« 2008年12月 | メイン | 2009年02月 »

2009年01月31日

仙川店

24日の夕食です。この日は昼に渋谷の「東京トンテキ」で四日市名物のトンテキを食べてから、年末年始増えた体重を少しでも落とせたらいいなというのと単純に気持ちいいからという理由で仙川の「湯けむり紀行」へ。ちなみにここは個人的に都内で一番好きな入浴施設でもあります。

気がつけば5時近くになっていたので、空腹感があったこともあり素直に仙川二郎へ。ここは知らない間に土曜日は16:00-23:00という営業時間になっていたのね。外の行列は5人ほどで少なめでした。仙川は湯けむり紀行には行くけど二郎にはいかないという珍しいポジションでして、すっかり年1ぺースの店になってしまいました。外に行列は5人ほどですんなりと店内に入り着席。次のロットかな?と思ってのんびりしていたら助手にいきなりそっけなく聞かれたのでにんにくと。小豚にんにく800円です。(1/31のアップ時から2/1の3:15頃まで画像を間違ってアップしていました。お詫び申し上げます)

 

スープの傾向としては立川や荻窪や上野毛と割と近い感じがしました。立川は別にして荻窪や上野毛は地区も近いのでなんか差別化が図れてなくてもったいないように感じるのですがどうでしょう?要は割と醤油の味が強くてややライトな感じがします。ただこの四軒の中では脂濃度は一番あるかもというのも感じました。野菜はもやし9.5くらいの割合ですが、かなり熱いです。ややシャキ寄りです。豚の量は豚ダブルくらいありました。ただパサ気味だったのでスープに浸すだけ浸しました。

麺はやや黄色がかった感じで割と歯ごたえのあるタイプでした。あんまりスープを吸うという感じじゃないです。量は荻窪よりはやや多いか?というくらいであまり多いという感じはないです

というわけでして前回食べた際とあまり感想は変わらなかったという印象です。テレビを見ながらリラックスして食べられる店といったところでしょうか?この日はPerfumeの番組だったので余計そう感じたのかもしれません。

投稿者 91E : 15:38 | トラックバック

桜台駅前店

相変わらずうちのネット回線の具合が良くありません。おそらくモジュラーの奥なのでしょうが、本棚の奥にあり移動するのがめんどくさいという理由でやる気が起きません。なのでため込んでしまいました。

実は1/22からは二郎に行きまくってまして今回はその第1弾です。22日(木)の夕食でした。この日は西武線沿線での用事でして「ひばりにするかな」とずっと思っていたのですが、

あまりに空腹だった。ここまで絶好調なら桜台しかない

というわけで突撃。桜台と神保町と野猿だけは絶好調じゃないと行けないんですよね~。それで5時半前に到着するとぎりぎりサードロットくらいの位置でした。なので寒い中しばらく外で待つはめになり悔しかったです。この日も小豚にんにくにしました。

 

1か月ぶりくらいの桜台だったのですが、エコ箸が導入されていたのでそれで食べてみました。その感想としては、

とにかくつるつる滑って食べづらい

というものでした。こないだの「めんしろう」同じようなエコ箸でやっぱりつるつるして食べづらいというものでした。特に二郎(系)はスープの脂がついて滑りやすくなっているから食べづらくなっていると思います。できれば先に切れ目が入っているのを使ってくれるとありがたいかも。

味についてはいつものように「23区内では貴重な多摩っぽいスープ」でして、いろんな濃度が高くて本当にうまいスープでした。麺の量についてはいつもより少なく感じて比較的楽に食べられました。豚は半分はよかったけど残り半分がパサだったという印象でした。とにかく今回は味もさることながらエコ箸の印象が一番強かったなと。食べづらいんだけど、これから導入する店が増えて行きそうだと考えると慣れていくしかないのかなぁ?

投稿者 91E : 09:26 | トラックバック

2009年01月28日

一都三県以外の二郎インスパイア系について(改訂版)

前回作った2007年7月15日から約1年半が経過しました。その中で大きな変化といえば

全国各地に二郎インスパイア店が広がったこと

です。現在一都三県以外にどこに二郎インスパイア店があるのかを簡単に調べてみました。年始の目標で立てた「一都三県の二郎インスパイアを食べる」ためにはまずどこにあるのかを把握するのが大事なので…。逆に「現在はもう出していないぞ」というのもあるのでいろいろと整理します。ラーメン二郎PC店ですでに紹介されている店はそちらでご確認ください。なお他にも「ここがあるぞ」というのをご存じの方はよろしくお願いします。あくまで恒常的にメニューがある店を紹介したいと思っています。(要は月限定や個数限定の店はないかもしれないという意味で割愛します)基本的に自分用のメモです。

グループ店

角ふじグループ
メモ:茨城や群馬など一都三県以外にも多数の店を出しています。

二代目丸源
メモ:広く解釈すればこのカテゴリーに入るのかもしれないかなと。

北海道・東北

豚は真珠 北海道北見市寿町5丁目6-4
営業時間・定休:11:00-21:00 無休(1/1は除く)

てら 札幌市西区琴似1条1丁目7-26
営業時間・定休:11:00-14:30 17:30-21:00 (日祝通し営業) 火曜
メモ:ものすごく名古屋のら・けいこに似た味わいでした。

函館 豪ーめん 函館市川原町3-2
営業時間・定休:11:00-23:00 不定休
メモ:盛岡のものに近い感じが各ブログを見る限りではしてました。

長尾 青森県青森市大字浜田字豊田150-14
営業時間・定休:10:30-21:00. 月曜

醤油や本舗 むらさき 青森県青森市浜田豊田371
営業時間・定休:11:30-15:00 17:30-21:00(LO 20:30) 不定休

ラーメン一文路 青森県弘前市高崎2-4-4
営業時間・定休:11:30-14:30 17:30-スープ終了により閉店 月曜

豪ーめん 岩手県盛岡市前九年2-2-2
営業時間・定休:11:30-22:50 水曜
メモ:二号店ができたそうです。住所:岩手県盛岡市三本柳12地割20-1 営業時間 11:30-23:00 定休 水。他にも東北北海道各地の支店展開を考えていそうです。(追記)岩手県北上市本通り3-9-5にもオープンしました。営業時間11:30-21:00ですが、定休についてはネットでは見つかりません。

らーめん煌 岩手郡滝沢村滝沢字大崎265-2
営業時間・定休:11:30-20:00 無休

卍 宮城県仙台市青葉区五橋2-5-11
営業時間・定休:11:30-14:00 18:00-21:00 日祝
メモ:かつて凛で働いていた方の店。豪快さは抑え目な感じ。

キリンジ(夜限定) 宮城県仙台市青葉区二日町15-15
営業時間・定休:17:00-19:30 日曜夜・不定休

ラーメンマシンガン 秋田県秋田市広面昼寝46-1 ヴィーナス店舗B 1F
営業時間・定休:11:30-15:00 17:00-20:00 日曜

麺家大須賀 郡山市台新一丁目31-10
営業時間・定休:11:00-14:30 17:00-21:30(スープが無くなり次第終了) 毎週月曜第三火曜(月曜が祝日の場合は火曜日休み)

関東地方

原点 群馬県前橋市天川大島町4-1
営業時間・定休:11:30-14:30 17:00-23:00 水曜
メモ:他にも伊那市(長野県伊那市大字伊那荒井青木町3489-1)と穂高(長野県安曇野市穂高北穂高2320-2)にあります。 伊那市の店で食べた印象では一つ一つは条件を満たしていなくはないけどトータルで考えると「二郎?」という感じがしました。

