メイン | 2004年08月 »

2004年07月31日

松戸駅前店1:45pm

今日は上野の国立科学博物館で開かれている「テレビゲームとデジタル科学展」に行くことにしました。この模様は日記&コラム7/31分に書くとして、上野に行くなら松戸駅前か堀切店に行くべきだよなぁって考えました。

こないだ1回土曜日の昼に堀切に行ったら「馬盛り」の人じゃなかったので、「馬盛り」でないと堀切に行く意味はないですから空振る公算大ということで久々に蝶野店主に会いに行くことにしました。

巣鴨→日暮里→松戸というルートをたどりようやく松戸駅前店に到着すると10人弱の人がいました。ここまできて食わないのは無駄なので並ぶことにしました。とりあえずこんな入り口です。

行列しながら「今日はなんか回転が悪いなぁ」という印象を持っていたのですが、中に入ってわかりました。


全体的に食うのがのろいし、雑談している客がいる


特に自分があと一人で座れるという段階になって、友人同士隣になってゆっくりたらたらと雑談しながら食っていた客ども!本当にいいかげんにしろ!まじで切れてやろうかと思いましたね。やっと立つかと思いきや水を注ぎに行ったのにはまじで切れそうになりました。後ろで待っている客がいるんだから空気を読め!しゃべりたければ食ってから外に出てしゃべれ!二郎はなぁゆっくり食ってもうまくないんだ!雑談している時間があったら食え!

そんな感じで怒りがおさまりませんでした。一応がんつけはしたのですが、気づいていなかったようです。あぁむかついた、むかついた。

それで食券を見るとダブルが販売停止になっていたので小豚にしました。それで「小豚野菜辛めにんにく」が出てきました。なお、温度そのものは入り口付近だったこともあり無茶苦茶暑くて地獄だったというほどではなかったです。

ここに来るたび思うのですが、毎回味が変わってますよね?ぶれとかそういう次元じゃなく何か味が変わっているんです。蝶野の外見とは裏腹にまじめな店主の性格がでているのかなぁ?という感じがしてます。今回は豚がちょっとぱさぱさな嫌いはあったものの乳化していなくて自分的には良かったと思います。それで食っていたのですが、左前にいた東葛飾高校の連中が雑談しながら食っているのにはむかつきました。あらためてマナーと偏差値が無関係であることがわかりました。しかも自分より前のロットで出されているのに自分より食うのが遅いのは高校生なのに情けないです。自分が高校生の頃はもっとがつがつ食っていたぞ!

というわけで、二郎では
・雑談するな!
・食ったらすぐに席を立て!
・車で来る人は路駐しないでコインパーキングに止めてそこから歩こう
・とにかくわき目も振らずに早く食う
・友達同士でも並ぼうとしない
・食った後は机を拭く
この6点を心がけてほしいものです。とにかく二郎は早く食わないとうまくないです。

二郎でこんなけむかついたのは久しぶりです。

(追記)

これについて以下のことを加えておきます。こういうたぐいのコメントがたまにくるので。

1.たかがラーメンごときで…
→これの表記はよく見ますね。自分は飲食店バイトをしたことがありますが、安い商品だからというのでテキトーに作るとかはありません。1品1品がその店を代表しているわけであり、雑に作ったら何を言われるかわかりません。というわけで大部分のラーメン店ではまじめに作っていることを考えるとこの発言はむしろラーメンを作っている人に失礼ではないかと。こちらとしては店が一生懸命作ったものをまじめに食べたいと思っています。逆に言うと「一生懸命作っていない」と感じてしまう店には厳しくなることもあるかもです。

2.勝手にルールを作るな
→「二郎ではなるべく早く食え」というのは何度か書いていますが、これは移転前の康子さんがいた時からの知恵です。別に今自分が勝手に言っていることではなくて、一緒に連れて行ってもらった先輩からの注意だとかこうすると康子さんから注意されないよという経験則から出てきているものです。あくまでもその時代に「二郎での客としてのありかた」みたいなのが暗黙の了解として存在していたものを文章化しただけのものですのでご了承ください。康子さんを知らない方は「こういう時代があったんだ」というのを知っていただければ幸いです。そしてそれは今でも「合理的なあり方」だと思っています。

少なくともこの日あったような行動は康子さんがいれば確実に注意されているというレベルでした。私語とかは本当に「後ろで待っている人がいるんですからいい加減にしてください」といわれていました。後ろで待つ人の気持ちを考えるとそれは間違っていないと思います。

3.ゆっくり食ってもうまい
→これは自分には理解できないです。時間がかかると「麺が延びる」「スープがぬるくなる」「味に飽きる」「満腹中枢が働く」などなどデメリットのほうを強く感じてしまい苦行に近い状態だと思ってしまうんです。そういう意味で可能な限り早く食べるほうが合理的だと思います。

投稿者 91E : 17:30 | コメント (2) | トラックバック

2004年07月30日

○二三号店(西新井)8:30pm

↓の東東京大会の決勝戦が終わってから森美術館のMOMAが8/1で終わるということを思い出し、この機会に行ってみようということで行くことにしました。んで行ってきました。

そのときの記録は日記&コラムの7/30分に書くことにしますが、おなかがすきました。六本木近辺のラーメン屋で食うか?とも考えましたが、六本木近辺のオリジナルで評判の高い店を見つけることも出来なかったので(探しが甘いだけなのですが)、これだったらせっかくの機会だってことで日比谷線沿いの○二の西新井にでも行くかと思い行くことにしました。まずは北千住まで座ってそこから西新井までは立ったまま移動です。そこで大師線に乗り換え大師前まで。この時点で1時間くらいかかってました。東京に何年住んでも距離感や時間感覚は身につかないもんだなぁというのにあきれます。それで大師前から2分くらい歩くとありました。

店に入ると席が開いていてラッキー。のどが無茶苦茶渇いていたのでウォータークーラーの水を3杯くらいお代わりしてから席に戻りました。それで高校野球大阪大会の決勝が再試合になったことやら巨人がリードしていることやらうちのサイトの掲示板に書き込みがないことなどをiモードで確認しているうちに出てきました。とりあえず野菜にんにく脂を頼みました。机の上に「しょうゆタレ」「ラー油」「コショウ」「唐辛子」が置いてあるから辛めはいいかって思いました。席数が多いのでなんとなく待たされたなぁという印象があります。

