« 2005年03月 | メイン | 2005年05月 »

2005年04月30日

らーめん屋いとう

せっかくのゴールデンウィークです。5/2予定の仕事もサボることにしました。本来だったらのんびり実家にでも帰ろうと思ったのですが、郵便物が前日までに届いていなかったので無理です。その郵便物はこの日ようやく届きましたので実家に帰れます。さすがにGWだから万博はないかなぁ?名古屋界隈のラーメン関係の宿題店制覇か冒険として単独登山(分かる人には分かる言葉)するかなぁ?

明日はダービーのチケット購入+天皇賞の馬券購入のためWINS後楽園→どこかのラーメン二郎→近所探索→散髪→サイト更新を予定しているので、今日はお出かけでもしようかなということでどこにするか考えたところ今年西武グループが熱心に営業している羊山公園の芝桜でも見に行くことにしました。これだけではさすがに割りに合わないのでもう1つ秩父ならではの店に行くことにしました。その店がらーめん屋いとうです。

この店は以前にも紹介したのですが、豊島市場近くにあった「巣鴨ラーメン」(現在の巣鴨駅前にある「すがもらーめん」とは別の店)の料理人の方が開いたお店です。何でも秩父出身だったとのことで戻ったようです。巣鴨住民のソウルフードの1つとも言える店だったので閉店は残念だったのですが、片道750円払って2時間かければ到着できるところにあるのはまだましといえるでしょう。

池袋から西武池袋線で西武秩父まで。準急で行ったので2時間くらいかかりました。時間をつぶすものは持っておいたほうがよいです。やっぱり羊山公園に芝桜を見に行く人が多いようで電車はずっと混んでいました。西武秩父に到着後、改札を出て左側にある仲見世通りを抜けて線路をくぐりそのまま道なり。車が通れる大きな道にきたら渡らず右折。しばらく行くとベスト電器がありその駐車場内にあります。全部で10分も見ておけばよいでしょうか?

入ると食券方式でした。二郎でいうと「八王子野猿街道」「新小金井街道」タイプの番号入力式の食券です。チャーシュー麺大盛りと味付き卵にしました。これで1000円です。客は自分を入れて二人。座るとお茶でした。巣鴨ラーメンと同じです。なんか人当たりの良い接客で恐縮しながら待つこと4分くらいで出てきました。

以前食べたときも美味かったのですが、今回はそれ以上に美味かったです。麺は中麺くらいでしゃきとゆでてあるタイプです。醤油味の利いた濃厚豚骨でかーーなりおなかに響いてきます。チャーシューもスープとの相性バツグンで食が進みます。そんなわけですごく満足しました。秩父にきた際はぜひ食してください。巣鴨居住経験があり、巣鴨ラーメンを食べたことある人は必須です。ここに行ったら正直今の「すがもらーめん」は辛いかも。

でもしょっちゅうはいけないんだよなぁ、この店。往復1500円はやっぱり高いです。。。食後は芝桜を見てきましたが上り坂が多くて死ぬほど疲れました。これから飲み会なんですけど、大丈夫かなぁ?

投稿者 91E : 17:46 | コメント (2) | トラックバック

2005年04月29日

亀戸店

昨日の夜は巣鴨のやきそばーHITで冷玉ラーメンを。ころうどんというかぶっかけうどんみたいな感じのラーメンです。これはなかなかです。巣鴨の夜に酒と麺類をセットで食いたいなという場合にはお勧めできる店です。あくまで飲み屋ですので回転はよくない上に客席が12.3とあまり多くないので座れるかどうかが一番のネックではあります。その次はマスター一人で切り盛りしているので、注文が必ずしも通っていないことがあるのもネックです。飲み屋ではありますが、麺を注文を受けてからパスタマシーンで作ってくれます。この麺が絶品といえます。GWも日曜日以外はずっと営業しています。

さて今日は亀戸天神に満開の藤を見に行こうということで、その前に亀戸店へ。臨休の多い店なのでそれが一番の不安ですがやっていました。ちなみにGWの休業情報は5/3-7と店内の張り紙にありました。亀戸の界隈自体は人は多かったのですが、二郎はすんなりと入れました。小ダブル750円+味付玉子100円を購入。先にトッピングをいうシステムです。この店は半年に1回ペースでしか行かないのでそのシステムになかなかなじめません。自分が入ってから続々とお客さんがきて行列ができたのですが、

新札を旧札に交換する客が多い

新札対応した券売機に変えることはできないのでしょうか?あまりに交換作業が多すぎで業務に支障が出ているように感じます。5分くらいたって出てきました。小ダブル野菜辛めにんにく味付玉子です。

前に食べたときにはよくなったなぁと思ったのですが、今回はスープが妙に甘ったるく感じました。というか正確には以前の印象に変わっただけなんですけど。豚は薄く切ってあるように見えたけどジューシーでこれはなかなかおいしかったです。麺はもちもちとした感じで二郎にしてはマイルドな感じでした。

店主さんはすごくまじめでそっけない感じの人でした。その分聞きようによっては「上からの物言い」っぽく感じてしまうこともありました。もちろん店主さんにそういう意識はないと思います。あくまで個人的にそう感じてしまったということです。実際、食後に布巾を上にあげたら二人から同時に「布巾は下にお願いします」といわれて「何でだろう?」とずっと思ってすっきりしなかったのですが、家に帰ってニンニク掲示板を見たらそれが亀戸ルールだったんですね。この店にはいろんな暗黙の了解が多いですから、店内の空気を意識しながら行動したほうがいいのかなと思います。

投稿者 91E : 20:35 | コメント (1) | トラックバック

2005年04月28日

越後そば朝霞台店

この日は仕事を終えた後、とある店でとあるメニューを食いたくなりました。それをする前におなかに何か入れておきたかったのでどこがいいかなぁ?といろいろ考えたのですが、OtaqeさんのBlogでよく紹介されているこの店にいくのが一番合理的じゃないかと考えました。その理由は、

1.仕事場のバスが武蔵野線沿線の駅に行くほうがすいていそう
2.夕方5時くらいでも確実にあいている
3.量はあんまり多くなさそうだから「とある店でとあるメニュー」が確実に食えそう

というものでした。1のもくろみはバスに座れたので間違ってはいなかったのですが、思いのほか混んでいてビックリでした。武蔵野線の駅まで出てそこから北朝霞まで。最近先頭車両がすいてますね。あのとんでもない事故以来そういう流れになっているようです。北朝霞から朝霞台に移動。そこにはビアーズパパのシュークリームがありました。感動です。思わず買って食ってしまおうかと思いましたがさすがにやめておきました。西口のエスカレータを降りて右手の武蔵野線の高架下にあります。駅から見えるので間違えようはないです。

入ると券売機があり「海老天うどん」390円を。どうしてもそばってそんなに思い入れがないからうどんにしちゃうんですよね。子供の頃からあんまりそばを食うという習慣もなかったし。残念ながら海老天は揚げたてではなかったようで2分もしないうちに出てきました。海老天うどんです。

うどんはちょっと柔らかかったですね。もう少し芯があるくらいでも自分はOKなんでこの時点でテンションがあんまり上がりませんでした。習慣的にうどんを頼んでしまったから次回はそばにしてみます。ただ海老天とつゆはよかったです。天ぷらは揚げたてではなかったもののさくさくしていてこういう店でありがちなべちゃとした感じではありませんでした。汁はかなり甘味が立っているタイプでしょっぱさは抑えられてました。最後は唐辛子を入れてつゆを飲んだわけですが、意外と相性がよくて自分としては悪くなかったです。全体的な印象としては立ち食いそばとしてはかなり侮れない感じがしました。

この界隈での仕事帰りの後に何か会合なりがある場合にそれまでの間のつなぎとして食うという活用はこれからもありそうです。

投稿者 91E : 23:59 | コメント (2) | トラックバック

くにがみ屋

新たに今回ラーメンBlogリンクを作成しました。主に「二郎を扱っているもの」「ラーメン界有名人」「トラバを過去にいただいたBlog」「名古屋のラーメンを扱っているもの」「自分のBlogをリンクしていただいているもの」です。ただWinのIEとネスケでしか確認していないのでMacだと見づらい可能性があります。その際にはご了承ください。

さて今回行ったのはこの店です。なんでも3月に移転しました。今までは大泉学園からバスで行くところだったのですが、西武池袋線東久留米駅から歩いて1分以内という自分的にはありがたい移転です。場所は北口(池袋方面ゆきのホームにある出口)からまっすぐ歩き最初の角を左に曲がりそのまま道なりに行けばあります。本当にすぐそばです。住所は東久留米市東本町1-6です。

入ると券売機がありそこでラーメン680円+肉入り300円を購入。きれいな店内でなかなか気持ちいいです。iアプリで遊びながら待つこと5分くらいで出てきました。ラーメン+肉入りです。

この店の触れ込みは「鮪」と「鯛」です。スープの色は一見豚骨っぽい感じがするのですが、獣系のにおいは全くありません。これが鮪や鯛から取ったスープなのねという印象しかもてませんでした。表面に薄く油(液体なので)があるのですが、重たさは全く感じさせずあっさりとしていました。肉はダイス状に切ってあり面白いのですが、一口サイズに収まってしまうこともあり「肉食った」というような満足感は得にくいです。あぶってあり香ばしさはあるのですが、ちょっと物足りないかも。自分自身が肉を入れるときには「肉食ったぞ」というような満足感を得たいから入れるというのが一番の理由です。麺は若干細めのタイプでした。可もなく不可もなくといったところだと思います。1日たってから書くとどうも記憶があいまいです。

全体的な印象としては共通している素材は何一つないのですが、スガキヤラーメンを食っているような感覚でした。斑鳩の時にも書いたのですが「高級感あるスガキヤ」というのが一番近いと思います。なので名古屋出身者はそんなに嫌いな味ではないとは思います。また他にもつけ麺が「鮪」と「煮干」の2パターンあるから木曜日の仕事に行く途中で試してみようと思います。大泉学園の十兵衛に比べれば駅から歩く距離が少ないのは最大の魅力ですから。車・バイクを持っていないような貧乏人からすると「駅から近い」というのは最大のポジティヴファクターです。

投稿者 91E : 23:58 | トラックバック

2005年04月27日

あいうえお

現在カテゴリーを二郎じゃないラーメンで関東地区の店は鉄道沿線に沿うように移動中です。GWを使って何とか終わればいいなぁとは思います。

さて今日は水曜日。水曜日といえばこの日定休日の目黒二郎のとなりにある「あいうえお」で二郎を模した三郎ラーメンが提供される日です。事前に調べると昼営業はなくて夜営業だけでした。なので今日は昼から6時まで三田で用事をこなした後、等々力に行くバスに乗って大鳥神社前まで行きそのあいうえおまで移動しました。どこだろう?と歩いていると目黒二郎のさらに奥のほうにありました。到着が6時20分過ぎだったので何とか看板の字を読めるレベルにはなっていました。よかったです。

