« 富士丸板橋南町店 | メイン | 千住大橋駅前店 »

2009年09月23日

はないち

23の夕方に巨人がにっくき中日をたたいて優勝を決めてくれてこの上なくうれしいです。名古屋で巨人ファンをしていると(2割くらいはいます)かなり高い確率で中日が嫌いになるから仕方ないです。巨人が日本シリーズで負けると中日ファンは「自分のひいきしているチームが日本シリーズに出られなかった」にも関わらずそれがなかったこととなり、どういうわけか勝者のようなふるまいをしていたわけです。それがかなりいらだちましたねぇ。その結果として自分は中日嫌いになりました。しかもこの時期は中日でも巨人ファンでもない奴(実は1割弱くらいはいます)も巨人を攻撃するから巨人が負けると本当にきつかったですねぇ。

それはともかくとしてこないだ14-17と隔離生活をしてきたわけですが、その14日の集合が西武池袋線練馬駅に11:30でした。考えられる選択肢は

1.桜台二郎
→荷物が多いので面倒+にんにくの臭いはまずい+晩飯も食べる余力を残したいので却下
2.ラーメン大練馬店
→営業開始が11:30なのでダメ。そもそもラーメン大は味の予想がつくのであまり興味がない。
3.はないち
→年末のラーメン選手権でチャンピオンになってので興味はあるし、普段西武池袋線に乗る木曜日が定休なので今回はかなりチャンス。

というわけで3を選択。練馬駅からキャリーバックを引きつつ10分弱かけて到着。当然1番乗りでした。

今回は塩ラーメン650円に味玉100円を。太麺と細麺を選べるので太麺を。頼んで10分弱で。意外と時間がかかるなという印象。ちなみに席数はカウンターのみで8でして、今回は旦那さん一人でした。選手権は奥さんだったからちょっとがっかりした部分も正直なところあります。ただ接客はかなり良かったです。

 

スープはかなり乳化していて鶏白湯ベースに貝の風味が加わったものでして、鶏の味がかなり強めでした。脂濃度については見た目ほどじゃないけど、あっさりラーメンとは決して言えないです。

麺はリアルにきしめんみたいな感じでした。表面はつるつるしていたので。きしめんを語る際に「太くて平打ち=きしめん」みたいに思っている人が多いけど、つるつるでのど越しがいいという食感がスルーされていることがあるように感じています。それを加味してもきしめんに近かったなという印象はありました。量はやや少なめかなという印象。具は表面だけ炙ったチャーシューと甘めで柔らかいメンマと岩のりと糸唐辛子です。岩のりはにおいが強いので扱いづらい食材ですし、実際「岩のりうめぇ」とあまり思ったことはないんだけどここのはうまいなと率直に感じました。濃いめのスープのほうが岩のりはあうようです。糸唐辛子は見た感じあんまり多くないんだけど辛さがストレートに伝わってきて見た目よりもピリッとした味わいでした。

自分としては西武鉄道に乗るのが木曜日なのに沿線のラーメン屋は木曜日定休が多いのがかなりいらだちます。(他には井の床、麺家宝など)こういうところ引きが弱いなぁ…。

投稿者 91E : 2009年09月23日 17:34

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kiss-to-heaven.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1692