食ってみるとこないだ食った北浦和よりはよかったです。やっぱり百日の長がありますね。ただ辛しねぎなどが有料になっていたのは残念です。というか1回行ったのが開店直後だったのでそのとき限定のサービスだったのかも。味そのものは麺にだまがあるという不満はあるものの○二の味というのは出てました。自分としてはこの麺が好きなのでこの時点で満足です。○二の不満は「豚ダブル」がないことくらいです。150円くらい上がってもいいからこれをいれてほしいなぁというのを感じます。

今日は親子連れがいました。子供は3歳くらいと1歳半くらいのオンナノコ二人でした。将来どうなることやら不安です。こんな風なジロリアン育成してみたいけど、いろいろと障害は大きいです。。。

帰りはホームの本屋でアテネ五輪関係の本を買い勉強しました。大師前→西新井→押上→清澄白河→春日→最寄駅というルートで家に戻りました。あんまり歩きたくなかったのでとにかく歩かないルートをと考えてこのルートにしたのですが、家に帰って路線図を見ると思い切り遠回りでした。というわけで家に帰ると六本木で歩き回ったこともあってもうくたくたでした。

投稿者 91E : 23:59 | トラックバック

がんこ大塚店

今日は昼からは高校野球東東京大会の決勝戦を家のテレビで見ようモードでした。
なので昼飯は近場でさくさくっと済ませようというモードになるのは必然です。
このコーナーを作ってからというものの「まだ書いたことのない店」が優先される傾向があります。このエリアで「昼に開いていて夜遅くに開いていなくてまだ食べていない店」という基準で選んだときにがんこ大塚店になりました。実際は自転車で行ったのですが、電車で行く場合は大塚駅北口→ホープ軒→モス→坂を登るをしたときに骨のある店です。信号に引っかからなければ2分くらいでつきます。こんな入り口です。

入ると客は誰もいませんでした。あんまり知られていないのでしょうか?ただ1回行ったときに携帯を切れ!とかはなかったので写真撮れるかなぁ?というのはあったので大丈夫だろうとは思いました。それでとりあえず平日限定のランチ(普通のラーメンにプラスライス)にしました。それで日刊スポーツを読みながらすごすと出てきました。

前に食ったときに「しょっぱいなぁ」というのは感じていたのですが、今回は「塩分控えめ」を頼むのを忘れてしまいました。ただ今回はライスが普通のライス+ふりかけだったので塩分はライスで補うことは出来ました。この点はよかったです。
系譜を見ると本郷の弟子のようです。系譜一覧が載っているサイトはないので誰かが作成してくれるとアクセスを稼げそうな気はします。うちは二郎がメインなので無理なのですが。。。

不満としてはチャーシューが冷蔵庫から出したような感じで冷たかったことです。スープに浸して補うしかなかったです。つけ麺や冷やし麺系じゃない限りは具はそこそこの温度はあってほしいです。
がんこにしては店主が客にプレッシャーをかけることもないので新聞を読みながら食えました。自分のペースで食えるのはありがたいです。とはいえラーメンは早く食うのが一番うまいというのは間違いないのでなるべく早く食うことは心がけたいものです。

それを除けば「しょっぱいがんこ」というポジションはあるのでは?と思います。(がんこの中でもしょっぱいという意味です。店主自らが言っていることなので客がどう対応するか?ということでしょうが)

それで近くのあおい書店で立ち読みしてから、コンビニで1リットルウーロン茶とヘルシアを買って家に帰りました。

投稿者 91E : 13:42 | トラックバック

2004年07月29日

大勝軒滝野川店

↓の用事を学校で済ませると(研究会の学生の卒業論文の面接15人分。疲れた~~)空腹でたまりませんでした。学校近くのラーメンは一通り食ったし食ってないところもいまいちそそられなかったのでとりあえず家へ。

汗びっしょりになった服を着替え洗濯機をかけてから、銭湯に行くことに。木曜日なので巣鴨近辺の銭湯は全部休み。となれば水風呂があるという基準で考えると駒込方面しかありません。ならば駒込に行く気になる店をと考えたところ浮かんだのが大勝軒の滝野川店。みのめんたも考えましたが、帰りに更に1回坂を登る気力が気力がわいてこなかったのでここにしました。自転車で走ると空腹で脱力しそうでしたがようやく到着。

入って「もりチャーシュー」を注文。中盛にするかどうか迷いましたがやめました。巨人戦の経過を調べなきゃということでiモードサイトチェックをもろもろしていると出てきました。

食ってみるとうまいといえばうまいのですが、自分としては全体的にここよりは大塚のほうが好みに近いです。チャーシューもなんかぱさぱさしてる部位もあったし。それでも普通盛りでも麺は比較的多いほうで、食べ終わろうかという頃には結構腹が膨れていました。昨日の日記&コラムでもネタにしましたが大勝軒って支店によってすっごくムラがあるなぁというのが印象です。ある意味で二郎と同様に「支店それぞれで違ったものを提供している魅力」を楽しんだほうがいいのかな?という気がします。
二郎の場合はそれに加えて「日によって出来の違うものを提供している」楽しみも享受せよということになるのですが。

その後銭湯に行ったのですが、いろんな人がいるもんだぁというのを改めて感じました。露天風呂があるところでは入ってみて思うのですが、


東京って星が見えないなぁ


というのをいつも感じます。皆さんは感じませんか?

投稿者 91E : 23:03 | トラックバック

天下一品水道橋西口店

さて今日は東京ドームで巨人選手会による署名活動。できれば署名したい、署名できなくても状況は生で見たいというわけで水道橋は東京ドームに行くことにしました。
腹が減っては戦は出来ぬ(そういえば舟木一夫や彦野利勝の母校の入試では「腹が張っては戦は出来ぬ」って言葉があったもんです。しつこくてすいません)というわけで水道橋で何かを食うことに。東京ドームからの距離を考えるとここになりました。とりあえず入り口です。

それで入ると結構すいてました。やっぱり12時前に入らなきゃダメです。それにしても日本の会社は何でほぼすべての会社が12-1時が休みなんでしょう?食い物屋が混むことがわかっているんだから時差休憩方式を導入すればいいのに。。。
それでランチ(ライス+ラーメン)を頼んで日刊スポーツを読みながら待っていると出てきました。一応こってりにしてみました。というかここであっさりを頼むのはなかなか勇気のいることですが、今度1回やってみます。