プレハブ建ての建物の扉をあけると5人くらいが座れるスペースがありました。ちなみに左側のドアが開くようになっていました。右のほうに他のお客さんはいたので自分は一番左の席に座りました。後ろのドアと背中がくっつくくらいに狭いスペースです。机に紙コップが置いてありそこで水をセルフで入れました。「三郎ラーメンはありますか?」と聞いたところ「あります」とのことなのでそれを注文。自分の前にいた二人も頼んでいたのはこれでした。この二人の分を作っていたこともあり、ちょっと待たされた感はありますが、着席してから7.8分で出てきました。三郎ラーメン800円です。

スープを一口すするとかなりしょっぱいです。豚(チャーシューというよりは豚のほうが近いです)は二郎テーストでかなり厚切りで二郎で言う「小豚」クラスの量はありました。角煮っぽくて十分美味かったのですが、しょっぱさを強く感じました。麺はこの店で普段使っているであろう中麺で黄色くちりぢりとして歯ごたえのあるタイプでした。二郎と思って食べるとちょっと違うのですが、若林さんの作る二郎が好きなんだなというのは感じました。醤油を立てる二郎というのを意識していたのは感じました。

先にいたお客さんが帰ったところで「このラーメンどこで知ったの?」と聞かれたので「ネット上で知りました」と答えました。店員さんがさらに「今日行くってメール出してくれた?」と聞かれたのでそれは違いますと答えました。さらに聞くと水曜日はかなり三郎ラーメン出るようですね。おそらくは普段と客層が違うくらいではないかと思われます。

上に結構野菜が載っていたのですが、スープと豚がしょっぱかったのでそれを中和する役割でかなりありがたかったです。普段は野菜を残してしまうことが結構あるのですが、今回は全部食べました。このしょっぱさは普段塩ラーメンを作っている人ならではという部分があると思われますので、目黒からの距離を考え気力がみなぎっているときは普通の塩ラーメンを食ってみてもいいかなと思います。

5/5にどっちの料理ショーに出るみたいです。あとはプレハブなのでとにかく暑いです。それに対する準備をしておいたほうがいいと思います。確かにビールを合いそうな感じもしたのでビールとあわせて食べてみるのもいいかと思います。

投稿者 91E : 20:45 | コメント (2) | トラックバック

2005年04月26日

蔦家

ちゃぶ屋を食べた後護国寺と雑司が谷霊園を探索。かーーなり歩いて疲れました。正直なところタクシーに乗って家に帰りたいくらいだったのですが、そういうわけにもいかず自転車で不忍通りを走らせてました。ちょうど春日通りをすぎてさらに上野方面に進めていくと進行方向が上野から池袋を進行方向とする側(兵右衛門と逆側)にこの店はあります。目印は「新発田ラーメン」です。兵右衛門より若干上野寄りという場所です。

看板だけを撮っていたら店名まで入らなかったので店名の書いてある部分です。

店に入るとたっぷりの雑誌+スポーツ新聞+オヤジ系雑誌といい感じです。無茶苦茶親切です。しかも普通タイプのラーメンが420円でチャーシュー麺でも620円という安さ。しかも店主やその奥さんと思しき人もかーーなりほんわかとしてよさげな感じの人でした。実際店主の笑顔を見るとこっちまで心が穏やかになります。とりあえずは昼間にちゃぶ屋で食ったこともあって味付け卵入りラーメン470円を食うことに。今時このメニューを食おうと思ったら700円はするはずなのですが、500円切ります。この安さに純粋に感動です。待つこと7分くらいで出てきました。

店に書いてある「新発田ラーメン」というのは店主の奥さんの出身地であり、新潟県新発田市に独自のラーメンがあるとかそういうことではないみたいです。見た感じは前日に食べたいちやに近いです。ということは香月にも近いということです。澄んだとんこつラーメンに背脂が浮いている感じです。それに若干チャーシューは出し殻っぽい嫌いはありましたが、味付け卵は半熟とろとろ系で結構好みでそれだけでもよかったです。

麺は香月よりは若干太めな感じです。スープは焦がした豚骨もあったような感じの味わいでした。あくまで個人的な印象なのですが名古屋の呑助飯店のこってりのスープのにおいとどこか同じモノのにおいを感じました。これを東京の方にどう説明したらいいのかはわかりません。

むしろこの日のメインは味ではなかったんです。半分くらい食ったところで突発的な豪雨がきちゃいました。そのとき店主は時間が3時くらいだったこともあってお客がいなかったこともあり、「やむまでいてくれていいよ」という言葉をかけてくれました。雑誌もたっぷりありますし、暇つぶしにはもってこいです。本当にオヤジさんの優しさに心から感謝していました。一人で住んでいるとこういう人のやさしさを感じ取る機会が少なくなるのでうれしかったです。実際30分以上やむまで居座っちゃいました。

なので味については人それぞれなのでなんともいえない部分はあるのですが(劇的にうまいというわけででは正直ありませんでした)、「安いラーメンを食べたい」「人の温かみを感じる接客をされたい」という用途では積極的に活用できるお店だと思います。

投稿者 91E : 23:59 | コメント (6) | トラックバック

ちゃぶ屋

今日からフォーマットを変えてみました。どうですか?今日はちょっと時間に余裕があったのでメインのブログ(注:ここは自分のメインのブログではありません。アクセス数はダントツにメインですけど)のネタ作りのため自転車でちょっと不忍通りを西のほうに行くことにしたわけです。そうすると護国寺にある「ちゃぶ屋に行こう」という流れは必然です。

護国寺の交差点を左に曲がり講談社方面へ。江戸川橋から護国寺を進行方面とする側にあります。自転車で1.2分で到着します。大島ラーメンのとなりです。入り口が奥なので分かりづらいです。行列ができていたら嫌だなぁと思ったのですが、それはなくてよかったです。とりあえずざるチャーシュー900円+味付け卵100円を。店員さんがあらかじめ席を用意してくれていて、そこにすわり食券を渡しました。自分は無駄に水分を補給する人なので結構でかいグラスに机の上に水が置いてあるのは本当にうれしいです。だからこそ食後の腹痛があるのかもしれないのですが。

食券を渡してから10分くらいかかったでしょうか?スポニチを読みながら待っていたわけですが、ちょっと遅いなぁという印象です。チャーシュー900円+味付け卵100円です。

麺がくっついていて程よい大きさをつけだれに入れるのに苦労しました。この点は何とかしてもらいたいものです。全体的な印象としては1回ラーメンは食べたことがあるのですが、ラーメンを食べたほうがいいというものでした。つけだれは醤油ベースで全体的にあっさりな感じでまとめられています。鶏がらが強く出ている感じでしょうか?酸味や甘味といったもので味を規定しすぎていないというのはいいのですが、食べ終わって数時間後に感想を書くと「どんな味だっけ?」という感じで印象が弱くなってしまっているのも事実です。中にはチャーシューとメンマがありましたが、メンマはなかなかいいです。チャーシューは箸を入れると崩れるタイプですが、つけだれとの相性はよかったように思います。卵は自分の好きな半熟とろとろ系だったのでそれだけでよかったです。

一通り食べた後でスープ割をお願いしたのですが、むしろこれがメインなくらいのような感じです。基本的にはスープ割にしても完全には飲まないようにしているのですが(高血圧&高尿酸のため)、ここのは思わず飲み干してしまいました。今度は支店の塩ラーメンでも食べてみることにします。

投稿者 91E : 20:05 | トラックバック

2005年04月25日

いちや東武練馬店

仕事が終わってここまで2キロ弱ですが歩いてみました。結構きついといえばきついですが、混んでいるバスで立ったまま乗ることの苦痛を思えば、好きな音を歩いていればさほど苦痛ではないです。最初は石橋貴明(とんねるず)の兄が経営しているといわれる「麺貴」(板橋区徳丸2-7-24)を食うぞというテンションでいたらそれと思しき場所にラーメン屋がなかったので、夕方6時になったらこの界隈のラーメンでも食べようと考え直しました。

とりあえずはマイカルの本屋で立ち読みしてから伊藤理佐のチューネン娘の二巻を購入してから1階のテーブル席へ。尼崎の事故のニュースがテレビに映っていたのでそれを見ながらチューネン娘やGallopを読んだりして時間をつぶしました。結果として時間はつぶれました。そのことに驚いています。

最初は東武練馬の北口をでて成増方面に線路沿いで行くとある「らぅめん いち」に行こうとしたのですが見事に月曜休みだったので同じ北口からサティ方面にある手もみラーメンジローの隣にあるいちやで食べることに。

 

本店がどこかわからないのですが、家に帰って調べると江古田でした。現在工事中のようです。もちろん染谷製麺から若干奥に行ったところにある江古田店とは別の場所にあるようです。ということは愛知県一宮市の「JR尾張一宮」「名鉄新一宮」近くの「東京から移転してきたいちや」とは別の店のようです。なので「帰省した際にタイミングを見計らっていってみ」ということになります。万博会場までは実家から30分くらいですが、GWはさすがに混んでいそうだからやめておきます。

という無駄話はさておきここでは、限定スペシャル(熟成醤油味)のこってり1000円を注文してみました。5分弱まってようやく出てきました。

のりのでかさにびっくりですが、全体的な印象としては「ラーメン香月」のような感じの味わいでした。麺といいスープといいここが一番近かったです。さらにこげにんにくとこげねぎが具として乗っかってました。味が統一されすぎていて食べる側からすると「もたれるなぁ」という印象をもってしまいました。香月のこってりスープに野菜もほとんどなくこげにんにくとこげねぎが具として載っている状況でした。あまりに胃にきついです。なのでこってりが一番人気となっていますが、あっさりもしくは塩を食べてみたほうがいいのかなという印象をもちました。

そう考えるとラーメン二郎の野菜は胃を休める機能があるんだなぁということで考えなしでこのメニューが作られているわけでないことを実感しました。

投稿者 91E : 23:59 | トラックバック

味噌一大原店

月曜日なので午前中は三田で雑用。その足で三田線の終点付近まで行って仕事というパターンです。一瞬三田の二郎を食ってから仕事に行こうかなと思ったのですが12時半頃に頂点を越えていたので断念。遅刻はできないからしょうがないです。

さすがに今週も欣家だとひねりがないだろうなぁと考え給料日ということもあり途中下車してみることに。選んだ店は味噌一の大原店。赤味噌スープのラーメンを食いたいという理由です。本蓮沼を降りてA3出口をでてそのまま右折。高速道路が見えたら再び右折。高島平を進行方向とする歩道に移動しそのまま高島平方面(中山道から離れる方面)に歩きます。7.8分くらい歩くでしょうか?ちなみに住所は板橋区大原町31-2です。

店に入ると客は一人しかいませんでした。とにかく赤味噌スープのラーメン食うぞっていうテンションだったので赤造りらーめん700円+チャーシュー300円にカンパメニュー味付け卵20円+メンマ20円もいっちゃいました。月曜日なのでGallopで天皇賞を検討しながら待つこと5分弱で出てきました。

