« 八島 | メイン | 玄武 »

2005年09月11日

ぽっぽっ屋トリトンスクエア店

10日の昼食でした。仕事を片付けに三田まで。二郎にしてもいいのですが、問題が1つありまして

二郎を食うと仕事にならない

そんなわけでぽっぽっ屋の夏限定のサラダラーメンを食べてから三田に行くことに。結論から言えば三田の行列はそれこそ鍋二郎を待つポイントくらいまで12時半くらいであったので無理だったわけです。財布に札が夏目漱石4枚しかない状況でトリトンスクエアまで。みずほ銀行があればおろせばいいかなと(みずほファーストクラブに入っているので手数料はかかりません。しかも毎月3回以上手数料対象時間に引き出しているので意図せず元は取れてしまっています)。ところがトリトンスクエアにはみずほがなかったので仕方なく貴重品である夏目漱石を使うことに。基本チキンなので「ラーメン大蒲田店でやばい店員にあたったときに逆切れされないように」という意味をこめて夏目さんはストックしておこうと思ったのですが、その1枚を使ってしまいました。久々にきたら券売機が導入されていてびっくり。

サラダラーメン850円を注文。7.8分待ってようやくでてきました。チーズとりんご酢も出てきました。

 

他の店のサラダラーメンを食べたことがないので比較できないのですが、カイワレが載っていました。ドレッシングをベースに食べるラーメンです。平たい皿でしたが、レンゲはなくてもよかったかも。むしろスプーンとフォークのほうがよかったです。麺は冷し中華や油そばで使われているような細めの麺です。固めにゆでてました。堀切タイプのごわごわ感とはちょっと違う麺です。ドレッシングはシーザーサラダに掛かっているタイプのものですが、それだけでなく若干和風テーストのものも入っていて独特の味わいで自分としてはかなりスマッシュヒットしました。自分は基本的に野菜はそう好きではないのですが、このドレッシングなら食べられました。またりんご酢とチーズはいい意味でアクセントになりますのでお好み次第で。味を変えて新たな変化を楽しみたいと思う場合にはぜひ。マイナス方向には作用しませんから。

ただ違和感があったのがメンマ。ラーメンにあわせた味がついているのですが、このドレッシングとの調和という観点からはいまいちでした。ないほうがよかったかも。チャーシューは3枚ほどでバランスを損なうというほどではありませんでした。冷し中華のハムの位置付けと考えればいいかも。量としてはさほど多くないので、普通にここだと昼でも食べられる塩ラーメンもセットで行くことは可能だと思います。自分は晩飯の計画のためやめましたが。

全体的な印象としてはさっぱりしていて夏向きですが、メンマはないほうがいいかも。ただドレッシングの味わいは思ったよりもレベルは高かったです。ちなみに晩飯は高円寺のDogberryで名古屋風ナポリタン850円を食べてきました。

鉄板の上に薄焼き卵を載せてその上にスパゲッティミートソースという名古屋名物のスパゲッティです。名古屋のスパゲッティといえばあんかけスパと思われていますが、これもあります。実際に食べるのは20年以上ぶりですが、店内の雰囲気がカフェで野郎一人には向いていないという部分が抜けばそれなりにおいしかったです。これを東京で食べられるのは現時点ではここしか知らないので(アキバのPasta de Cocoはあんかけスパの下に卵なのでちょっと違う)、それだけで価値はあります。

投稿者 91E : 2005年09月11日 17:25

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kiss-to-heaven.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/530

コメント

今年の8月24日に行ったんですがこのときには券売機がありましたよ

投稿者 アオトトロ : 2005年09月12日 03:47

ここに行くのは去年の10月22日以来だったんです。

ずいぶん間隔をあけていたので、券売機があったことにずいぶんびっくりしました。

投稿者 91E : 2005年09月12日 09:38