« こーしゅんラーメン | メイン | でっかい餃子曽さんの店代々木店 »

2007年11月06日

天虎

10/31に食べていて実際に食べた記録にアップしたんですけど、そのときの内容をアップし忘れていたので・・・。

水曜日は三田方面で用事があるのでが、「電車代の節約」+「ちょっとした運動」を兼ねて三田まで自転車で行くようにしています。事前に酒を飲むということが確定している場合は別ですが。この日も最初は「ラーメン二郎三田本店」に行くつもりだったんですが、若干出遅れてしまい「このままだと用事に遅刻する」というくらいの時間だったので久々に天虎に。最近心が乾きに乾きまくっていたので「ほんの少しだけ勇気」をもって行きました。このフレーズは言うまでもなく「光GENJIのSTAR LIGHT」から借りました。同世代カラオケだとこの歌は安全策としてつかえますから・・・。

それにしても「光GENJIのメンバーだった赤坂晃が逮捕」なんていう事態にはビックリしてます。というのは「つかまった場所が家から近い」ということだからですけど。こんな近くに「巣鴨のロケ」以外で芸能人がリアルにいるのか?というののびっくりしました。イメージとしては港区・品川区・大田区・渋谷区・世田谷区にいるという感じですから。「中央線よりも北側にも芸能人いるんだ~」という驚きです。あとは「内海くんもまだジャニーズに所属していたんだ~」という驚きです。TOKIOの城島茂よりも上の世代では少年隊とマッチを除けば岡本健一くらいですから。(他にはピンだと近い世代でも佐藤アツヒロくらい)その岡本健一の息子である岡本圭人が現在「Hey! Say! JUMP」のメンバーとして、フジテレビのバレーボールワールドカップに出ていますが正直なところ存在感は薄いように感じます。

という無駄な前フリをした上でこの店の変更点としては

・営業開始が10時半と早くなった
・逆に営業の終わりは麺切れ終了ということで夕方4時くらいになった

餃子等々のサイドメニューは一定時間の後というのは変わりないです。味噌については食べるつもりがなかったので確認していません。とりあえず11時45分頃に着くと外で待つという状況でした。5分くらいで店内に入り、女将さんから温かいお絞りを出されました。その際に135を注文し、思い切り顔を拭いてみました。オッサンの証でありますが、これは本当に気持ちいいです。この気持ちよさを知ると「何かを得て何かを失う」といいますが、まさにそんな感じです。それでしばらく待って職人肌の佐々木蔵之介に若干似た店主が出してくれました。135で650円です。

味については人柄のまじめさから伺えるようにいつもと違いなくて過去ログから引っ張ってきます。

---------------
麺はサッポロラーメンによくあるタイプ。黄色がかったちりぢりとしたタイプでプチプチって切れる感じです。注文どおりの固めのゆで加減でした。量に関しては標準的なラーメン店より若干少ないくらいでしょうか?スープはとんこつ醤油でしたが、味濃い目にしたこともあり塩分濃度は高め。わりととろっとして粘度が高いスープですが、そんなにこってりしている感じでもないです。具はチャーシューとメンマと白刻みねぎです。チャーシューは薄切りで(ローストされた感じで)すが、ジューシーな度合いが高くかなりおいしいです。
---------------

終わる頃に冷たいお絞りをだしてくれるのに感動です。三田をはじめ二郎の多くは「ブレを楽しむ」くらいな感じで「日々味の違う二郎を楽しめ」くらいに言われていますが、そうじゃなく頑張っている人もいるんだなというのを感じました。そして650円のチャリ銭は持っていたけどあえて1000円札で払うことでこの店の最終ミッションは完了です。

投稿者 91E : 2007年11月06日 21:54

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kiss-to-heaven.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1258