« 三田本店 | メイン | ぽっぽっ屋兜町店 »

2005年09月07日

ぽっぽっ屋兜町店

この日は日本橋の三越に武豊と福永祐一という2005年7月第1週までに国内外のGIレースを二人合わせて8勝(福永5勝、武豊3勝)という組み合わせでトークショーを行うということで、整理券がないと見られないというのをサイトで調べて10時くらいにそこに行きました。実は競馬好きなんです。ご存知かもしれませんが。ところが台風の影響でこの二人がこられないということなのでイベントは中止。がっかりしました。とりあえずはJRAのイベントそのものはしているので見学。30分くらいで完了したものの、せっかくだから12時半からの別のトークショーを見ることに。その間の時間にここからさほど遠くないぽっぽっ屋兜町店に行くことを決意。

コンビニで立ち読みしながら時間をつぶして開店の11時くらいに入ると一番乗り。もともとこないだ本店で「サラダ麺」を食い逃しているのでこれを食おうかなと思ったら券売機になかったので、目に付いた油そば750円にチャーシュー200円を。ところが席に着くと机の上に「冷し中華用マヨネーズ」がありました。まさか?と思って改めて券売機に行くと冷し中華750円というのがあるではないですか。無茶苦茶悔しかったですね。

とりあえずは店に置いてあったこち亀を読みながら待つこと5分くらいで出てきました。油そば+チャーシューです。どうしてもここの系列はトッピングが先なので考えるのが面倒くさくなってしまい、ついつい「全部入れてください」といってしまいます。全部入れたところでえぐいというイメージもないですから当然です。二郎系ではトッピング先だと記憶しなければいけない手間がある分(松戸だと助手の人がメモをとる手間ですが)、効率が悪いように感じてしまいます。三田のオヤジさんも試行錯誤で「大きさだけ聞いて後で『大ダブル野菜辛めにんにく』みたいな形で大きさと豚も含めたトッピングを言ってもらう」という形態にたどり着いたんじゃないかと勝手に思ってます。

もう精神的には「冷し中華を食べられなかった」ということで損した感がありありで冷静に味を判断しながら食べられるような状況ではありませんでした。なので味についてはあまり印象に残っていませんが、脂分もあって甘みをましたたれとぽっぽっ屋というイメージからはかーなり細くしてボキボキ感を減らした麺が程よくマッチして食べやすかったことは間違いありません。ここでもメンマは載っていたのでぽっぽっ屋(もしかしたら堀切の流れ全体かも)ではメンマはデフォであるのかなぁ。

チャーシューはこの系列にしてはでかくて好印象なのですが、正直なところ単品では勝負しづらいのかなというのは感じます。ラーメンやつけだったら「スープに浸す」ということが可能で新たな味わいをつけることもできるのですが、油そばだと単品の味で勝負しないといけないのでその分きついなというのが印象です。それでも玉ねぎとにんにくをトッピングに入れたことで脂分の甘さに程よい刺激もあってなかなか美味しくいただけました。ここの油そばで一番難しいのは卵黄を崩すタイミングでしょう。いい感じにまろやかになるんですけど、早く崩しすぎると最後まで味わえないし、残しすぎると最後に卵黄部分が強く出すぎるしバランスが難しいです。こればっかりは食べる人の本能的な勘に依存するとしかいえないです。

油そばだと汁分が少ないこともあり食感が比較的軽かったことと、かつ「何かやらなきゃ」感が目覚めてしまったのでミニカレー300円を追加しました。食券を渡して3分くらいで出てきました。かなり小さい器だったので問題なく食べられそうではありました。

カレーについてはかねてから「自分の母親がどんなカレーを食べさせてくれたか」という部分に依存すると思っているのでコメントしづらいとは思っています。自分の親は比較的カレールーからそのまま作るタイプだったので「飴玉や果物を入れたタイプ」「変にスパイスを工夫したタイプ」「逆に小麦粉をいれてもっさりしたタイプ」は苦手でシンプルなカレーが好きなんです。分かりやすくいえばココ壱ようなタイプが大好きなんです。これといった特徴もないけど、なんとなく最大公約数的なカレーです。

という自分からすると、ちょっと違うなぁという印象でした。なんかいろいろとだしやスパイスが複雑すぎて自分のストライクゾーンからずれてました。ただそれだけです。そう考えるとカレーの味わいについて評論できる人ってすごいなぁと感心せざるをえません。

その後家に帰ると結構胃がもたれていました。油そばは食感の軽さに対して胃にはすごく負担をかける食べ物なのかもしれません。当然晩飯は抜きです。調べてみると明日も日本橋三越のイベントはそれなりに面白そうなので、その流れで冷し中華にチャレンジすることを計画しています。

投稿者 91E : 2005年09月07日 21:33

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kiss-to-heaven.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/527

このリストは、次のエントリーを参照しています: ぽっぽっ屋兜町店:

» 「ぽっぽっ屋 兜町店」 二郎系の冷やし中華!? from たみおの日記
「冷やし中華+チャーシュー丼+味付け玉子 全マシ」750+200+100円 二郎はお盆休みの店舗が多いので、兜町のぽっぽっ屋へ遠征。 券売機には未食... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年09月08日 11:03

» 秋刀魚(サンマ)のラーメン from イタバの小話
【生粋】 俺流ランク 裂裂裂 (※写真:醤油ラーメン) 魚介系のラーメンは沢山あれど... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年09月08日 12:27

» 軍艦風冷やし中華 from 冷やし中華道
材料(いくら 300グラム少々、刻みのり 適宜、きゅうり、卵 1個、冷やし中華用麺、たれ)①錦糸玉子を作ります。(サラダ油を小さじ1杯混ぜておくと焦げ付き... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年05月04日 18:38

コメント

冷やし中華食べましたよ~。
俺には中途半端に感じられたので、油そばの方が好みかもです^^;

投稿者 たみお : 2005年09月08日 11:05

結局今日食べてきました。
確かにこれだったら油そばのほうがいいですね。

とはいえ東京でおおっぴらに冷し中華にマヨネーズをかけられるというのはポイントが高いです。

投稿者 91E : 2005年09月08日 18:07