« 名古屋独特のラーメン2食 | メイン | 好来分店 »

2006年08月23日

ノアール

22日の昼食です。さすがに前日で甲子園も終了しのんびりもしていられないので調べものをするため名古屋市内へ。実は「ピーチライナー」という路線が9/30をもって閉鎖になるので、

この機会を逃したら永遠にピーチライナーに乗れない

ということで普段とは違った路線で名古屋市内へ。ピーチライナーで名鉄小牧線小牧駅まで出て平安通へ。名城線に乗り換え金山方面に乗り、黒川で降りて、鯱乃家でカレーうどんを食いました。

名古屋のカレーうどんは牛乳とかは入っていなくてカレーカレーした感じのカレーうどんです。生まれてこの方カレーうどんはこのタイプしか知らないので、東京で牛乳とかが入っているのを見て「なんじゃこりゃぁ」とびっくりした覚えがあります。ここのは麺が特にうまくてお勧めです。名古屋のカレーうどんといえばまずここは3番目までには出てくる店かと思います。

これの量が思いのほか少なかったので、さらに名城線で金山方面に乗り矢場町まで。こないだ「貸切」で臨時休業くらったリベンジです。進行方向よりの改札を出て右の出口へ。外に出たら最初の角を左に曲がりあとは道なり。郭源治の店を通過してから5分くらいで左手に見えてきます。

ラーメン屋という感じの入り口ではなくカフェみたいな感じの入り口で「ここがラーメン屋?」という感じで戸惑うかと思います。店内は広めでそれなりにおしゃれなつくり。とりあえずしつこいくらいにテーマにしている「名古屋にこないと食べられないラーメン」ですが、ここにも相当独自色の強いラーメンがあります。それはミルクラーメンです。しかも400円と相当安いです。店員さんに注文し、店内に置いてあった中日スポーツを読みながら待つこと5分で出てきました。

ミルクラーメンの名の通りに真っ白なラーメンです。味はどんな感じなのかを一言で言えば、

コーンスープにコーンを抜いてラーメンと具を入れた感じ

でしょうか?下味が鶏がらなどからだしをとっていてそれに牛乳を加えています。半分は牛乳の味で半分はだしの味です。ほんわかとした味わいでした(ってよくわかんないでしょうが、こんな感じです)具はハム半分とチャーシュー半分ともやし中心に湯通しした野菜です。麺は製麺機があるくらいで自家製麺のようですが、中くらいかよりやや細い感じのぷっつりくるような食感の麺です。イメージよりも小麦の味がでていたなぁという印象。

見た目よりもおいしくいただきましたし、これで400円は相当お得な感じがします。ちなみに一番人気のメニューはこれではなく「ちゃぷすいラーメン」という野菜のあんかけ炒めを鶏がらベースの醤油スープに載せるというものです。

住所:名古屋市中区栄5-20-17 営業時間:11:30-14:30、17:30-20:30 定休:日曜

麺類二杯食いましたが、これでも二郎よりはカロリー少なそうです。いい加減二郎が食いたくなったのでそろそろ東京に戻ります。

投稿者 91E : 2006年08月23日 22:59

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kiss-to-heaven.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/884

このリストは、次のエントリーを参照しています: ノアール:

» ノアール from 殿のBlog
矢場町にある中華料理がいただけるカフェ cafe et chine 『 Noire(ノアール)』 オープンから52... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年01月27日 09:01