« 2009年11月の記録 | メイン | 笑堂 »

2009年12月07日

らーめん屋いとう

12/3の夕食です。この日は西武線沿線での用事だったのですが、それを20分早く切り上げて秩父夜祭に行ってきました。西武線沿線にあるポスターで興味がそそられたので。メインのイベントまでは若干時間があるということなので、以前巣鴨の市場横で「巣鴨ラーメン」(not「すがもラーメン」)をやっておられた方が出している「らーめん屋いとう」にいってきました。というか実はここに行きたかったけど、さすがに秩父は遠いので何か口実がほしかったのが正直なところです。外観は天気がいまいちだったので撮りそびれましたので住所と営業時間を先に。

住所:秩父市中町3-16
営業時間・定休:水曜11:30-14:00 それ以外11:30-14:00 17:00-22:30 原則無休

早めに切り上げて西武秩父に到着すると屋台の連続で「食べてしまおう」という衝動に駆られましたが何とか耐えました。6時半過ぎに到着すると店内に5名の行列10分弱で着席しそれから5分弱で出てきました。実は1本遅れていたら道路事情でどうなっていたかと思うと本当にぞっとします。それはともかくとして大盛チャーシュー麺900円に味玉100円です。巣鴨ラーメンはチャーシューと味玉がうまかったので必須アイテムなのです。あとは何となくですが大盛に。それにしても麦茶も懐かしかったなぁ。

 

味についてはやっぱりうまかったですね~~。甘みとコクのある濃厚な豚骨豚骨に背脂ですが、ついつい3分の1以上飲んでしまったくらいです。チャーシューもバラ肉のしっかり味のついたものが7,8枚くらい入っていてこれまた「チャーシューもビールのつまみとして成立するんじゃない?」というくらいのうまさ。やっぱり巣鴨ラーメン(notすがもラーメン)はチャーシューだなと。味玉は見た目よりはあまり味は濃くなかったですね。ゆで加減は半熟と固ゆでくらいの中間でした。もともと半分入っていて1個が追加ということを忘れてました。メンマは割と酸味のきいた味わい。麺はやや細めで柔らかめのゆで加減。量もそれなりで晩飯という観点では十分に満足できました。

ここで十分に満足できたので、屋台の誘惑に負けることはありませんでした。しかし正直なところ雨のせいもあってかどうも祭り自体はあんまりおもしろく感じませんでした。たぶん地元の人が屋台でいろいろつまみながらというのが一番楽しいんだろうなという気がします。花火も空がかすんでいて音量が大きすぎという印象でした。やっぱり今年の夏にねぶたを経験してしまったことが自分の中でいろんな意味でハードルを上げてしまったのかなぁ?と感じてしまいます。

ちなみに特急を使わないで西武秩父から池袋に戻るには2時間くらいかかりました。改めて遠さを実感しました。

投稿者 91E : 2009年12月07日 21:45

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kiss-to-heaven.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1745