« 富士丸明治通り都電梶原店 | メイン | 家家家 »

2009年09月04日

秋の北海道物産展2つ

実は現段階で5軒書かないと行けないくらいの状況なのですが、9月になると都内の各デパートで「北海道物産展」が始まるわけでして、それに行った記録をまずは作成しようかなと。

一つ目は9/1から7まで行われている新宿の伊勢丹の物産展で出されている「すみれ」の味噌ラーメンです。9/2の昼食だったわけですが、新宿の本屋に行くついでに行きました。11時40分ごろにつくと15人くらい行列していてなかなか進みません。結局20分くらい待ってようやく着席できました。着席してからは5分くらいで。今回は味噌ラーメン870円を。

 

スープは生姜の香りが強いかなりアツアツでラードも入ってこってり感も高いもの。北海道のラーメンの多くはこういう感じの味なんですよねぇ。具は炒めた玉ねぎ少々とひき肉と細かくしたチャーシューとコリコリのメンマです。というか具を炒めたところでスープを入れてさらには麺を入れるとなればそりゃあそうなるわなぁという印象です。とはいえいざ食べてみると若干さみしい感じがありました。もうちょっと具がほしいなぁというわけで。麺は札幌でよくある黄色い縮れた麺。量は2時ごろには「腹減った~~」と言っていたくらいに少なかったですね。札幌の本店で食べたものと比較してはダメですが、やっぱり本店で食べたほうがいいなとは思ってしまったわけです。

もう一つは9/2-9/8まで池袋の北海道物産展で出されている旭川の「天金」へ。このイベント自体は14まであるのですが、9からは別のラーメン屋になりますので。あとは水曜どうでしょうでおなじみのHTBがこれまた8日まで臨時にグッズ販売をするみたいですが、かなり行列しているのにびっくりです。

それをスルーして11時くらいに着いたのですが、外に10人くらい待たされて結構な混み具合でした。結構待って中に入って理由がわかりました。

麺を1回あたり3人分しかゆでられない

ということです。どうがんばっても4人分です。調理担当の人は麺あげ以外の人は妙に時間をもてあましている感じでした。実際に中を見ていると「麺をゆでるコンロの火力や鍋の大きさが3人分くらい」でした。そんなわけで食べている人よりも多くの人が常に待っている状況でした。もっともこういうところだと客も連れ立ってきていてゆっくりだからさほど問題ないのかもしれませんが…。結局座ってからも10分以上待ってようやく出てきたわけです。頼んだのが醤油ラーメン750円でした。

食べた感じとしてトータルで持った印象は

呑助飯店のこってりに近い

でした。さすがにあれをもう少し間口を広くして油濃度は抑えたのですが、トータルな印象としてはこれが近いのかなという印象でした。飲みやすくて結構ごくごく飲んじゃいましたが…。麺は加水率の低い縮れ麺ですが意外と細くて札幌の麺とは何か違う感じでした。あんまりごわっとした感じはなかったですし。チャーシューは2枚でしたがかなりうまかったです。メンマは割と柔らかめの食感でした。

この時期は新宿の小田急と京王でそれぞれ函館の店が物産展で出ているみたいです。

投稿者 91E : 2009年09月04日 18:32

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kiss-to-heaven.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1683