« らぁめん丸 | メイン | 陣屋 »

2009年06月22日

池袋東口店

6/18の昼食です。いきなり家の冷蔵庫がぶっ壊れたのでとりあえず所沢での用事の前に池袋のビックとヤマダで価格チェック。冷蔵庫に関しては「新しいのを持ってきてもらう」「古いのを持っていってもらう」というのがあるのでネットで買うのはリスクが大きいため家電量販店で買うのがベターだなと思ったわけです。せっかく夏に東北にでも行こうと思ったのに冷蔵庫のせいで無理くさいです。エコポイントと量販店のポイントでなんとかならないものかなぁ?

そのチェックの後は久々に池袋東口の二郎へ。2年ぶりくらいになりますね。この時もつけでした。とにかくずいぶんとご無沙汰な印象。割と並んでいるという印象だったのですが、この日は意外と行列が少なくてすんなり。早い時間だったからよかったのかな?つけ麺800円と味玉100円。定期や名刺がきれいに張られていたのにはびっくり。

2年前につけを食べた際の感想をまずは引用します。

つけだれは日ごろの池袋東口の若干乳化したスープがベースですけど、酢の味がかなり強めでした。イメージとしてはわかる人はごくごく少数ですが、「今の東片端のら・けいこのつけくらいかなぁ?」という印象。甘味や辛味は一切追加されていないので酢の味がより強く感じました。魚粉も少し入っていたように感じましたが、最後の方にようやく気づいたくらいでひたすら酢の味がしてました。とはいえ夏向きの一品であることだけは間違いないでしょう。たれのなかにはのりとメンマと豚が2枚。この豚が1センチくらいの厚さがありジューシーで「噛んでいる」感があり(not固い)自分の好みにスマッシュヒットしました。馬場の麺とスープでこの豚が食べられればうれしいなぁと思いつつ叶えられることはまずないんだろうなと・・・。野菜はシャキというよりはクタな感じでした。とはいえ水切りはちゃんとしてあるのでさほど重さは感じません。麺は水で締めてあるせいかラーメンのときのような「パスタ?」という感じはあまりしなかったですね。歯ごたえもありましたし、こんな感じのが普通のラーメンにも出てきてくれたなら豚の味もあいまって結構好きになるかもという風に思いました。量は若干少なめであるように感じたので、大盛でいける人はいったほうがいいように感じました。

魚粉については若干変わったかもしれないのですが、味自体はこの時とほとんど同じ感想でした。あとは酢の味がこの時よりは若干抑え目だったくらいでしょうか?その代わりに醤油の味が若干強くなっていたようにも感じました。

20日もしくは21日に「茨城守谷店」に行こうと思ったのですが、19日に尿管結石になってしまいまして外出先で発作が来たらやばいということでさすがに無理でした。17年ぶりに発症したのですが、痛かったなぁ。皆さんも気を付けてください。

投稿者 91E : 2009年06月22日 08:45

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kiss-to-heaven.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1648

このリストは、次のエントリーを参照しています: 池袋東口店:

» ラーメン二郎@2回目 (池袋東口店) from GTFO blog
どうも、リベロです。 今日は7月7日。 ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年07月07日 18:16