« 神田神保町店 | メイン | 富士丸板橋南町店 »

2009年09月13日

最近食べたラーメン

単純に今まで書き忘れていたのを一気に片付けようというパターンです。ちなみに明日からの隔離生活に向けての準備はあまりしていません。

まずは9/1の夕食です。この日は都市対抗野球の決勝戦が東京ドームでありましてその前に天下一品水道橋店にてこってりラーメン680円を。

にんにく薬味が冷蔵庫に入って出してもらう仕様になってました。ここのラーメンは毎回感想が変わらないので今回もそのまんま引用します。にんにく薬味は面倒だったので今回は頼んでいませんがあまり大きくは変わっていないので。

スープは鶏がらと野菜をベースに取ったもので見た目のどろどろな感じとは違って案外飲みやすい仕様になっています。途中で「たれ」→「にんにく」→「味噌」を加えながら徐々に味を濃くしていきました。この味噌が自分の中ではかなり大好きな調味料で、これを入れると幸せな気持ちになります。二郎という食べ物を考えた人ほどじゃないにしろ、自分の中では天下一品の味噌を考えた人も「ラーメン界の天才ランク」はかなり高いほうです。10年くらい前に京都の本店に行った際にもこの味噌はなかったはずです。最後はライスをおじやのように食べて締めくくりました。ちなみに具は刻みネギとメンマとチャーシュー・チャーシューは関西でよくあるモモ肉の薄切りです。麺は中くらいかやや細いかの太さでスープが麺に乗っかるような感じです。量は自分の皮膚感覚としてはあまり多くないような印象です。

都市対抗では「来年巨人の背番号7をつけているであろう長野久義」を見るのが目的で行ってきたのですが、感想としては

・守りは戦える。ただ球際の強さという点ではまだわからない。
→松本・鈴木はこの辺が優れているので割って入るには絶対に必要
・走塁は盗塁1個失敗したけど、前へ行く気持ちはある。
・打撃は「こうすればアウトにできる」というパターンは残念ながらあった
→やたらベースから離れて立つのですが、右のサイドのアウトコースのスライダーに全然対応できていませんでした。これはちょっとやばいかも

とは思ったのですが、決勝戦で1点リードの二死二三塁で回ってきてしぶとくタイムリーヒットを打って2点をもぎ取ったのは「持っているのか?」ということで期待したいですね。

続いては9/8の昼に食べてきた味噌一大原店へ。「赤みそラーメン」を食べたくて行ったのですが、すでにメニューにはありませんでしてかなりテンションダウン。仕方がないので味噌ラーメン(太麺)720円+チャーシュー70円+味玉メンマカンパ50円で。トッピング一品無料だったので「こってり」を入れてもらうことに。

  

味噌に関しては白味噌ベースでかなり甘めな印象。かなり熱くて食べている最中も汗が出まくりでした。麺は割とちゃんぽん麺に近い食感で何か不思議な感じ。チャーシューは炙ってあってなかなかの味。具は炒めた野菜があってかなりアツアツでした。野菜の追加トッピングをすれば相当ボリューム感ありそうです。

いずれにしても赤みそラーメンがなくなっていたというのはかなりさみしい限りです。これ目当てで大原店に行っていましたから…。

投稿者 91E : 2009年09月13日 15:27

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kiss-to-heaven.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1690