この色です。まさに赤味噌です。それだけで満足です。チャーシューがスープとマッチしていないとかそんなことはどうでもいいです。すり鉢状の器ですが野菜をすくうには便利です。麺は太麺にしたのですが、細麺と赤味噌が到底合うとは思えないので必然的にそうなるでしょう。実際かーーなり濃かったです。名古屋の味噌ラーメンといっても赤味噌を直で使う店はなかなかないので、赤味噌どかんとぶちこんだラーメンを商品化してくれたという事実そのものがうれしかったです。仕事を控えていなかったらビールを飲みたくなる濃さです。自分が今までの人生でであった中で最も「ビールと一緒なら最高だろうなぁ」と思ったラーメンです。

赤味噌で育った人には間違いなく勧められるのですが、赤味噌で育っていない人には普通の味噌ラーメンのほうがいいと思います。すいません、今回は全然客観性なくて。。。

5/2も仕事の休みを取ったし、GWは実家に帰って赤味噌三昧する予定です。あとは名古屋のラーメン店めぐりです。

投稿者 91E : 19:59 | トラックバック

2005年04月24日

坂内大塚店

天気がいいので自転車を走らせているうちにここに到着しちゃいました。最初は大勝軒大塚店で食うかと思ったのですが行列ができていたのでやめました。大勝軒のラーメンに行列してまで食べたいという思い入れは正直なところないんです。なのでじゃあここにするかということで移動しました。とりあえず事前でコンビニにスポニチは仕入れておきました。入店後狭いカウンター席に通され大盛チャーシュー麺を注文。スポニチを読みながら待つこと5.6分で出てきました。

自分自身が「家から日曜日の昼に唯一自転車でいける二郎」である池袋東口店にもさほど思い入れがあるわけではないので、「肉の入ったラーメンを日曜日の昼に近場で食べたい」となると選ぶ店はここになります。自転車の走行距離が池袋東口店の半分以下ですからしょうがないでしょう。この店はチェーン店であり、ごくごく平凡なスープや麺であるのですが、チャーシュー麺を頼むとチャーシューから出るだしがスープにいい感じの味わいを加えてくれます。それを目当てにこの店には行きたくなります。

ちなみにチャーシュー麺大盛だと930円します。チャーシューのできがとってもよくそれだけに満足しながら5分ほどで食ました。その後は家に帰る途中でビールを購入し、明るいときから飲んだくれて晩飯はほとんど食いませんでした。日曜日の昼間に飲むビールはすごく美味いんですけど、自分が心底ダメ人間であることを悟らされる瞬間でもあります。何か複雑な気分です。

投稿者 91E : 23:59 | コメント (4) | トラックバック

2005年04月23日

新小金井街道店

このBlogは去年の7/1に開設したのですが、それ以後の期間において未食の二郎(あくまで二郎と名乗っている店で)が一軒。それがここでした。なおラーメン二郎蒲田店も最終日の昼にいったら開いていなくて食いそびれましたが、ラーメン大蒲田店は食べました。中央線でここまで遠いとなかなか行く機会そのものがないんですよね。野猿街道や相模大野といったオリジナルメニューやトッピングを扱う店ということはないので遠征するか?ということもあんまり考えられません。そんなわけで行きそびれていました。

ちょうどこの日は「府中競馬リニューアル」「府中に飯田祐史登場」ということもあり、府中競馬に行く気満々でした。そこから武蔵野線で西国分寺まで出てそこから中央線で武蔵小金井まで行けばいいということを考え、じゃあ新小金井街道まで行くことにしようと決めていくことにしました。

競馬場ではお約束フード「鳥千のフライドチキン」を2個食ってしまいました。ただ夜は二郎だからということでこれはビールも飲みたくなるのですが、我慢しました。

飯田祐史騎手の複勝1000円だけ買ったのですが、さっぱりでした。仕方ありません。iモードで自分のサイトを見ていたら別サイトの掲示板に変な書き込みがあったのでそれを消すため府中のネットカフェへ。それで450円の出費は痛いですが、時間つぶしも兼ねてということです。それが終わってから府中本町→西国分寺→武蔵小金井へ移動。そこから中大循環のバスに乗り「プール前」で下車。新小金井街道まで戻り北に進むこと2分弱で到着します。

6時10分頃に到着したのですが、行列しているのは自分ひとりでした。店内を見ると店主と若いオトコノコでした。おばちゃんはいなかったようです。土曜日だとそうなのかもしれません。とりあえずは店内に置いてある多摩のラーメンを読みながら待つこと7.8分で着席できて、そこからさらに7.8分で出てきました。ここだと「野菜」コールをしなくても十分に野菜が多いという印象があったので「にんにく辛め」だけをコール。小ダブルにんにく辛め850円です。

野菜をコールしなくてこれですか。もうびっくりです。正直圧倒されてしまいました。かなりキャベツが多いです。がんばっているのがうかがえます。スープはかなり白濁してちょっと甘味を感じます。むしろ○二を食っているのではないのか?と思うくらいです。こういう感じで一店一店味が違うのも二郎の魅力。これだからたまの遠征はやめられないんですよね~。豚はかなり柔らかくて「二郎の豚」という観点からすると違和感があるのですが、スープに染み込ませるとなかなかの味わいです。麺は若干平うちっぽい部分もあり、もちもちとした感触でした。とにかく麺を穿り返すように食わないと後で困りそうだということで麺を重点的に食べていたら思いのほか早くなくなっていました。どうやら食うことに集中しすぎていたようです。でも野菜は食いきれずに若干残してしまいましたごめんなさい。

食いきったことだし出るかということで出ようとすると店外にも行列ができているという状況でした。後数分遅れて到着していたらと思うとぞっとしました。結局カロリー消費も込めて武蔵小金井まで歩いて帰りました。20分弱で到着するので別に問題なく歩ける範囲だと思います。Blog以降後だと全部の二郎を食ったのですが、年内という観点だと未食の店は現在二郎を名乗っている店では「目黒」「池袋東口」「小滝橋通り」「歌舞伎町」「荻窪」「めじろ台法政大学」「武蔵小杉」「府中」「松戸駅前」「京成大久保」「亀戸」「鶴見」「環七一之江」「新代田」「高田馬場(食べたのは油そばのみ)」、それ以外だと「○二北浦和」「○二西新井」「生郎」「ラーメンと名乗っている店3軒とも」「いごっそう」「ぽっぽっ屋全軒」「ラーメン大2軒」「陸」と本当に残りまくりです。現在亀戸天神の藤がいい感じになってきているのでそれを見るついでかに亀戸店に行こうとは思っています。

なお、GWの休みについては店内カレンダーによれば4/29と5/2から5までの5日間でした。あとは5/24(火)も休みになっていましたのでご注意ください。

投稿者 91E : 23:59 | コメント (4) | トラックバック

2005年04月22日

わ蔵板橋本店

今日は豊島区に取られた自転車を取り返すために北池袋の自転車保管所まで。最初考えたルートは山手線で池袋→東武東上線で北池袋あるいは巣鴨から都バスというものだったのですが、それよりも三田線で新板橋にいってそこから歩いたほうが安上がり+健康によいということに気付きそのルートにしました。この「わ蔵」を食べてから自転車を取り返したわけですが、この保管所の職員はシルバーセンターから派遣された人で人のよさそうなおじいちゃんでした。普通の豊島区の職員がいたら文句の5個や6個でも言ってやりたかったのですが、言っても無駄というか言ったら悪そうな感じがしたのでいえませんでした。その豊島区のやり口に怒り倍増です。次こそは絶対に取られません。

さてわ蔵の場所は三田線の新板橋のA3出口を出て左に歩き中山道に出てから信号を渡らずそのまま左折。1分も歩けば到着です。

入ると券売機があるのですが、入ったすぐに臭みを感じてしまいました。逃げ出したくなったのですがぐっと我慢。味付け卵入りラーメン700円を。店員さんがあわただしくしていたのでが、相席の末何とか着席。この店は麺の固さが選べるのですが「粉落とし2秒」というのにはびっくりでした。というかかねてから伊藤理佐の「おいピータン」で「粉落とし」という単語があることは知っていたのですが、現実に見たのは初めてです。固め15秒というのにしたので、すぐにくると思ったのですが、食券を渡してから2分くらいで出てきました。

麺は極細でしゃっきとしてました。茶濁した豚骨醤油のスープに背脂が浮いてました。ただどろっとした感じのスープではなく比較的さらっとしていたように感じました。(注:基準がラーメン二郎)にんにくの香りがほのかにしました。部は薄切りのばらチャーシューが3枚、メンマ、細切りきくらげ、万能ねぎと追加で頼んだ味付け卵でした。味としては普通においしいというのが一番妥当な感想ではないかと思います。それ以上の強い感想はもてませんでした。つくづく手抜きでごめんなさい。

替え玉を100円で頼みました。この店は九州じゃんがらのように席にざるにあげた麺を持ってきてくれてそれを入れてくれます。なのでその際にはラーメンのたれを補充する必要はあります。いずれにしてもとにかく最初店に入ったときのにおいが引っかかりましたが、それ以外は水準程度のラーメンを食わせてくれるお店です。

投稿者 91E : 23:54 | トラックバック

2005年04月21日

めんくい

麺家うえだで食ってから仕事。90分ですがかなり体力を消耗しました。それで西武線で帰ろうとしたところいきなり人身事故のため電車が全然きませんでした。すべての路線の各駅でホームゲートを作るということはできないのでしょうか?郵貯で特殊法人に融資したり、年金を無駄遣いしたり、議員年金を払う金があるくらいだったら行政支援でもして欲しいです。「円滑な交通プログラム」の一環として。

それでもやっと電車がきたので目的地は今日は取材拒否店として有名なめんくいまで。場所は練馬から都営大江戸線に乗り換えて光が丘まで。終点です。そこのA4出口(ダイエーの出口)を出てから右折。実家によく似た風景を見ながらひたすら道なり。学校までいったらそこで右折。車が通れるくらいの大きさでいうと2つ目の交差点で左折。そのまままっすぐ行ったところにあります。10分くらい歩くでしょうか?住所は練馬区高松5-14-9です。

カウンター席のみ10個くらいがありその1つに座りました。テレビがあったのでそれを見ながら待ってました。ラーメン600円にチャーシュー300円をつけました。6.7分くらいで出てきました。

千石自慢ラーメンで修行したらしく改装前の千石自慢ラーメンに近い感じで出てきました。薄茶色のスープに背脂が浮いているという改装前の千石自慢という感じでした。ただそれに比べて醤油の味は抑えめだったような感じでしょうか?この辺のバランスはそれぞれの人の好みに依存するのですが、自分としてはもうちょっと醤油がでててもいいかなという感じです。ただ豚骨の甘味も出ている感じなので味としては悪くないでしょう。少なくとも勝手なイメージではありますが、改装後の千石自慢よりも昔の千石自慢っぽさは味わえるのではないでしょうか?あの変におしゃれになった雰囲気ではなく立ち食いだった頃の無骨な雰囲気も含めてですが。麺も太目の縮れた麺でこれまた千石自慢の懐かしい感じの麺でした。スープとの濃さも相性いい感じです。チャーシューは箸を入れるとくずれるような千石自慢のチャーシューと同タイプです。

