« 府中店 | メイン | 三田本店 »

2007年11月29日

ラーメン荘夢を語れの持ち帰り豚

家のネット環境ですが、つながったりつながらなかったりが続いています。そういう場合にはもっぱらマックにノートPCを持ち込んで爽健美茶のL220円で1-2時間くらい作業をしているという感じです。ずいぶん前にでかいバッテリーを買っておいてよかったです。

11/18に京都のラーメン荘夢を語れに行った際に持ち帰り豚を買ってきました。土曜日と日曜日だけ販売されていまして、1200円です。なお個数限定ですので買えればラッキーです。自分が行った際にはバラと腕のなかでバラしか残っていなかったのでそれを。

真空パックにしてくれているので一週間くらいは持つそうで、24日の朝食兼昼食にいただきました。実行するに当たっては

せっかくだからあぶり焼きもやろう

というのを考えて相模大野の千秋楽イベントに使うバーナーを買いに行ったものの2000円と高かったのでそれだったらと100円ショップで網を購入し、それをガスコンロであぶることにしました。冷蔵していたのでまずは湯銭にかけてから実行。まずは普通の豚です。

ちゃんと下味もついていてなかなかうまかったです。こないだ使った豆板醤をつけたりしながら2枚食べました。続いてはあぶり焼きです。

結構脂身が多くて普通のまま食べるとおいしいんだけど重たいなぁとは思っていたのですが、いい感じで脂が落ちてそれで香りとさくさくとした歯ごたえが増えて味としてのランクは1個上がったように感じました。これは3枚食べたのですが、こんなものを食べては午前中ではあったもののビールは必須。

あまりにテンションがあがりすぎて勢いよく注ぎすぎてあわ立ちすぎましたが、それはスルーの方向で。今度は味を変えようということで照り焼きに。みりん3に醤油1の割合でたれを作り、それに1枚1枚浸してからあぶりました。

これはやばいくらいにうまかったですね~。当初は3枚にしてまた別の形で食べようかと思ったものの、あまりにうまかったので残りの3枚もこれで押し切り合計6枚食べちゃいました。当然ビールの500缶もあっという間に消費。

伝説のメニュー「まし1本」もこんな感じの豚の量なのかなぁ?ずいぶん前に上野毛で持ち帰り豚をやったときはあらかじめ味をつけてくれた上での販売だったのですが、こういう真空パックにしてくれてある程度保存できるようにしてくれる上に食べ方の自由度があるのは食べる側としてはうれしいですね。荻窪も再開してくれないかなぁ。土日に夢まで遠征される方はついでに購入されるといいかと思います。

今回のことで真空パックって素敵と思ってこないだ東急ハンズで調べてみたら家庭用のだと20000円弱で買えるみたいです。一人暮らしでたまに料理をしてあまった際にはこれがあるといいかも。1人前を作るのってなかなか難しくって1.5人前から2人前になって、それの残すともったいない(めんどくさい)ということでついつい全部食べてしまって太りますから。最近実家で親が家庭菜園を始めて野菜を結構作っているんだけど、真空パックがあれば送ってもらえるかなというかすかな期待もあります。「ちゃんと作っているのか?」というツッコミがあるのですが・・・。

投稿者 91E : 2007年11月29日 11:17

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kiss-to-heaven.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1280

コメント

炙りたてを頬張りビールで喉を潤す。最高ですね~
夢も千秋楽もちょっとハードルが高い自分には荻窪が最後の望みなのですが…
確か前回臨休や台風が重なって結局予定していた持ち帰り豚が中止になっていたような。
何気に荻窪の豚はトップクラスに好きなので是非頑張ってもらいたいです。

投稿者 kkk : 2007年11月30日 09:01

本当にこれって究極の贅沢って感じがします。やっぱり網であぶるほうがいいですね。相模大野の場合は時間的な制約からできないのは仕方ないですけど。

荻窪もこれを復活してくれたらもっと通う頻度が増えると思います。そろそろ年末年始なのでおせち用の焼き豚を販売する店がいくつかあるようなので買えたら買いたいです。

投稿者 91E : 2007年12月01日 12:28