« ラーメン横綱豊山店 | メイン | 水さわ »

2007年08月24日

マウンテン

24日の昼食です。ラーメンではないですけど紹介してもいい店かなということで作成します。名古屋にいるうちにやりたかったことも大部分は片付けたのですが、「そういえば」と思い出したことがありマウンテン近くに買い物。限定品だったから不安だったものの売っていたので無事に購入しほっと一息してマウンテンへ。この日は親から車を借りて行ったのですが、

駐車場が車で埋まっていた

という事態。○年前は「○○○○○○の駐車場が空いていないからマウンテンの車庫に止めちゃおうぜ」とばかり止めてフィリピン人の女性店員に怒られたことがあったことからすると隔世の感。ネットの普及もあってかいきなり全国区になっていてこっちが戸惑っています。仕方がないので近くの有料駐車場に。5分ほど歩くと結構混雑してました。ただ自分は一人だったので二人がけのテーブルに通されてラッキーでした。

これが新たな外観です。確かに以前に比べて地震が起きても大丈夫だろうなぁという感はあります。ちなみに店内はこんな感じ。

相当びっくりするくらいにこぎれいな雰囲気になっていました。以前は薄暗かったのにすっかり白い壁で明るい感じになっていました。この変化もびっくりだったのですが、もう一つびっくりしたのは、

店員が日本人男性だった

接客担当は今まではずっとフィリピン人の女性だったのですが、改装に伴い変わったようです。確かに固定客商売から観光客みたいな感じの店になったのですが、それにともない変わる必要があったんでしょうね。ちょっと寂しいけど仕方ないです。この感覚は「三田二郎が移転に伴い食券方式に変更」「三田二郎のおばちゃんがいなくなり代わりの店員さんがきた」ときのような感覚でしょうか?正直最初は違和感があったのですが、今となっては「食券方式じゃない三田を知らない」「三田のおばちゃんって誰?」くらいの感覚になっていることを思えば今の形式がそのうち当たり前のものとして定着するんだろうと思います。

注文したのは一人で行ったので甘口小倉抹茶スパとかにはチャレンジできず、味噌煮込みスパ800円を。注文して10分ほどで出てきました。

土鍋に入って出てきました。本格的な味噌煮込みうどんと同じような感じです。取り皿もあるのでそれによそって食べます。スープが若干薄いこと、鶏肉ではなく豚肉、麺がパスタ麺であることの違いはあるものの構成としては味噌煮込みうどんに近いです。もともと豆味噌には味噌そのものにだしが入っているのであまりだしを考えなくてもだしの味は少しはあるのですが、それでも薄いなぁという印象はあります。麺はパスタ麺ではあるけどすするというよりは噛むという感じの食感でした。あとは漬け物の白菜も入ってました。これはさくさくしていて面白い味わいでした。間違いなく言えることはこれも名古屋に来ないと食べられないメニューであるということです。4人以上で遠征する際には一人が頼んでもいいメニューじゃないかと思います。

ちなみにグッズ販売は改装前と同じくCDと甘口小倉抹茶スパのストラップだけでした。改装祝いに配ったらしいマグカップなどは売られていませんでした。

投稿者 91E : 2007年08月24日 22:19

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kiss-to-heaven.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1199