全体的に改装前の千石自慢っぽさがあり、悪くはないと思います。

投稿者 91E : 23:59 | トラックバック

麺家うえだ

この日は所沢で仕事。平日の昼にこの界隈にいけるというのを幸運と考え、かねてから行こうと思っていたこの店に行くことに。この店のサイトを見て「昼間にいかないとやばい」というのは感じていました。この店は東上線の志木にあるのですが、朝霞台にでてから北朝霞まで歩いて武蔵野線に乗り換えて東所沢からバスでいけるので問題はないです。

と上に書いたように東武東上線の志木駅を降りて南口を出て新座中央通りをそのまままっすぐ。3.4分も歩けば到着します。進行方向が駅から離れていく側にあります。

入ると券売機があるのでそこで鬼麺王(きめんおう)700円を購入。自分はでかい割には比較的狭いところが好きなので冷蔵庫が置いてある付近に座ろうとしたら、店主(みさえちゃん)が「もっと広いところへドウゾ」ということで少し奥に移動しました。そこはある種の有名人Mきょさんのサイン色紙のまん前でした。大崎さんのサインもMきょさんのとなりにありました。彼らに見守られながら食べることになります。いずれにしても店主が話し好きだという情報だけは十分伝わってきました。

とりあえずトッピングについて聞かれたので「にんにく、たまねぎ、脂全部入れてください」と答えました。もともとゆで時間はかなりかかるとのことなのでiアプリなどで遊ぶこと15分くらいたってからようやくでてきました。待つという言葉にうそはなかったです。鬼麺王です。

「熱いので気をつけてください」といわれたので注意して丼を受け取りましたが、本当に熱かったです。油断していると落としてしまいそうでした。スープはとろっとした感じでありますが、麺家うえだの裏サイトによれば「特濃魚介豚骨スープのトロミをライトよりもさらに抑え、そこに牛バラの脂を加えた」とのこと。確かに今まで味わったことのない味だなぁとは思ったのですが、牛バラの脂なんですね。確かに重たいのですが、結構多く入っているもやしやたまねぎによって中和されている感もあります。また上に唐辛子が載っているのでそれも中和に貢献しているのかもという印象でした。もちろんみたまんまで醤油ベースです。

麺はうどんを思わせる極太でゆであがりに時間がかかりそうなタイプでした。裏サイトにもありますが、2004年8月中旬くらいまで巣鴨にあった「極麺王」の麺を平うちじゃなくしたような感じでしょうか?噛み応えがあり、固めな麺が好きな自分としてはむしろ好きなくらいの麺です。チャーシューは3枚乗っかっていました。かなり脂分が多かったというのが印象です。見た目ほど醤油などの味は染み込んでいなかったような感じでした。

二郎を基準にすると味は全然違いましたが、なんか極麺王を食べているような感覚になり懐かしくなってきました。全然うえだとは関係ありませんが、ラーメンジゾウは未だに看板が撤去されません。こういういいかげんな人がやっていたから早くにつぶれてしまったのかなぁ?と判断せざるをえないです。

仕事前ににんにくを入れてしまってやばかったので帰りのコンビニでフィルム状のにんにく臭い消しを買いました。消えているといいのですが。。。

投稿者 91E : 23:58 | コメント (2) | トラックバック

2005年04月20日

三崎市場三田店

この日は三田の用事が思いのほか早く5時過ぎに終了しちゃいました。実は夕方6時半か7時くらいから別件の用事があるのでそれまで時間つぶししなきゃなりませんでした。空腹だったので何か食っておこうと考えました。人と会うのとその用事で食事がでるかも?ということでラーメン二郎神田神保町店というのはありませんでした。色々考えた結果たどり着いたのはこの店。普段はまぐろ丼やうどんを出している店なのですが、5時を過ぎるとラーメンもでます。この機会に行ってみることにしました。

場所は桜田通り沿いです。住所は東京都港区芝5-14-17 白蘭ビル1階です。入ると券売機が置いてあり、そこで道玄坂ラーメン680円+大盛100円を購入。店員さんに食券を渡して待つこと5分くらいで出てきました。

このラーメンというかこの店の特徴は関西のうどんではよく入っているらしい「油かす」というものです。油かすとは牛の小腸を揚げたものだそうです。ゼラチン質なのですが、最初サクサクとしていて噛むに連れぷにぷにって感じになります。今まであまり味わったことのない感触で新鮮でした。これが意外と重たい部分もあるので具としてあった白菜や水菜がいい感じで中和してくれていました。ちなみにスープは和風だしをベースとして魚介系と鶏がらをあわせたような感じで澄んでいますが、コショウが利いていて、こってりとは違いますが見た目よりも濃いという感じはしました。麺は極々普通ですが、思ったより量は多かったです。

たいしたことなさそうと侮っていましたが、意外と侮れないです。その後は神保町まで行って用事をこなしましたが、3000円の臨時出費があまりに辛かったです。これは本当に想定外の支出です。どうやら家の更新は26日まで出来なさそうな感じです。

投稿者 91E : 23:59 | コメント (3) | トラックバック

2005年04月19日

大勝軒東洋大学店

昨日自転車を持っていかれたので歩いていける店に行くことに。ちょうど調べていたら最近できた東洋大学の6号館(白山通り沿いの建物。白山と千石の間ですが、若干千石寄り)の地下1階に大勝軒が入ったということで行ってみることに。まずは新しくできた東洋大学の6号館です。

建物内に入り地下1階にでて案内板に沿っていくと見つかりました。こんな感じです。

券売機が置いてありもりチャーシュー850円を購入。大学だからといって特別安くなっているとかそういうことはないようです。あとは大学限定メニューとしてあっさり塩とあっさり醤油がそれぞれ450円で販売されています。量は140グラムです。食券を渡すと番号札が渡されました。番号で呼ばれるのですがカフェテリアの広さを考えるとあまりに非効率だという印象です。ブザーも渡してくれてブザーがなったら取りに行くというシステムの方がいいような印象です。(名古屋のスガキヤみたいな感じです)大学のカフェテリアだと12時過ぎると席の確保が一番大変ですし。ある程度近くにいないと自分が呼ばれたときに気付かないだろうということで立ちながら待っていました。立っていることもあって結構長く感じました。7.8分くらいたってから出てきました。下のトレイが学食だなぁというのを感じさせると思います。

つけだれは若干ぬるい嫌いはあったものの大勝軒という感じでした。自分自身が大勝軒の店ごとの違いを感じ取れないので普通にうまい大勝軒でした。チャーシューがぱさぱさしている嫌いはありますが、よくよく考えればこれも大勝軒なので仕方ないでしょう。酢の味が過剰に出過ぎることもないしやっぱり名店といわれるだけのことはあるなぁという印象をもちました。コショウと唐辛子の味が若干強めのアクセントになっていました。こんな店が学食に入るんですからすごいもんです。一時慶応大学でも移転前の二郎が道路拡張で移転か?というときに学内誘致運動が起こったのですが結局実現しなかったことを思うとすごいです。

当たり前ですが利用者はほとんどが学生なので、周辺の空気のバランスが難しく思います。20代後半の人は大学院生っぽく、30代以上の人は教職員っぽく見えるような服で行ったほうが違和感はないかもしれません。学食のレベルアップというのも大学の営業には大事なのかなぁ?というのを感じた次第です。

投稿者 91E : 13:59 | コメント (2) | トラックバック

2005年04月18日

欣家

7月上旬までは毎週月曜日は午前中は三田で昼2時半から西台で仕事という生活パターンになります。12時半頃に仕事を片付けて三田二郎→三田線で西台というコースもありなのでしょうが、にんにく臭さを出すこと+満腹感で脱力することはまずいということでこのコースはさけています。ちなみにfresh kiss(におい測定器)で実験したところでは二郎直後(にんにくは入れるけどスープはほとんど飲んでいない)の臭いよりも飲酒(おそらくは喫煙も)直後の臭いのほうが相当ランクが上であることが判明しました。だからといって仕事の前に二郎を食べてもOKという免罪符になっていないということは言うまでもありません。にんにくを入れなければOKでしょうが、自分としては二郎とにんにくはセットなのでそれは無理です。

今日は仕事後東武東上線沿いでどこかで食おうかなという計算をして巣鴨まで自転車で出ました。そこから面倒なので三田線で三田まで。仕事後三田を12時40分頃でてそのまま三田線で西台へ。西台到着が1時半くらいだったのでまだまだ時間はあるかなということで欣家へ。実際店外に一人いました。店内に5人くらい行列していることを考えれば30分近くコースは確定です。7.8分外でぼーっとしていたらようやく中に入れました。もちろん行列用のいすで席は確保できていないのは言うまでもありません。

そこでようやく注文を通され新メニューとしてあった「味噌つけめん中盛り」650円+中盛100円にしました。ここからが長い長い。基準がラーメン二郎三田本店になっているので基準がマヒしている部分は多々あるのですが、なんか回転が悪いです。もともと麺自体も太いほうでゆでるのに時間が掛かるのはしかたないんですけど。。。

席に案内されて10分弱で出てきました。注文を取ってからは20分は掛かってからでてきました。味噌つけ麺中盛750円です。

いつもこの店は「普通に肉入りつけめん中盛950円を食いました。この店独特の味わいでおいしかったです」になっていたので毛色を変えるために敢えて新メニューと出ていたこのメニューに。結論から言えば、

ノーマルタイプのほうがよかったかも

と思えるものでした。自分自身が味噌は「ホイコーロータイプ」もしくは「赤味噌」で育ってきているというのがあります。この店の味噌は白味噌か合わせ味噌かのような味わいでした。子供の頃から味噌汁が赤味噌だったので白も合わせの判断もすごくアバウトになっています。本当にだめだめ味覚でごめんなさい。こんな味覚の人間にとやかく言われたくないでしょう。あらかじめご了承ください。あくまできわめて主観的なこととして読んでいただきたいのですが、

味噌がこういう方向に向かってほしくなかった

と個人的には思うわけです。今日は全体的に普通のつけを食っておけばよかったなぁという思いに溢れつつ書いています。実際この店の売りの「目光」を感じにくい味わいだったような印象です。

それから仕事に行って無事に終了して帰りはバスに乗って東武東上線の駅まで行こうと思ったらあまりに混んでいて断念。仕方なく三田線で巣鴨まで戻って自転車を取ろうとしたらありません。どうやら豊島区の人に持っていかれていたようです。取り返すのに5000円です。まじでへこんでいます。

投稿者 91E : 19:44 | コメント (2) | トラックバック

2005年04月16日

神田神保町店

いま貧乏です。とりわけ貧乏です。今週のSPAの貧乏君の典型的行動をしまくりですからしょうがないんですけど。。。貧乏なときには二郎というのが自分の鉄則。昼に食えば晩飯抜けますからね。昨日もそれを狙っていたらなんと昼は臨時休業。夜だと「飯を抜く」という機能を果たさないのであんまり意味はないんです。なので仕方なく近くの王将で餃子1人前150円(金曜日だけで普段は200円)を3人前食ってそれにライスをつけるというのにしちゃいました。

今日は臨時休業のメルマガは届かなかったので食うことに。11時15分頃に自転車で到着すると行列は10人くらい。明日の皐月賞に向けての予想のためスポニチを読みながら待つことに。プライベートのPOGでディープインパクトを持っているのでなんとか勝ってほしいとは思ってます。でも大外ぶん回して3着という展開も想像つくだけに不安は多々あります。ダービーは怪我なく出られれば完走さえできればおのずと勝っているでしょうからいいですが、皐月賞は不安です。

