« 豚のさんぽ | メイン | ハルピンラーメン »

2009年09月26日

新小金井街道店

23日の昼食でした。当初の計画では富士市に行って「つけナポリタン」を食べるつもりだったけど、

富士市はJR東海エリア

のため自分が使う切符ではJR北海道と東日本エリア限定なので別料金が発生することから断念。11月に名古屋に戻る際に立ち寄ることにしよう。この日は巨人の優勝決定の瞬間を見るために「昼3時には家にいたい」という前提の下で、JRだけで行けるけど普段行けない二郎であるラーメン二郎新小金井街道店へ。ここに行くのは2007年5月24日以来でして2年以上もブランクがあいてました。そんな状況に自分もびっくりです。

11:30に武蔵小金井についたもののケチるために歩いて行ったら20分ほどかかって結果として40人待ち。バスで行くべきだったのかなぁ?とはいえ1ロット7-8人ということで意外と回転が速くて行列開始から1時間くらいで出てきました。ただこの日は本当に混んでいましてどういうわけか、

奥のテーブル席で相席になった

わけです。この店に行くのは通算で10回くらいですけど初めてです。ちなみにこの日は生玉子1個サービスがあったのですが「数の都合」という理由によりお椀はもらうことができず、昔の三田(自分が出会ったころにはすでになかった)や吉祥寺みたいに直に玉子を入れる形で食べることになりました。小豚にんにく850円です。

 

スープはかなり乳化傾向でしょうゆの味はあまり強くないです。醤油系の二郎が好きな人は辛めトッピング必須なのかな。あとは若干ぬるめだった印象。背脂の固体も結構あって一見富士丸っぽさもありました。スープに相当とろみがあってコクはありました。途中で生玉子を途中で追加したのでなおさらコクのある味わいでした。

豚は若干パサ気味だったのですが、ボリュームは十分。野菜はノーコールでこれでしたからコールしていたら相当だったんだろうなぁ。麺はややスターチの味わいが強いタイプのものでした。その分見た目よりもボリューム感はなくて麺そのものはすんなりと食べられました。

にしてもあのテーブル席は高さが低くて食べづらかったなぁ…。ちなみに出ていくときには隣の車関係の店を超えようかというくらいの行列がありました。多摩地区の二郎は休みが多くてここに集中したのかなぁ?

投稿者 91E : 2009年09月26日 15:29

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kiss-to-heaven.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1695