« ひごもんず水道橋店(BlogPet) | メイン | 三田本店 »

2006年02月09日

琉球家 なんくるないさ

もし見ていたらで構いませんが、「まろまろ記」の方へ。トラバを送ってくださるのはありがたいのですが、同じモノを4つとか送られるとこっちはつらいです。1回送っていただければ十分でございます。なにとぞよろしくお願いします。あとこないだやじうまWatchにオリエンタルマースきしめんを扱ったものがネタにされていたこともあってここからのアクセスが急増していました。ここからきた人が一人でも定着してくれているとうれしいのですが・・・。

今日は調べものがあったので日比谷図書館まで。となると最初は伊藤理佐の「おいピータン」でネタにされていた洋食亭ブラームスの花咲きオムライスでも食おうと銀座メルサ2に行こうと思ったのですが、なんと1/29で閉店とのこと。仕方がないので日比谷図書館近くで食べられるラーメンをと考えるとここに。2月をもってランチラーメンがなくなるというのもあってこの際行くことにしました。

場所はJR新橋駅の一番浜松町よりの改札を出て右に出て線路をひたすら浜松町方面に沿って歩いていくと左にあります。要は高架下にありますよってことです。沖縄テーストな派手な門構えでお出迎えです。

「なんくるないさ」とは沖縄の方言でなんとかなるよと言う意味だそうです。それも決して投げやりな意味ではなく、なせば成るという意味に近いそうです。店に着くと自分の前は4人ほどいたので、チョット前に見つけておいたR25を読みながら待つことに。それで10分くらいでようやく店内に。店内はカウンター7.8席のが2個あるタイプでだいたい15-6人が入れます。それを店員さん3人で回していくのですから大変です。実際注文を取りにくるまでこれまた10分近く待たされました。とりあえずは黒ラーメン600円+全部入り(九条ねぎ+味玉+チャーシュー+のり)を。それから7.8分してようやく出てきました。

なるほど確かに「黒」っぽい色です。とはいってもいわゆる「とんこつと魚介のダブルスープ」の色です。実際味もそんな感じでした。魚介の焦がし油が乗っかっていて魚介の味のほうが強いかもというバランスです。奥の細かい黒っぽいのは岩のりと焦がしねぎと思われます。沖縄の麺は太めで二郎に近いなんて話もありますが、こんな感じの麺でした。

確かに太さは二郎に近いですが、つるつるもちもちという食感だったのでちょっと違うかな?というのが印象です。もっとも沖縄そばを食べるのは今日が初めてなので他の店だともっとごわごわした感じの麺かもしれないですし。量についてはさほど多くないので大盛りにしておけばよかったかなと思うくらいです。チャーシューはしっかり量も入っていてジューシーだったのですが、脂身が多かったかも。

そんなわけで黒は全体的に重たい感はありますが、独特の麺が味わえるというだけでも食べてみる価値はあるのではないでしょうか?今月をもってランチラーメンが終了とのことですし。

投稿者 91E : 2006年02月09日 16:43

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kiss-to-heaven.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/713

このリストは、次のエントリーを参照しています: 琉球家 なんくるないさ:

» 最後の挑戦 from 泣き虫ゆぅブログ
もうバレンタインが目の前だよ!! 結局、メールくれた人も途中で終わっちゃうし(涙 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年02月09日 16:46

» もう終わっちゃうの??『なんくるないさ』@新橋 from 1/50000の食卓by遊16
このところよくマスコミでもよく取り上げられる、 新橋のラーメン「なんくるないさ」 なんとかなるさのイミらしい。。。 夜は沖縄料理、昼はラーメンという... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年02月18日 00:06

コメント

なんくるないさーはランチラーメン終了ということは
ラーメン終わってしまうのですね。。。行ってみなくては。
ちなみにワタスは伊藤理佐だとエビチュが好きだったりします。

投稿者 たけぞ : 2006年02月10日 13:17

夜の部の居酒屋メニューの沖縄そばくらいしかなくなるようです。
今月までのようなのでぜひ。ちなみに量はかなり少なめです。

エビちゅはマァくんがキャラ的には好きです。

投稿者 91E : 2006年02月10日 14:00