« 一秀 | メイン | らすた代々木店 »

2005年09月29日

バーベキューあらはた

店名のとおり、焼肉がメインの店です。それでもわざわざ行くというのには理由がありまして、それは

三田のオヤジさんが一番最初にラーメン作りを教えた人の店

であるからです。二郎の一番弟子は吉祥寺(現在生郎)ですが、そのずっと前にここの店主にラーメン作りを教えていたそうです。そんなわけで一度は行ってみたいとずっと思っていたのですが、ようやく所沢での仕事が再開の運びになったので早速行ってきました。

西所沢駅から地図で調べておいたのですが、遠回りをしてしまい30分かかってしまいました。もうちょっと近道をするならば、西所沢の改札を右に出てしばらく歩いて最初の踏切を渡りそのまま道なりで、伊藤病院の道に入りそのまま「車が通れそうな道」を道なりに歩いていくと「荒幡」という交差点に出るので、そのまままっすぐ行くとあります。このルートだと20分くらいで到着できます。

住所 埼玉県所沢市荒幡433-1
営業 11:30-15:00 17:00-22:00(L.O.はそれぞれ30分前)
休日 今のところなし

駐車場の案内がこの看板です。この看板から若干奥に行くとこんな建物があります。右側ののれんをくぐって入ります。

 

入ると無茶苦茶広い店内です。全部座敷で4人がけのテーブルが20-25席はあるかと思われます。よほどのことがない限りは入れないということはないでしょう。しかも多数のマンガが置いてあったのでキャプテン翼の南葛対東邦の決勝戦の巻を持って着席。メニューを見ると100種類を軽く超えてました。何にしたらいいかさっぱり分かりません。一応セットメニューがあるのですが、「ラーメンは食っておきたい」「できれば焼肉も」と考えましてチャーシュー麺800円+豚ロース単品630円をまずは注文。

本来は辛口カルビラーメンが売りなのですが「仕事中に何かあったらやばい」という理由で辛口は自粛し、スタンダードなラーメンを。ちなみに+50円でこってりも可能みたいです。実際こんなテーブルだったのでメーンは焼肉なのは明らかです。ちなみにこんな箸袋でした。

 

キャプテン翼を読みながら待っていると3分くらいでまずは豚ロースが出てきました。

空腹だったので普通に食います。このタイプの鉄板には「こびりつく」という問題があってなかなか苦労しました。しかも思い切り服などにもにおいが染み付きまくりです。やっぱり仕事の前に焼肉は食べてはいけないのですが、この画像をみて「焼肉を食わない」という選択肢は人としてありえません。仕方ないです。ちょうど食べきった頃にようやくチャーシュー麺が出てきました。

どこからどのようにどう見ても「二郎」というかけらはありません。あえて言えば麺が太目のちりぢりだったというくらいでしょうか?スープは若干のゴム臭さを感じましたが、恐らくは牛関係からだしをとったのかなぁという味わいでした。チョット前に食べた「牛のテールラーメン」と共通する部分は感じましたし。スープそのものは表面に脂は浮いているものの全体としてあっさり目の醤油。麺もボキボキ感まではいかず喜多方ラーメンに感じの近い麺でした。具のチャーシューは本業が焼肉屋だけあってかなりうまかったですね。後の具といい、知らずに行ったら二郎との関係性は感じられない味でした。

あくまでこの店のラーメンに関する売りは「辛口も可能」ということなので、次回の訪問の際にはこれを選んでみたいと思います。この店のラーメンについてはこちらに詳しいのでご参考ください。おまけについつい勢いで鶏モモ肉588円も注文。

とにかく鉄板にこびりついて食いづらかったのですが、若干生焼け気味でもおいしくいただける感じはありました。焼肉は若干生焼け気味で食べるのが一番おいしいといいますので、それなりのできにはあるんだろうとは思います。気がつけば全部で2058円なんて払ってました。

一番きつかったのは仕事があるからということでビールは飲めなかったということです。「ビールを飲める」という一点において昼営業よりは夜営業に行ったほうがいいかも。

投稿者 91E : 2005年09月29日 20:46

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kiss-to-heaven.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/547

コメント

広い店名とか、メインとかをBLOGしなかったの?

投稿者 BlogPetのじろう : 2005年09月30日 16:58

どうもはじめまして。
私の家の近くの店が出てたので驚きました。
パッと見怪しい雰囲気なので行った事は無かったのですが、今度行ってみようと思います。

投稿者 popo : 2005年10月01日 14:40

ありがとうございます。

確かにあの看板と外見だと入るのに勇気はいると思います。
100人以上収容できそうな広広とした店内です。機会があれば行ってみてください。とりあえずメニューはすごく豊富です。

投稿者 91E : 2005年10月01日 14:50