虎心 みどり市大間々町大間々371-1
営業時間・定休: 11:30-14:30 18:00-21:00、土日祝11:30-15:00 18:00-21:00、火休(現在は月曜日は営業しています)
メモ:個人的には割と好きな味でした。

助屋高崎店 高崎市旭町37
営業時間・定休:11:00-22:00 無休
メモ:長野県千曲市の福助にも同様のメニューがあります。住所:長野県千曲市桜堂345-3(営業時間・定休:11:30-15:00 18:00-21:00 火曜)にもあります。

武丸 栃木県宇都宮市御幸本町4870-41
営業時間・定休:11:30-14:30 18:00-21:00 日・祝11:30- 火曜

麺屋一心 栃木県佐野市富岡町1720-7
営業時間・定休:11:30-14:00 17:30-20:00 火曜日

麺屋大和 栃木県小山市駅南町3-26-9
営業時間・定休:11:30-23:00 月曜

みちる屋 松戸市稔台7-7
営業時間・定休:11:30-14:30 18:00-3:00 無休

あや 千葉県千葉市中央区中央2-6-3
営業時間・定休:11:00-14:00 18:00-21:00 日曜

えぼし麺菜良(さら) 神奈川県茅ヶ崎市中海岸1-1-66
営業時間・定休:11:30-15:00 18:00-22:00 日曜11:30-18:00 月曜

北陸地方

麺屋凛 新潟県上越市木田3-5-8
営業時間・定休:11:00-14:30 17:30-20:00 未定
メモ:二郎というよりは燕三条のラーメンという感じでした

昔食堂なおじ 新潟県新潟市上所上3-1-28
営業時間・定休:11:30-14:30 18:00-24:00 土曜11:30-15:30 17:30-24:00 日祝日11:30-21:00 木曜
メモ:ここのほかには新発田店(新潟県新発田市小舟町1-8-4)などにもあります。詳しくはこちらをどうぞ。

あしょろ 長岡市南七日町50-2
営業時間・定休 11:00-21:00 火曜
メモ:商品名は技郎です。

岩本屋 福井県福井市光陽2-10-15
営業時間・定休 平日11:00-15:00 17:00-24:00 土日祝 11:00-24:00 不定休
メモ:特大ボリュームかさねがさね930円です。現在は昼夜限定20食です。ほかには武生に一軒と金沢に二軒あります。

前田慶次郎 石川県金沢市片町2-7-1
営業時間・定休:11:00‐4:00 水曜
メモ:烈士洵名グループのお店です。

池田屋 石川県石川郡野々市町扇が丘5-3
営業時間・定休:11:00-15:00 18:00-22:00 不定休

麺屋神やぐら 石川県金沢市元菊町17-13
営業時間・定休:月-金11:00-15:00 17:30-23:00 土・日・祝日11:30-22:30 無休

甲信地方

凌駕IDEA 長野県松本市征矢野2-5-5
営業時間・定休:11:00-23:00 火曜
メニュー:にぼ二郎(このメニューは14:00から)

ラーメン専門店ラッキー食堂まとや(期間限定) 長野県長野市大字鶴賀南千歳町876 -13
営業時間・定休:11:00-15:00 17:30-24:00 不定休

麺花四天 長野県安曇野市豊科5443-3
営業時間・定休:11:30-15:30 17:30-22:00 火曜
メモ:凌駕グループの一軒です。

烈士洵名長野店 長野県長野市中越2-36-24
営業時間・定休:11:00-24:00(LO.23:30) 月曜
メモ:東京の店では現時点では二郎系メニューはありません。

麺者我楽 長野県長野市青木島大塚1021-2
営業時間・定休:11:30-20:00 火曜

麺とび六方 長野県松本市芳川村井205-30
営業時間・定休:11:30-15:30 17:00-21:00 木曜

豚のさんぽ 長野県大町市仁科町3168-8
営業時間・定休 11:30-14:00(ラーメンは昼のみ) 18:00-26:00 不定休

東海地方

大山 静岡県富士市青葉町604
営業時間・定休:11:00-15:00 17:00-21:00 火曜・第3水曜
メモ:新とんこつというメニューはかなり二郎に近いです。が、桜えびがついてこないのがさみしいです。富士駅からは徒歩で25-30分くらいです。大里店には二郎メニューが置いていないのでご注意ください。各店のメニューはこちらからご確認ください。

純太 静岡県掛川市三俣1376-1
営業時間・定休:11:00-14:00 17:00-21:00 日曜夜-20:00 月曜
メモ:VISP最西端(名古屋のまっち棒にはないので)。掛川駅から歩くのは不可能。バスで40分くらいかかります。

とんやん向宿店 静岡県浜松市中区向宿2-2-6
営業時間・定休:11:00-23:30 不定休
メモ:浜松を中心に10店舗展開。営業時間とメニューはすべて同じ。10店舗の住所はこちらを。

ら・けいこ女子大店 愛知県名古屋市中区栄5-20-17
営業時間・定休:平日11:00-15:00 17:30-22:00 土曜 9:00-15:00 日曜
メモ:店長が変わってからはよくわかりません

ら・けいこ東片端店 愛知県名古屋市東区東片端町35(東片端町です)
営業時間・定休:11:00-14:00 17:30-21:30 日曜
メモ:つるつるもちもちした麺が特徴。デブセブというのは油そばのことですがこれが個人的にはお勧めです

ロッキー 愛知県海部郡蟹江町大字蟹江新田字上芝切70-1
営業時間・定休:11:00-14:00 17:00-22:00 火曜(火曜日になりましたのでご注意ください)
メモ:公共交通機関では近鉄蟹江駅から徒歩15分くらい。

あっ晴れ可児店 岐阜県可児市川合上巾2620-2 ラッキープラザ内
営業時間・定休:11:00-23:00 無休(年末年始やお盆やGWについてはわからない)
メモ:ら・けいこのインスパイア店。料金は正直高めです。他にも大府(大府市横根町前田50-1 営業時間・定休:11:00-23:00 不定休)・関(関市池田町85 営業時間・定休:11:00-23:00 不定休)にもできました。

バリうま軒 愛知県愛西市内佐屋町西松原43-1
営業時間・定休:11:30-23:00(LO22:30) 水曜定休

男は黙って前を行け 岐阜市北鶉1-60-1
営業時間・定休:11:00-14:00 18:00-21:00 日祝定休

関西地方

ラーメン荘夢を語れ 京都市左京区一乗寺西杉ノ宮町48-1
営業時間・定休:平日土曜18:00-24:00 日曜11:00-17:00 月曜
メモ:元○二西新井店長が京都に開業。天天有の隣。土日は持ち帰り豚あり。通販での持ち帰り豚もスタート。人によって味が違うらしいです。

ラーメン荘地球規模で考えろ 京都市伏見区撞木町1153-9
営業時間・定休:平日土曜18:00-24:00 日曜11:00-17:00 月曜
メモ:夢を語れの2号店です。2009年3月6日開店です。

