« 新京守山店 | メイン | 横浜関内店 »

2006年05月08日

二郎について(注文編)

ブログをやっていると「ラーメン二郎の注文の仕方」で検索される方も多くいます。そこで簡単に行列に参加するところから出て行くところまでのプロセスをここで紹介します。二郎は基本的に、


・大食いチャレンジ店ではありません
・居心地のいい店ではありませんので、一見さんや冷やかし半分や興味本位の人には優しくありません

大食いチャレンジみたいなイメージをもたれている部分もあるのですが、行列しているので後ろの人の迷惑にならない速度で食べられないくらいなら、初めて行く時から大盛という注文はやめてください。とりあえず普通盛り(小)で様子を見てください。ココ壱で1300を食べられた人とかそういうレベルの人だと別ですが、普通の大食いというレベルの人が大盛を注文すると後ろの人の迷惑になってしまう可能性が高いです。大事なことは「自分がおいしく食べられる範囲の量をおいしく食べるための店」ということです。

また立ち食いそば屋のラーメン屋バージョン的な雰囲気であることから「普通のラーメン屋とはいくつか基準が違う」と考えてください。いいとか悪いとかではなくそういう店なのです。かなり特殊な部分は多くて面倒なのですが、

二郎に来るからにはそれにあわせてほしい

と思うわけです。なのでその最前提として

二郎の店員さんは作って出すという部分で手一杯ですので、それ以外の部分ではいかにお客さんが協力するかが重要

になります。気持ちよく二郎を食べるためにはお客さんも各店舗のオペレーションに協力するという姿勢が大切です。

二郎に向かない人

こういう方は二郎に来ることはお勧めしません。
・油っこいものが苦手
・小食である
・店員は客にサービスするべきと思っている(客なんだから何かと許されると思っている)
・おしゃれなところじゃないと食べたくない
・食事中に会話を楽しみながらゆっくり食べたいと思っている
・殺伐とした雰囲気で食べるのが苦手
・汚い場所が苦手
・化学調味料を食べると具合が悪くなる
・店やほかの客に気を使いたくないと思っている
・以下に書かれていることを「無理」「ここまでして食べたくない」「たかがラーメンに」と思うような方(これに該当する方からの意見は不要です)

わかりやすく言えば1つ目2つ目を除けば美味しんぼに出てくるキャラです。おそらく不快感を感じるだけだと思います。「やられなければ気がすまない」と思う人でない限りは、わざわざ貴重な時間を割いてまで嫌な思いをする必要はないということで・・・。後付け加えておくとするならば、

現在二郎が好きでたまらない人の半分以上は1回目は拒否反応だった

ということでしょうか?成り行きで2回3回と連れていかれて結果としてはまった人も相当数います。もっとも自分は1回目で持ってかれましたが…。総じて言えば東日本北日本の人はOKで関ヶ原より西の人には最初は抵抗が強いのでは?というのはなんとなくですが感じています。もちろん西の人でも好きな人はいますし東の人や北の人にも苦手な人は当然いますがそれはあくまで確率の問題ということで…。なので二郎を無理な人のほうが多いくらいという自覚はありますので、そういう方からの意見を聞くつもりはございませんのであしからずご了承ください。あと名前を書かないような卑怯な方からの意見を聞くつもりもありませんのであしからずご了承ください。

二郎を食べるオペレーション

大事なこととしては「わからないことは周囲を見て察してください」ということです。じろじろ見ない程度に他の人(というか自分の前にいる人)を見ていれば大体のことはわかるはずです。基本的に頭に入れておくべきこととしては「二郎の客は行列から退店までベルトコンベアーのように流れに乗ることが重要」で、その流れを乱すような行為はしないようにするべきだということです。後ろで待つ人は空腹だから殺気立っている可能性が高いですから。(少なくとも自分はそうです・・・)

あくまで初心者を対象なので「程度問題の判断をするのは難しいことがある」ということを考慮して正直なところ厳格に書いています。要は「移転前の康子さんがいるときにもこういうふるまいをすれば100%怒られることはない」という基準で書いています。というわけで「康子さんがいたころの二郎は知らない」という方からの意見を聞くつもりは今後一切ありませんのでご了承ください。かなり厳しい基準だと思いますが、「ここのサイトで自由にやればいいと書いてあったから」ということで二郎ならびにその日にいた他のお客さんにご迷惑をかけることがあってはならないというのを考えましたのでそうしました。その点はご了承ください。

