« ラーメン荘夢を語れの持ち帰り豚 | メイン | くるまや2店 »

2007年11月30日

三田本店

昨日の夜は高校時代の同級生(野郎)と中華街で飯を食ってきました。ハッカク等の香りがちょっと苦手だなと思ったものの十分おいしくいただきました。ちょっと食いすぎてしまい、胃もたれが結構長く続きました。翌朝体重計に乗るとなんとか前日と同じ水準でほっと一息ではありました。

28日の昼食です。この日も三田方面で用事ということで二郎にいってきました。11時35分頃に慶応の信号前に6人くらいの集団が二郎話。「この集団に負けると6人遅れてしまう」というわけで名古屋式の左右の信号を見てのスタートを実行。なんとかこの集団に負けることなく二郎に到着しほっと一息。この日は頂点付近ではあったものの横にはみ出ている人も多く、実質的には頂点を越えたくらいの位置。なので50分くらい待ってようやく店内へ。今日も以前馬場にいた人との二人体制であり、盛り付けも彼の担当でした。この日は久々に「肉食うか」という気分になったので小ダブル700円。トッピングは野菜にんにくにしました。

豚の量は豚入りよりも若干多いくらいで自分が期待していたより少なめでちょっとがっかりしました。パサの部分はなくて十分おいしかったんですけど、がっつりと豚を食いたかったなぁ。この日のスープは醤油も薄く、若干水っぽいと体的に薄めな感じでした。何度も書いているけど、こういう日があるからこそ当たった日には感動を覚えられるものです。外れの日と当たりの日の両方を知らないと三田本店は楽しみきれないなと思ってます。そういう意味では1回行っただけでのダメだしは正直どうかと思います。(特に支店はおいしく思っている人にとってです。二郎そのものが苦手な人についてはしょうがないです)野菜は三田にしてはこの日は歯ごたえがありました。オヤジさんが盛るよりも量は多いですね。麺はこないだちょっと「でろでろな感じ」がしたのですが、それはなくなっていてかなりよかったです。量に関しては小にしてはかなり多めであり、最後のほうはきつかったです。実際晩飯抜きましたから。

投稿者 91E : 2007年11月30日 09:41

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kiss-to-heaven.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1281

このリストは、次のエントリーを参照しています: 三田本店:

» ラーメン二郎三田本店 from デカ盛りLunchの日記
私は二郎中毒なので、定期的に食べないと、たまに体内で二郎切れ(笑)をおこすことがありまして。まさに今日がそれ。 朝起きたときからずっと「ああぁぁぁ二郎食... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年11月30日 14:48

コメント

おっしゃる通り、ハズレがあって当たりがあるから三田本店なんですよね。
自分は小ブタなのに、ダブルなみのブタが入ってきたこともあります。

投稿者 jwjwjwjwjw : 2007年11月30日 14:47

三田の価値に気づくのははずれを引いてからだと思います。三田にブレがなかったら多分ここまでの人気店にならなかったのではないかと思っています。ブログをはじめたのも「今日の三田はあーだったこーだった」を言うための手段ですから。

ダブルが豚入り並だったこないだの自分にとってはうらやましい話です。

投稿者 91E : 2007年12月01日 12:33