原点らーめん 大阪府大阪市福島区福島5-8-11
営業時間・定休:11:30-14:00 18:00-23:00 日曜
メモ:どさんこグループのお店らしいです。

麺屋団長 大阪府大阪市此花区島屋6-1-101
営業時間・定休:17:00-24:00(L.O.23:45) 日祝
メモ:下記にある神戸ちぇりー亭の系列店です。

銀慈狼 大阪府堺市堺区北瓦町2-3-23
営業時間・定休:18:00-23:30 月火のみ
メモ:水木金土は「麺座ぎん」として営業。(日曜定休) 11:00-14:30 18:00-23:30

神戸ちぇりー亭 兵庫県三田市南が丘2-8
営業時間・定休:20:00-24:00 日月火水定休
メモ:営業時間にご注意ください。せっかくなので三田駅と二郎駅の往復を楽しんできてください。

中国地方

ダントツラーメン岡山一番店 岡山市岩田町7-12
営業時間・定休:平日11:30-14:00 17:00-23:00 土祝11:30-20:00 日曜定休

笑福 鳥取県米子市陰田町655-1
営業時間・定休:11:00-23:45 なし

四国地方

ダントツラーメン高松一番店 香川県高松市兵庫町9-4
営業時間・定休 11:00-15:00 17:00-21:30 日曜・祝日11:00-15:00 無休

九州地方

ちゅるるちゅーら 北九州市八幡西区里中1-6-10
営業時間・定休:11:30-22:00 火曜-15:00 不定休

島系本店 福岡県糟屋郡志免町大字別府字カジ547-1(スーパートライアル別棟 駐車場内)
営業時間・定休:11:00-21:00 月曜(月曜祝日の場合は火曜)
メモ:2009年2月17日に舞鶴店(福岡市中央区舞鶴1丁目6-14)がオープンしました。営業時間11:00-15:00 18:00-23:00 定休未定

気むずかし家 福岡市博多区住吉1丁目2番 ラーメンコロシアム内
営業時間・定休:10:00-23:00(LO22:30 ) 無休

ラーメン大福岡店 福岡市南区大橋2-12-13
営業時間・定休:10月中旬オープン予定で現段階で未定
メモ:東京・千葉・埼玉で二郎インスパイアメニューを出しているラーメン大が福岡進出

太一商店 大分県大分県大分市乙津1-1
営業時間・定休:11:00-15:00 18:00-23:00 不定休

大仙 熊本県上益城郡御船町高木2845-1
営業時間・定休:11:30-14:30 17:00-21:00 月曜

海外

店名:麺屋しんちゃん
住所:30 Robertson Quay #01-05 Riverside view(シンガポール)
営業時間・定休:11:30-15:00、18:00-22:00  火曜
メモ:二郎系メニューは平日限定とのこと

何軒か食べにいければと思います。

投稿者 91E : 17:28 | コメント (3) | トラックバック

2009年01月24日

東京で食べられる名古屋フードその19

他の名古屋フードに興味のある方は上にある「名古屋フード」の文字をクリックしていただければ幸いです。

各種名古屋料理+地酒

店名 蔵人厨ねのひ丸の内オアゾ店
場所 東京都千代田区丸の内1-6-4 丸の内オアゾ6F
営業時間・定休  11:00-15:00、17:00-23:00 定休:無休(年末年始などはわからない)

愛知県尾張地方で有名な酒蔵の一つが「盛田」です。ある一定以上の年齢の人だと「ソニー創業者の盛田昭夫の実家」というのが一番通りがいいかと。そこで作っている銘柄の一つが「ねのひ」です。そしてそこが食いもの屋もやろうということで始めた店でして、東京にも進出してきました。

 

というわけで日本酒メインの店なのですが、値段を調べると場所柄もあってか高いです。ランチもやっていましてその中で名古屋らしいメニューである「牛すじ丼」1280円を注文。

なんというかもっと茶色というか黒っぽいくらいに煮込んでいるというイメージなのですがものすごく上品な感じにとにかくびっくりです。温泉玉子ものっていてこれを混ぜるとうまいです。今度自分の家でどて煮を作る時には絶対に入れます。

 

あとは豆腐と豚汁(八丁味噌ベース)もついてきました。あとは漬物食べ放題でした。豆腐は岩塩で食べるのですがこれがまた信じられないくらいうまいです。いい豆腐は薬味+醤油ではなくて岩塩だけというのもありですね。 日本酒の利き酒セット730円があったのですが、さすがにビジネス街の真昼間に頼む勇気はなかったです。今となって後悔してます…。

トンテキ

店名 東京トンテキ
場所 東京都渋谷区渋谷2-22-10 タキザワビル2F
営業時間・定休  11:00-15:00 18:00-23:00 定休:無休(年末年始などはわからない)

最近三重県四日市で名物料理となっているものです。要は豚肉のステーキです。ポークソテーとは明らかに食感は違います。というか自分も身内が四日市にいなければ知ることはなかった料理ではあります…。実際にここの店主も四日市の店で修業してから開店したとのこと。

土曜日の昼12時半に行ったというのはありますが、行列してました。それくらい人気のある店です。20分くらい待って着席してそこから15分ほどで出てきます。店内は割とおシャレで清潔感があります。一人で来た人には15席位あるカウンターですし、大人数で来た人にはテーブル席があります。トンテキ定食1000円(トンテキ+ライス+味噌汁+漬物)にしました。味噌汁は赤だしではありません。

フライパンに乗って出てきてかなりアツアツです。このトンテキの最大の特徴はソースでしょう。いわゆるステーキソースではあるんだけどそれにしては複雑かつスパイシーな味わいであり、それでいてまろやかな感じもするという一言では説明しづらい味です。ただ間違いなく言えることは、

このソース+キャベツで御飯がなくなってしまうくらいに進む

昼飯に1000円は正直贅沢な部分もありますが、このソースを考えると「月に数回ならありかも」と感じます。

台湾ラーメン

店名 南蛮麺処NOCCHI
住所 東京都千代田区内神田1-16-2

営業時間・定休:11:00-22:00 日祝定休



ここはもともと名古屋の台湾ラーメン店で働いていた人がいったん海外に出してそれを逆輸入したという店です。今回頼んだのは「南蛮クークー麺」750円。カウンター8席と4人掛けテーブル2つくらいの店内。頼んでから3分くらいで出てきました。ずいぶん早いです。

 

スープはしょうゆ鶏がらベースのあっさり目でして確かに名古屋の台湾ラーメン(not台湾料理屋のラーメン。これはしつこく書かないと何かと面倒なので)の構成要素ですが、具が唐辛子と豚肉とキャベツとにらとネギを炒めたものでして名古屋名物台湾ラーメンとは違います。これににんにくのかけらがあればむしろ「東京で食べられるベトコンラーメン」というポジションを狙えるのではないのか?と感じました。それはそれで愛知岐阜出身者には付加価値ありますし、スープのトータルの印象としては台湾ラーメンというよりはベトコンラーメン?というくらいに感じました。

ランチはライスがついてきてお得です。麺は札幌ラーメンでおなじみの西山製麺のですが、かなり細麺でした。それもあって早くでてきたんでしょう。量はかなり少なめでして食べて2時間ちょっとですでに空腹でした。 夕方以降に行くとつまみメニューも出してくれるそうです。

投稿者 91E : 21:29 | トラックバック

2009年01月23日

たかべん高崎駅西口店

20日の昼食です。結局両毛線沿線の観光の際に食べたのはここです。ここは高崎駅0番線ホームにつながるところにありましていわゆる「立ち食いラーメン」です。しかし数年前に週刊朝日でやっていた「魂のラーメン」にも紹介された店です。小野員裕さんのこんな文章で紹介されています。

