« 琉球家 なんくるないさ | メイン | ○二本店 »

2006年02月10日

三田本店

9日の夜は高田馬場にある餃子苑ムロへ。これは伊藤理佐の漫画「おいピータン」で町で気になる看板の店として『「餃子苑台」の続きの文字って何?台湾?」(縦書きで読んだ場合です)というのがあったので確認のため。

確かに台って見えますね。場所は高田馬場の戸山口を降りて左に曲がりその後右に曲がり線路に沿って最初の角を左に曲がるとこの看板が見えます。室井滋がみなさんのおかげでしたでお土産にしたほどの餃子です。期待しました。とりあえず普通の餃子650円とビールを注文。その際についてきた「ねぎみそ」100円がスマッシュヒットだったので思わず100円払ってお代わりしてしまいました。

餃子についてはシナモンの香りが強い自分にはちょっと苦手なタイプ。大きさも王将の餃子の3分の2くらいか?シナモンの香りを除けば店オリジナルのたれもおいしいですし、いいのですが。他にもにんにく入り、チーズ入り、唐辛子入り、カレー入り、中国風腸詰入りなどもあり、にんにく入りも注文。電車でくさかっただろうなぁ。何せにんにくが餃子1個あたり4分の1個くらいは入っていたから。

今日は三田方面に書類を出しに行く&もらいにいくがあるのでいくことに。せっかくだから二郎でもと思って財布を見ると千円札が夏目一人なので「せっかくの貴重品を使ってはいけない!」ということであゆみBooksでダヴィンチ購入。到着すると頂上付近だったので比較的早く座れるかなと思ったのですが、ゆうに30分は待ちました。学生が春休みになって明らかに客層が変わり、若干回転が悪くなったように感じます。

この日は坊主の助手さんも手伝いに来ていて三人体制。今日一番印象に残ったのはオヤジさんが巨人の上原のイラストが描かれたグラスでお茶を飲んでいたこと。オヤジさん巨人ファンなのかなぁ?そんなかんだで着席してから6.7分で出てきました。夜の予定も考え小豚野菜辛めにんにくです。

ほとんど豚ダブルじゃないか?と思える豚の量です。1個端の部分でとてつもなくでかい塊が入ってました。スープに関しては若干水っぽい?と思える部分もありましたが、それなりにおいしくいただきました。麺は若干柔らかめだったけど、それなりにおいしくいただきました。野菜はキャベツが結構入っていてそれはうれしかったですね~。この日は豚のできばえに十分満足できました。

その後はお約束のヘルシアをampmで買って飲みました。仕事上の書類を渡したいのですが、相手がいないので現在時間つぶしにこれを書いています。

投稿者 91E : 2006年02月10日 13:56

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kiss-to-heaven.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/714