« 大塚大勝軒 | メイン | らすた江古田店 »

2006年08月04日

○二板橋南町店

3日の夕食です。この日は無事に仕事(というか雑用)を一通り片付けたところで、程度の強い空腹感を感じたので「時間もちょうどいいし、久々にしょうがだれのある○二に行こう」という気持ちになり自転車を走らせました。

途中開かずの踏み切りがある東武東上線北池袋駅横を通過したのですが、ここの踏み切りは本当に開かないです。真横に駅があるだけに駅に電車が入る前から鳴り、止まっている間、さらには通過して数秒は鳴ります。さらには埼京線も並行しているので、その分のもあって本当に開かないです。自分がわたろうとしたときも開いてから15秒したらもう次の用に鳴っていました。こないだも待てずにわたった人が亡くなったところですし、本当に何とかならないものかと思います。

そんな近隣事情はともかくとして、5時50分頃に到着。ファーストロットは獲得できる位置でほっと一息。味に関してメリットがあるというわけではないのですが、「食べ終わるであろう時間を予測できる」「行列している時間が結局は一番短い」等々の理由で、時間があう場合にはセカンドロット以内は取りたいと思っています。(三田や目黒はある意味で客がプロフェッショナルなので特にこだわりはないです)

6時15分頃に開いて、「夏休みどうかなぁ?と思ってカレンダーを見ると、

8月分は月曜日に×がついていたけど、9月分は月曜日と15日に×がついていた

とりあえず現段階では○二の夏休みは確定していないようです。が、9/15の×はほほえましい気持ちになりました。他の三店がこの日休むのかはわかりません。そんなほほえましい気持ちの中ラーメン700円を購入し、しばし待っていると7分くらいで出てきました。ラーメン野菜にんにく脂しょうがだれです。

○二で板橋南町店に行く理由は「家から自転車で行く際の上り坂がない」「行列が本店よりも少ない」「しょうがだれの存在」「思いのほか麺の量が多いこともある」というものです。麺の量に関しては「自分の結構多くね?」と思ったのですが、食べてみると案外楽に食べられました。再び胃拡張が起きてしまったのか不安です。この日の麺はいやに短かったのでもしかしたら見た目の盛りよりは麺の量は多くないのかもしれません。豚は2枚ほどでした。正直醤油の染み込みが少なく個人的にいまいちでした。個人的な希望としてはラーメンと豚入りの間の豚の量が食べられるようなメニューがあるとうれしいです。麺のちょいましみたく豚のちょいましとかあればいいのですが・・・。

スープはあまり薄さを感じることもなかったのですが、麺と野菜をある程度減らして水平くらいにした頃にしょうがだれと脂を加えると、脂の力強さとしょうがのさっぱり感が相互にプラスに作用しあって二種類の味を味わえるので何か得した感はあります。前にも書きましたが実は自分、しょうがってあんまり好きじゃなくて○二以外では豚のしょうが焼きくらいしか食べないのですが、そんな自分でも喜んでしょうがを入れてしまう魅力があります。

これからも○二は位置関係もありますが、本店と板橋南町を交互に行くことになりそうです。もしかしたら流れで西新井(ねぎ目当て)や北浦和に行くことがあるかもという感じです。

投稿者 91E : 2006年08月04日 22:33

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kiss-to-heaven.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/870