0.行く前の注意事項

二郎あるいは二郎系といわれる店の情報についてはラーメン二郎PC店から入手するのが一番確実です。各店舗の場所や定休や営業時間はこちらでご確認ください。またラーメン二郎は肉体労働としてもハードであると思われることなどから非常に臨時休業が多いです。二郎に到着したら臨時休業だったということで呆然とすることも多々あります。そんなときには速報性の高いラーメン二郎『ニンニク入れますか』掲示板の臨時休業スレッドをご参考ください。携帯からでも見られます。また事前にメルマガという形で臨時休業などの情報を伝えるサービスをしている店舗もあります。登録アドレスは先の「ニンニク入れますか」掲示板の中に書かれています。他のこととしては1000円札を用意しておくと便利です。二郎はラーメンを提供するという以外のサービスについては正直なところあまり熱心ではなく、札の両替でお客さんに対して嫌な思いをさせてしまうこともあるかもしれません。自分で用意をすればそういう面倒(嫌な思い)を回避できるので、できれば1000円札があるかをどうか確認してからきてください。

1.並ぶ

大部分の二郎では行列しています。なのでまずは行列の最後方に並んで店内に入れるまで待ってください。その際以下のことを心がけるようにしてください。店が提示しているルールに従うことは言うまでもありません。

・一列でなるべく静かに待つ(友達同士で来ても列をはみ出ないようにしましょう。歩行者の迷惑です。これが守られないと二郎と地域との関係が悪くなりますので結果自分が損をすることになります)
・友達が合流した場合には全員で後ろに並びなおす
→二郎の場合は1人1席なので後ろの人の順番にものすごく影響が出ます。なので後ろの人からにらまれることは確実ですし、単純にされると腹が立つのでやめてください。
・たばこはやめて(これは要望です。煙草の煙の臭いが大嫌いなんです。行列中は逃げるわけにもいかないので本当に勘弁してください。どうしても吸いたいのなら後ろの人にお断りを入れてからいったん列を外れて吸ってください)

2.食券を買う

吉祥寺の生郎を除けば食券制度が導入されています。初めての人の場合は「小」(豚肉2枚)か「小豚」(豚肉4枚くらい)にしてください。これでも普通の店の大盛よりも多いです。他には「小ダブル」(豚肉8枚くらい)、「大」「大豚」「大ダブル」というのがあります。基本はこの6種類ですが店舗によってはつけがあったりオリジナルメニューがあったりといろいろですが、初めての場合は基本的なメニューを頼んでください。なお二郎ではチャーシューを「豚」といいます。

3.着席

水については自分で汲んでから着席する店と座ってから店が出してくれる店があります。水がないまま二郎を食べるのはかなりきついので用意しておいてください。自動販売機が横においてある店ではその製品を持ち込むことも可能です。道徳上それらの製品にしたほうがいいでしょう。なお三田の三ツ矢サイダーはお勧めしません。できれば「この水から二郎はできている」ということから、自販機のものを持ち込むよりは店の水を飲んだほうがいいとは思います。

着席の際にはカップルや女性同士の場合は隣同士にしてもらってもいいのですが(店の人が気を使ってくれるはず。時代は変わりました。もちろん空いたら随時座っていただければうれしいですが仕方ないです)、野郎同士の場合は空いたら随時座っていくようにしましょう。あとは荷物は通路ではなく足元に置いていただけると後で通る人にも助かるのでそうしてくださると助かります。

着席してからやるべき作業は以下のことです。
0.「麺少なめ」「脂少な目」「薄め」(醤油少な目)「麺固め」「麺やわらかめ」などのような途中からコントロールできない作業については着席する段階で伝えます。初二郎という女性の場合は「麺少なめ」もしくは「麺半分」にしたほうがいいかと思います。

1.大きさを伝える。
→「小」「小豚」「小ダブル」ならば「小(ショウ)」、「大」「大豚」「大ダブル」ならば「大(ダイ)」
これは着席してからの場合もありますし、運がよければ行列中に聞かれることもあります。行列中に聞かれると着席してから出てくるまでの時間が短くてラッキーです。