初めて見たときはこのポタージュみたいなスープにびっくりしたもんです。最初はノーマルに食べ、たれ→薬味にんにく→辛し味噌を入れて食いました。からし味噌を入れるとうまくなりますね~。自分はこれが一番好きです。あとはねぎを入れると味にアクセントがついていいのではないでしょうか?京都の本店に1回行ったときはねぎの山が机の上においてあって使い放題だったんですけど、どうもねぎは事前に注文しプラスの料金を払わなければならないようです。前に同じ京都のラーメン「ますにた」を食ったときにも思ったのですが、ねぎのアクセントは無茶苦茶必要です。食いきると器には、


明日もお待ちしています。


こんな感じです。さすがに完飲は健康にまずいだろうという焼石に水ではありますが考えてみました。

その後東京ドームに向かったのですが、とてつもない人がいて「ちょっと署名するのは無理だな」とあきらめて、13時に学校に行かなきゃいけないということもあり学校に行くことにしました。仕方がないのでネット署名することにします。

投稿者 91E : 13:50 | トラックバック

2004年07月28日

ラーメン二郎三田本店12:40

今日は教授に呼ばれる日ってことで三田にいくことにしました。
三田に行くからには久々に二郎食うぞって決めてました。二郎の前に行くと行列は10人くらい。風も強くて涼しい感じがしたので行くことにしました。さすがに「夏の二郎は無理」ということにいろんな人が気づいて行列が少なくなっているようです。近くの学校もテストが終わって夏休みモード入りましたし。

それで今日発売の週刊ベースボールでも読みながら待っていたのですが暑い暑い。というか日差しがあまりにきつくてたまりません。仕方ないのでウーロン茶を買っちゃいました。
かねがね思うのですが、あそこに三ツ矢サイダーを置いても誰も買わないと思うのですが。。。少なくとも二郎が営業している最中は買わないと思います。二郎と三ツ矢サイダーなんて火に油を注ぐようなものです。これができる人は化け物です。移転前の吉野家→二郎連荘ほどではないにしても化け物です。

それで待つこと30分くらいでようやく座れました。場所は券売機の横でした。最悪スポット(別名○○○リスポット)ではなくてよかったです。風も通ってましたし二郎にしてはよかったのですが、前の客が机を拭いていなかったのにはむかつきました。


どんぶりを上げた後は机を拭け


これが最低限のエチケットだと思います。本当にむかつきました。いつもの西沢さんとは別の人から水をもらい(小林さんという方でしょうか?)、週刊ベースボールを読みながら待っていると出てきました。小ダブル野菜辛めにんにくです。

今月食ったのが堀切、歌舞伎町、○二北浦和だけだったので、なんかレベルが違うなって感じでした。すっごくうまかったです。麺がだまになっているのも問題ありませんでした。スープも豚もよかったです。どうやら今日は当たりの二郎だったようです。よかったよかった。

暑い中いってよかったなぁと思ったのですが、教授もいないしあれ?と思ってメールを見ると29日になっていました。思い切り日にちを間違っていたわけです。アホさかげんに泣けてきました。思い切り暇になったので、暑いから髪でも染めてこようと思います。
明日も二郎とも考えたのですが、巨人選手会による署名のために正午には東京ドームにいなきゃだめなので明日は二郎食べません。

投稿者 91E : 14:26 | コメント (2) | トラックバック

2004年07月27日

博多龍龍軒水道橋店

今日は中島らもさんが死去しました。

作家の中島らもさん死去(スポーツニッポン)

死因を調べてみると、酔って階段からこけて頭を打った結果、外傷性脳内血腫で死去されたとのこと。52歳です。
酒飲みということは分かっていたのですが、怖いですね~。気持ちいい状態で死んだのである意味で幸せでしょうが、とりあえずは「酔っても頭だけは打たないようにしないと」というのは感じます。
うちのオヤジも実は1回頭の血管を切っていてそのときはすごく心配だったのですが、最近になって「切る一ヶ月前に酔って階段から転落したことがあった」というのを聞いて一気に脱力したと同時に血は争えない面があるので気をつけなきゃと感じたのは事実です。いずれにしても酒を飲むときは仕事柄外では泥酔できなくなったので家で飲むべきかなというのは感じてます。

仕事してから高校野球の東東京大会、埼玉大会、神奈川大会の準々決勝を見てから、おなかがすいたので水道橋まで自転車でひとっ走りして、マンガ喫茶でマガジンとサンデーを読んでから、どこにしようか?と考え「帰省先の名古屋では食えないタイプの店」ということで「麺者服部」と「吉本家水道橋店」と「博多龍龍軒水道橋店」の選択から最後にしました。真中はこないだ玄武を食ったから家系はやめようということです。とりあえずは入り口です。

福岡に本店がありTVQで放送されるダイエー戦でスポンサーにもなっているそうです。あとはモーニング娘。の飯田圭織と元の中沢裕子のサインがありました。こういう有名人のサインを飾ることを恥と思わないメンタリティーはかーーなり不安なのです。というのは雑誌記事のコピーを貼る、スープの能書きが激しい、商標にうるさいところにあんまりおいしいところはないというのは経験則であるからです。その延長線上にありそうなメンタリティーが「有名人のサイン好き」のような気がしてます。
ちなみに人生で一番まずいと思った元祖じゃんがらラーメンは全部満たしてます。ですけど食ってみることにしました。

それでチャーシュー麺と味付け卵を頼んで出てきました。

食ってみると東京仕様に合わせてあるのか臭みはないです。スープそのものは別に普通ですが高菜が机の上に置いてあり自由に入れられるというのはありがたいです。博多ラーメンはとりあえず高菜でしょう。(とはいってももちろん博多には行ったことないんですけど)意外とすっきり食えるなぁと思って調子に乗って替え玉と明太子行きました。味付け卵は自分が好きなタイプの「黄身は半熟」だったのでよかったです。

本場では博多ラーメンに明太子を入れるというのはありえないみたいなのですが、自分としては一蘭のときにも感じたのですが、刺激的な辛味は必要だと思います。その手段として明太子はありなのかもしれません。本当は明太子ごはんのほうがより味を楽しめるのかなぁ?それとも自分が酒飲みだから酒飲みが好きなものの一つでもある明太子をうまいと思えるようになったのかも。

ちなみに自分が人生ではじめて明太子を食ったのは大学卒業時の卒業旅行で行った韓国です。人から「キムチを買って来い」と頼まれてその勢いで自分用に明太子を買ってきて食ったのですが、半端なくうまくてそれ以来はまりました。
そのせいもあってか酒飲み+ラーメン好きにとっては不治の病といってもいい「痛風の軽度の症状」でもある「足の指のしびれ」を感じるようになってます。ある意味で「キムチを買って来い」といった人(実は当時の彼女)には感謝しなければならないのですが、悪の道に引きずり込みやがってといういう苦々しい気持ちもほんのすこしあります。