----------------
「駅の立ち食いラーメン!冗談やめてくれよ」
と、だれもがおっしゃるだろうが、いやはや世の中は広い。
実は高崎駅には四ヶ所に立ち食いのコーナーが、ここがあの「だるま弁当」の生みの親、「高崎弁当」直営の「たかべん」というラーメン屋なのである。うわさを聞きつけて、そのラーメンを食べたとき、
「立ち食いの域を超えてるぜ」
と正直、高崎市内のどのラーメン屋もここの味に及ばないのでは、と思ったほど。かすかな魚介系の醤油スープに、わりとはぎ耐えのしっかりした麺、あんばいのよろしいメンマ、そしてチャーシューが二枚も。
聞けばダシはトンコツ、鶏のガラからじっくり取ったスープ。まぁ、このあたりは通常のラーメン屋と大差はないが、弁当作りの過程で出てくる肉や野菜くずをスープの中に投入しているのだと聞かされて納得。うーん、いいダシが出るのはよくわかる。こりゃ弁当屋にしかできない業だな、と感心してしまった。
旅人の気分で食せば、味わいも際立つはずである。
---------------

とのこと。実際に検索しても評判がいいので行ってみました。


住所:JR高崎駅内
営業時間:8:00-22:00

券売機でラーメン350円を購入して3,4分くらいで出てきました。

 

基本的な味については、上の小野さんの文章のとおりです。本当にやさしい味わいで飲みやすいスープでした。メンマは軟らかく煮てあり甘めの味付けでかなりうまかったです。ラーメン屋で食べたメンマの中でも少なくとも自分にとっては相当上位に来る味でした。麺は中くらいの太さの縮れ麺でやや柔らかめのゆで加減。量は値段もあって平均的な店より少ないくらいです。シンプルなスープにはやわらかいゆで加減のほうがいいのかも。ここ数ヶ月急にやわらかめのゆで加減も好きになってきた自分自身にびっくりしています。

投稿者 91E : 16:57 | コメント (2) | トラックバック

2009年01月22日

栃木街道店

1/20の夕食です。この日で青春18きっぷが使えなくなるので行ってきたわけですが、

実は家からだと北千住から東武線で行って往復すれば青春18きっぷより安い

ことが判明して、無理やり両毛線沿線の観光を乗っけるなどしたので結果として夕食になってしまいました。とりあえずこれだけは最初に伝えておかなければならないこととしては、

公共交通機関で行く人は夜に行くのはものすごくリスキーでお勧めできない

ということです。とにかく昼に行くようにしてください。壬生駅から20分弱歩いたわけですが、とにかく寒いですし、何よりも

街灯があんまりついていなくてかなり怖い

のです。もともと暗所恐怖症であるために本当に不安を感じつつ20分ほどで到着。

 

外には12人ほどいました。某所の情報を見ると「合流が多い」みたいなことがあって不安だったのですが特にそれもなくほっと一安心。結局35分くらいで店内に入れてさらに一安心。ここはトータル17くらいの席に対して「10人のロット」「7人のロット」(お客さんの食べるペースによっては人数を微調整するはずです)というように2つのロットでわけて対応するという野猿のやり方に近いので席が空くときには一気に空くわけです。なので12人くらいのいすがあるのですが、入れた段階ではすでに端から5人目くらいのポジションになっていました。

もうひとつ某所の情報では「回転が遅い」とのことでしたが、24人くらい待っている状況で行列開始から55分くらいで出てきたことを考えるとそうでもありませんでした。府中や新代田のほうがもっと回転が遅いですから。小豚にんにく800円です。

 

食べた感想を一言で言うならば、

野猿に近い

でしょうか?豚肉のだしがしっかり出た乳化したとろっとしてそれでいて若干のしょっぱさを感じるところなんかは野猿で食べているといっても違和感がないほどでした。やっぱり早い段階で助手として働いていた店の味の影響は大きいのかなと。野猿に近いということは十分にうまいというのはいうまでもないのですが、

逆に言うと東京在住の人が栃木まで行く楽しみはあるのか?

というのも同時に感じてしまいました。(店主に対する特別な思い入れがある場合はもちろん別です。)何か栃木方面(or東北本線沿線や東武線沿線の埼玉北部方面)に用事がある際に立ち寄るのが正しいのかなという気がします。もっとも店主が「栃木の人に東京で人気のある二郎を食べてもらいたい」という考えのもとでやっているのならば最大級に目的達成している味だといえると思います。野菜はシャキな感じでこれまた野猿に近い感じ。豚入りにしたのですが、これが脂身がいい感じについていてジューシーで本当にうまかったです。ただ、

これダブルですか?

と思うほどのボリュームでして最後のほうは本当に苦しかったです。麺はやや平打ち気味でして量は二郎基準で言うとやや少なめといえるくらいでしょうか?夜に食べるにはこれくらいでちょうどいいかなと。というわけで十分に満足したのですが、帰りはガソリンスタンドもすでに閉店していて唯一明るい部分がなくて壬生までの間本当に怖かったです。もう夜の部に行くのはやめよう。それにしても寒かった~~。壬生→栃木→小山→鈍行で赤羽→家というルートで2時間くらいで戻ったのですが、赤羽で降りた際に息が白くなくて暖かさを感じたくらいですから。

投稿者 91E : 20:48 | トラックバック

天虎

19日の昼食としていきました。この近くに用事だったのですが「三田の二郎は夜にめんしろうに行くというのが決定していたため無理」だったので、じゃあ

うるおいをもらいに行こう

というわけでここに。とりあえず11時20分頃に着くとすぐに店内に入り、女将さんから温かいお絞りを出されました。その際に135を注文し、思い切り顔と首を拭いてみました。以前は顔だけだったのが首まで行ってしまいました。本当にオッサンだなと。それも「子供のころああはなりたくない」と思ったオッサンだなと。しかしこの気持ちよさを知ると「何かを得て何かを失う」といいますが、まさにそんな感じです。それで3分くらいで職人肌の佐々木蔵之介に若干似た店主が出してくれました。135大盛りで800円です。早くてびっくりしました。ちなみにこの日はもう一人女性従業員がいました。

味については人柄のまじめさから伺えるようにいつもと違いなくて過去ログから引っ張ってきます。

---------------
麺はサッポロラーメンによくあるタイプ。黄色がかったちりぢりとしたタイプでプチプチって切れる感じです。注文どおりの固めのゆで加減でした。量に関しては標準的なラーメン店より若干少ないくらいでしょうか?スープはとんこつ醤油でしたが、味濃い目にしたこともあり塩分濃度は高め。わりととろっとして粘度が高いスープですが、そんなにこってりしている感じでもないです。具はチャーシューとメンマと白刻みねぎです。チャーシューは薄切りで(ローストされた感じで)すが、ジューシーな度合いが高くかなりおいしいです。
---------------

大盛りにしても「普通の店の普通盛りじゃない?」というくらい少ないのでご注意ください。そもそもここは量を求めていく店ではないのですから。そして1000円札で払うことでこの店の最終ミッションは完了です。ちゃんと夜にめんしろうで食べる余力を残せたのは言うまでもありません。