2.トッピングを伝える
→松戸駅前や亀戸や小滝橋通りでは着席して割とすぐに聞かれるのですが(この2店では着席してからは店員をじっと見ているようにしていてください)、基本的には5人1単位(通称ロット)で作りましてその5人分の麺上げが終わった段階で聞かれます。「にんにく入れますか?」と手をかざして聞かれるのでその際に以下のトッピングを伝えればいいです。ただし店によっては「にんにく入れますか?」の声がないところがあるのでご注意を。なので麺上げが終わった段階でいつ自分に言われるかわからないので調理人をじっくりと見て待ち構えてください。こんなトッピングがあります。

・野菜→キャベツともやしをゆでたもの。最初の段階でもある程度の量は入っています。基本的には食中の箸休め的な機能のために入れることを勧めるのですが、八王子野猿街道、めじろ台法政大学、新小金井街道については野菜というと過剰に盛られるので初心者の場合にはこれを入れないほうがいいです。ただ三田の場合は気持ちの問題で野菜コールはしたほうがいいかと思います。というか自分が二郎において野菜の優先順位があまり高くないのでこれくらいしかコメントできません。

・辛め→醤油だれを加えます。これは個人の好き好きになります。神田神保町では入れると塩辛くなりすぎるのでお勧めしません。

・にんにく→生にんにくを刻んだものが入ります。個人的には「にんにくを一番美味く食べる方法は二郎」と思っているので「人と会う約束がある」などの臭いを出せない状況を除いては入れることをお勧めします。

・脂→脂を加えます。普通に出てくる状態でも十分にギトギトですので通常は加えなくてもいいです。ただ富士丸の場合はあるとおいしさは増します。

・唐辛子→鶴見、高田馬場、吉祥寺の生郎にあるトッピングです。吉祥寺に関しては必須アイテムですが、鶴見や高田馬場は個人の好みということで。店によっては机に置いてあるところもあります。

野菜と辛めとにんにくを入れてほしいなぁと思えば「野菜辛めにんにく」というように言えばいいです。「マシマシ」などのコールもあるみたいですが、このコールは本来は常連さん限定のものでして、大部分のお客さんにはできるはずのものではありません。というかこれをした瞬間冷やかしと判断されるのが関の山です。ですので絶対にしないでください。残されたりしたら迷惑ですから。もっともマシマシなんてすると薄くなるとかバランスが悪くなるとしか個人的には思えないのですが…。

4.食べる

これはあくまでも個人的な考えなのですが、「二郎で美味いのは最初の2.3分かせいぜい5分まで」ですので(自分が大ではなく小にしている理由はこれです)、この時間帯に全力を出し切るためにも以下のように食べることをお勧めします。

・私語や読書はしないで、自分の全速力で食う
・麺がのびるとつらくなるので下のほうにある麺を穿り出すようにして食う。早めに麺を片付けるよう意識する。
→そもそも長居してのんびり食べたいという雰囲気ではありませんし、ゆっくり食べると「麺が延びる」「スープがぬるくなる」「味に飽きる」「満腹中枢が働く」など苦行の要素が高まります。味に飽きたらコショウや店によっては置いてある唐辛子をかけるなりしてしのぎましょう。暗黙のルールというか「こうしたほうがいいのでは?」ということとしては
1.脇を閉めて食べる
2.かむときに口を閉じる
3.可能な限り自分の次の次のグループの麺上げが終了する前には出る。
4.いっしょにきた相手がまだ食べていても自分が食べ終わったらすぐに出る
→1.2に関してはいいかと思います。3については時間で考えると15分くらいはあると思いますの適量であればでさほど無理難題とは思いません。初めて二郎に行かれるという方はこのタイミングを一つの目安として考えてください。というか「これだけの時間をかけて食べることができるんだ」と考えるほうが人としては自然だと思います。4については最後の1.2ロットじゃない限りは後ろで待っている人がいると思いますので、出るようにしていただければうれしく思います。なおスープについては飲み干さなくても構わないと思います。自分も2.3口しかすすりませんし。

5.退店

丼とグラスをカウンターの上に戻して、テーブルを拭いて「ごちそうさまでした」と告げて出て行ってください。これも店のオペレーションに客が協力するという流れの一つです。なお吉祥寺の生郎はこのときに精算をします。

