« 勇花 | メイン | 相模大野駅前店 »

2007年09月21日

熊楠家

家系のラーメンではありません。福岡でにらとモツを使ったラーメン店として有名らしいです。福岡のラーメンはとんこつばかりでもないようです。今年東京進出ということで新宿歌舞伎町にオープンした店です。場所は神座の対面くらいになります。近くにはなんでんかんでんや天下一品もありちょっとしたラーメンの激戦区です。この店のすごいところは日・月以外は朝の8時まで営業しているということです。さすが歌舞伎町ですね~。

新宿で買い物があったのでその流れで20日の昼食で行ったのですがお客さんはゼロでした。というか昼間だとやっぱり人口少ないですね。

入り口に券売機があったので醤油味の「にらもつラーメン」900円を注文。わりと暗い店内です。8人くらい座れるテーブルが3つあります。福岡のラーメン店にはわりとこういう形状の店が多いのですが、ここもそうでした。5分くらいで出てきました。

鶏がらと野菜でだしをとったあっさり目で優しい味わいのスープ。博多名物モツ鍋もこんな感じのだしをベースにしていろいろと具を入れます。飲んだ後なんかいいかも。たっぷりのにらには唐辛子がかかってます。このにらをスープに浸して食べるわけですが、見てわかるとおりにものすごく多いです。ちょっと飽きるくらいに。モツは7,8個くらいは入っていて結構多いです。他にはゆでてくた気味のもやしも入っています。なおチャーシューは入っていません。

麺は縮れた中くらいかやや細いかというタイプです。ゆで加減は若干固めで加水率はやや多目であるように感じました。量は普通くらいです。 モツ鍋の料金を払わず、1000円以内でモツ鍋テイストのものが食べられるのはそれだけで価値はありますし、十分おいしく感じましたが、チャンポン麺だともっとよかったなぁというのが個人的な印象でした。歌舞伎町でラーメンを食べるという局面になったらいまだとここ行くかもしれないなというのは感じました。

投稿者 91E : 2007年09月21日 09:43

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kiss-to-heaven.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1219

コメント

店主は皆方熊楠のファンなんですかね?皆方熊楠は奇行の人として知られるそうなので、「博多で豚骨をやらない点」はその辺を汲んでるのかな?なんて思いました。

歌舞伎町で朝8時まで開いてて、もつ鍋スタイルが1000円以下…夜の仕事やってる人は食いつくでしょうね。

投稿者 esoshu : 2007年09月22日 01:54

モツ鍋で締めの麺という流れで作ったんでしょうね。これをラーメンするという意味ではそういう部分もあるんでしょう。

正直なところモツ鍋の締めにちゃんぽんを入れて食べるほうがうまいのですが、費用対効果と営業時間を考えるとありなチョイスだと思います。

投稿者 91E : 2007年09月23日 22:10