« 河むら 西武池袋店北海道物産展 | メイン | 小岩店 »

2007年09月15日

UNDERGROUD

今回はもろもろの事情によりカテゴリーはここになっています。13日の昼食です。この日はグッドウィルドームに行くことになっていたのですが、いろいろと考えるとこの日じゃないとここに行くのは無理だろうという結論に達していきました。東上線で川越までいってそこからJRに乗り換えて西川越まで。ものすごくのどかな風景で本当に「地図使えるのか?」といろいろと不安になりましたが、何とか西川越から10分ほどで到着しました。

ちなみに帰りはためしに「川越市」を通過して「本川越」まで歩いて帰ってみたのですが、間違いなく西川越を使ったほうがいいように感じました。到着したのが12:40頃だったのですが、すでにこの看板が出ていました。

ものすごくがっかりです。これが目当てでしたから。仕方がないから西武線沿線で仕事があるときに気合を入れて早めに出て行くことにしよう。

住所 川越市今成3-15-8
営業時間・定休 11:30-14:30 17:30-21:30 日定休 祝日は昼のみ
開店直後に書かれたブログには昼のみになっているものが多いですが、夜もやっているようです。

念のために店員さんに「辛みそないですか?」と聞くと「ない」という反応だったので、盛りチャーシュー1000円を。店内はカウンターのみで12,3人ほどが座れる大きさ。机の上にあった「とらさん」を読みながら待つこと12,3分ほどで出てきました。

麺は「ひかり製麺」のものでした。かなり太めの平打ちで「てかってるなぁ」と思ってしまうほどつるつるもちもちのものでした。たれをつけずに味わってもなかなかのおいしく感じました。量については平均的くらいで多いなぁとは特には感じませんでした。具はチャーシューとメンマ。チャーシューは普通でもかなり多め。その上別皿でチャーシューが出てきたのでつけだれの半分以上がチャーシューで埋まってしまうくらいでした。厚切りの短冊状にカットされていて食べやすくなっています。メンマはこりこりした歯応えで味付けは薄めです。

たれは醤油ベースのあっさり目で透明感ある魚介とんこつとりがらタイプです。動物の味がわりと出ていてそれを魚介がフォローしているような感じ。たれの中に入っているゆずの味わいがすっきり感を出してくれます。全体としては甘いとかすっぱいとか辛いとかいう味は入っていなくて自分の好きなタイプのたれでした。最後にスープ割をしてもらったのですが、そのスープは魚介ベースのものでして味の傾向がガラっと変わり一度で二度楽しめる「ダブルテイスト」ともいえるような味わいでした。頑者とはぜんぜん違うタイプのつけでした。

とにかくもう1回辛みそを食べに来ることにしよう。

投稿者 91E : 2007年09月15日 05:17

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kiss-to-heaven.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1214