味については「チャーシュー目当てで博多ラーメンを食いたい」というのならありというような気がしてます。

投稿者 91E : 23:58 | トラックバック

2004年07月26日

斑鳩

↓を受けて国立対穎明館をMXで見ていたんですけど、あれだけ守りにミスが出たら国立もきついですね。とはいえベスト4はお見事です。3年生の選手はこれから勉強がんばってください。あと1つ勝って全国であのユニフォームが出るのかが注目です。

さて野球が4時ごろ終わるとすでに空腹状態。どこかにラーメンでも食いに行くかとも思ったのですが、どうせだったらテストの採点するかってことでジョナサンで採点しました。そうすると夕方5時半くらいになったので、こないだ行こうとしてあいていなかった斑鳩に行くことにしました。自転車でひとっ走りして5:55ごろつくと自分の前に10人くらいいました。意外と少ないなぁと思ったので行くことにしました。それで月曜日なのでGallopなどを読みながら待っているとようやく開きました。

それで「何が定番メニューなのか?」「量はどれくらいなのか?」わからないまま行ってしまったので、べたに「全部いり」というのにしました。案内されたのはカウンター席でした。思い切り熱がこもって暑かったです。二郎ほどじゃないですけどもちろん。夏の二郎は暑くて無理なのでここの記録に二郎が少なくて申し訳なく思います。それでいつものようにiアプリの花札をしていると出てきました。全部いり。

食ってみると一つ一つは実に丁寧な仕事をしているなぁというのは本当に感じます。スープもチャーシューも味付け卵もとろろ昆布も本当に丁寧に仕事しているというのは感じました。ですけど、全体の印象として


高級感を出した寿がきやっぽい


って名古屋ローカルのチェーン店を出して申し訳ないのですが、印象としてはこれが一番近かったです。チャーシューも味付け卵も寿がきやよりもずっと丁寧で手間隙かけているしとろろ昆布は面白いアイデアですし、スープもコクはありかつ舌はしびれないのですが、飲んだ感じが寿がきやっぽいんです。昨日のリンガーハットを「寿がきやっぽい」とコメントしたのですが、斑鳩のほうが寿がきやっぽさは大きかったです。

「一食だけで満足したい」「男一人で食いたい」というモードの時には向いていないのですが、オンナノコと食いに行くにはいいのではないでしょうか?全体として上品に作ろうとしているのは伺えました。名古屋出身者(寿がきやが嫌いな人は除く)には悪い印象はあんまりないんじゃないかと思います。

投稿者 91E : 23:57 | コメント (6) | トラックバック

千石ラーメン

今日は西東京大会の準決勝。特に第二試合では国立対穎明館の試合があるのでそれに間に合わすように飯を食おうモードに入りました。
となると「千石自慢ラーメンとは別に千石ラーメンがあるんだよ!」というのを知らせるために千石ラーメンを食うのは今日しかないなというわけで行ってきました。場所は都営三田線の千石駅のすぐそばです。

コンビニで立ち読みし時間をつぶし、開店の11時半と同時に突入。入り口はこんなんです。なので「千石自慢を千石と称するのはよくない」というのを示せるかと思います。

暑いのでつけ麺セット(つけ麺+チャーハン)を食うことに。それで日刊スポーツを読みながら待っているとまずはチャーハンが出てきて食っているとつけ麺がでてきました。

スープに酢が入っていてどうも今ひとつ好きじゃないタイプのつけ麺です。市販のパックの鰹節ときざみのりがかかっていました。食ってみるとあんまり強い印象は残らない味でした。すいている店なのでいつでも食えるというのが魅力の店ではあります。

というわけで国立対穎明館が始まるのでこれにして失礼します。

投稿者 91E : 12:50 | コメント (1) | トラックバック

2004年07月25日

リンガーハット駒込店

アクセス解析を調べると自分が作っている3つのBlogの中でこれが一番人気があるようです。というわけでご来訪ありがとうございます。
ラーメンのみならず「巨人戦」「ラーメン以外日記」も作成していますので、リンクのところから見ていただけるとうれしいなぁなんて思います。

巨人も負けてとっても悔しいと思いつつも胃が若干もたれ気味だったのでそれを解消することを目的に銭湯の新規開拓も兼ねて駒込駅の銭湯に行くことにしました。
こじんまりとした銭湯でいい感じでした。やっぱり水風呂があるのがいいですね~。基本的に長く風呂に入れない人なので水風呂でリセットしないと支払った額がもったいないです。それで風呂に30分もつかっているとほどほどに空腹感。

もともとは「リンガーハットで食ってみたい」で選んだ銭湯なのでなんのためらいもなくリンガーハットへ。すぐそばにありました。ラッキーチャチャチャーッ、ウーッ。っていうのをR大学のT先生の前でやってくれる人がいたらリスペクトしちゃいます。って年がばれるネタですね。光のせいで看板がきれいに取れなかったのですが、入り口横の看板です。

とりあえず席に座って「エッグちゃんぽん」を頼みました。リンガーハットに初めてきてちゃんぽんを頼まないのはどうよ?っていう思いからそれにしました。夜も遅かったので大盛りにはしませんでした。それで待っていると5分くらいで出てきました。

実は人生でちゃんぽんは初です。なのでどんな感じなのかなぁと楽しみです。イメージとしては麺+野菜炒めにスープをかけたというほうがいいでしょう。
それでスープを口に入れると材質も何もかも違うとは思うのですが、思わず浮かんだものが、


寿がきやっぽい


色といい、スープの塩加減といいそれが一番近いです。名古屋じゃない人には寿がきやというのはわからないかもしれませんが、名古屋最大のラーメンチェーン店です。「ラーメンと甘味」というフレーズでもおなじみです。ラーメン屋でソフトクリームが食えるというと全く理解できない人もいるかもしれないですけど、本当にそうなんです!夏にはカキ氷が絶品です。自分の中では費用対効果だけならカキ氷界第一位です。
ただ関東に進出して思い切り失敗して撤退しているというのもまぎれもない事実なので、関東の人には受け入れがたいものだったのでしょうか?どのような点で受け入れがたいものだったのでしょうか?とんこつじゃなく白湯でもないのに白いスープがなんともいえず違和感を与えたのでしょうか?名古屋人としては気になるところです。
とりあえず帰省してから改めてこの寿がきやについてはネタにします。

ってわからない人にはさっぱり味の解説になっていないことは重々承知ではありますが、自分の持っているボキャブラリーではこれが限界です。それでもあえて言うなら「とんこつラーメンのスープに油と臭みを抜いて塩を加えた」ものに肉野菜魚介炒めと麺を入れたといってもいいでしょうか?
夜に食うには健康にもよさそうですし、値段そのものも深夜10時過ぎは1割増とはいえあんまり高くないし金欠の時期にはいいのではないでしょうか?