投稿者 91E : 09:17 | トラックバック

2009年01月21日

めんしろう

19,20とそれぞれラーメン2杯ずつ食べまして一気にたまりました。やばいです。なのでこの4回については順不同に書いていくことにします。単純にこちら側の都合です。

まずは19日の夕食であった「めんしろう」です。ちょうどこの日は板橋区に出かける用事があったのでまずは昼のうちに場所確認を兼ねて看板を撮影してきました。


住所:板橋区高島平7-14-4
営業時間・定休:18:00-24:00 日曜定休

新高島平の改札を出て本当にすぐのところです。以前あった「元」の近くです。店にあったポスト見ると「有限会社エムファースト めんしろう」とありました。どうやら会社化されているようです。そのあと用事を済ませて6時20分ごろに到着しました。

店に入ると券売機があるので汁なし750円を。トッピングは店員さんに食券を渡す際に。脂と野菜とにんにくを全部いれてもらうことにしました。席数はカウンターに向かって4人、カウンターに背を向ける形で4人。水はセルフ。卓上にはコショウ、醤油、一味唐辛子、酢、ラー油と一通りの調味料があります。

 

まずは最初に脂がでてきました。香りがおいしそうで期待できます。そのあとに魚粉と卵が出てきました。これは汁なし特権です。そして注文して7分ほどで全部そろいました。思ったよりも早かったです。

見るからにコショウの量が多く実際に香りも強いです。そして食べてみてもコショウの味わいが強いです。野菜はかなりクタなゆで加減で勇花さらには富士丸の流れかなと。豚はノーマルだと1枚。これは富士丸の流れの味ではなくてあまり醤油の味は強くなく薄目です(注:二郎系基準)ただ味は意外としっかりしているなという印象。ボリューム感が足りないなというだけです。

麺は二郎系基準で言うとかなり細めであまりごわごわした食感でもないです。京都の夢を語れからごわごわ感を抜いたのが一番近いくらいでしょうか?表面はわりとつるつるとしていて卓上の箸もつるつるとあってかなり食べづらかったです。

汚くて申し訳ないですが、醤油だれについては意外と汁の量が多いという印象でした。味の濃さについては「薄い」という感じはあまりしませんでした。最初は普通の油そばとして食べるんだけど麺や具がある程度片付くと汁の量が多さがわかります。ある意味で

最初の半分は油そばだけど最後の半分はラーメン

になるのではないのか?という感じです。総じての印象としては「汁なしについては案外うまいけど、この時間に新高島平にいるという行為が一番のハードル」ということでしょうか?

投稿者 91E : 14:35 | コメント (2) | トラックバック

2009年01月18日

富士丸板橋南町店

金曜日の夜に冷蔵庫にあったもらいもののチーズを一切れ食べました。何かビミョーな香りがしたんだけど「本来こういうものかもしれない」と考えたわけですが、

土日と下痢で非常にヤバい

状況です。さすがに明日には落ち着いてくれないと困ります。皆さんも気を付けてください。

それはそうと15日の木曜日に行ってきました。今年初富士丸です。この日は本当に寒かったのですが、西武線での用事を片付けてから要町に出て10分弱歩いて到着。本当にくそ寒い中18:10にシャッターが開いて開店しました。髭を生やした助手さんとの二人体制。

丸山みゆきのFire(「スクール・ウォーズ2」の主題歌)などが流れる中、座って10分弱で出てきました。この曲はあの「スクール・ウォーズ 2」の内容が浮かんできて脱力してしまいます。全国大会が中止になった腹いせに優勝旗を燃やすなんてもはや意味不明です。トッピングはにんにくと脂としょうがだれです。

スープはやや軽い感じ(注:富士丸基準)。ただこの日は絶好調の体調で向かったわけではないのでむしろありがたかったかも。麺は確かに富士丸の麺なんだけど富士丸にしてはごわつき感はなかったかなという印象です。豚はややパサ気味。それでも脂としょうがだれを入れるとやっぱり「これぞ富士丸」って味になりますね。ちなみに助手さんが盛ってくれましたが野菜の盛りはしょぼいのでほしい人はマシマシくらい言ったほうがいいと思います。

しょうがだれ入りの富士丸を食べると体はすっかりほかほかで要町まで行きとはうって変わった暖かさで帰れました。しっかしこの日は寒かったなぁ。

投稿者 91E : 21:34 | トラックバック

2009年01月16日

日高屋巣鴨北口店

13日のおやつです。昼に「NOCCHI」で食べてそのあと池袋に買い物に行くと、

3時頃にはかなりの空腹感

がありまして、その空腹を満たすおやつとして巣鴨駅北口に去年12月にできた日高屋に行ってきました。


住所:東京都豊島区巣鴨2-3-10
営業時間・定休:11:00-翌朝4:00 定休は原則としてなし

本郷高校の生徒さんと日曜日に多くいる集団の方々が食べてくだされば安泰なような気はするのですがどうでしょう?狙いは熊本名物麺類の一つ「大平燕(タイピーエン)」590円です。注文して5分くらいで出てきました。席数は50人くらいは座れるのでは?というかなりの広さです。

 

スープはあっさり豚骨です。そこに野菜も溶けているようで相当飲みやすいです。九州の豚骨はさほどこってり感がないというのは実際に長浜と久留米で食べた感じで持っていた印象なのですが、このメニューもやっぱりそうでした。関東で「豚骨ラーメン」として食べるものは九州で食べるものよりもこってり感があるように感じます。具はキャベツなどの野菜と豚肉を軽く炒めたものでした。それ時代は十分においしかったです。麺は春雨でして全くボリューム感はなくまさしくおやつです。自分としては酒を飲んだ後に食べると一番おいしく食べられそうな気がしました。酒を飲んだ後のラーメンは何かとリスキーなのですが、このメニューにしておけばそのリスキーな要素が抑えられるのかなと。

とはいってもじゃあこれが本場の大平燕か?といわれると違っていても不思議はないので、熊本に行くタイミングがあれば食べてみたいなとは思います。その時には当然熊本ラーメンとの連食でしょうが。

投稿者 91E : 21:04 | トラックバック

2009年01月14日

南蛮麺処NOCCHI

13日の昼食です。この日は朝からお茶の水方面で用事がありそれをこなしていたら昼過ぎになりました。本来だったら「ラーメン二郎神田神保町店」に行くのが筋だと思うのですが、「晩飯は家でこれを食べてみたい」というメニューがあったので断念しましたが、最近発売になったラーメンWalkerを読んでいたら「台湾ラーメンをベースにしたラーメンが神田にある」とのことで歩いて行ってきました。


住所:東京都千代田区内神田1-16-2
営業時間・定休:11:00-22:00 日祝定休

頼んだのは「南蛮クークー麺」750円。カウンター8席と4人掛けテーブル2つくらいの店内。頼んでから3分くらいで出てきました。ずいぶん早いです。

 

スープはしょうゆ鶏がらベースのあっさり目でして確かに名古屋の台湾ラーメン(not台湾料理屋のラーメン。これはしつこく書かないと何かと面倒なので)の構成要素ですが、具が唐辛子と豚肉とキャベツとにらとネギを炒めたものでして名古屋名物台湾ラーメンとは違います。これににんにくのかけらがあればむしろ「東京で食べられるベトコンラーメン」というポジションを狙えるのではないのか?と感じました。それはそれで愛知岐阜出身者には付加価値ありますし、スープのトータルの印象としては台湾ラーメンというよりはベトコンラーメン?というくらいに感じました。

