« 麻布ラーメン三田店 | メイン | とみ田 »

2006年12月21日

鏡花

この店は14日の夕食です。立川在住の後輩と飲むことになり7時スタート。ところが所沢の仕事場は5時に追い出されるので気がつけば夕方5時半には立川到着。ずいぶん時間があるなぁということでまずは、

名古屋の居酒屋チェーンの1つ「や台や」に行く

を実行。手羽先とどて煮を食べて軽く酒を飲んでいたら6時を過ぎたくらいだったのでここに。場所はモノレールの立川南駅を過ぎた最初の交差点を右に曲がり二つ目の信号の角にあります。

入ると暗くて和風な店内でした。券売機があったのでらーナビで見た限りではお勧めだった塩ラーメン700円を。入ると暗い店内にそれぞれの席にスポットライトがあるというおしゃれな感じでした。席数の割に相当広くておしゃれな店内は日常二郎を食っている身としてはものすごく所在なさを感じます。店員さんに食券を渡してから5分で出てきました。塩ラーメンです。

店内自体は暗くてぶれないか心配だったけど、ライトが思ったよりも明るくてぶれていませんでした。スープは鶏がらを中心として他にも若干魚系の味も感じるような味わい。「真にうまいスープは塩で食うとうまい」というのが自分の中の勝手な格言としてあるのですが(除く二郎(系))、ここもそれに近かったです。表面は若干の香味油がかかっていてこってり感もありましたがトータルとしてはあっさりめな印象。イメージとしては「無化調を売りにしたあっさりラーメンのスープ」が一番近かったです。手前のみつばは苦味があるので最初に食べると味がぼやけてしまうかも。飽きてきた頃にアクセントをつけるという食べ方がちょうどよさげな感じ。麺は平打ちの中くらいの太さで割ともちもちした感じ。量はそんなに多いわけではなかったので前に食べていて飲みを控えている立場にはありがたかったです。他にはチャーシューとメンマです。店にある能書きにはいろいろと書いてありますように実際にうまいという記憶は残っているのですが、どううまかったかとなると正直覚えていません。やっぱりその日か翌日に書かなきゃダメだなと反省しています。

ここに行く途中に立川ラーメンスクエアがあったので、ここの一軒とこの鏡花という選択にしておけばよかったかなとちょっとだけ後悔しています。

投稿者 91E : 2006年12月21日 19:51

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kiss-to-heaven.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/979