ってチェーン店ですので最大公約数的な味であることは否めません。「深夜にあんまりくどくなくそこそこの味のものを食いたい」という場合にはありなチョイスではないかと自分は思います。

今度は本格的な長崎ちゃんぽんを食ってみたいです。仕事で長崎に行く機会があれば一回食べてみたいですね~。

投稿者 91E : 23:50 | トラックバック

2004年07月24日

ぶぶか水道橋店

神宮から水道橋に戻ってきました。九段下の斑鳩ってどこにあるのかを調べる作業をしてから適当に自転車でぷらぷらしているとありました。水道橋のぶぶかが。場所としては水道橋と神保町の中間くらいでしょうか?白山通り沿いのカメラ店の隣です。せっかくだから食ってみようというわけで食ってみることにしました。

この店の本店は吉祥寺ですが高田馬場でも見たことあります。もっとも高田馬場に行くときには「二郎」ってテンションですから行くことはないんですけど。
とりあえず店の外に券売機があるので「油そばチャーシュー味卵」にしました。ここにきて油そばを食わないのはまずいだろうという思いです。それで入ってiアプリの花札にいそしんでいると出てきました。

当たり前ですが油そばにスープはありません。油+しょうゆを麺に絡ませて食うというタイプの麺です。食ってみると若干甘ったるい感じがするので一緒に出されたラー油をかけるとちょうどいい感じになりました。間違いなくラー油をかけたほうがうまかったのでラー油をかけられないほど辛いものが苦手な人にはお勧めできません。

食ってみると意外とさっぱりしているし、スープがないから熱くもないし、夏にはつけ麺よりも向いているんじゃないかと思うくらいです。個別のチャーシューも自分好みでしたし、味付け卵も半熟な分自分好みでした。というわけで自分としては食った後は好印象だったのですが、これを食ってから5時間たって書いてもまだ胃がもたれています。どうも見た目や食感よりも胃へのダメージは大きいようです。油を直接食うわけですからそりゃあそうですよね~。この点だけ注意して食べれば夏向きの一食ではないかと自分は思うわけです。

投稿者 91E : 23:34 | トラックバック

ホープ軒千駄ヶ谷店

今日は神宮球場に高校野球西東京大会準々決勝を見に行きました。この模様は日記&コラム7/24分に書きました。
せっかく千駄ヶ谷に行くんだからそれだったらホープ軒でも久々に食おうかってモードに入りました。

試合は朝9時から3試合で5時くらいまでかかりそうなので、9時前に食おうと早めに行きました。とはいってもこの店は24時間営業年中無休なのでいつでもいけるというのは魅力です。それで若干遅れて朝8:50頃に到着しました。

朝なので腹痛を起こすのも嫌なので大盛りはやめて大盛りチャーシュー卵にしました。それでいつものようにiアプリの花札をしながら待っていたのですが、とにかく暑い暑い。夏には本当に向いていない店です。それで待って出てきたのがこれです。なおジャスミンティーを飲みながら待っていました。初めて飲んだときはジャスミンティーが嫌いだったのですがだんだんなじんできました。年を取って味覚が変化してきたということでしょうか?確実にいえることはジャスミンティーが嫌いな人にはこの段階でお勧めできない店であるということです。

とにかくアスファルトに面して冷房のないカウンターの立ち席というのは夏には本当に苦痛です。厨房の熱気+アスファルトの熱気がきてたまりません。無駄にジャスミンティーをがぶがぶ飲みました。夏だったのか以前食べたよりも塩気が多いという印象でした。一つ一つは丁寧な作業をしているなぁとは感じたのですが、いかんせん暑いという印象しか残っていないです。というわけで味そのものには強い印象は残っていないです。とはいえ「二度と食いたくないほどまずい」とは思わなかったし、夏を避けてもう一回食っておかなきゃとは思います。

投稿者 91E : 19:13 | トラックバック

2004年07月23日

博多天神大塚店

今日は昼に家でホワイト餃子を焼いたこともありおなかがすいていませんでした。二郎が好きな人はホワイト餃子も嫌いではないといいますがその典型です。京成大久保なんて到着の時点でどっちにしようって素で迷いますから。。。
東邦大学に勤務している先輩が心底うらやましい今日この頃です。

さて今日は仕事の給料日ということもありささやかなご褒美をということで90分1200円のサウナでくつろいできました。ちなみに本日富永一朗著「チンコロジイさん富永一朗の快老人生」が届きました。楽しみに読もうと思います。

そうするとなんかおなかがすいてきてラーメンの一杯でも食いたい気分になってきました。巣鴨だったのであんまり遠くに行きたくないという制約から大塚の博多天神でもいくかって考えました。ホープ軒は神宮で高校野球を見ようと思っているから千駄ヶ谷でそのときに食おうということで避けました。時間を考えて消去法的選択です。というわけで行ってみました。携帯のカメラの性能が悪くて全部は入りきりませんでしたがこんな感じの看板です。

それでチャーシューに味付け卵を注文しました。この店は基本ラーメンにトッピングを加えていくというやり方ではないようです。バリエーションが少なくてさびしい反面安上がるかもという期待はあります。さらには「替え玉一杯無料」という素敵な特典もこの店にはあります。博多ラーメンは麺が細くゆであがりも早いので出てくるのが早いのがありがたいです。

食ってみたのですが味に何も特徴がありません。ちなみにこの店は東京限定です。博多にはありません。東京のみの博多ラーメンです。臭みもないし、本当にこれといったものがありません。味に関しては特徴のないのが特徴ともいえるくらいです。「うまいラーメンが食いたいっ」ってモードでこの店を選ぶと後悔することでしょう。ましてはラーメン激戦区(その割には雑誌に出てくるような有名な店もないのですが。)なので敢えてここという選択は難しいと思います。ただ「高菜を入れる」ことによってちょっとアクセントにはなりました。