こんなことをして二郎では時間が過ぎていくわけです。何かご意見ご感想等あれば随時修正していくのでよろしくお願いします。ただし先にも書きましたように康子さんがいたころの二郎を知らない人からの意見は基本お断りしますのであらかじめご了承ください。自分としてはその頃の二郎に戻したいというのがありますので。

投稿者 91E : 2006年05月08日 10:54

コメント

はじめまして。
「二郎について(注文編)」を拝見させていただきました。二郎初心者にとっては非常に貴重なテキストですね!このテキストによって二郎でのマナーを体得した人達が増えることを望んでおります。

投稿者 16kg : 2006年05月08日 20:38

ありがとうございます。

こないだ二郎を食べたことがないのにこれを見てくれている友人がいたので書きました。

もし一人でも役に立つ人がいれば素直にうれしく思います。

投稿者 91E : 2006年05月08日 22:26

僕もたまに二郎に行きます。好きです。ただここまで入れ込んでるとは。。。よほど好きなんでしょう。暇なんでしょう。

投稿者 : 2006年06月03日 23:09

自分は「忙しくて何もできない」という状況になりたくないので、今くらいでちょうどいいです。

投稿者 91E : 2006年06月04日 00:04

物凄く分かり易いマナーブックとなってるのでいいと思います。
ただ、食べるのが遅い方はお勧めしないというのはあまり賛同しかねます。
1ロット5人全員が遅いなんて事はそうそうないと思いますし、
2ロット先でも5人中2,3人が食べ終わってれば大抵の店で破棄なしで回ると思います。
また、3ロットもかかるのなら流石にまずいと思いますが2ロットはまだ許せる範囲ではないかと思います。


と、自分がどれだけ頑張っても1、5~2ロットはかかるので来るなと言われているような感じがして少し余計な意見しました。
麺固めで頼んで若干でも時間を稼げるようにしていつも頑張ってる小口の人間の意見でした。

投稿者 あきや : 2006年06月20日 04:05

神保町が10席しかない現状を考えるとどうしても「1.8ロット以内に食べるようにしてください」ということは必要だと思っています。それって厳しいことを言っているとは自分は思っていません。時間にすれば15分から18分はあるんですから。

あと初心者にとって程度問題の判断をさせたくないので若干厳しめの基準で書いています。

移転前の三田は「遅くても1.5ロットで食え!」という暗黙のルールがあったことを思えば随分、寛容になっていると思います。

投稿者 91E : 2006年06月20日 15:32

はじめまして。

昨日、相模大野店で初めて「二郎」を食べました。こちらのブログと「ラーメン二郎」PC店で事前学習したお陰でスムーズに食べることができました。
相模大野店はレンゲもあり、小奇麗と言ってもいいほどで「これが二郎か」と思えるほどでしたし、店主も丁寧な印象を受けました。
ただ、私と同じロットで食べていた女性2人が店主の好意で隣り合って座っていたのですが、会話しながら食べていたため、さすがに途中で店主から「行列して待っているお客さんがいるので会話は食べてからにして」と注意されていました。
自分はと言えば、中性脂肪に気を付けなければならないくせに大食いかつ豚肉好きのため「小豚」を、他のブログで相模大野はたまに薄いこともあると見ていたため「カラメ」をお願いしました。
豚は非常においしいと思いましたし、麺もおいしく食べましたが、さすがに後半は豚が腹にこたえ、少々きつい思いをしました。それでも次のロット麺上げ前には食べ終わったので、次の機会には、豚はやめて「和!カレー」野菜ましにしようかと思っています。

投稿者 西新橋一時勤務 : 2006年08月20日 18:26

こちらこそお役に立ててうれしく思います。

相模大野の店主は元相撲取りということもあって体には自信があることもあり、結構お客に対して厳しいところはあります。とはいっても相当遅くない限りは問題ありませんが。

二郎は最初は難しくて不安はありましょうが、なれてくるとこのシステムが大好きになります。自分自身このシステマティックな流れに乗ることそのものが楽しくなっています。

野菜を増すとここも結構盛られますのでご注意ください。

これからも二郎を楽しんでくださればこちらとしてもうれしいです。

投稿者 91E : 2006年08月20日 19:04

はじめまして。
最初にここのブログを見ていけば良かったと少し後悔しています。
というのも、この前相模大野の二郎に言ったんですが、「にんにくは?」と店主に聞かれ、隣の人は少なめでと言っていたんで、僕は普通でと言ったんです。そしたら「入れるの?入れないの?」とイラっとされ、入れますといったら、「にんにくは普通入れないもんでしょ!」と怒られてしまいました。

