« ラーメン藤 | メイン | 富士丸明治通り都電梶原店 »

2009年09月02日

立川店

28日の夕食です。松本でラーメンを食べて上諏訪のデパートの温泉で風呂に入ってからはひたすら鈍行で戻り、そのまま立川まで行ってラーメン二郎立川店へ。昼のラーメンが思いのほか残って途中でソルマックを飲んでから到着。電車に乗ると意外とお腹はすかなくなるようです。動かないからかなぁ?胃薬飲んでまで二郎って本当にアホだ…。でも立川ってこういうタイミングがないとまず行かない場所だからこういう時に行っておかないと年内ゼロってことにもなりかねないし。

18:50に到着してそれから33分くらいでありつけました。店内合わせると18人待ちだったから人数×2分くらいで回転するようです。神保町よりは早いなと。今回は小にんにく650円で。やっぱり胃薬を飲んだ状況だったのでどうしてもこうなってしまいました。

 

麺についてはあまりごわごわした感じではなくかなり細め。モチモチしている感じではなく加水率はむしろ少なめ。そんなわけでして麺が意外と延びやすいようで途中から妙に減らないなぁという感じに襲われました。と同時に麺にスープの味が妙にしみ込んでいました。そんなこともあり最後のほうは結構きつかったですねぇ。デロデロとは真逆の食感でして、三田で助手をしていたころの彼を思えばびっくりしました。その彼のあだ名から思い出したのですが、お笑いコンビ「レギュラー」の西川(角刈りだったほう。今は髪をのばしはじめたそう)はすっかり仕事が減りエアコン取り付けのバイトをしているというのにもビックリしました。

店に入ると醤油の香りがしたようにスープはかなり醤油の味わいが強かったですねぇ。ただスープは意外ととろみがあり新代田のように醤油が前面に出ているという感じではなく、上野毛にむしろ近いのかなと。結局最初に働いた店の影響を受けるのかなぁ?豚は筋が多い部分でかなり硬めで正直いまいちでして小 650円にしておいてよかったなと。とりあえず野菜はノーコールにしておきました。

そのあとは中央線で家まで戻ったのですが、9時の金スマにぎりぎり間に合いませんでした。途中から見たのですが、やっぱり松岡修造は面白いわ。リアルにいたらめんどくさいでしょうけど。

投稿者 91E : 2009年09月02日 08:41

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kiss-to-heaven.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1681