あとは席が13くらいなのですが店主が一人でまわしていました。結構大変そうでした。自分としては「何か一生懸命やっている感じ」「接客の際に過剰に声がでかくない」という点で店主に対しては好感を持ちました。

サービス業の接客論になりますが、自分としてはでかい声で「いらっしゃいませ」「ありがとうございました」って言われるのがすっごく嫌なんです。それがサービスだと思ったらただの勘違いだと自分は思います。それを恥ずかしいと感じる人も結構多いと思います。多少無愛想なように見えても誠実さが伝わる接客を心がけてほしいものだと自分は思います。全体的な傾向として店は過剰に客に何かしようとしすぎだと思います。何かしてほしいときは客の側から言うのでほっといてほしいというのが自分としてはあります。

一言で言えば替え玉一杯無料など安く済ませたいときにはお勧めなチェーン店だと思います。

投稿者 91E : 22:56 | コメント (6) | トラックバック

2004年07月22日

玄武

昨日は教授から呼ばれて三田に行きました。こんな暑い中二郎を見てみたら客がいませんでした。暑い中二郎を食いたくないんだろうなぁ。自分も食いたくないですし。
それでも「これは一体何だろう」と思って様子をうかがうとこんな掲示がありました。


もう今日だめ21(水)休業致します おやじ


自分は携帯でこの画像を撮り忘れるという一世一代のチョンボをしでかしたので、野菜ましで見つけた写真を掲載します。不都合ある場合は即時削除しますのでご連絡くださいませ。

これを「おやじもしょうがねえなあ」で許す客も客です。本当に。って自分も笑って許しているんですけど。

さて、今日は朝から家系な気分。横浜まで行く気はこれっぽちもないので必然的に「水道橋吉本家」か池袋東口の「玄武」の二者択一です。水道橋に行く用事は浮かばなかった一方で、池袋ならビックカメラで携帯画像管理ソフトでもチェックしようかなというもくろみもあり後者にしました。やっぱりこのように画像を撮っていくと容量オーバーが気になるところであります。これらをPCに移し削除していけばいいかなと思ったわけです。(現在はPCメールに送信という方法でやってます)

この二日と違って今日は最高気温33度と比較的涼しかったので自転車でひとっ走り。到着しましたが、日本一の放置自転車エリア池袋。そう簡単にとめられるはずもありません。それでもなんとか止めて入りました。このエリアはラーメン激戦区なのですが、「ラーメン二郎以外では可能な限り行列しない」と決めているので実はこの玄武しか食べたことありません。場所は池袋東口から西武に沿って歩きマックを過ぎた角を右に曲がればあります。(左には道路をはさんでジュンク堂)

とりあえずチャーシューとほうれん草は食うぞモードに突入していたので、チャーシュー麺にほうれん草と大盛りをいれました。
すんなり座れるかなぁと思ったら自分の前に5人も行列していてびっくりです。仕方がないのでいつものようにiアプリの花札でもして遊んでいました。

それで待つこと15分くらいでようやく座れました。そして座ってからさらに待つこと7.8分で出てきました。味付け卵を入れるべきかすっごく迷ったのですが、やめてしまいました。もったいなかったかなぁ?

やっぱり朝から家系ってテンションだったのでうまかったです。緑のにんにくを入れながら食いました。このほうれん草が朝から食いたかったんだよ~ってわけですごーく満足しました。食いたいものを食うってわけで満足しました。食べる際の前向きな気持ちもどうやら調味料としてかなり有効ではないかと思います。こないだのすがもラーメンは「あんまり期待していなかったら思ったよりもよかった」というものですが、それはそれで調味料としてかなり有効です。

ただ、店を出て西武の本屋で立ち読みをしていたら舌がひりひりしてきました。化学調味料たっぷりってことでしょうか?

投稿者 91E : 17:06 | トラックバック

2004年07月20日

京急川崎店6:30pm

今日は川崎競馬場で「第8回スパーキングレディカップ」があるというのでいってきました。
中央競馬との交流重賞です。というかこのレースが実施されることは今朝知りました。
これを逃せば川崎に行く機会もないですからこの機会に川崎競馬に行くことにしました。それについては日記&コラムの7/20分の中に記載しました。

川崎競馬に行くときには「世界の山ちゃん川崎砂子店」か「ラーメン二郎京急川崎店」に行くのはお約束。今日は火曜日なので川崎駅近辺に住む後輩を呼び出せそうもないので必然的に後者になります。んでいってきました。
今日はJRからいったので京急川崎まで歩いてそこから行きました。いつ行っても駅からは遠いです。相変わらず「The 風俗街」ってにおいや「昼間から酒を飲んでも怪しまれない街」は健在です。それで歩くこと20分弱。ようやくようやくたどり着きました。京急川崎店。

入って券売機を見るととんでもない文字が、


8/1-22まで夏休み


暑い+新婚旅行に行っていないということでこうなるんでしょうね~。自分の場合は帰省するのでさして被害はないんですけど。。。夏の二郎は暑いからなぁ。。。こういうときはカウンター席じゃない府中が一番ましなのかも。とはいってもうちから1時間弱かかるので競馬開催のないときに府中に行く理由もないです。

それで見てみると水の横の席が空いていたので座ります。ここは貴重なクールスポットなのでよかったです。ここも暑い場所とそうじゃない場所の差が激しいようです。
次のロットかなぁと思ってのんびりしているといきなりトッピングを聞かれました。すっごくラッキーです。この店のことをちょっと忘れていて思わず習慣で「野菜辛めにんにくで」といったらこれが出てきました。

野菜が無茶苦茶多くて、台からおろすのが一苦労。というか川崎って台から下ろすのに無茶苦茶苦労するという記憶しかないのですが。。。トッピングから野菜を抜かなきゃダメなのね~~。

それでもスープも豚も十分うまかったと思います。麺は「こんなに細かったっけ?」(注:基準はあくまで二郎ベース)と思えるものでしたが、それでも満足でした。
やっぱり最近二郎らしい二郎を食っていなかったので(三田は暑いので行きたくないですし。なんか今二郎にしてはすいているみたいですね)、十分満足できました。

これで競馬で勝っていればよかったのですが。。。

投稿者 91E : 23:08 | トラックバック

珍珍珍(サンチン)千石店

暑い。とにかく暑い。これぞまさしく生き地獄。何で日本には夏があるのか恨めしい。
暑いからエアコンをつける→室外機から熱を出す→外はますます暑くなるという悪循環です。というわけでまずやるべきことは夏のスーツ禁止。これでしょう。見ていても暑いし本当にたまりません。半そで開襟シャツノーネクタイくらいのことはしないとだめでしょう。本当に。