という競馬ネタに興味のない人にはしょうもないことを語りつつ30分ほど行列+店内待ちをしてようやく出てきました。10人程度で30分待つというのは回転悪すぎです。その原因は一つのロットに10分くらいかかるからなのかもしれません。次のロットでトッピングを聞かれるくらいのタイミングで退店後、撮影したのを家のPCメールに送信した時間を測ると10分くらいかかっていました。見ていてもマリーンズのユニを着た人との連携がいまいちというのは感じます。小ダブル野菜にんにくです。

うまそうです。すっかり安定してきました。自分の好みの二郎をブレも少なく提供してくれる店が本当にありがたいです。豚は1本1本できが違うと考えたほうがいいとは思いますが十分おいしいですし、野菜もしゃきしゃき感もありますし、麺もやわらかすぎないしといいです。ここと目黒と新代田は辛めはいらないですね。とにかく注文としてはもう少し回転をよくしてください。本当にそれだけです。

投稿者 91E : 20:53 | トラックバック

2005年04月14日

どっと屋

無事にこの日の仕事が終了しました。1回目ということもあり雑談を中心にしたのですが、1年生がほとんどで純粋にウケねらいのところでウケてくれたのはうれしかったです。この純粋さを忘れずに4年間過ごしてくれるとこっちもうれしいです。ただ「話が難しい部分もあった」という指摘も受けたので来週以降反省していけたらと思います。仕事を紹介してくれた人と挨拶をしてから帰りはバスで西武線方面へ。学生さんと同じバスに乗るのはやだなぁと思いますので来週以降は別のバスで帰ろうかなと思います。やたらと混むし、自分が学生の頃だったら先生と同じ電車とか嫌でしたから。

所沢を17時過ぎに出た上に空腹となればどこかで食うしかありません。どこにしようかなぁ?と考えて選んだ店はどっと屋。我ながらひねりのなさすぎな選択。所沢→石神井公園(準急)→練馬(急行)→江古田(普通)と乗り換え到着。南口から若干左にある道をまっすぐ、突き当たって左、さらに突き当たって右にいけばあります。全部で1分くらいです。入るとお客さんは5人くらいでした。作っている人が若い人に代わっていました。無愛想なのは変わっていないのですが。。。

大盛ラーメン650円+豚120円×2の890円を購入。堀切の系列だとどうしても豚は2枚買ってしまいます。それで7.8分くらいたったところでトッピングを聞かれたので全部入れてもらいました。出てきたものはこれです。

まずは豚が大きくなっていたのにびっくり。自分が記憶している堀切系列の1.5倍はあります。枚数は変わらないのですからかーーなりきついです。スープの印象としてはたまねぎを入れたことがあるのかもしれませんが甘味がつよいなぁという印象です。あとは具を全部いれたこともあってかぬるいような印象も受けました。具とスープの温度のバランスは難しいんですね。麺はいつものような味わいで固いくらいで自分としては味噌煮込みうどん育ちということもありむしろ好きなくらいです。ぬるいという部分を除けば悪くはない味わいでした。

ただ夜の江古田だと染谷製麺のから揚げとの選択になってしまうので、同じような状況になったときに再びどっと屋を選べるかというと微妙な部分もあります。昼だといいとは思いますが、にんにくを入れなきゃいけないので仕事前だときつい部分もあります。

投稿者 91E : 23:59 | トラックバック

十兵衛

今週から所沢での仕事が始まります。2時くらいに行けばいいので昼に1食、夜に1食というコースを毎週木曜日はしていけたらと考えています。さてその第1弾として選んだのが一番の有名店ともいえるこちら。自分の近所にも同じ名前の店があります。場所は大泉学園を降りて南口のロータリーをひたすら南へ。学芸大小中方面へ。さらにそれを通過してセブンイレブンがきたら左折。後はひたすら道なり。比較的大きな道路に出たら右折。全部で12.3分でしょうか?住所は東京都練馬区石神井台3-24-39です。この界隈の道路は歩道が狭いです。非常に歩きづらいし危険です。もう少し計画的に道路を作って欲しかったものです。こんな外観です。

営業時間は昼のみですが11時40分頃に到着ということもあり行列は避けられました。よかったです。相席になりましたがなんとか着席できました。最初烏龍茶が出てくるのですが、すごく濃いです。後の話になりますが、ラーメンの味が呆けてしまうくらいです。もう少しあっさり目に作ってくれたほうがこちらとしては嬉しいです。とりあえずは特製つけ麺中麺950円を注文したのですが、とにかく待たされます。軽く10分は待たされます。全体に要領がよくないなぁというのは感じましたが、麺もゆでるのに時間が掛かるタイプのものを使っているのかもしれません。その間にカウンター席に移されさらに待つこと5分くらいで出てきました。都合15分近くは待ったでしょうか?特製つけ麺中麺です。

うまそうです。つけだれの中には髭ねぎが印象的です。箸休めに最適です。とりあえず麺を一本食うとやわらかいくらいのゆで加減。それでゆでるのに時間がかかったのでしょうか?味としては悪くないです。続いてたれですが、店の触書には「鯛煮干しを使ったスープ」とありますが、「これが鯛煮干だ!」というのまでは分からないのですが、魚介系が比較的あっさりした味わいで感じ取ることはできました。全体的に酢がちょっと多いかなぁ?という印象とゆずコショウ?が入っているような感じもありました。(コショウと柑橘系のような感じがしたので)具も一つ一つなかなかの仕事をされています。

最後にスープ割をしてもらいました。ここは醤油と豚骨を選択できるのですが、豚骨を選びました。なかなかの味わいだったと思います。他のメニューもかーーなりあるし、ポイントカードをもらってしまったのでしばらく通ってみてもいいとは思いますが、駅から10分以上歩くのも注文してから15分待たされるのも疲れるんだよなぁ。。。

投稿者 91E : 23:58 | トラックバック

2005年04月13日

一慶

今日も用事で三田へ。夜は研究室飲みなので二郎はやめました。二郎を食って飲みに行くとつまみが入らないのでもったいないって思っちゃうんですよね。いい年こいて割り勘負けしたくないと思うそんなしみったれ根性がすごく嫌いです。なんか今月はいろいろと調子こいて金を使っているうちにしゃれにならないほどの金欠。なので第一の基準は「安く食える」です。それで選んだのがこの店です。

交差点から二郎を覗くとさほど行列はありませんでした。今週は1回目の授業が最寄の学校で繰り広げられているために様子見で集まっているかと思いきやそうでもないのかも。しかし二郎は食わないと決めているので一慶へ。見ると4.5人並んでいました。毎週水曜日は100円引きなのでそれが魅力だったのかもしれません。というか自分も100円引きが魅力で行きましたし。

7.8分行列していると座れました。ここは水がセルフサービスなので自分で水を注ぎ着席。とんこつ醤油大盛600円(普段は700円)を注文。店に置いてあった冊子などを読みながら待つこと4分くらいで出てきました。

食った際の感想は前に食ったときと全く同じでしたのでそのまま転載します。実に手抜きだ。人と話をするかもということでにんにくは入れませんでしたが、それ以外は同じです。
--------------
これといった特徴のあるスープではないのですが、机の上に「紅しょうが」「辛し高菜」「刻みねぎ」「にんにく」「ごま」が置いてあったので、辛し高菜とにんにくと刻みねぎを思い切りいれたところ、元の味がわからないくらいになってしまいましたが、そんなに悪くもなかったです。やっぱり辛し高菜がただというのはそれだけで評価アップです。チャーシューも薄いものの味はうまいですし、全体としてはそんなに悪くもなく「うまいけどしょっちゅうは食えない」(二郎も最初はそのグループに入っていたはずですが。。。)とは真逆の方向性で作っているのかなというのが感想です。
--------------

そのまま用事をこなそうとすると1時からのはずが2時に急遽変更とのこと。まじですか?すごく呆然。これだったら二郎食っておけばよかったかもとちょっと後悔。まぁ飲み会があったからいいんですけど。。。しかし昼の12時過ぎに食って3時に空腹感を感じてしまったのはいったいどないことでしょう?

明日は西武線で所沢まで行くので西武線沿線で最低一軒、できれば二軒を予定しています。予算制約もあるのでいろいろビミョーなところもありますが。。。

投稿者 91E : 23:59 | コメント (1) | トラックバック

2005年04月12日

染谷製麺

この日に染谷製麺にするか、翌日にどっと屋にするか迷ったのですが、染谷製麺を食う流れはできづらいという判断のもと染谷製麺で食うことにしました。↓の倭国に行った後一旦帰宅し、Blog作成などを。それで3時から健康診断とのことなので3時ごろ家を出発。ところが雨。断念しようかとも思いましたが、これを逃すとチャンスをなくすと思い自分に喝を入れていきました。

健康診断はレントゲンだけだったのでものの5分で終了。採血をやられて数値が悪いから採用取消なんてことがあった日にはしゃれにならないからよかったです。開店の5時まで1時間ほどあるから江古田のネットカフェへ。ネット席が埋まっていたので漫画を読みながら1時間待つことに。30分くらいだと却って困りますね。1時間くらいだとテキトーにネットカフェで時間でもつぶすかという選択ができるのでまだいいです。やっとこさ5時になり染谷製麺へ。もちろん1番乗りでした。場所は江古田の南口を下りて右に出てから線路沿いに1分も歩くとあります。

染谷製麺800円を。どうやら注文を聞いてから作るタイプの店のようで時間がかーーなりかかります。急ぎの時には不向きな店かも。肩ロース肉の唐揚げが売りの店でこのメニューにも入っているのですが、時間帯もあり客が自分ともう一人しかいないこともあってかのんびり作っているなぁというのを感じました。あまりに暇なのでiアプリで遊んだり店の能書きを読んだりしながら待つこと12.3分で出てきました。

スープは豚骨と鶏がらベースでその上ににんにくを焦がした黒いマー油がかかっていました。なので見た感じはなんつっ亭っぽくみえます。この店では鶏がらが入っていることでマイルドさも加わりそれでいてコクがあるという分かったか分かっていないかのような書きっぷりですが、とろみもあってかーーなり自分としてはツボに入りました。チャーシューはデフォでは1枚ですが、まずまずの味だと思いました。卵はちょっと固めであり、可もなく不可もなくという感じでした。

この店でうまいなぁと特に思ったのは肩ロース肉の唐揚げと麺です。前者は注文を聞いてから揚げるというのは先に書いたとおりでこれが時間の掛かる原因でもあるのですが、その価値は十分にあるという味わいでした。カレー風味もあります。麺はいろんな小麦粉をブレンドしているらしく、オレンジ色っぽくて博多ラーメンを若干太くした麺でした。しっかり小麦の味もあり麺の味そのものも楽しめる味わいでした。

各種ラーメンサイトや本では昼11時からとなっていますが、最近は夜だけ営業に移行したと思われます。空ぶらないように注意してください。西武線沿線を利用する際には江古田は普通しか止まらない駅ですが、わざわざ降りて食う価値は自分はあると思います。

