« 2007年8月の記録 | メイン | 環七新代田店 »

2007年09月02日

東京で食べられる名古屋フードその13

他の名古屋フードに興味のある方は上にある「名古屋フード」の文字をクリックしていただければ幸いです。

味噌カツ

店名 奥三河
場所 東京都渋谷区鶯谷町1-3
営業時間・定休  11:00-15:00(L.O.14:30) 17:30-21:00(L.O.20:30) 日曜祝日

渋谷駅から山手線の西側を沿って南に7分ほど歩いたところにあります。

席数は4人がけテーブルが10個くらいで座敷席も4つくらいあり相当広い店内でした。雰囲気は大衆食堂が一番近いですね。が、自分が行ったときは自分だけでした。ちょっと寂しかったです。お勧めメニューでもある「味噌カツ定食900円」を。最初に小さい冷奴が通されて、それから10分くらいで出てきました。

ここの味噌は相当とろみがあり味が濃くて若干スパイシーっぽい味わいでした。どちらかというと家庭などの少人数むけに作るとそうなるのかなという感じでした。矢場とんのように大量に作るからこそできるようなプロの味というよりは家庭っぽい味わいを楽しむ店かなと。味噌カツといってもいろんなタイプがあるということです。味噌カツにもキャベツがついてくるわけですが、このキャベツは味噌で食べるほうがいいのかソースで食べるほうがいいのか非常に難しい問題です。ちなみにここは卓上に置いてある自家製(と思われる)トンカツソースで食べる仕様になっています。正直なところ味が分散して両方ともぼやけてしまう感じです。何かもったいないです。なお量に関しては平均的くらいです。

味噌煮込みうどん

店名 ちた屋
場所 千代田区九段南4-7-19
営業時間・定休  月-金 11:00-21:30 土祝日 11:00-15:00 日曜祝日

市ヶ谷駅から靖国通りを九段下方面に歩き東郷通りを右折してすぐ。

席数は4人がけテーブルが6個くらい。店員さんとお客さんとの会話で「渋谷時代」というのが出たので、どうやら渋谷のちた屋が移転したと考えていいかと思います。カレーうどん750円と迷いましたが、味噌煮込みうどん950円に玉子100円を注文。注文して10分弱で出てきました。

写真にはありませんが、ごはんもついています。うどんについては若干縮れた感じでやたらと長さが長いのが特徴的です。量に関しては一般的な味噌煮込みうどんより若干少ないかも。スープに関しては若干ぬるめかも。割とあっさり目ですね。あとは具には鶏肉はなくその代わりに揚げが入ってました。その他にはワカメとネギです。自分としては鶏肉必須なのでそれだけでちょっと寂しいです。昼休みがないのがありがたい店ですね。

味噌カツ

店名 新のぼる
場所 東京都大田区久が原2-15-10
営業時間・定休  11:00-14:00 17:30-21:00 定休未定(ランチ等は日祝はなし)

場所的にはわかりづらいところにあります。西馬込と久が原の中間くらいです。実際自分も相当迷いました。緻密な地図を用意してください。

席数はカウンターに10人弱、座敷に4人がけテーブルが10個くらいあって広い店内です。みそカツどんぶり(名古屋風)900円がありましたが、敢えて味噌カツ定食1280円を。注文して10分ほどで出てきました。

みそとチーズが挟んであるタイプです。なので味噌カツらしい味噌カツを求める向きには向いていません。そういう場合は素直にみそカツどんぶりにしたほうがいいと思います。店のサイトを見てもみそがかかっているタイプですから。ここのカツの特徴はパン粉が大ぶりでやわらかいこと。食べていると4分の1くらいはこぼれるんじゃないかというくらいでした。衣がふんわりしていて中がサクサクと店のサイトにあるフレーズそのまんまの味わいでした。今まで食べてきた味噌カツはみそが前面に出てくるタイプの味わいだったのですが、ここのはみそが控えめにだけどそれでいてじわーっと味がしました。こういう形でみそをアレンジする食べ方もあるんだなぁと思える店でした。

投稿者 91E : 2007年09月02日 16:03

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kiss-to-heaven.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1210