« 東池おはこ大勝軒(巣鴨大勝軒) | メイン | のあ吉 »

2007年12月02日

どっと屋

29日の昼食でした。この日は江古田でちょっとした用事があったのでそのついでに。晩飯は友人と中華街で食うことが決まっていたからさほど重たくないものをという基準で選びました。鈴木ピース餃子店にも興味があったんですけど、ボリュームがあったら困るなぁという感じで断念しました。ここはホワイト餃子のインスパイア店らしいです。

12時10分くらいに到着すると店内の席が一通り埋まっていてちょっと待ちました。券売機を見ると豚が売り切れでした。あったのはラーメン550円、大盛650円、味玉70円、メンマ100円、ビール500円だけだったのでラーメンと味玉を。必要以上の言葉を発しない店長が一人で黙々と作業していました。食券を渡してから7分くらいで出てきました。トッピングは面倒だったので野菜辛めにんにく脂たまねぎの全部を入れてもらいました。

スープがぬるいなぁというのがまず第一印象。あまり豚のだしも感じられないし「あれっ?」という印象。脂濃度はかなりあっさり目。刻みたまねぎが入ったこともあり若干甘めな感じでした。豚は小ぶりでパサ気味なのが2枚でした。野菜はもやしが9割でかなりクタなゆで加減。

麺はかなり細くなっていたなぁという印象。前のごわごわとした感じと比べるとちょっともちっとした感じ。量はかなり少なめで夜の中華街でも問題なく食べられました。江古田には最近ラーメン店がいっぱいできたこともありますし、なにより隣駅の桜台には二郎があります。今度江古田に行くときには鈴木ピース餃子店に行ってみることにしよう。

投稿者 91E : 2007年12月02日 15:05

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kiss-to-heaven.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1284