投稿者 91E : 23:59 | コメント (2) | トラックバック

倭国

この日は江古田で健康診断。午前中に終えてこの界隈のラーメン店を2店制覇するという目論見で10時50分頃に健康診断に行くと「すいません、この時間帯女性だけなんです。男性は午後3時からか明日のこの時間です」といわれてしまいました。渡された書類には男性女性の時間帯とか書かれていませんでした。すっごい徒労です。あるラーメン本やライブドアグルメを見ると11時開店とあった染谷製麺でも食うかなと思っていってみると「17:00-翌1:00」なんてなっていてもう呆然です。仕方がないのでiエリアを駆使していろいろと調べた結果選んだ店は倭国です。

場所は江古田を降りて北口に出て左にでて線路沿いに歩き最初の踏切を斜めに。サンクスの角を右に曲がりそのまま道なりです。全体で3分も歩けば到着です。おしゃれな作りが特徴です。

自分は割とライブドアグルメのコメントは信用しています。この理由は以下のとおりです。自分の家の近くにカレーうどんでマスコミ的に有名な古奈屋があるのですが、どうしても美味いと思えません。それでライブドアグルメで見たら同じことを思ってくれている人が多いということが判明したからです。少なくとも自分の味覚とはずれていないという印象があります。ちなみにラーメン二郎三田本店だとこんな感じのランク付けをされています。5が満点で1が最低です。

★5******************************
★4***********
★3***********
★2***
★1****

自分が「ラーメン二郎三田本店はこう思われているんだろうなぁ」というのよりも高評価でびっくりです。これから見ても少なくとも自分の味覚とはずれていないかなと思います。んでこの店にしたのは4の評価が大きく期待できるからというのが理由です。入って肉そば800円を注文。iアプリで遊びながら待つこと5分弱で出てきました。

丼の色が黒なので見た目から判断するのは難しいのですが、家系っぽい作りかなぁ?という印象がありました。しかしスープは魚介系のにおいが強かったです。いろいろのサイトを調べると細かくだしをとっているみたいです。チャーシューは脂身が少なく丁寧なつくり。メンマもかーーなり丁寧に作っているという印象。麺は中麺くらいでしょうか?二郎が基準なのでどこまでを太麺、どこまでが中麺かの位置付けが自分の中で困難になっています。家系よりは細いという言葉でしか説明できないです。量は普通の店のラーメンくらいです。この店で食べている段階では「12時になってからどっと屋突撃か3時過ぎに健康診断をしてからネットカフェなりで時間をつぶしてから5時に染谷製麺か」を決めていなかったから大盛にしていませんでした。

タイプとしては遠征して食べに行くラーメンではなく、近くに住んでいる人が何度も食べているうちに深みにはまるのかなという印象をもちました。最近食券の店になれてしまって、食券も伝票のない店では支払を忘れてしまいそうになる自分がちょっと嫌いです。

投稿者 91E : 19:55 | トラックバック

2005年04月11日

びっくりラーメン高島平店

前日には花見で12時間耐久飲み。体調は最悪で油っけのあるものはほしくありませんでした。せっかく週に一度の板橋遠征なのに選んだのはこの店。ここ数日金を使いすぎていて生活が大丈夫かなぁという不安もありましたから安さ優先で。これから7月上旬まで毎週月曜日は12時半まで三田にいて2時間から高島平で仕事というスケジュールなので、行列店である欣家で食えるかどうかが正直不安なところです。何とか東武練馬を中心とした東武東上線エリアか三田線の上のほうの店を食うという楽しみは続けていきたいとは思っています。

雨だったし体調は不調だったしでテンションがあんまり上がらない日でした。とりあえず軽くここで食っておいて体調がよくなったらどこかで期待できる店で食べようということを考えました。この店の場所は西台の東口から南へ道なり。歩道橋の付近を右手に見るとあります。

メニューはチャーラー388円にしておきました。写真で見る限りチャーハンは期待できると判断したからです。それで東スポなどを読みながら3.4分待っていると出てきました。左がラーメンで右がチャーハンです。

 

ラーメンについては麺が一番いいです。程よく固くてもちもちとした感じです。スープは鶏がらベースなのですが何というか「人工的な味わい」がしました。自分の国語力ではこれが限界です。具もチャーシューは変に臭かったです。ただ値段を考えれば想定の範囲内であります。なのでこんなもんだろうと思って食べる分には問題ありません。

チャーハンについてはちょっときつかったです。何でか分からないのですが、チョコレートの匂いがするんですよね。ラーメン屋でいったいどうやったらそんなにおいがでてくるのか?不思議でたまりませんでした。このチャーハンに関しては次はないです。ごめんなさい。この店でセットにする場合にはライスかおにぎりにしたほうが安いし味もシンプルそうでいいのでは?と思います。

その後仕事をしたのですが、東武練馬に行くバスが混んでいたこともあり天気が悪くてなんかめんどくさくなったこともあり、酒でも買って家に帰りました。気がつけば夕方6時から12時間くらい爆睡しちゃってました。やばいです。

12日は江古田に行くので、この界隈のお店を最低一軒体調次第で二軒行けたらと思っています。

投稿者 91E : 23:59 | コメント (4) | トラックバック

三田本店(BlogPet)

きのうは三田でじろうは三田でくしは行列するはずだったの。
じろうが三田で到着♪
きのうじろうで、行列するつもりだった?
じろうはじろうで到着したいです。


今日は月に一度のJiro Day。
メールによるとチーズとのこと。
ふりふりカレーと..


*このエントリは、BlogPetの「じろう」が書きました。

投稿者 91E : 12:49 | トラックバック

2005年04月09日

神田神保町店

今日はWINS後楽園に。自分がPOGで持っている馬であるピカレスクコートが本日のメインレースであるニュージーランドトロフィーに出走というのでその馬券を買いに。本来だったら中山競馬場まで行くべきなのでしょうが、先週想定の範囲外の出費があり競馬場に行ってしまうとついつい不必要なレースにまで手を出してしまうという事でやめました。

WINS後楽園に土曜日に行くということはラーメン二郎神田神保町店に行くのは必然です。自転車で到着すると10人以上は行列していて気分が萎えたのですがここまで来て食わないのも不自然な話。自転車を降りて行列することに。とりあえずはスポーツ新聞で桜花賞の予想をしながらiモードでいろいろとサイトチェックをすること30分くらいでようやく店内に入れました。本当に何でこの店はこんなに回転が悪いんだろう。券売機を見ると豚の量が少なくなっているのかダブルのところに「売り切れ」と張り紙がしてありました。仕方がないので小豚700円を。友人同士で喋りながら食べている客がいて「もっと早く食べてほしいなぁ」と思いながら待っているとようやく着席できました。着席してから5分くらい待つとでてきました。小豚野菜にんにくです。

表面に数ミリの油(液状のなので)が浮いている形態ですっかり安定。野菜はほどよくしゃきしゃきで、麺も同じロットに固めが2人いたものの柔らかすぎずいいゆで加減。カネシをきかせた味わいですし、豚も脂身が多い部分があったものの十分に味も染みていてまさしく自分好みの二郎。体調絶好調で行ったわけじゃないので豚ダブルじゃなくてちょうど良かったくらいです。自分好みの二郎がブレもさほどなく出てくる店が自転車での行動圏にあることが本当にありがたく思います。

その後でWINS後楽園に行ってみると4時から「及川奈央による桜花賞予想」があるとのこと。馬券でも買ってそのまま家で競馬中継でも見ようと思いましたが、及川奈央を見るための時間つぶしに水道橋のネットカフェにきて今これを書いています。とりあえずピカレスクコート絡みの馬券を1000円だけ買いました。当たっているといいなぁ。。。

投稿者 91E : 15:05 | コメント (2) | トラックバック

2005年04月08日

テールラーメン

この日は夜桜の写真でも撮りに行こうと飛鳥山公園まで自転車でひとっ走り。本当に自転車が気持ちいいです。駒込から古河庭園までの上り坂がちょっと憂鬱ですが、健康のためにはちょうどいいくらいかなと。夜桜はきれいでしたし、人も多かったです。その流れで前々日食べられなかったテールラーメンのリベンジに行ってきました。

場所は都電荒川線の飛鳥山を降りて本郷通りを駒込方面に進んだ右側です。2分くらい歩けば到着です。外見はぼろいので入る気をなくすかもしれませんが、入ってみました。

席数は7くらいでかなり狭いです。人のよさそうなオヤジさんが言うには「今日は昼の営業後に飲んだらちょっと寝過ごして開店が遅れた」とのことです。なんか楽しそうなオヤジさんです。自分の前に先客が2名いまして自分の分と合わせて作ってくれました。作り始めてから7.8分で出てきました。チャーシュー850円+味付け卵50円です。

味としてはかなりあっさり目です。牛テールからのスープといいます。店名がテールラーメンですからそうでしょう。確かに今まで味わったことのない味わいです。あっさりしているんだけど何かじわっと味が入っているという感じでしょうか?これでじわっとした味がなければ彦龍(通称日本一不味いラーメン)になるリスクをはらんでいるわけであり、ある意味で職人芸かもしれません。スタンダードのラーメンだと醤油味になりますが、味噌などもあります。

サイトを見ても「オヤジさんは能書きが大好き」とかかれていますが、この日はチャーシューについて語っていました。「うちのチャーシューやわらかいでしょ」という感じで。タコ糸ではなくラップで巻いているようです。正直なところこれによってどう違うのかはわかりませんが、なかなか味が染みていて食べやすかったです。他のメンマもしゃきしゃき感を残してなかなかの味わいでした。味付け卵はちょっとしょっぱいなぁとは思ったのですが、半熟の柔らか目とかなり好み。麺は中麺より若干細いくらいで可もなく不可もなくという味わいでした。

そんなこともあって店の外観よりも味の水準は高い思います。公共交通機関で行きづらいという問題はありますが、すっきりしたラーメンを食いたいという場合にはありなお店だと思います。

投稿者 91E : 23:59 | コメント (2) | トラックバック

2005年04月07日

筑豊ラーメンばさらかラーメンアカデミー店

春休みのラストウィークということで、ロッテ浦和球場に二軍のロッテ対インボイス(西武)の試合を見に行ってきました。場所は武蔵浦和から埼京線を南方向に10分くらい進んだところにあります。とりあえず黒木を間近で見られただけでもよかったです。

実は武蔵浦和にラーメンアカデミーがあるというのを知らずに地元の大戸屋で食ってからそこに行ってしまいました。まじで後悔です。知っていれば昼にラーメンアカデミーで1食、夜に○二北浦和店コースをしていました。もともとは夜は○二北浦和店に行く予定だったのですが、ラーメンアカデミーのチラシでばさらかが「あぶりトントロチャーシュー麺」なる商品を提供しているとのこと。何せ最近あぶりチャーシューが自分の中でブーム形成されているのでスルーするわけにはいきません。「○二北浦和店への移動の手間」と「とりあえずはあぶりチャーシューは食える」というのを天秤にかけた結果後者にしたというわけです。本当にこんな怠け者な自分がちょっと嫌いです。胃袋的に「両方食う」という選択肢はありませんでした。やっぱり北浦和からバスというのは面倒です。車もバイクもない貧乏人の辛さが出てしまいました。