ランチはライスがついてきてお得です。麺は札幌ラーメンでおなじみの西山製麺のですが、かなり細麺でした。それもあって早くでてきたんでしょう。量はかなり少なめでして食べて2時間ちょっとですでに空腹でした。 あまりにそれを感じてしまって食べたものについては次回に回します。

夕方以降に行くとつまみメニューも出してくれるそうです。

投稿者 91E : 22:09 | トラックバック

2009年01月13日

スタミナラーメン松喜吉

12日の昼食です。この日は青春18きっぷの処理を兼ねて水戸の偕楽園に行ってきました。 そのついでというかむしろメインだったこととして、

水戸名物の一つであるスタミナ冷やしを食べてみる

というのがありました。調べたところ水戸駅から徒歩圏内(1.5キロですが)に「松喜吉」という店がありしかも「レバーの臭みがない」ということだったので、

これでレバーがダメならもう一生レバーを食べない

という気持ちで行ってみました。ハミングロード513沿いにありまして子供向けの歌がエンドレスにかかってました。


住所:茨城県水戸市本町1-10-11
営業時間・定休:11:00-14:30 17:00-21:00 水曜・第3木曜定休

今回は「スタミナ冷やし」700円を。3玉以上食べきると名前が掲載されるようです。カウンターのみで8席位です。注文してから6分くらいで出てきました。 テレビもあるしマンガもあるので待ち時間は退屈しません。

 

麺は割と太めで縮れてはいるもののもちもちとした食感でした。しっかりと締めてありまして水切りも万全でした。量に関しては標準だったのでかなり少ないくらいでした。3玉はこの3倍でしょうが、量自体は問題なく食べられそうな感じでした。正月に体重が増えすぎたので自制しましたけど…。その上にキャベツ+にんじん+にら+かぼちゃ+レバーのアツアツのあんかけがかかってました。最後までそれなりの温度が保たれていたので相当熱かったんでしょう。餡の味はかなり甘いくらいのものでして、それに唐辛子がドバッとかかっていて最終的には「甘辛い」というののわかりやすい形くらいでした。かなり味は濃いように感じました。

それで最大の目的であったレバーですが、「別にまずくはないけど、やっぱりレバーじゃなくて小間切れかバラ肉のほうがむしろ好き」という印象でした。ただ「スタミナ」という趣旨を考えると店側としてはレバーにする必然性はある程度はあるのかなとは思いますし、実際に今まで食べた「焼いたレバー」の中では最も食べられました。濃い味付けもあったのでしょう。とりあえずは残さずに食べました。偕楽園に行ってみたところ「梅の季節にも行きたい」ということになったので、そのころにもう1回行って冷やしじゃなくてスタミナラーメンを食べたいと思います。

帰り道にあった吉野家ののぼりに「スタンプキャンペーン実施中」とあり、丼or湯呑or特製タンブラーがもらえるとのことでした。知らなかったので晩飯は「駒込の吉野家で食べる」と決めて、いろいろ食べたいのを我慢して突撃したら駒込ではそのサービスはやってませんでした。家に帰って調べてみると北関東+埼玉の一部店舗(おもに越谷方面)によるサービスのようです。

 

さらには偕楽園の帰りに「超らーナビ」で星6つの「すずき」に行ってみようと通りがかったら見事に「本日休業」でした。祝日は休みじゃなかったのでほのかに期待していたのですが、やっぱり休みでした。科学万博はもう23年も前の出来事なんですね~。自分も行きましたが正直なところパビリオンに関しては一切記憶に残っていません。ただビジョンのでかさだけはかろうじて覚えてます。

投稿者 91E : 18:48 | トラックバック

2009年01月11日

麺仙葵賀佐

1/9に近所にラーメン屋ができたということで早速1/10の昼に行ってきました。外には開店祝いの花ですが、もっていかれていないところが東京なんだなと。


住所:東京都文京区千石1-23-7
営業時間・定休:11:00-スープ切れまで 月曜定休

スープ切れが何時頃なのかはわかりません。席数はカウンターのみの7つでかなり狭いです。

店の名刺や店内の張り紙によれば、この店は札幌の琴似の人気店の一つ「麺匠咲弥」の姉妹店という位置づけです。地下鉄琴似から「てら」に歩く際に「こっさりラーメン」という文字があって「なんだろう?」と気になったものの腹具合などでいけなかったわけですが、思いがけない形で再会しました。

メニューは味噌ラーメンのみです。夏にはつけ麺もあるそうです。チャーシューが増えたりするくらいです。サイドメニューはプリンがあります。券売機方式なのですが、通常の味噌ラーメンでも850円とかなり高め。近所のラーメン店という位置づけじゃないです。着席してからは7分くらいで出てきました。卓上調味料は唐辛子のみでしてコショウはありません。元気のよすぎる接客で正直なところ却って疲れます。

丼のサイズはかなり小さめなのにそれの半分くらいしか入っていないのにいささかの不安を感じたのですが、とにかく量は少ないです。実際に11時半に食べて3時には空腹になり思わず部屋にあったチキンラーメンを食べてしまったくらいですから。麺はいわゆる札幌の縮れ麺です。スープはやや白味噌ベースが強くて甘さが特徴的です。チャーシューの上にすりおろしショウガなどもあってかなりショウガの香りが強いなという印象です。それなりにコクもあってうまいのですが、ここの店長が1年ほど新横浜のすみれで働いていたとのことですが、そのすみれに比べると脂濃度は抑えているなという印象です。だからこそ「こっさり」なのでしょう。具はチャーシューともやしとやや甘めで濃い味付けで柔らかく煮たメンマと刻みネギです。こっちは白い部分が多いですね~。

あまりに足りないのでライス150円入れておじや風にして食べました。それなりにうまいとは思うんだけど「少なくて高い」「キッチンがあまりに狭くてさばききれない」という部分で自分の中でハードルは高そうです。さらにはこの店の売りの一つは「ワイントン」と呼ばれるもの(これは本駒込3-17-4に移転する前の「あがさの森」時代も同じです)ですが、これの入ったラーメンだと1800円になります。琴似の店では塩が人気だそうですけど、このキッチンでは出せそうにもないなという印象でした。開店祝いの白ワインをもらったのはラッキーでした。冷やして飲みます。

投稿者 91E : 13:52 | トラックバック

2009年01月10日

三田本店

長らくの岡山・広島旅行と実家を経てようやく8日の夜に東京に戻ってきました。本当は8の夜に関内で汁なしを食べようという計画だったけど、満腹感があってしまったので断念。翌日の9日に三田に出かけたのでそのついでに食べてきました。

11時頃の到着だったけど、外には5人くらいの行列でした。寒かったこともあるのでしょうが、このくらいの時間だと土曜日は別にして並びはまだ少ないなというわけです。外では10分弱待って店内へ。この日はひげを生やした人と坊主で割りと大柄の助手との3人体制。ひげを生やした人はパーカーを着ていましたが、残る二人は半そでのTシャツと気合十分でした。オヤジさんは「寒い」を連発していましたけど。

昔からのお客さんがいたようで自分が知らないようなはるか昔の話で盛り上がっていました。栗本慎一郎の名刺とか懐かしかったです。ちなみにこれが目黒二郎になると都知事石原慎太郎と日本テレビアナウンサー角田久美子になります。今は両方の店ともはがされてしまいましたけど。