今まで飲食店でお店の人に怒られるということがなかったので少し凹みました。これを見て今度はスムーズに来店したいです。

投稿者 めん太 : 2007年01月15日 01:59

はじめまして。

初めての二郎に一人で行くというのは大変だと思います。自分も先輩に連れて行ってもらって何とか対応できたくらいですから。
ましては相模大野の店主は二郎の各支店の店主の中でも厳しい人です。食べるのが遅い人とかには本当に厳しいです。

また二郎の店舗の大部分は無愛想なので、その無愛想さのせいで嫌いになってほしくないというのもあります。「これだけ守れば店や周囲から特に問題に思われることはない」という視点で作ってみました。次に行くことがあれば参考にしてください。

投稿者 91E : 2007年01月16日 23:23

はじめまして。

ラーメンで検索してたどり着きました。彼氏の家の近くにラーメン二郎があって、よく並んでるので行ってみたいなと思っていたところだったので読ませてもらいました。
1つ質問したいのですが、2人で1つのラーメンを注文するのはOKなんでしょうか?彼氏は脂っこいものが苦手なのであんまり食べれないだろうと思います。でも1人で入るのはちょっと勇気が・・・。
他のラーメン店ではよく2人で1つのものを注文したりするのですが、二郎は厳しそうなので怒られてしまうかも、と不安になってきました。なので行く前に知りたいです。ちなみに目黒店です。よろしくお願いします。

投稿者 soyo : 2007年02月18日 02:33

ありがとうございます。

これについては自分が考えたことがないテーマですので正確なことはいえないです。

店にもよりけりですが、大部分の店では「中学生以上くらいの方は一人一杯注文してください」といわれることになるかと思います。特に目黒店や相模大野店は店主が厳しい方ですので、この注文は厳しいかと思います。

二郎はカウンターのみの店舗がほとんどなので荷物を置くなどの「遊び」というスペースはまったくないです。その中で席を一つ占有するわけですから、その占有するということに対してある程度のお金を払うのは仕方ないと思います。

目黒の場合は二郎の中では量が1.2を争うほど少ない店です。普通の店の普通盛りより若干量が多いくらいです。それでも不安な場合は「小」(肉が好きな場合は小豚や小ダブルでも可)のチケットを購入して、渡す際(場合によっては立っているときに大きさを聞かれることもあります)に「麺少なめ(もっと減らしてほしい場合は麺半分)」と伝えてください。脂が苦手な場合はこれと一緒に「脂少なめ」も伝えるといいかと思います。

投稿者 91E : 2007年02月18日 11:24

ありがとうございます。
やっぱりこの注文は難しいですよね、参考になりました。
麺半分でチャレンジしてみようかと思います。

投稿者 soyo : 2007年02月18日 14:37

自分も初めて二郎に行ったときは「大丈夫かなぁ」と不安に感じたものです。頭の中で何度も復唱したり、周囲の人の頼み方を観察したりしたものです。

自分としても多くの人に二郎を好きになってもらいたいので、確実に食べられそうな範囲からスタートしていただけるとうれしく思います。

投稿者 91E : 2007年02月18日 22:22

1.8ロット以内で食べろというのは傲慢ではありませんか?そもそも自分の食べられる範囲を自分のペースで食べるのがラーメンだと思います。ロットどうこう言うのは多少入れ込みすぎですし、サービスを提供する店が早く食えなどというのはありえません。

投稿者 : 2007年02月19日 22:31

まずは質問なのですが、

1.8ロットってそんなに短い時間なのですか?

