« 天虎 | メイン | 2008年5月の記録 »

2008年06月01日

麺や天好

30日の昼食です。単純に「中央線にどうしても乗りたかった」という理由です。はじめに中央線に乗るという目的があった上で、じゃあどこに行く?というのを考えると二郎っぽいラーメンを出す店で行ったことがなかったここに行こうかなと。

その「中央線にどうしても乗りたかった理由」に関しては達成できませんでした。それは残念でしたが、そのハードルの高さを考えるとしょうがなかったのかなぁ?結局その目的は諦めて武蔵小金井まで。そこから「中大循環」のバスに乗りプール前で降りて小金井二郎を過ぎて中央大学付属高校の対面くらいにある店に。

店内はカウンター8くらいと4人掛けテーブル4つくらいのなかなか広い店内。メニューもやたらある中で「イチローラーメン」650円を注文。10分弱で出てきました。トッピングは一切聞かれません。イチローに関しては「鈴木一朗」から作ったみたいですが、実は彼は二男です。兄の名前は「一泰」といいます。発表する機会はあるかどうかはわかりませんが、あればお願いします。

スープは乳化していなくてすっきりとしたとんこつでしょうか?鳥ガラというのとは何か感じが違っていたので…。これについては100%の確信はないです…。それに細かい背脂を加えていた感じです。むしろみりんの甘味が強かったですね~。チャーシューは「歯ごたえが柔らかいハム」がいちばん近い表現でしょうか?結構醤油の味がついていました。野菜の量は結構多かったです。あとは上に乗っているあげネギの香りが結構強かった上にこってり感も加えていたので、数時間経過してからボディーブローのように効いてきますね。

麺は店に「三河屋製麺」の箱がありまして、おそらくそこが作ったと思いますが、ごわっとした感じではなくむしろつるつるくらいに近い食感でした。太さは「家系よりは若干太い」くらいでしてそんなに太くないです。ただ歯ごたえはありますね~。量は普通のラーメン屋よりはやや多いくらいでしょうか?

もともと自分は二郎(系)は「麺が伸びると面倒だからとにかく麺から」と考えているので麺を中心的に食べると野菜だけが無駄に残る感がありまして、今回もそう食べたら実際に野菜だけが残って大変でした。 こういうのもあって野菜の優先順位があんまり高くないんですよねぇ。ただこの店は意外とキャベツが多かったので食べやすかったのはよかったです。結構クタな感じです。

投稿者 91E : 2008年06月01日 19:44

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kiss-to-heaven.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1423