« 府中店 | メイン | 松戸駅前店 »

2006年08月28日

○二西新井店

本当はまだ書かなきゃならないネタが3つありますが、先にこちらを。本日臨時営業した○二西新井店に行ってきました。もともとの店主が9/3まででその後は京都の天天有の隣に「ラーメン荘 夢を語れ」という店を構えるそう。開店はまだまだ不確定です。もし10月中に開店した場合については11/3に、

名古屋にいる友人が結婚式の二次会をするから帰らなければならない

という事情によりその前後に立寄るというのだけは決定しました。それに伴い今回の帰省で太ったことから服のサイズがやばいという事情により、9月からしばらく「大丈夫」と確信できるまでは二郎をはじめとしたラーメンを食べるのを止めようかと。そんなわけで9月以降は「ラーメン二郎が好きな人の食日記」に移行しそうです。もっとも「26Day」などのイベントには参加しますが。

とはいえこの日の○二西新井に行くというのは前から決まっていたのことなのでそのまま実行。6時すぎに到着すると7人目くらいに。出てくるまでに時間があるので店に置いてある「サンプル」とかかれた「ラーメン荘 夢を語れ」に供する用の丼を。

横には「あいだみつを」系のメッセージもありました。それで待つこと10分くらいでトッピングを聞かれたので「野菜にんにく脂」を。若いオンナノコの店員が運んでくれました。二郎(系)で若いオンナノコがいるのは府中、○二要町とここくらいですから戸惑いました。

食べてみると○二の4店舗の中では一番ライトな感じの印象。脂をテーブルのしょうゆだれをいれることでその他の支店のような味わいになるかなという感じでしょうか?一番間口が広くて一番口当たりのいい○二だなぁというんが今回の印象。とはいってもこの店主が作るのは今度の日曜日が最後ですから、別の店主の場合だとどうなるかはわかりません。何せここに行くのは年に1回ペースですから(北浦和もそうですが)

麺の量は正直少な目。端の太い部分に当たったのは固め好きな自分としてはラッキーだったかも。豚は端の部分の塊が1個と普通の部分が1個。後者は厚さが5ミリくらいしかなくて力を入れなくても折ることができたというのでちょっと寂しかったです。野菜も本店や板橋に比べると水分が少なく重くなく食べられたのですが、若干キャベツで苦い部分はありました。

今回ここに立ち寄ってみて「○二の中でもいろいろとすみわけはできているんだな」というのを感じることができました。京都に行った際にはがんばってレポします。できれば天天有も行ったことがないので連食したいのですが、難しいのではないかと思います。でも何とか工夫してこの二軒回りたいですね。

投稿者 91E : 2006年08月28日 23:27

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kiss-to-heaven.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/887

このリストは、次のエントリーを参照しています: ○二西新井店:

» 「ラーメン荘 夢を語れ」@一乗寺 小ブタヤサイニンニク 2006.10.21實食 from 麺面日記(ラーメン・蕎麦・地ビイル・時亊(C.M.)ネタ・自家焙煎珈琲・チャリ・佐賀etc.)
待ちに待つた「二郎」(の系統)關西初上陸!! 開店日の10月20日は所用で訪れることは叶はなかつたが、早速、試して來た。 オープン初日に行つた連中のレポ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月25日 00:58

» 「ラーメン荘 夢を語れ」@一乗寺 小メンスクナメニンニク 2006.10.22實食 from 麺面日記(ラーメン・蕎麦・地ビイル・時亊(C.M.)ネタ・自家焙煎珈琲・チャリ・佐賀etc.)
前夜のスープの酷さは目に餘るものがあつたのだが、もしかすると ・豚の味が濃かつたが爲に相對的に薄く感ぢた ・野菜ましにしたのでスープが薄まつた 可能性も... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月25日 00:59

コメント

はじめまして。京都在住、元ジロリアンです。いつも楽しく拝見させて戴いております。さて、今日いつもの通り、大好きな一乗寺のラーメン屋さんに立ち寄ったら、こんな事がありました。
いつものメニュー『唐揚ハーフセットごはん中780円』を注文しふと店内に目をやると、壁に『ラーメン荘夢を語れ10月下旬オープン』の告知のチラシが・・・。店のいつも笑顔の奥様に「お知り合いですか?」とお聞きした所、「いえ、先日その店主が挨拶に見えて、丁寧ですごく人柄が良い方だったので貼らせてもらってます」とのこと。
名店の天天有の真隣で勝負する若き侍の意気込みに加えて、ライバル店、競合店を笑顔で迎えた新進の優良店。京都一乗寺に新たに伝説ができるかもしれないと感じた今日の出来事でした。  人なつっこい笑顔の御夫婦で健闘中のお店は『荘』から東、80m程にあります。名前は 亜喜英(あきひで)さんです。
三連食は服のサイズが上がりますね(笑)・・・『荘』さんは今日はガス工事中でした。下旬オープンが楽しみです。

投稿者 天神川三条 : 2006年10月04日 14:56