小豚野菜にんにく600円で。この日の盛り付けは坊主で割りと大柄な助手さんでした。

この日のは一言で言えば、

上品にうまい

という感じでした。二郎とは縁のない言葉である「上品」ですが、この日の味わいはそれに近かったです。濁りとか雑味とかそういうのが一切ないというかそんな感じです。(注:あくまで二郎基準でです)乳化もしていないししょうゆの味が前面に出ているわけじゃないんだけどコクは感じられるというかそういう珍しいバランスでした。麺もデロデロではないもののごわつき感もなく食べやすいくらいのゆで加減でした。豚は最後まで切れてなくてつながっている部分がありましたし、脂身も多すぎでしたが十分うまかったです。しかしこの日の一番は、

キャベツの甘み

二郎でこんなに甘さを感じるキャベツに遭遇したことがあるだろうか?というほどの感動でした。やっぱり自分はキャベツは好きなんだなということを確信しました。そんなわけで今年の二郎ライフはこれでスタートです。

投稿者 91E : 09:57 | トラックバック

2009年01月09日

継承あっ晴れ大府店

8日に東京に戻る際についでという形で食べてきました。実際は思いもよらない出来事が起きましたが・・・。それは単純に家を出て電車に乗った瞬間に携帯を忘れたことに気づいて以下のことを済ませてから実家の最寄駅に戻って、そこまで親に持ってきてもらったということなんですけど…。これで2時間弱はロスしてしまったなというわけです。

最近名古屋近辺のラーメン店では「限定メニュー商法」をする店が増えてきています。東京から地方に何かが伝わる際には、

極端な形で伝わる

というのが多いわけです。古くはバブル時代に「ジュリアナ東京」で派手に踊っていた女の子がテレビに映ったわけですが、これがごくごく一部ということに気付かず「全員がこういうノリだ」という風に理解したわけで、

金曜日の名古屋の栄の夜は下着に近い女の子であふれていた

わけです。飲食店バイトでゴミ捨てをするたびにびっくりしていたものです。というような形で現在のラーメン店の商売方法も広がっているようでして、名古屋のラーメン本で出るような店の多くは限定メニューに力を注ぎすぎているほどに注いでます。

この継承あっ晴れ大府店もわりとそういう雰囲気のある店でして、何かと限定メニューが多いです。夜の部限定15食の「味噌ジロー」830円といったメニューもありますし、26日には「開化楼祭り」なるイベントがあります。順番は前後しますが「浅草開化楼」から麺を運んでもらっている店です。

大府駅からは20分ほど歩いて到着します。場所で言うと「中京テレビハウジングプラザ大府」の対面になります。この地域で割と多いパチンコチェーン店の一つ「ラッキープラザ」の駐車場にあります。

それで11時10分過ぎにこの店に入るなり3人いた店員から一斉に、

いらっしゃいませ。限定の名古屋式味噌まぜそばいかがですか?

という声がかかりもともとそれを食べてみるつもりだったので素直に「名古屋式味噌混ぜそば」980円の食券を買い、17人のカウンター席に着席。こんな五箇条の誓いが張られてました。

もともと自分は接客には期待していないので「そんなの別にいいよ」という感じはしてます。(一部店舗を除いてですが。というかとある一店を除いてですが。もっともその一店もある特定の日にいた人だけひどかったのかもしれませんが)ちなみにこの限定メニューは2/25までです。この「名古屋式味噌混ぜそば」は昼限定でして、夜の18時になると「特製石焼味噌つけ麺」というのが限定になります。ちなみにこの店はもうすぐ1周年記念で特別企画の開催が決定しています。

・1/25 ラーメン・混ぜそば(ノーマル)を1杯260円
・1/25 食事した客全員にばか盛りor味玉無料券進呈
・1/26 ばか盛り無料がパワーアップして、でら盛りも無料(食べ残した場合は5ばかまで200円、6ばか以上は400円)
・1/26 抽選で26名に年間ばか盛り無料パスプレゼント(2/6に店頭で発表)
・2/6 新メニュー発表開始

とのことです。着席にあたっては自分の前には3人、自分の後にも3人くらいだったにも関わらず20分くらい待ってようやく出てきました。席数17がフルにうまったらさばけるのでしょうか?二郎で言うと新代田や府中さえ超えるのではないのか?という時間の遅さです。無料の追加トッピングは脂はダメなので玉ねぎとにんにくをトッピングしてもらいました。

 

麺についてはいわゆる「浅草開化楼」のややごわっとした縮れた麺でした。とはいえぽっぽっ屋での油そばよりは縮れた感はないです。具はキャベツと揚げたてのエビ天1本と味噌味をつけてあぶったチャーシュー1枚と卵黄です。エビ天は単品としてうまかったですね。チャーシューは若干パサ気味の部位をあぶったものでしたのでうまかったけどもっとうまくなるのでは?という感じでした。やっぱり卵黄はとろみとまろやかさは増えます。

別皿で大根おろしとごぼうを揚げたものとピーナッツを砕いたものが出てきましたが、大根おろしが別にあっさり感を加えるとかはないです。味への影響という部分ではごぼうが一番ナイスでした。

混ぜそばのたれは「信州味噌と八丁味噌をブレンド」とあったのですが、色合いは八丁味噌の茶色い感じが出ているものの味としてはむしろ信州味噌の甘さのほうが出ているかなという印象でした。もっとも八丁味噌のしょっぱさもそれなりにはありましたけど。それに鰹節がかかっていてその香りと味は割と強かったです。他には刻みネギや唐辛子があって刻みにんにくもあいまって若干ピリッとした味わいでした。量に関しては「あまり多くなくて、塩ジローというメニューを食べられそう」なくらいでした。あくまでもその瞬間の感想です。

もっともこういう油そばは後から効いてくるので、ひそかに「夜は関内二郎で汁なし」をもくろんでいたら意外と満腹感が残って食べられなかったです。

投稿者 91E : 21:33 | トラックバック

2009年01月07日

スガキヤ2回

今年の初ラーメンは1月5日に今池のスオミの湯でのんびりとした後に行った「スガキヤ今池ダイエー店」です。夜の今池だったので(とはいっても大丸が営業するまでには7時間はかかるくらい)、呑助飯店でも味仙でもピカイチでも大勝軒でも考えられました。もっとも大勝軒については、

わざわざ名古屋にいる際に東京でも食べられるものを好き好んで食べる必要はない

ということで最初からスルー。むしろ大勝軒になる前の薬膳ラーメン店(not好来系)に行かなかったことを今になって後悔しているくらいです。そんなわけでスガキヤを選んだわけですが、理由はこれ。

要はスガキヤのマスコットキャラである「スーちゃん」のグッズが抽選でもらえるということでその可能性を探るために行ってきたわけです。この権利を得るためにはセットメニューを頼む必要があったわけでして今回は特製ラーメン+サラダセットで700円というスガキヤでは考えられない価格設定です。この五目御飯は炊いた白米に混ぜるという形で作るので炊き込みご飯ではないのですが、自分は好きです。

スガキヤの由来は単純に創業者が「菅木」という人なのでつきました。ためにならない豆知識として残した置いてくだされば幸いです。他にもためにならない豆知識はいくつかあるみたいですが、とっさに浮かばないので割愛です。

8日に東京に戻るのですが、名古屋でしか買えない食べ物があれば買おうということで地元のショッピングモールである「アピタ」に行ってついでにそこに隣接するスガキヤに。前回はくじに外れたので今回こそはということで。今回は特製ラーメン+すき焼き丼770円です。