こうも暑いと遠くのラーメン屋に行こうなんて気力も湧いてきません。というわけで今日の昼飯は家から一番近くにあるラーメン屋で済ませました。家から数えてみたら116歩でした。(階段込み)とりあえずコンビニで立ち読みした後に寄りました。

サンチングループのサイトはこちらです。今日の日替わりはつけ麺中盛600円というありがたいものでした。素直にそれにしました。味はしょうゆ、とんこつ、味噌からの選択だったのですが、この二日味噌やとんこつ中心だったのでしょうゆにしました。夜に川崎競馬でパーキングレディーカップがあるから行こう、その際には二郎の京急川崎店に行こうという目論見があるので軽いものにしようという考えたわけです。待っていると出てきました。

スープは酢がぶち込んである感じで自分としては苦手なタイプでした。ただ空腹を癒す、だけど晩飯のことがあるから食いすぎるわけにもいかないという感じで食いました。特にうまいとかまずいとかの感想はありません。あまりにも暑くてあんまり外にいたくないということで選んだ店ですので仕方ないでしょう。

ちなみに今日の最高気温は39.5度です。おかしいです。

投稿者 91E : 14:59 | トラックバック

2004年07月19日

すがもらーめん

↓の池袋から家に帰って、競馬サイトの作業→飲酒→巨人戦観戦をしながら惰眠をしているうちにおなかがすいてきました。
飲酒しながらネットをしていたら、富永一朗著「チンコロジイさん富永一朗の快老人生」なんて本を注文しちゃってました。テキストサイトで過去に「お笑いマンガ道場」という題のテキストを書いていてそれへのアクセスが多いことは日記&コラムの7/18分でもネタにしましたが、それを調べているうちになんか勢いが出てしまって買っちゃったというわけです。酔いが覚めた今少し後悔してます。

酒を飲まない人には全くわからないとは思いますが、「この無駄にテンションの高い状態」が心地いいんです。それがあるから酒はやめられないのね。。。

さすがに酒がだいぶ抜けたこともあり「自転車を乗っても飲酒運転にはならないだろう」ということで巣鴨までひとっ走り。えぞ菊動坂店と迷ったのですが、営業時間を調べていなかったので閉まっていたらショックがでかいので「すがもらーめん」へ。ところが実際調べるとえぞ菊動坂店は朝の5時まであいていたのね。しまった~。今度行くことにしよう。そうしよう。

巣鴨市場近くから、駅北口ロータリーに移転後1.2回いってあんまりいい印象がないので不安でしたがこれを作ったおかげで「おいしかったらラッキー。まずくてもネタになる」ということでラーメンを食う際に非常に安定した精神状態で食えるようになりました。写真を撮るのがいまだに気が引けているんですけど。。。とりあえず入り口です。

それで入ってとん塩チャーシューを注文しました。お茶のグラスがでかかったのは自分としてはありがたかったのですが、できればセルフサービスにしてくれるともっとよかったです。自分は無駄に水を飲む人なのでそっちのほうがありがたいです。もっとも目黒二郎とかだと水のお代わりは無理なのでどっちでもいいんですけど。それで出てきました。とん塩チャーシュー。これは移転前にはなかったメニューです。

食ってみたら移転直後よりもうまかったです。チャーシューもすっごくうまかったです。スープも臭みがとれていい感じでした。やっぱりラーメン屋は「いまいち」と思っても定期的に行ってみると味が変化しているもんだなぁというのを感じました。今まで巣鴨だと「千石自慢」「極麺王」「きんぐ・すいーと」の選択だったのですが、「すがもらーめん」も選択の対象に入れてもいいような感じが自分的にはしました。結構良かったです。

投稿者 91E : 23:46 | トラックバック

蒙古タンメン中本池袋店

こないだ東京ドームでお会いしたnitomoさんが「ぜひ1回中本を食べてください」と推奨するのでとりあえず1回食べてみようということで行くことにしました。
話によると「食わせた知人は当分尻にくる」とのことなので、翌日になんら制約がない日を選んで今日行くことにしました。うちはもともと痔主の家系なので油断していると何があるかわかりません。というわけで池袋でありながらも暑いこともあって自転車で行くことはやめました。

池袋西口の丸井やKinkosの近くにある池袋店につきました。入り口には行列時の対応など書いてありましたが、行列はなさそうでラッキー。

こんな暖簾で迎えてくれます。それで階段を上ると店内に行列がありました。自分の前には8人くらいいました。どれくらい時間がかかるのか不安だったのですが、とりあえず食券を先に購入。「初めての方は味噌タンメンにするように」とありましたが、写真を掲載する際に「麻婆豆腐がないのはへたれに思われるのと違う?」という不安に駆られてとりあえず「蒙古タンメン」にしました。それでやっと座れて出てきたのがこれ。結構回転がよかったです。

チキンなので、右の麻婆豆腐がかかっていないところから食すことに。すると思ったより辛くないです。この部分が「味噌タンメン」の部分なのでしょうが。。。それで食っていくと思いのほか麺がうまいです。スープも脂と味噌と辛味がほどよくマッチングされて自分としては悪くない印象です。それで半分くらいやっつけたところで、麻婆豆腐突入。途中咳き込んだりしましたが、辛さに耐えられないという意味合いではないつもりです。
麻婆豆腐それ自体の印象はスープの中に埋没してあんまりありませんでした。今度行くときは定食にして麻婆豆腐を味わうことにしよう。そうしよう。
ただ辛味はもちろん加わりました。要は辛味以外の餡がスープにどう絡むか?ということなのですが、それに関してはあんまり強い印象を受けませんでした。

それでも肉野菜炒めもうまい具合にマッチし、脂・辛味・スープ・具がいい感じにとけあっているなぁという印象を受けました。が、辛いです。それでもついついスープを飲んでしまうというこの二面性。汗もでるのでハンカチやティッシュは不可欠です。
何とか店を出て速攻で近くのネットカフェに突撃して、これを書いています。やっぱり水分がほしくなるのは仕方ないでしょう。この店の近くのネットカフェなどの喫茶店はおいしい思いをしそうです。というか自分が喫茶店を経営しているならこの近くに進出したいと思いますもん。

