« ぽっぽっ屋兜町店 | メイン | 八島 »

2005年09月08日

ぽっぽっ屋兜町店

この日は前日同様日本橋三越でのJRAのイベントですが、さとう珠緒が来るということで生「ぷんぷんっ」を聞くために行ってきました。あの「ぷんぷんっ」はもはや芸の域に達してますね。これがないとさとう珠緒じゃないです。というお約束を堪能する前には当然腹が減るということで、前日食い損ねたぽっぽっ屋兜町店の冷し中華にリベンジです。さすがに仕事もやらなきゃいけないので合間に喫茶店でできるように資料は持っていきました。

日本橋方面から橋を渡ったところに目印の看板を立てたのですが、中央警察署からクレームがきています。やばいです。

それで到着したのですが、横のガレージは現在は純粋なガレージです。結局ココでは1回も食べることは出来ませんでした。社会不適合者はこの界隈に来ることはないですからしょうがないです。

入ると券売機で冷し中華750円を購入。チャーシュー丼200円に興味はそそられましたが、諸々の計画によりスルー。着席して「野菜にんにく玉ねぎはどうしますか?」と聞かれたのでひねりもなく「全部入れてください」と答えました。それで昨日と同様両さんを読みながら待っていたのですが、テーブルの上に置いてあったこのブツをまずは撮影。

やっぱり冷し中華にはマヨネーズです。よく分かっています。もしかしたらこの店の関係者には名古屋出身者がいるのでしょうか?薬丸裕英は嫁さんの石川秀美が愛知県瀬戸市出身ということもあり結構名古屋文化に理解が深く「冷し中華にマヨネーズかけますよね?」とか普通に言ってくれています。子供の頃は大嫌いだったのですが、今はこの発言などによりちょっと見直しました。食券を渡してから6.7分で出てきました。冷し中華です。出た瞬間にためらいなくマヨネーズをかけました。

 

麺は細くて固くて透明感あるタイプでした。ラーメンで使っている麺とは明らかに違いますが、昨日食べた油そばとは共通しているように感じました。どうでしょうか?具は錦糸玉子、トマト、キュウリ、短冊切りしたハム、紅生姜にチャーシュー(何か豚という感じじゃないので)1枚が載っていました。スープもラーメンにもつけにも油そばにも使われていないいわゆる「普通の冷し中華のスープ」でした。なので「あぁ、冷し中華食べているな」という満足は得られました。量についてはかなり少ない上に油分もないので全くといっていいほど重さを感じることはありませんでした。二郎という系列からは明らかに外れたこの店オリジナルの食べ物です。とりあえずは机の上にマヨネーズがあったという事実、この一点にすごく感動しました。

東京の人は冷し中華にマヨネーズをかけないって本当ですか?

そんな問いかけを自分としてはしたいです。どうなのですか?マイノリティであることは分かっていますが皮膚感覚としてどうしても「冷し中華にマヨネーズをかけない」ということが理解できないんです。あっさりと5分ほどで食いきってしまったこともあり、重さを感じることはなかったのでためらいなく当初の計画をそのまま遂行しました。それについてはまた後で。

投稿者 91E : 2005年09月08日 17:58

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kiss-to-heaven.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/528

コメント

東京在住約30年になりますが、ぶっちゃけ「かけない」と思います。

投稿者 koneda : 2005年09月08日 18:27

東北の話ですが青森ではかけませんが、山形ではマヨネーズかけるようです。

投稿者 TOKU : 2005年09月09日 01:44

先日は試しにかけましたが、通常はかけないですね~^^

投稿者 たみお : 2005年09月09日 10:25

日本橋でさとう珠緒とか、イベントとかをBLOGしなかったよ。

投稿者 BlogPetのじろう : 2005年09月09日 12:17

関東生まれの東京在住ですが
習慣がない所か、冷やし中華にマヨネーズかける人がいる事自体初めて知りました(汗)

投稿者 ホームは亀二 : 2005年09月09日 13:24

皆さん本当にありがとうございました。

やっぱりそうなんですね。納得しました。
なんかテーブルにマヨネーズが置いてあってはしゃいでしまいました。

山形の人にシンパシーをちょっと感じてます。

投稿者 91E : 2005年09月09日 16:33