかなり細めで妙にもちもちとした食感。ごわっとした感じはなかったですね。量は中盛りにしたけどこれだったら大盛にしておけばと思ったくらいです。野菜は豚の下に隠れているけどもやし9割でそんなに量は多くないです。ゆで加減は神保町くらいか?豚は大ぶりのもも肉が3枚。若干パサついてはいたけどたれにしっかりと味付けされていてそれなりに美味しく食べられました。

そんなわけで味自体は悪くないとは思うのですが、やっぱりラーメン1杯に1000円というのはハードルが高いよなぁ。行きつくところはここです。

投稿者 91E : 2009年12月17日 10:11

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kiss-to-heaven.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1751