« 環七一之江店 | メイン | 江戸甘 »

2009年12月02日

麺や あかつき

本当はまだ6軒+記録を作成しないといけないのですが、先に伝えなきゃというわけのわからない使命感が芽生えこちらを先に。どうやら12/1に駒込のアザレア通りに二郎インスパイア店である「あかつき」ができたとのこと。しかも自分の中で印象の良かった二郎インスパイアである茅ヶ崎の菜良で働いていた女性店員がオープンさせたとのこと。それが家から近い場所にできたとなればいかない手はありません。このエリアには「極麺王」「ラーメンジゾウ」があった時期もあったのですが、そのビルも今では取り壊されてしまいました。なので本当に心の底からうれしく思います。場所としては駒込駅東口のアザレア通りを南に5分ほど歩いたところになります。

 

道路に先の看板が出ていて、ビルに後の張り紙があります。実は直接店が道路に面しているわけではなくてビルの自動ドアを開けてからその奥に店があります。そんなわけでして「わかりづらい場所にある二郎インスパイア」ランクを作るとかなり上位になってしまうのでは?ちなみに上の階にはスナックなどがあります。

 
住所:豊島区駒込1-16-10
営業時間・定休:11:30-14:30 17:00-21:00 月曜定休

さっそく11:45頃に到着すると自分で一人目でした。本当に女性店主でした。2月に菜良に行ったときに接客された方なのでは?自分が知る限りにおいては二郎インスパイアメニュー1本の店の中では史上初の女性店主です。(新座にあるうえだのみさえちゃんはほかのメニューも出しているので)「むさい」「殺伐」という言葉で説明されることの多い二郎並びに二郎インスパイア店でもついにこういう時代がきたんだなぁ。

さっそく券売機であかつきラーメン650円(麺250g)を。汁なし750円であるのでそれは次回にします。席数はカウンターのみで8で卓上にはコショウと一味とれんげ。頼んでから7,8分で。トッピングは出される際に。店内が暗めだったのでデジカメでは撮影しづらかったですね。これも菜良と同じかなと。

 

見た感じは菜良で出てきたのと同じような感じで期待大。実際に食べてみるとスープは焦がした豚骨を煮込んだような香り(というか名古屋の呑助飯店といえれば手っ取り早いのですが…)がしまして醤油の味が強いかなという印象でした。他にも若干の甘さもありさらには肉のだしも感じられ個人的には満足度高かったですね。野菜はかなりシャキなゆで加減でした。キャベツは割とざく切りでしたし、芯の部分は多かったなぁ。スープが塩分濃度高いので結構進みますね。

具については豚はあぶった渦巻が2枚。これはものすごくうまくて次回以降は200円プラスして食べたいなと思いました。麺は以前に菜良で食べたのと変わりなくて、その際のメモをそのまま引用したほうがいいかなと思います。

麺は自家製麺みたいですが、なんか説明しづらい感じ。とりあえずは平打ち気味の太縮れですが、澱粉が表面にある感じでして歯ごたえはあるんだけどもっちりとした食感でした。むしろうどんに近いくらいの食感だったでしょうか?「女子らけ」の麺からごわっとした感じを抜いてもちっとした感じを加えたとでもいいましょうか?

自分の中では割と好印象でした。間違いなく年内に最低1回は行くと思います。

投稿者 91E : 2009年12月02日 19:10

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kiss-to-heaven.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1737

このリストは、次のエントリーを参照しています: 麺や あかつき:

» 麺や あかつき from ラーメン一期一会
訪問日:2009年12月10日(木) 麺や あかつき-1 女性店主がつくる二郎! [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年12月13日 19:20

» ■麺や あかつき from ラーメン二郎ブログ
2009年12月10日 住所   東京都豊島区駒込1丁目16-10 営業時間 11:30〜14:30     ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年12月16日 15:36