« 新福菜館本店 | メイン | 鶴見店 »

2007年11月23日

烈士洵名京都店

先に新福菜館に行った後は京都駅ビル内にある「京都拉麺小路」にあるこの店に。伊勢丹が入っているビルの10階です。エスカレーターでもエレベーターでもいいのですが、10階に行くとこんな入り口で迎えてくれます。

入ったのが11時ちょっと前だったのでまだ営業していませんでしたが、ちょっと奥に行った右手に店があります。若干暗い感じだったのでぶれてしまいました。申し訳ございません。

前日に確認したとおりに「岡村二郎限定20食850円」はまだありました。人気メニューでも第3位とあるのを考えるとこの店が出店している限りはやってくれるのでは?という期待もあります。店員さんに「いつまでですか?」と聞くのを忘れてしまったので申し訳ございません。なのでこのメニューに関しては京都のブロガーか掲示板か京都拉麺小路のサイトから確認してください。11時に開店となりまして、その際に入ったのは自分も入れて3人。月曜日の1番目にラーメンを食べられるのはどうか?とも思いますが、食べてしまいました。店内はカウンターが10席ほど、4-6人がけテーブルが5,6個くらいの割と広い店内。カウンターもかなり広く感じました。

店員さんに食券を渡すと「にんにく入れますか?」と聞かれたのでお願いしてから待つこと5分くらいで出てきました。

見た感じで一番インパクトがあったのがのりです。この写真では切れていますが「切らないと全体像が写らない」という判断の下です。というのは、

太巻きに使う海苔が丸々1枚のっかっていた

からです。あれだけでかいものを全部写すとなると丼の雰囲気が伝わらない(というか後で自分が振り返る際にわからない)と感じました。食べ方に困りましたが、自分は何回か折ってスープに浸してから食べました。そのスープですが、スープは昆布をベースにとりがらや魚系の割と上品な味に背脂をどっさり入れて脂濃度を高めてます。東京の春日にある店でも食べたことがあるのですが、そこで普通の醤油ラーメンで出てくるスープをベースにしている感じで、それに背脂をどっさり入れています。あとはかなり甘味が強かったです。おそらくはみりんが結構入っているのでは?と感じます。脂の甘さとは何か違いました。

具はあぶった薄切りのバラ肉が5.6枚。「あぶりチャーシュー好き」としては無条件においしく感じまして、特徴的なこととしてはこのあぶったかおりもスープの中にかなり入っていたということです。あとは一口大のキャベツと細目のもやしをくたくたになるまでゆでてます。京都で食べた三軒ともに共通するのですが、京都のもやしは実にうまいなぁという印象です。実は自分積極的にもやしを食べたいと思わないのですが、京都に来ると別です。何か違いでもあるのでしょうか?

麺は中くらいの太さでもちもちつるつるとした食感でした。やや縮れめでした。量は夢の小(200g)よりは多いくらいで新福菜館のあとではかなり厳しかったです。やっぱりこのメニュー、東京は春日の店でも出してくれるとうれしいですね。もし出してくれたらこの界隈が「湯島のぽっぽっ屋」「水道橋のぽっぽっ屋」「ラーメン二郎神田神保町店」「本郷にできる大」「本郷の神勢。の角ふじインスパイア」「ラーメン神田店」と一気に二郎系激戦区になって自分としてはうれしい悲鳴をあげたくなりますね。

さすがに食べ過ぎたので食後は嵐山まで移動し、いろいろと散策してきました。大覚寺に行くつもりが北嵯峨高校に行ってしまったというのは高校野球ヲタの悲しい性です。名古屋に帰って「JR東海の電車内の広告できれいな紅葉が写っているなぁ」と思ってみたものが、まさに大覚寺だったというのは今にして思えばもったいないことをしたなぁと思います。

その後は名古屋に戻り飲み→ラーメンとしたのですが、それは次のネタで。

投稿者 91E : 2007年11月23日 10:18

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kiss-to-heaven.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1274

コメント

京都行幸、お疲れ様です。岡村二郎、明後日辺りいってみたいな~。京都のもやしはおいしいですか?うーん、関西在住ですが、それはあまり意識したことがないですねえ。
それにしても、京料理とラーメンって結構組み合わせ的には真逆っぽいのに、関西でラーメンの本場というと京都ってのもなかなか面白いですね。ただ、ご指摘の通り、関西ってラーメンのみ楽しみにいくっていう風土ではないので夢を語れみたいな形式ってのは京都だからありえたのかとも思いますね。叡山電鉄乗れるのは夢を語れにいくひとつのメリットかと。確かに紅葉の季節の混み具合には辟易しますが(苦笑)

北嵯峨といえば、前川でしたっけ?87年の選手権で活躍したイメージが強いです。その後も結構強豪ですよねえ。

投稿者 555 : 2007年11月23日 13:03

あくまで自分の皮膚感覚ですが、京都のラーメン店のもやしのほうが東京や名古屋のラーメン店のよりおいしく感じています。

それぞれの地域の特徴を感じることが地方に行くことの意義ですので、それを否定するのではなく(割り込み除く)面白く感じたいものです。

叡山電鉄の人の数にはとにかくびっくりしました。もっとも「せっかく京都にきたんだから、紅葉も見るか」という行動をしたので自分も混雑に貢献しました・・・。

北嵯峨は前川投手の時はベスト8でした。小気味いいピッチングが印象に残っています。その後も横浜に入った細見やソフトバンクの山田もいてなかなかの人材を出しています。そのときの卯滝監督は鳥羽に異動しても甲子園に出て元近鉄の近澤やオリックスの平野佳を育ててますし、さらに異動した京都すばるでも今年広島に指名された中村投手を途中まで育てているんですからすごい人だなと感心します。

投稿者 91E : 2007年11月23日 23:50