« 神田神保町店 | メイン | あいうえお »

2006年02月17日

中本新宿店

JR東海がSuicaみたいなカードを導入しようとしているとのこと。実家がJR沿線という東海三県(これって全国共通語と思ったらそうでもないみたいですね)にしては貴重なポジションなのでありがたく思います。やっぱりSuicaを使ってしまえばいちいち磁気カードを通すとか切符を1回1回通すとかは耐えられないです。ついでに言えば、

ちくわぶって東京に出てきてから初めて知りました

こないだ某所での話題にもなったのですが、実際にそうです。ちくわじゃないのにちくわっぽい形をした白っぽいものって何?と素で疑問に思いました。

さて今日の晩飯は「中本新宿店限定で特別メニューやっているらしいよ」というのをどこかで見つけたので、明日は死んだとしても差し支えない日ということもあり参戦することに。夕方5時スタートの限定20食なのですが、到着は5時半過ぎ。「ないかもしれないなぁ」と思ってびくびくしながら券売機にお金を入れると「インドカレーラーメン」(これのチケットで買えとのこと。ということはこれを売っている時間はインドカレーラーメンは食べられないってことです)があったのでラッキーとばかり買うことに。800円です。トッピングは辛さを中和する方向のゆで卵50円にしておきました。

そんなかんだで7.8分待っていると出てきました。これがトリノオリンピックラーメンです。27日まで限定で各日夕方5時から20食です。

奥の方にのり(これには東京一週間のプリント付き)+粉チーズの塊+唐辛子かに浸して若干赤くしたうずらたまごがありまして、真中にほうれん草、手前に渦巻きチャーシューがありました。自分は体質上あんまり唐辛子タップリのものは食いたくないのですが、ここは「体質によるリスクを勘案してもたまに無性に食べたくなるとき」があるわけです。スープの味はというとチーズが結構入っていてこれによって中和される感じがあるので実際の感じは蒙古タン麺よりも辛くないくらいです。少なくとも自分はそう感じました。

そんなわけで自分は人生で中本では「蒙古タン麺」「冷やし味噌」しか食べたことがないのですが、その両者よりも辛さはぜんぜん感じませんでした。実際麺と具はあんまり多くなかったのでものの5分もしないうちに片付いたのですが、それで退散するのもなんだかなぁと思ったので無駄にスープを飲みました。レンゲで10杯くらい飲んでから退散しました。「辛いのはあんまり好きじゃないけど、中本であるからにはある程度の辛さは必須」と思っている人にすごく向いているメニューだと思います。辛さを求めている人だとこれよりも北極や冷やし味噌にしておいたほうがいいでしょう。

その後は胃が軽かったので新大久保まで歩いて世界の山ちゃんで「ビール1杯+手羽先2人前」をやってから巣鴨の飲み屋でおでん3個+酒2杯なんてことをしてしまいました。

とりあえず書いている現段階では体質による問題は発生しておりません。いつ頃出るのか不安なんだけどどこか楽しみだったりもします。明日の昼飯は体調次第ですが「あそこにいくしかないでしょう」というところに行くことにします。

投稿者 91E : 2006年02月17日 21:10

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kiss-to-heaven.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/718

コメント

私も、上京するまで、ちくわぶ知りませんでした。
とゆーか、オフクロ(関東人)いわく、『西にはチクワブは売ってない』とのこと…。

投稿者 OJC(モ) : 2006年02月20日 12:55

ちくわぶって名古屋の味噌おでんには合いそうにもない食材というのはわかるのですが、関東限定なんですね。

そんなこともあって「ちくわを食えばいいじゃん」ということでなんかついつい避けちゃいます。

投稿者 91E : 2006年02月21日 10:19