« 烈士洵名 | メイン | まるや東武池袋日光会津物産展 »

2008年04月01日

浅草背脂チャッチャ系連食

30日の昼食です。4/1まで浅草の松屋でこないだからはまっている「プルマンベーカリー」のカレーパンの販売があるとのことで行ってきました。そのついでにWINS浅草で馬券を買いましたが、見事に1着4着5着なんざやらかしてしまいダメでした。さて浅草といえばどうしても思い出すのが、

ミセリ

ですね~。なんでも巨人はこのミセリがいたシーズン以来の開幕三連敗。もっとも2002年の日本一の時も同じだからなんともいえないですけど、一抹以上の不安を感じずにはいられないスタートです。スキの多い守備、いまいち頼りにならない中継ぎなどなどミセリがいたシーズンとかぶる要素は満載ですから。とにかく先発はなんとしても最低7回は投げてほしいです。

せっかく浅草にきたんだからラーメンを食べようということでまず入ったのが「ハッスルラーメンホンマ」です。

入ると券売機があり、しょうゆラーメン中200g550円に味玉50円を。カウンターのみの10席です。卓上にはにんにくと豆板醤とコショウがあります。カラスさんの試合のポスターがあったようにあの会社の麺を使用しています。注文して5分くらいででてきました。

スープは見た目よりも透明感があり、そんなに重たくない感じです。比較的飲みやすい部類に入るでしょう。具はチャーシューともやしとのりでしたが、豆板醤を入れるといいですね。味玉はうまかったです、とりあえず。今年一番じゃないかと言ってもいいくらいでした。

麺はあの会社の太くてごわっとした食感の縮れたタイプの麺でしたが、200gとかかれている割には割とすんなりと食べられて馬券を買ったあとに思いついたように連食してしまいました。場所はこのハッスルラーメンホンマから東に歩いて2,3分のところにあるこの店です。

実は今まで食べたことがなかったのでこの際ということで行ってみました。これまた入り口横にある券売機でラーメン700円を。昼時だったのもあって意外と混んでいて座るまでに15分くらいかかりました。何か店員があわただしくしていて何か落ち着きません。飲食店バイトのときに「実際に忙しくてもお客さんにはそれを感じさせてはいけない」という風に指導されてきたのですが、それはもうないのでしょうか?座ってからは意外と早くて3,4分で出てきました。

スープはいわゆる背脂チャッチャ系。表面は背脂に覆われてます。さすがに飲むとかそういう気にはなれないですね~。若干の甘さもあったような気がしてます。具はチャーシューともやしと刻みねぎとメンマです。メンマはやわらかめで甘めの味わいでした。もやしの量が意外と多くて麺が片付いたのにまだ残っているという状態でした。後はものすごく味に飽きるので3分の1くらいでラー油を、最後の3分の1で酢を入れました。こういう背脂どっさりの店だと締めに酢を入れるのはありです。二郎系でも一部の店だと置いてあるのですが、これはいいサービスだと本当に思います。重たかったのが若干軽くなりますし。この食べ方は名古屋の好来系の食べ方なのですが、味の方向性が真逆の店でも同じようにして食べられるのが何か不思議な感じがします。

麺は中くらいの太さで割とストレートタイプで加水率はやや少なめでした。量は普通のラーメン店よりはやや多いくらいです。連食だったので最後のほうは結構きつかったです。もっともこの連食でも二郎の小ダブルよりも軽い感じはしたので、二郎の食後のダメージは脂だけじゃなく豚や麺からくるってことかなぁ?

投稿者 91E : 2008年04月01日 08:16

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kiss-to-heaven.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1372