残念ながら今回も抽選に外れたものの、2回分の券を集めて別の懸賞に応募。熱田神宮のおみくじで「大吉」だった力を何も感じることができずにがっかりです。すき焼き丼については「無難に食べられるメニューだった」という印象です。

というわけで今年のラーメンライフのスタートは名古屋人にとって「キングオブべた」と言っていいスガキヤ2回からはじめました。8日から本格的にラーメンライフをスタートさせていくことにします。

投稿者 91E : 23:57 | トラックバック

2009年01月02日

2008年12月の記録・2008年の記録

12月は16軒18回18杯(今年180軒239軒239杯)でした。年末の岡山広島の旅で杯数が増えましたけど、全体的な印象としては「二郎納め」をがんばる以外にがんばった印象はないです。というわけでして今月のまとめをやります。

二郎(今月3店6回6杯。今年22店65回65杯)
3回 三田本店
1回 桜台駅前店、相模大野駅前店、京成大久保店

年内ゼロ 鶴見、高田馬場、めじろ台法政大学前、新小金井街道、栃木街道、新宿小滝橋通り、亀戸、池袋東口、歌舞伎町

この月は「二郎納め」というのにこだわった分三田は増えました。京成大久保は「中山開催」とのリンクを考えてようやく今月いけましたが、結局年内ゼロも結構あったなという部分では反省です。

二郎以外の二郎系(今月2店2回2回。今年41店50回50杯)
1回 富士丸板橋南町店、ダントツラーメン

岡山のダントツラーメンに行ってみましたが、二郎未経験者のインスパイアという基準ではかなり満足度高かったです。この地域のラーメンを食べてみた感じでは二郎みたいなラーメンは受けが悪そうな印象はありました。

二郎・二郎系以外の店(今月10店10回10杯。今年117店124回124杯)
1回 スガキヤサンテラス高蔵寺店、朱華園、みやち、坂本、アーラン二郎、辛部、つばめ、てんこもりラーメン、龍吉、九州亭

岡山広島で稼いだものが多いです。

今月の好印象としては、

・相模大野二郎のリッツチーズ

リッツ自体はなくてもいいのではないのか?というくらいの感じだったのですが、ペースト状のチーズはかなりヒットでした。

・朱華園の背脂ミンチ

単品としてこれはうまかったです。

そして2008年全体ではこうなりました。

1.二郎

1月 8回
2月 3回
3月 4回
4月 6回
5月 8回
6月 9回
7月 5回
8月 2回
9月 6回
10月 4回
11月 4回
12月 6回

というわけで合計65回。8月は帰省であることを考えると極端に少ない月はなくて結果として平均的に行っていたんだなと。昨年が80回以上だったことを考えるとかなり減りました。支店別の内訳は

16回 三田
8回 府中
7回 神田神保町
6回 上野毛
4回 ひばりヶ丘駅前、桜台駅前
2回 横浜関内、八王子野猿街道2、立川、松戸駅前
1回 大宮、武蔵小杉、環七一之江、荻窪、京急川崎、小岩、環七新代田、仙川、品川、目黒、相模大野駅前、京成大久保
0回 めじろ台法政大学前、亀戸、高田馬場、歌舞伎町、栃木街道、新宿小滝橋通り、鶴見、池袋東口、新小金井街道

とにかく遠征をしなかったという事実だけはわかるかと思います。

2.二郎系

月別のを書くのは面倒なので省略しますが、合計50回です。店別では

6回 富士丸板橋南町店
2回 ラーメン荘夢を語れ、大山神田店、富士丸神谷本店
1回 梅の家(軽井沢)、喜多楽、虎心、松信、ラーメン幸、男そば連獅子、神戸チェリー亭、元気の源、男は黙って前を行け、生郎、てら、円熟屋大里店、ら・けいこ東片端店、助屋高崎店、二代目丸源春日井店、麺屋凛、元、ぽっぽっ屋水道橋店、こじろう、花可、麺者我楽、麺とび六方、継承あっ晴れ、たいぞう池袋店、あしょろ、しゃかりき、どん、バリうま軒、初代けいすけ品川店、BRAVO NOODLE、髭、富士丸北浦和店、烈士洵名長野店、にゃみ第二章、くるり、麺花四天、まるぎん商店、ダントツラーメン

辰屋と富士丸西新井はゼロ回でした。

3.その他

月別は面倒なので割愛しますが、合計124回です。回数が多かったランクで行くと

3回 スガキヤアピタ高蔵寺店
2回 ガガガ職堂、天下一品神田店、ますたに田町店、スガキヤサンテラス高蔵寺店

イベントか近場で済ますかどちらかのパターンがわかるかと思います。ずいぶんと昨年は気合を入れなかったんだなというのはわかってしまったかと思います。今年も同じくらいのペースで行くつもりです。

投稿者 91E : 22:28 | トラックバック

2009年01月01日

新年のご挨拶と昨年のラーメン納め

2009年を迎えました。本年もよろしくお願いします。例のようにこのお雑煮で今年もスタートしました。

今年のラーメンライフ・二郎ライフについては、

1.一都三県以外の二郎インスパイアで未訪のところに行ってみる
2.いろんなご当地ラーメンを食べてみる
3.二郎を食べつつ10の位を1減らす。できれば四捨五入しても1減るくらいまで

というのを目標にがんばっていこうと思います。なお今年も「二郎年間グランドスラム」とかにこだわるつもりはないです。

12/30は昔の友人と最寄り駅で飲んだ後に流れで、「楽喜」に行くかとなったもののすでに閉店だったので、そのまま道をまっすぐ進んだところにある「九州亭」にて。普通の中華料理屋です。

住所:愛知県春日井市高蔵寺町2-67
営業時間・定休:11:30-14:30 17:30-翌1:00 不定休

メニューを見てインパクトを感じたので「カツカレーラーメン」900円を。カツとカレーとラーメンという最強コンボです。作るのに手間がかかるようで一緒にいた友人が食べ終わるくらいのタイミングで出てきました。携帯カメラで酔った状態で撮影したものなので相当ひどいです。申し訳ございません。

カツは本当にあげたてが出てきて衣がサクサクしていました。これは本当によかったです。もうちょっとカレーのスパイシーさがあってもいいとは思いましたが、カツとカレーとラーメンが合体するとなんかそれだけで得した感じがしました。

さすがに酔った状態で食べたものを「ラーメン納め」にするのはきついので結局はべたな形でラーメン納めをすることに。昼食を食べてから最寄のショッピングモールに出かけて、スガキヤに。サラダなどのセットにするとスーちゃんグッズが抽選でもらえるようになっていたけど昼食後だったので断念し普通の肉ラーメン370円に。我ながら本当にべただなと。

スガキヤは確かにセントラルキッチンでどこででもほぼ同じものが出てくるのですが、それでも作る人によって細かな違いは出てきます。もっともそれは三田二郎ほど大きいぶれではないのは言うまでもありませんが。ただ今回のはスープが少なく麺もダマになって食べづらくて正直なところいまいちでした。スガキヤでもこういうことはあるんだなと。とはいえホワイトペッパーをかけると味のレベルが上がるのは変わりありません。普通のラーメンはいきなりコショウは乱暴とかいわれるけどここに限ってはやるべきでしょう。

というわけでしてこういう形でラーメン納めをしたということを書くとともに、本年もどうか皆さんよろしくお願いします。

投稿者 91E : 17:30 | トラックバック