« のスた | メイン | 桜台駅前店 »

2007年11月16日

桜桃

15日の昼食です。池袋駅で乗り換えて「今日はどっと屋にでもいくかなぁ」と思っていたのですが、西武百貨店のあたりでトイレに行きたくなったので行ったらふと、「池袋に桜桃という新しい旭川ラーメンの店ができたらしい」という事実を思い出し行ってみることに。地図で見ると無敵家のあたりだったのですが実際には、

玄武の跡地でした

あそこの三軒並びのラーメン店の中では一番利用していた玄武、家から比較的近い家系ラーメンの店だった玄武、それがなくなってしまうのは正直なところ寂しいです。「どうせだったら・・・」と思ったのは秘密です。今うちの近くで食べられる家系というと「板橋区の環七沿いの武蔵家(夜7時から営業)」「中山道の百麺」「水道橋の田中」「御徒町の六角家」くらいでちょっと寂しいですね。というわけで無敵家の行列をやりすごして店へ。

携帯カメラの画像サイズの設定を間違えてしまいました。入り口の看板はもっと広いです。というのはモテソウというサイトで遊ぶのに手相を撮影したサイズのままだったからです。手相を撮ってそれをあるアドレスに送ると結果が送られてくるというのもですが、結果はこちら。苦笑いするより他ない結果です。

それはともかくとして入り口に券売機があります。つけ麺が4種類、ラーメンが4種類ありますが、今回は旭川ラーメンを味わおうということで「醤油ラーメン750円」を。カウンターのみ20席くらいの割と広い店内です。並ぶことなく着席して店員さんに食券を渡すと、「大盛も無料です」とのことなので大盛に。店員さんは元気はいいんだけど、無理やり声を出しているわけではないという部分は割と好印象。そんなことを感じながら待っていると注文をしてから6分ほどで出てきました。

スープはかなり乳化したとんこつでした。なんか甘い感じもしました。砂糖とは違うし一体なんだろう?見た目よりは脂分を感じませんでした。ラーメン博物館の旭川ラーメンの店に書いてあったような「いったん冷やして脂分を取り去る」とかやっているのかなぁ?具は甘くやわらかく煮たメンマが4本と大ぶりのバラ肉をやわらかく煮たチャーシューが2枚。このチャーシューはかなりうまいと感じました。あとは刻んだ白ねぎが薬味としてありました。

麺は細目で縮れていて加水率少なめのタイプです。すするというよりは噛むみたいな感じです。量は大盛りにしたのもあって結構あったように感じました。もっとも夕方5時くらいにはすでに空腹になってしまって仕事帰りに池袋線沿線のラーメンを食べて帰ったのですが、それはまた次に。

それではこれから名古屋に向けて出発します。しばらくは「東海道線沿線」「名古屋」「京都」のラーメンネタ(一部ラーメンじゃないかも)になりますがご了承ください。

投稿者 91E : 2007年11月16日 08:44

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kiss-to-heaven.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1268