« 烈士洵名長野店 | メイン | 家家家 »

2008年04月11日

BRAVO NOODLE

4/8の夕食です。その前にまずは昼間に立川駅で降りて「ラーメン二郎立川店」を視察。すでにご存知とは思いますが、

住所:立川市柴崎町2-10-1
営業時間・定休:11:30-14:30 18:00-21:00 日祝

この張り紙のとおりに日曜日である4/27に開店します。はっきりいって「お祭り」以上の意味はないのですが、お祭りである以上はできれば行きたいなとは思っています。ちょうど府中開催の時期だから立川二郎→府中競馬場というダメな人の行動パターンもありえます。

限定100食とのことですが、真冬の桜台や11月終わりの栃木街道でも9時がボーダーラインだったことを考えるとこの時期の立川だともう少し早い時間がボーダーラインになるかもしれないです。このポスターには店主の代名詞ともいえるフレーズも・・・。

この後は山梨まで行って円熟屋大里店で見事に空振りを食らって仕方なく甲府まで戻り小作でほうとうを食べてから中央線で立川まで戻り、さらにそこからは青梅線に乗り換えて福生まで。最初は8と10で迷い結局8にして何かとむかついたこともあったのですが、もし10にしていたら中央線が動いていなかったわけであり完全に結果オーライです。

福生からは東口に出て富士見通りを歩いて3分くらいで到着します。右手にあります。看板の右下に書かれている「錦雅」は何を意味しているんだろう?これも店名かなぁ?

 
住所:東京都福生市福生875
営業時間・定休:20:00-翌5:00 日曜

八時開店の一番乗りでした。席数はカウンターが7で、二人掛けテーブルが2つで座敷に四人掛けテーブルが2つという構成です。二郎系メニューであるブラボ郎800円を。サービスの味玉を入れてもらいました。にんにくはデフォで入りますのでご注意ください。注文してから十分弱で出てきました。店員さんは男性二人です。なお水はセルフです。卓上には醤油、酢、ラー油、ブラックペッパー、唐辛子、おろしにんにくがあり飽きても味を変えやすそうな感じがします。

スープは見た感じ背脂チャッチャタイプです。正直なところあんまり期待しないで食べたらけっこう醤油の味もあって思いの外おいしかったです。多くの二郎インスパイアの店は脂にこだわるあまりに脂の味しかしないところが多いのですがここはそうではなかったです。具の野菜は湯切りがしっかりされてました。ゆで加減はややくクタな感じでもやしは85パーセントくらいでしょうか?自分にとっては手ごろな量ですが、多くの人は少ないと感じるでしょうね。豚は一枚でしたが、味はしっかりついていました。

麺は中くらいの太さでストレートです。加水率はやや少なめで若干ごわっとした感じの食感。量は二郎だと目黒や鶴見より少ないくらいで本当に普通のラーメン屋くらいの感じでして、どこかと連食しちゃう?と思いましたが、夜遅くに炭水化物を取りすぎるとやばいので我慢しました。

投稿者 91E : 2008年04月11日 10:39

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kiss-to-heaven.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1381