普通に食べられる範囲の量を自分のペースで食べていれば、十分に食べきれる時間だと思っています。二郎はスープの温度もぬるいほうですから。

もし食べきれていないとしたらこの段階で「味に飽きる」「満腹中枢が働く」「麺が延びる」「スープがぬるくなる」で食べることがすでにつらくなっていると思います。おそらくはこの段階で残したい衝動にかられていると思います。もしそう思っていないとしたならば、認識の相違だと思いますし、これ以上議論をしてもかみ合うことはないと思います。申し訳ございません。

あとはあくまで初心者の方を対象にしているので、「空気を読んで」というよりは具体的なタイミングを設定したほうがわかりやすいかなというのを考えました。それはどこが一番いろんな意味で角が立たないかを考えたときに1.8ロットになりました。次の次のロットの麺上げが終了したくらいです。食べる人をせかしすぎずだけどいろんな意味でトラブルも起きないタイミングじゃないかと思っています。

自分は店の人とは口を利いたことがないので店のことはよくわかりません。ただ客視点で「こうするのが二郎においては一番合理的」というのを考えて作成しました。「こうすれば初めての二郎でも問題ない」という基準があるほうが安心するだろうと考えた結果です。それだけご理解いただければうれしく思います。

実際は10席とぎりぎりの神保町はともかく他の店だったら席数にある程度の余裕を持たせているので、一生懸命食べている姿を見せていれば自分自身特に問題だとは思っていません。ただ全員がそうだとしたらやっぱりよろしくないと思いますので、その部分も加味して上のように表記させていただきました。

これらの内容を踏まえて上の文章などをあとで若干修正を加えたいと思います。

投稿者 91E : 2007年02月19日 23:50

毎日○ニの前を、駆け抜けて居て、家からも近いから何時か行こうと決めて居たのですが・・・行列の多さとと注文のし方?食券の買い方が分からなくて尻込みしてました。
大変、参考に成りましたです。
自分は、大勝軒でも面少なめですから・・・・・・
ありがとうございました。

投稿者 ks、k : 2007年06月13日 05:31

自分もはじめて二郎を食べたときには先輩に連れて行ってもらって「こうするんだぞ」みたいな感じでレクチャーを受けたものです。

それを思い出して文章化してみたものですが、お役に立ててうれしいです。

投稿者 91E : 2007年06月15日 21:08

二郎信者は怖いですね。
宗教と同じ

投稿者 : 2009年03月04日 09:56

名前のない方にとやかく言われる筋合いはございません。

あと地元の友人に「二郎ってどういう店?」と聞かれると「ある意味宗教チックな店」と答えているので今更この意見に対してどうこういうことはありません。自分としましては、

・ここに書いてあることが嫌ならば来ないでください
→多少厳しいかもしれませんが本当にこんな感じの雰囲気なのです。
・こんな感じでも二郎を好きな人の多くは好きで食べているのでほっておいてください
・もともと「最初は知っている人に連れて行ってもらう店」でありまして、自分もこんな感じでレクチャーを受けました。それを文書化しただけです。

としか言いようがありません。

投稿者 91E : 2009年03月04日 21:47

店主が言っているならともかく
ただの常連客がルールを作るって……
頭がおかしいのでは?

投稿者 通りすがり : 2009年10月06日 04:37

こういうひきょうな形で名乗る人を相手にしたくはないのですが、そのような意見を言う方が一定割合でいるのでこの際言っておきます。

トッピングについてはもともと客側が「野菜ってもうちょっと盛ってくれない?」「豚ダブルってできない?」みたいな形で客側の要望で三田のオヤジさんがご厚意で答えてくださったものです。なのでトッピングは客の権利じゃなくて店の厚意が前提です。そもそもマシマシなんてもともと三田のオヤジと付き合いの深い体育会などの特別な人ができたものであって当然の権利としてできるものではなかったのです。

あと客のふるまいについては昭和時代の三田の親父さんや平成になってからも当時助手をしていた奥さんがかなり厳しかったわけでして、「注意されないためにはこうしたほうがいいよ」みたいな形で客の自治という形でできたものです。むしろ客の側で「二郎に行ったらこうしろよ」というのが自主的に形成されていったのです。当時は二郎の店舗が少なかったからそれが機能していました。そもそも初二郎の人は先輩に連れて行ってもらってその際に教えてもらうという形でしたから。

というわけで実は「客の側が暗黙の了解に近いルールを作ってきた」ものをここでは文章化しただけですのでご了承ください。そしてこの内容は客として少なくとも店側や後続のお客様に対して害を与えないものと思っています。店側や後続のお客様に対して害を与えるというのなら改める余地は当然あります。

ちなみに自分としてはその頃のような秩序が保たれた店内になればいいなという想いはあります。

投稿者 91E : 2009年10月08日 23:54