« ちょもらん麺 | メイン | 今池の辛いラーメン連食 »

2008年02月28日

銀のくら

25日の昼食です。この日は前日にフェブラリーステークスでこんな馬券を買っていたのもあったので、ことの成り行きで大阪まで一泊二日遊びに行ってきました。

12時に名古屋駅を出るバスで大阪に行くことにしたのでその前に行くことができる店はどこだろう?と考えたらここになりました。開店時間が11時半の店だと発車時間に間に合わないリスクがでかいのでどうしてもそれだけは避けたいなと。実はここは「東片端(ひがしかたは)のら・けいこ」に行く道中にありまして、どうしてもそこに行ってしまうからハードルの高い店なのですがら・けいこの営業開始が11時半ということもありだったら今日行くしかないという勝手な使命感のもといってきました。

とりあえずは「一番人気」と書かれていた辛味噌のにんにくバターラーメン820円を。食後精算方式です。カウンターのみの12席くらいのやや薄暗い店内。店員さんがカウンターの中に5人くらいいて何かせわしない感じです。注文してから6,7分で出てきました。

大雑把にくくるととんこつベースのあわせみその味わいでした。あんまり重たいという感じではないです。飲みやすいタイプ。あとは辛味噌とありますが、東京で中本とかを経験してしまっているのもありますが、辛さはまったくといっていいほど感じなかったです。スープをすするとポツリポツリと唐辛子の辛さを感じるくらいでしょうか?バターで甘味とコクは増えたかなという感じはしました。具はチャーシュー三枚となると一枚と柔らかめに煮たメンマです。チャーシューは単品として満足度は高かったです。

麺は食感としては黄色がかってはいないもののいわゆる札幌タイプの縮れ麺でした。量は少なく夜に向けての余力を残せたとそのときは思いました。もっとも飲み会で結構食べたら胃にきてしまい、二次会ではほとんど何も食べられなかったのが残念でした。

ちなみに今回大阪にはいったもののこの店に行くことはできませんでした。

店名:神戸ちぇりー亭
住所:兵庫県三田市南が丘2-8-22
営業時間:20:00~24:00(木・金・土曜の3日間のみ営業)
最寄り駅:神戸電鉄三田(さんだ)線横山駅からすぐ(JR福知山線(JR宝塚線)の三田から2駅いったところ)。三田からでも徒歩20分くらいで着くそう。

最近話題の「三田にできた二郎インスパイア店」です。いつか誰かがやるだろうとは思っていたけどとうとうやってくれたなと思います。いくつかブログでも紹介されています。こちらこちらなどです。三田は大阪からだとJR福知山線(JR宝塚線)で1時間ほどで到着するほどの距離でしてハードルはかなり高いのですが、さらにありえないのが、

営業時間

週に3日で4時間のみの営業です。それも夜8時開店で12時閉店ですから。遠征しに行くには相当ハードルが高いです。トータルで週に12時間という営業時間は「ち○○ら」や「二郎の某支店」や「名古屋の大丸」や「のスた」と比べても少ない営業時間です。あるとすれば岐阜県多治見市の「信濃屋」くらいだなぁ。位置関係も考えるとハードルの高さは日本一じゃないかと自分が知る限りでは思います。

実は神戸電鉄三田線には「二郎」という駅があります。詳しくはこちらを。読み方は「にろう」でして、オリックスの二軍戦の本拠地の最寄り駅でもあります。三田からは5駅のところですが、三田市内ではなく神戸市北区にあるというのがちょっと残念です。神戸ちぇりー亭とともにこの駅にも行ってみたいなとは思うのですが、そのタイミングはくるかなぁ?

投稿者 91E : 2008年02月28日 23:09

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kiss-to-heaven.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1342