« 銀のくら | メイン | 2008年2月の記録 »

2008年02月29日

今池の辛いラーメン連食

今日は4年に1度の2月29日。どうやら「にんにくの日」らしく、それを聞いた瞬間に

二郎食べたい

という衝動にかられてしまいました。もうすぐ東京に戻ります。今月の26Dayは上野毛が辛し高菜、府中がとろろ昆布と東京にいたらば「1日2店?」くらいな感じだったのですが、その日は大阪だったのでダメでした。来月の26Dayを楽しみにします。さて2/29生まれの有名人としては峰竜太、赤川次郎、飯島直子、原田芳雄、今井りか、吉岡聖恵(いきものがかり)がいます。ちなみに12年前のこの日にはこんな出来事がありました。

三田二郎一旦閉店

今で言うところのローソンの対面(というか慶応不動産の場所)あたりにあったのですが、この日に一旦閉店でした。大量の行列がきて麺が切れると「スープだけでも」というお客さんがいて、康子さんがパンを買いに行ったなんてこともあったそうです。自分は事情で参加できなかったのですがいまでも参加できなかったのが悔やまれます。「もうあのオヤジが作る二郎を食えないのか」という不安に駆られ目黒か王子(現富士丸神谷本店)で満たしていたのですが、現在の場所で復活するとなったときにはうれしかったものです。復活して「券売機導入」「野菜をざるに入れる」というシステムになったのにはびっくりでした。

というわけであってほしくはないけど絶対にいずれはくるであろう「三田のオヤジが引退する日」にはよほどのことがない限り参加します。やっぱり前回参加できなかったのは悔しいですから。というわけで自分にとって2月29日とは移転前の一旦閉店となった日の印象が一番強いです。

また3/1.2とスガキヤでこんなイベントがあります。

毎年3月の第一の土日にこのイベントがあるのですが、行列します。現段階では行かないつもりですがどうなるんでしょう?さて2/27ですが、みずほ銀行に用事があった流れでどういうわけか今池まで行ってしまいましてそこで辛いラーメン連食なんてしてしまいました。一軒目は台湾ラーメンを作った味仙です。前回は去年の夏で試しに「アメリカン」(辛さ控えめ)というのを頼んだらものすごく中途半端な印象が残ったので今回は普通のを。630円です。頼むと大瓶一杯分の水が出てきます。そして注文してから5分弱くらいでもうでてきました。

やっぱり前回のアメリカンと比較すると辛くて食べ応えがあります。丼サイズは麺の量が100gあるかないかくらいで本当に少ないため小さいです。イメージとしては「つけだれが入った丼」くらいに考えてもいいかと思います。鶏がらベースの醤油味のあっさり目ですが唐辛子や豆板醤などでかなり辛さが増しています。もちろん中本を基準にすれば大したことないですけど直接来る感じです。具のひき肉は意外と大ぶりでしてサイズとしては「カップヌードルの肉」くらいです。それが結構あります。もちろんコショウと唐辛子かラー油かの味がついていてスパーシーです。あとはもやしとにらです。にんにくの香りはありますが、直接固体が入っている感じではないです。麺については量は少なくておやつくらいです。あるいはサイドメニューを食べていただくかというくらいです。ただサイドメニューは結構単価高いです。あとはあまり加水率が高くなくてブツブツと切れそうなくらいの感じの麺です。

続いてはこの味仙から歩いて1分くらいのところにあるピカイチです。つい最近まで改装工事をしていて23日に復活しました。入り口も変わりました。

この店は前の店長が中日の選手との交流がありまして、今の店長(息子さん)に引き継いでも同じような感じで中日ファンが集まる店のひとつです。店内も一通り改装されていてきれいな感じがしました。とりあえずは「ピカイチラーメン500円」を注文し、辛さは標準といわれる10段階の5にしてもらいました。これまた辛いということでポットに入った水が出てきました。そして注文してからこれまた5分くらいで出てきました。

前に食べていたものの影響なのかそれとも店自体の設定なのかはわかりませんが、正直なところあまり辛いなぁという印象はなかったです。ある程度辛さに対する耐性があることがわかっている人だったら10もしくは10に近い数字にしても全然問題ないように感じます。この10段階の5の辛さは「先の味仙のアメリカン」くらいかそれよりも軽いくらいじゃないかと感じます。味の印象としては辛さよりは醤油の味が強いなぁというのが残っています。

麺については中華料理のラーメンにあるような透明感のあるもっちりとした食感です。量はあまり多くないですね。先の味仙の台湾ラーメンとあわせても「普通のラーメン店の大盛りくらい」じゃないかと思うくらいです。逆に言えば今池にはほかにも「重油ラーメンでおなじみの呑助飯店」「深夜のみ営業の大丸」がありますから、連食しやすいのでは?と思います。具は小ぶりのひき肉くらいであまりなくて寂しい感じがします。でもそういう仕様ですからしょうがないでしょう。

中日の選手のサインやグッズや写真が数多くあるというのを見ただけでも「名古屋にいるなぁ」ということを実感させてくれる店といえるのではないでしょうか?ちなみに翌朝は昼ごろまでは体の特定部分がやばかったです。実家はウォッシュレットだったからだいぶ緩和されたのはあります。東京の家にもつけようかなぁ?とちょっと思ってしまった自分がいます。優先順位は低いですけど。

投稿者 91E : 2008年02月29日 22:05

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kiss-to-heaven.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1343

コメント

メールにしようと思ったのですがアドレスが探せずコメント欄に記します。
今週3月14日号週刊ポスト巻末カラーに名古屋めし図鑑掲載です。

投稿者 温泉好き@西巣鴨 : 2008年03月03日 13:23

遅くなりました。

ありがとうございます。立ち読みしました。
割とメジャーどころが紹介されていたように感じます。
全国誌だとこういう感じで紹介したほうがいいんでしょうね。

投稿者 91E : 2008年03月11日 09:01