そんなわけで武蔵浦和駅西口すぐのところにあるラーメンアカデミーです。

この入り口を入ってエスカレーターを上り右前方にあります。

行ったのが5時過ぎくらいだったということもありほとんどお客さんはいませんでした。とりあえずはあぶりトントロチャーシュー麺950円の食券を購入。人気No.1との触れ込みです。店員さんに渡して東京スポーツを読みながら待つこと3分で出てきました。

スープはとろみがある一方で臭みは感じませんでした。かなり好印象です。豚骨のみならず鶏がらも入っているような味わいです。その後お目当てのあぶりトントロを食いましたが、これはかなりうまいです。かなり長時間あぶっていた効果が出ていたと思います。それに上にかかっていた黒コショウの味が絶妙にマッチしていました。麺は博多系のラーメンにしては若干太いかなぁというタイプでちょっとやわらかめにゆでてあったような感じがあります。全体的にあぶりチャーシューを食べることに集中していたのですが、スープの味わいもよくて結構飲んじゃいました。普段だったら替え玉しているところですが、本当は地元に帰ってからもう1軒別のところに行こうと思ったのでやめてしまいました。味玉も個人的には好きな味わいだったし、全体的にこの店は好きでした。基本的に鶏がら系があるラーメンは好きなんだなというのを実感しました。

ただ家に帰ってから調べてみると、池袋のラーメン名作座に進出しているとのこと。こういうのを見るとわざわざ浦和で食べたというのがちょっと悔しいです。やっぱり下調べはきちんとしないとダメだなという反省をしました。

投稿者 91E : 23:59 | コメント (2) | トラックバック

2005年04月06日

みの麺多

この日は気温も高く天気は快晴。こんな日は桜を見たいと思い立ち飛鳥山公園まで自転車でひとっ走り。この時期は自転車が本当に気持ちいいです。飛鳥山公園ということはテールラーメンも食おうと思ったのですが、到着が昼の1時半だったこともあり閉まっていました。残念です。飛鳥山公園近辺で何か食おうということで思い立ったのがこの店です。飛鳥山公園から王子を結ぶ明治通りにあります。

入ると何か臭いました。正直なところ出て大勝軒滝野川店か千石自慢王子店にでも行っちゃおうかと思いましたが、それも失礼だし面倒なのでそのまま食うことにしました。つけ麺1.5人前680円+味玉チャーシュー300円の食券を購入し着席。スポニチを読みながら待つこと5分くらいで出てきました。

酢がよくきいている自分好みではないタイプのつけ麺でした。麺の量は店名に違わず多かったことです。味玉とチャーシューを追加したのですが、それぞれは水準以上の味わいで自分としては満足できたのですが、やっぱり酢を入れすぎじゃないかなぁという味わいがその分残念な感じがしました。こればっかりは個々人の味覚の問題なので、なんともいえない部分はあります。できれば酢はなしか抑え目が好みという人だとちょっとなぁという味わいです。でも具はそんなに悪くないです。

ちなみにその前日巣鴨のやきそばーHITでもつけ麺を頼みました。写真は撮り忘れましたが、具のもやしなどを炒めたものがつけだれの中に入っていてぬるくなりにくいように作られていて感心しました。つけは「温度差」を楽しむものですが、徐々にたれがぬるくなってきてきつくなるというのが悩みとしてありますが、こういう解決方法もあるんですね。店の風情は飲み屋なのですが、麺類はなかなかの水準だと思います。人のいいマスターとともに楽しいひと時を過ごせるお店だと思います。日曜日以外に夜に巣鴨にいる場合に「酒と麺類を食いたい」という場合にはいい店です。

巣鴨といえばラーメンジゾウですが、その看板は今も撤去されていません。2回しか食べに行かなかった罪は重いのでしょうか?

投稿者 91E : 23:59 | コメント (2) | トラックバック

ラーメン愛好家に100の質問

最近ラーメン食べていないし、ゆーじさんのところでやっていたのでやってみます。質問はこちらにあります。
(追記)2005/4/6から2年以上経過した2007/6/20で変更点があれば赤で記載します。(追追記)2007/12/28で変更点があれば青で記載します。(追追追記)2009/2/13で変更点があれば青で記載します。

1.生年月日を教えてください
→6月16日。生年は・・・。
2.出身地はどこですか?
→愛知県春日井市
3.血液型を教えてください
→B型
4.体型を一言で
→子供ができても競馬騎手と競艇選手は無理な大きさ
5.恋人、あるいは配偶者はいますか?
→今のところいません(これは今も変わりないです・・・)
6.趣味は?
→酒を飲む、競馬、スポーツを見る
7.お酒は飲める?もし飲めるなら、何が好き?
→6の通り。招興酒と赤ワインと安い焼酎以外ならいけます
8.カラオケの十八番は?
→行く人の年齢層にもよりますが、年が近いと80年代ジャニーズにいきます
9.ラーメン以外の好物を3つ教えて下さい
→ホワイト餃子、ココ壱のカレー、オリジン弁当の鳥のから揚げ塩ガーリック味
10.嫌いな食べ物は?
→セロリ、シナモン、柿、キウイ、レバー焼いたレバー
11.お出かけは徒歩、電車、バス、自家用車、自転車、タクシー、どれが多い?
→けった、歩き、電車、バス
12.一年間に何杯ぐらいラーメンを食べる?
数えたことないから分からないけど150杯くらいブログを書くようになってから約400杯に増加
13.一日に最高何杯食べた事がある?
喜多方に行ったときに3杯食いました。1日4杯は食べたことはないのですが、ブログをはじめてから3杯はザラになりました。2007年12月23日に喜多方と白河で4杯食べました。
14.では、カップラーメンは一年間に何杯ぐらい食べる?
→2ヶ月に1杯くらい
15.今まで何軒ぐらいのラーメンを食べた?
3桁以上4桁未満おそらく4桁突破
16.ラーメンを食べるだけの目的で出かけたもっとも遠い店は?
福島競馬観戦のついでにいった喜多方のラーメン屋福岡については3日で7杯食べましたが、あくまで仕事のついでです。説得力ゼロですが。札幌については4日で7杯食べましたが、あくまで仕事のついでです。説得力ゼロですが。
17.ラーメンの街として思い浮かべるのはどこ?
→どこだろう、やっぱり三田?
18.旅行に行くとき、事前にラーメン情報を調べたりする?
→Blogをはじめてからするようになりました
19.新規開拓派?それともリピーター派?
→二郎はリピーター、それ以外は新規開拓派
20.生涯で最も美味しいと感じたラーメンは?
→できのいい日のラーメン二郎三田本店
21.閉店してしまった店でお気に入りだったところはある?
→特にない
22.誰とラーメンを食べに行く?
→ほとんど1人
23.ラーメン屋、やってみたい?
→別に思いません
24.ラーメンに関するウェブサイトを運営している?しているなら、そのURLは?
ここ
25.お勧めのカップラーメンは?
→スタンダードのカップヌードル。結局最後はココに戻る
26.化学調味料って、邪道だと思う?
→二郎には必須アイテム。他のところだと店それぞれ
27.ラーメンは麺が命?それともスープが命?
→スープ
28.スープは全部飲み干す?
→27と矛盾しますが、ほとんど飲まないです。でもうまいととってもうれしいです。
29.まず最初に口にするのはスープ?それとも麺?
→スープ
30.飲んだ後の締めはやっぱりラーメンだと思う?
→この年になってそれをしたらやばいからしないようにしている
31.チャーハンや餃子も頼む?
→さぶちゃんでは頼む。
32.ラーメンを立ち食いした経験がある?
→改装前の千石自慢ラーメン本店などであります。
33.行列してでも食べる?もし食べるなら、何分ぐらいなら待っても良い?
→二郎なら食います。神田神保町の開店のときは3時間半でした。さすがにそこまでの行列は二度としたくないです。二郎以外なら正直15分が限度かも。桜台駅前店のときは真冬に4時間半の行列でした。あれこそ二度とやりたくないけど、二郎の新規オープンのときはやっちゃうんだろうなぁ。あるいはいずれ来るであろう三田のオヤジ引退のときは前回の1996/2/29は参加していなかったので、そのときにはエンドレスに待つ覚悟はできてます
34.行列ラーメン店に時間つぶしで持っていくとしたら何?
→本、新聞、R25、携帯電話
35.醤油、味噌、塩、とんこつ、どれが好き?
→基本的には醤油とんこつですが、大怪我したくないときは味噌、魚介系スープのときは塩にいきます
36.お気に入りのご当地ラーメンってある?
→寿がきや、好来系、台湾ラーメン。みんな名古屋関係です。福岡で食べるとんこつ。本場で食べるのはよその地域で食べるものとは別物でした
37.麺は固め?柔らかめ?
→固め
38.味は濃いめ?薄め?
→濃いめ
39.こってり派?それともあっさり派?
→こってり
40.細麺、太麺、どっちが好き?
→太麺
41.スープを飲むときは丼から?それともレンゲを使う?
→レンゲが事前に入っているところでは使います。
42トッピングは何が好き?
豚ダブル野菜辛めにんにく豚入りにんにく
43.ネギは白いのと青いのとどっちが好き?
→青い部分
44.ラーメン屋でビールを飲むことがある?
→めったにしない
45.胡椒を使う?
→味を変えないと食いきれない場合と寿がきやでは使います
46.一味や七味を使うこともある?
→一部二郎(というか生郎)と味噌ラーメンでは使います
47.おろしにんにくを使う?
→きざみにんにくですね。おろしにんにくしかないところなら使いますが。
48.替玉をしたことがある?もしあるなら何回が最高?
→ありますが2回する勇気がわいてきません
49.今まで食べた店で、もっとも行った回数の多い店は?
→ラーメン二郎三田本店
50.自宅から30分以内にひいきのお店がありますか?あれば、その名前は?
→ラーメン二郎神田神保町店

