« 神田神保町店 | メイン | 三田本店 »

2006年02月26日

上野毛店

25日の昼食です。この日は上野毛の二郎を食べてから飲みに行ってしまい、その日のうちに二日酔いという最低の事態。夜7時半に寝て12時に目がさめてからは妙に頭痛やら二日酔いやらで眠れずオリンピック観戦。冬季オリンピックは全体的に「他人の失敗を願ってしまう」傾向にあり、なんかそれで精神的に重たくなってしまうなぁというのを感じた次第です。その後は一旦寝てから起きて競馬中継を見て阪急杯・最終レースと連続で勝利した松永幹夫騎手に感動。とりあえずは、

ちくわぶってやっぱり無理かも

わざわざおでんのトッピングの中からこれを積極的に選んで食べるってことは今後もないんじゃないかと思います。もちろんそれはあくまで育った環境の問題です。

この日は11時15分くらいに到着。思い切り排気口の下でちょっとやばめの香りがぷんぷん。iモードをチェックしたり競馬新聞を読んだりしながら待つこと20分くらいでようやく着席。「上野毛は豚目当て」なので小ダブル850円を。メールを提示しハバネロを入れてもらうことに。この日は店主と若い坊主頭の助手というかなり珍しい(というか今まで見たことがない)組み合わせ。

作業工程を見ていると最初のたれを入れた段階でハバネロを小さ目のスプーン一杯分いれてました。しばらくたってトッピングを聞かれたので野菜辛めにんにくを。

この見た目からはハバネロが入っているというのはまったく伝わってきません。実際スープを飲んでも若干ピリっと来る感じはありますが、あまり強く辛さを感じるものではありませんでした。隣の隣にいた人が唐辛子を入れていましたが、それもありかもというくらいです。とはいえ食べていると段々と体が熱くなって汗が出てきたこともあってそれなりにハバネロ効果はあったのかもと実感。

この日の豚は全体的にパサ部分が多く、ダブルにしたこともあってかなり食いづらかったですね~。改めて豚ダブルはギャンブルメニューだなぁと感じた次第。野菜は「レギュラー松本」似の方よりは多く盛ってくれていましたが、もやしが多かったですねぇ。麺は若干やわらかめで量もさほど多くない感じでした。若干の辛みが食欲を増進したこともあってか少なく感じてしまいました。

やっぱりもう一杯分ハバネロを入れてもらえばよかったかなとチョット後悔。来月は何だろう?今年の目標の一つが「上野毛の26Day皆勤」なので何とか達成したいものです。

投稿者 91E : 2006年02月26日 17:24

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kiss-to-heaven.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/726

このリストは、次のエントリーを参照しています: 上野毛店:

» 2/25 ラーメン二郎 上野毛店 from 極楽副編集長のblog
大ぶたダブル+ハバネロ \900 ニンニク野菜  去る22日の夕方、ラーメン二郎上野毛店よりメールマガジンが届きました。  いつもより少し早い2... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年02月27日 01:10

コメント

松永幹騎手は重賞V&1400勝達成と見事に有終の美を飾りました。
彼の人柄が幸運を呼び込んだのでしょうね。
調教師としても頑張って欲しいです。

投稿者 Tsuyoshi : 2006年02月27日 00:22

二郎とかをBLOGしたかも。

投稿者 BlogPetのじろう : 2006年02月27日 10:22

ラスト重賞勝つし、最終も勝って1400勝とドラマチックでしたね。

幹夫厩舎にファビラスラフイン産駒、キョウエイマーチ産駒が入った日には買いまくるんだろうなと思います。これらの馬の馬主さんは是非とも幹夫厩舎へ入れてください。

投稿者 91E : 2006年02月27日 15:13