51.今まで食べた店で、一番北の店は?
喜多方のラーメン屋。名前は覚えていません。仙台の卍札幌のてらか札幌のラーメン大将
52.今まで食べた店で、一番南の店は?
大山かなぁ? 掛川の純太だと思います
53.今まで食べた店で、一番標高の高いところにある店は?
→これも多分喜多方のラーメン屋
54海外でもラーメンを食べた?
→韓国で冷麺は食べました
55.今、この瞬間に食べたい店は?
→ラーメン二郎三田本店
56.一度は行ってみたいと常々思っている店は?
辰屋広島の山奥のおばあちゃんが作ったラーメンは食べてみたい
57.人に教えたくないナイショのお店ってある?
→あったらBlogはやってないです
58.「いつもの奴」が通用する店ってある?
→ありません
59.ラーメンと寿司、どっちが好き?
→ラーメン
60.テレビチャンピオンのラーメン王選手権はビデオに撮ってでも見る?
→見ません
61.ラーメン屋で写真を撮った事がある?
→Blog移行後撮るようになりました
62.店主に話しかける事がある?
→めったにない
63.ダシのこととか、聞き出したりする?
→聞きません
64.自分のことをラーメンオタクだと思う?
→そうだろうと思います。
65.ラーメンの主な情報源は?
→二郎系のBlogと掲示板と書籍
66.ラーメン本、何冊持ってる?
5冊くらい知らない間に15冊くらいになってました
67.一番お勧めのラーメン本は?
→ぴあの本かなぁ?
68.テレビでラーメン特集があると、ついつい見てしまう?
→見ますが大概裏切られる。たまにあたりのときがあるからついつい見ちゃいます。
69.テレビで紹介されている店に食べに行ったことはある?あるなら、店の名前は?感想は?
→八百善(愛知県常滑市)、あのチャーシューはとりあえず1回は食っておくべきです。
70.お勧めのラーメンサイトってある?
→ありますよ
71.ラーメン博物館、行ったことがある?
実はありません1回行きました。2007/12/27にもう1回行きました
72.行った事があるなら、どこを食べた?感想は?
ないんです龍上海と蜂屋。龍上海はうまかったです。春木屋の限定メニュー菜肉太麺。臨時出店の一力
73.ぶっちゃけ、ラーメン博物館って、どう思う?
特に何も思いません新横浜自体が自分にとって便利な場所じゃないので、それがきつい
74.ラーメン博物館の隠し部屋で飲み会やったことある?
→ないです。というか知りません。
75.ラーメン博物館の灘尾さんの家にははいったことがある?
→ありません。というか瀬尾さんが誰かわかりません。
76.石神秀幸、武内伸、大崎裕史、佐野実、山岸一雄、河原成美、中村栄利、このうち何人知ってる?
→テレビ的には全員知っています。
77.ラーメン屋で見かけたことのある有名人は?
→大崎さんは目黒二郎で1回隣になりました
78.会ってみたいラーメン関係者っている?
二郎系のBlogを作成されている方々です。左の方々とはもうお会いしたので、今は特にいません
79.機会があればテレビチャンピオンに出てみたい?
→全く思いません
80.他人に「ラーメンについてはうるさいよ」という主旨のことを言った事がある?
→自分としてはそう思っていなくても、そう思われているだろうことは間違いなくあるはず
81.ラーメンの適正価格はいくらぐらいだと思う?
→寿がきや(スガキヤ)は肉と卵を入れても400円弱。それ以外ならチャーシュー麺大盛で900円くらい。移転前の三田の大ダブル480円は革命的(もっと古い人に言わせるとこれでも値上げした値段らしいですが)
82.いくらまでなら出しても良いと思う?
→1000円まで
83.今まで一杯の値段が最も高かったラーメンは?
→博多ラーメン○金で具を全部入れた上に替え玉したときでしょうか?
84.チェーン店って、ダメですか?
→小法師のチャーシューはたまに食いたくなる
85.限定○○食って書いてあると注文したくなる?
→ものによります
86.スープ切れで予定閉店時間前に終了しちゃっても許せる?
→腹は立つけどあきらめるより他ないですからねぇ。
87.つけめんもラーメンだと思う?
→料理としては問題なくありだとは思う
88.冷やし中華はどう?
→マヨネーズがあるといいですね。料理としては問題なくいいです。
89.食べ終わっても席を立たない事がある?
→すぐ帰ります。待っている人がいる店では帰るべきでしょう。
90.食券制ってどう思う?
→上手に使ってくれればすごく便利
91.たとえまずくても「ごちそうさま」と言う?
→いうようにはしています
92.「これは良くない」と思う、店側の姿勢ってある?
→過剰なまでにでかい声(麺屋武蔵のような感じ)は苦手です。無愛想はぜんぜん気になりません。一軒を除いては。
93.「これは良くない」と思う、客側の姿勢ってある?
→食事中しゃべる(もちろんラーメン専門店限定ですが)
94.食事中に話しかけてくる店主って、どう思う?
→あんまり好きじゃないです。彦龍のオヤジに「南セントレアって変な名前だよな」と話し掛けられたことはあります。
95.名刺を置いてきたり、サインを置いてきたりしたことがある?
→定期券はあります。二郎の某店に置いてあるのを後輩に見つけられ「なんすかこれ」と写メを送られたこともあります。
96.今までに一番驚いた店は?
→ある意味で彦龍かなぁ。それとも元祖じゃんがらラーメンでしょうか?
97.今、他人に勧めるならどの店?
→良くも悪くもラーメン二郎三田本店で食ってみてくださいとしかいえないです。
98.まだまだ語り足りない?
→そんなことありません
99.あなたにとってラーメンとは?
→日々の食事
100.最後にひとことどうぞ
→これからもお付き合いいただければ嬉しく思います。あんまり情報提供しなくて、写真の画質もよくない上に、くだらない日常ばかりつづっていてごめんなさい。でもあくまで「食日記」なので許してください。

投稿者 91E : 23:58

2005年04月04日

きんぐすいーと

なんかいろいろと疲れていたのでこの日は家でのんびり。夜中に地震があるとそれで起きちゃうからきっついですね。ペンシルビルの最上階は揺れるんです。公表された震度に1を加えたくらいはあるかと思います。しかもパイプのロフトベットで寝てますから「落ちないように」と無駄に神経を使い尚更目が覚めてしまいます。それでも朝5時からのテレビ朝日の番組で上宮菜々子アナウンサーを見られたからよしとしないといけないのでしょうが。

その後寝て起きてを何回かしているうちに高校野球の決勝戦がスタートしていました。ほんとダメダメな生活ぶりに自分で自分にあきれています。これができるのも今週までです。来週からはそうもいっていられません。自分が通った学校と同じ駅を利用していた愛工大名電が優勝して素直にうれしくいい気分になっていると空腹であることに気付いたので近場の店でどこか食おうかと。

自転車を巣鴨方面に走らせているうちに信号の絡みでたどり着いたのがきんぐすいーとでした。時間が3時半だったということもあり客は自分だけ。巣鴨界隈の店では「量を求めるには悪くない店」という位置付けです。この店の魅力は大盛にしても料金が一定なところ。ラーメンもホイコーローも好きな自分はここにくるとついついホイコーローラーメン大盛800円にしちゃいます。注文してから桜花賞検討のためGallopを詠みながら待つこと5分くらいで出てきました。

この日の味は「何か薄い」という感じでした。もちろん味噌ラーメン+ホイコーローの具ですから自分のストライクゾーンど真ん中に来る食い物ですから問題なくおいしいのですが、もう少しスープが濃くてもよかったなぁという印象です。もちろん麺自体も味噌とのバランスはいいですし、おいしくいただきました。

この店は割と量は多いという位置付けなのですが、これを食べた3時間後に普通にお惣菜を2品食べられたという事実に愕然としました。正月に立てた誓い「二郎を食いつつダイエット」からどんどんかけ離れているようでやばいです。

投稿者 91E : 22:45 | コメント (1) | トラックバック

2005年04月03日

○二板橋南町店

結局ウインズ銀座でやった競馬はボロ負け。流れ解散となり三省堂で本を1冊買ってから帰宅。時間は5時20分。おなかはいい感じに空腹でした。気温も高く自転車を走らせるには気持ちのよさそうな日でした。というわけで、久々に自転車で30分弱のところにあるこの店へ。調べてみると去年の12月19日に行って以来でした。どうしても冬は自転車で移動するのは辛いですからこの店は選ばれにくいです。

とりあえずドンキまでついて一旦休憩。そのままラーメンコロシアムで食ってしまうという手もありますがやめておいて素直に○二まで。5時55分頃到着すると既に自分の前には7人の行列が。これではファーストロットも無理です。考えることは皆同じのようです。6時過ぎてようやく開いて、いつものように豚入りラーメン950円を購入。水を汲み昼に購入した本を読みながら待つこと10分弱で出てきました。豚入りラーメン野菜にんにく脂しょうがだれ950円です。ぼやけてしまっているので情報としての価値はまるでありませんが(普段からもさほどありませんが)、自分自身が確かにここで食べたという記録のためと「こんな写真を撮っていてはダメ!」という喝を入れるために載せておきます。

焦って撮ったからかなぁ?どうしてこんなんなんだろう?こないだの三田もやらかしたしなぁ。まじ反省。麺はちょっとだまになっている部分もあったものの全体としてはかなり上々のできです。三田直系の大部分の店舗よりも自分としては○二の味わいのほうが好きなので、十分満足できました。豚が若干薄かったかなという思いもありますが、以前の豚入りラーメン850円の時代を思えば全然問題ありません。自分としては100円アップに見合う味わいと量だと思っています。

またしょうがだれを入れることでさっぱりとした味わいになります。多分このしょうがだれのために○二の板橋南町店に行くんだろうなぁというのを自分としては感じています。ただ食った後に30分弱自転車に乗って家に帰るというのがやっぱりきついです。バイクとか欲しいけど金もないしなぁ。。。とはいえ春は自転車に乗る最適な季節なのでこれからも行こうと思います。

投稿者 91E : 23:59 | トラックバック

麺家大勝軒

2日の日は用事があったので、それまでの間に三田で食ってしまおうと思ったのですが、9時40分の段階で列が頂点付近まであり、10時15分の待ち合わせには間に合わないだろうということで断念。otaqeさんまこぴさんもほぼ同時間にいたということで、お二方の会話の流れ的にも「もしかして」ということで気付き挨拶でもできたのかなと思うと残念でした。

結局この日は用事をこなし、飲みに行ってで過ぎました。その流れで3日はウインズ銀座で競馬をすることに。銀座なんて久しぶりなのでこの際1軒くらいは食わなきゃいかんだろうということで選んだ店がここ。

銀座インズ1号館の1階にあります。マリオンを奥に行ったくらいのところです。流れとしては永福町大勝軒かららしいです。とはいっても永福町大勝軒に行ったことないので、それ自体のイメージがさっぱり湧きませんが。「行列する際にはこちらにお願いします」という看板はあるもののこの日は行列もなくすんなり。カウンター席に通され、チャーシュー麺醤油930円を。競馬予想をしながら待つこと5分くらいで出てきました。

煮干という風に書かれていたのですが、その通りといえばその通りなのですがたけちゃんにぼしらーめんとを基準にするとちょっと弱いなぁという印象です。麺はかなり黄色っぽく札幌ラーメンみたいな色合い。これは信州味噌ラーメンのほうにしておけばよかったかなとちょっと後悔。スープは鶏の油は浮いているもののかなりあっさりした風味で銀座という土地を意識しているのかもしれません。チャーシューは作りおきっぽいですが、可もなく不可となくといった感じでしょうか?全体的な印象としてもそんな感じになると思います。もともと銀座に遊びにきておなかがすいたときに食べる店というポジションと思われます。

量もさほどでもなかったのでもう一軒いっても全然構わなかったのですが、馬券で買った後で飲みに行くのかなぁという期待もあったのでやめておきましたが、馬券も全然当たらず金も減りテンションも下がったのでそのまま流れ解散になりました。それならもう1軒行っておくべきだったかなぁ。

投稿者 91E : 23:58 | コメント (6) | トラックバック

笑丸(BlogPet)

じろうで、話しなかったよ。


*このエントリは、BlogPetの「じろう」が書きました。

投稿者 91E : 10:27 | トラックバック