現時点ではお尻には来ていませんが、今後どうなるかは追々報告します。翌日に何もないということが必要ではありますが、また食べに行こう(できれば本店)という気持ちはあります。

投稿者 91E : 14:24 | トラックバック

2004年07月18日

きんぐ・すいーと

今日は3連休の二日目。高校野球と競馬まっさかり。というわけで家でのんびり高校野球を見ながら競馬見て、その後に相撲を見てからプロ野球という徹底的に堕落した一日を過ごそうというモードに入りました。

昼になったのでそんなに遠くないところで食おうという目論見から巣鴨駅から白山通りを南に向かって歩くこと3分くらいのところにあるきんぐ・すいーとに。

他には渋谷にもあるそうです。なんでも明治通りを恵比寿方面に向かっていくとあるそうです。創作ラーメンというふれこみです。この店のいいところは大盛りでも値段は変わらないところ。この時期なのでつけにするかなとも思ったのですが、いつもの習慣でついついこれを頼んじゃいます。


ホイコーローラーメン


他の店だとこのメニューは見たことないので、学部時代のバイト後に通いまくった王将では「とりあえずホイコーロー」という自分としては頼まないわけにはいきません。ホイコーローにラーメンが入るんですよ~。そりゃあ食わないわけにはいかないでしょう。
ホイコーローというととんねるずの「みなさんのおかげです」の「愛のカイロプラティック」で石橋貴明扮する整体師の名前が浮かびます。それで待つこと5.6分で出てきました。

スープは当然味噌です。子供の頃は味噌ラーメンが嫌いだったのですが最近は別に普通に食べられますね~。唐辛子を入れると絶品です。チョット前に「らーめん発見伝」では「味噌ラーメンはどこで食べてもそこそこ」というのを見てどこで食べても大怪我しないラーメンという印象も持ってます。

麺は札幌ラーメンで出てくる黄色がかったちりぢりとしたものです。味噌にはこれがうまい具合にからむんですよね。というか普通にホイコーローが乗っているのでそれで食えているという感じ。それと麺とあわせるとなんともいえない感覚で食が進みます。大盛りラーメンは器が大きいかなぁとも思うのですが、すっきり食えます。スープもホイコーローから出ただしと味噌スープがからまって飲むとなんとも言えずうまいです。他のラーメンは食ったことないのですが、この店ではホイコーローラーメン以外食いたいという気にもならないので、他のものを確かめようもないのが正直なところです。

投稿者 91E : 19:43 | トラックバック

2004年07月17日

らーめん陸

上野毛の助手だった人が開店した店です。このエリアには基本的に行く用事がないのでずっとためてました。ごめんなさい。
今回「サザエさんフリーク」を自称する自分がようやくこのエリアに行くきっかけを作る出来事がありました。

フジテレビのお台場冒険王に関連した企画が桜新町にある長谷川町子美術館で「アニメサザエさん展・長谷川町子原作展~サザエさんでつづる昭和史」が今日からはじめるということで行くことにしました。
これの記録についてはあとで日記&コラムに記載します。

朝から今日は行動したので10時の開門と同時に長谷川町子美術館に行き、その後でらーめん陸という流れにしました。
陸への交通ルートに調べなかったという落ち度がありますが、桜新町からバスではいけないらしいです。カロリー消費の面から考えると「行き歩き帰りバス」よりは「行きバス帰り歩き」のほうがいいだろうと考え三軒茶屋まで移動しました。

公共交通機関で行くには小田急線祖師ヶ谷大蔵(木梨憲武の実家の駅)か成城学園(なべやかんが高校まで通ったところ)から渋谷へ行くバスか東急田園都市線三軒茶屋からバスで祖師ヶ谷大蔵か成城学園に行くバスに乗り、農大一高前前で降りて目の前にあります。三軒茶屋の場合は世田谷通りの出口を出て世田谷通りを1分くらい歩いたところにバス停があります。

今日はほたる祭りの影響もあり道路が封鎖されていたところもあったこともありすっごく世田谷通りが渋滞していました。無茶苦茶後悔しました。あまりに耐えられなくて農大一高前の二つ前の松ヶ丘交番前から歩いちゃいました。その途端渋滞が弱くなったのは痛恨の判断ミスです。こんなクソ暑い中歩くのは嫌ですから。それでも無事に到着しました。

黄色い看板じゃないのがその時点で違和感ですが、入ってみると3人しかいませんでした。18日は臨時休店みたいですから注意してください。なお、11:30-14:30と18:00-21:00くらい(スープ切れまで)で木曜定休です。

ラーメン二郎系では「とりあえず普通の小ダブルを食う」をマイルールとしているので今回は「豚入りラーメン+味付け卵」(合計850円、卵が100円)を頼むことにしました。先に「辛め」「野菜」「脂」は頼まなきゃいけないみたいでそれを忘れてしまいました。ちなみに切り刻みにんにくと唐辛子は机の上においてありました。それで待っていると出てきました。

正直なところ食い終わってから歩いて桜新町コース(途中競馬好きなので馬事公苑立ち寄ったことも尚更)にをしたのでその印象があまりに強く、陸への印象が弱いです。とりあえず桜新町までは無茶苦茶遠いです。徒歩30分コースです。カロリー消費以外の目的では絶対に歩けないし歩きたくもないです。
豚に関してはジューシーな部分とぱさぱさな部分がありあたり外れが激しいという印象です。麺に関しては「ダマ」があってちょっとむかつきました。スープに関してもそんなに悪くもなく全体としては「まとまりがある」という言葉が一番妥当な感じでした。

とりあえず公共交通機関しか交通手段のない自分としては秋か冬までは行きたくないです。馬事公苑でイベントのある秋の日曜日にもう1回行ってみようと思います。

投稿者 91E : 20:32 | トラックバック

2004年07月16日

千石自慢ラーメン本店

さて↓の麻布ラーメンを食った後、テストの採点を学校の図書館でしてました。 一段落ついて帰ろうかと思いきや雨。仕方ないので、さらにもう一つ作業をしたところ天気が良くなったのでもともとは「この日は大崎に行く」モードだったため巣鴨に自転車があることからJRで巣鴨までいきました。 仕事をするとおなかがすくというわけでどうするか?と考えたところ、時間的に見事に「千石自慢のアイドルタイム((客の少ない時間))」と重なるというわけでそれだったら千石自慢に行くかという気になりました。なんか最近どうも千石自慢がうまいとは思えないのであんまり乗り気じゃないのでいつも食っている大盛りチャーシューはやめることにしました。 とりあえず山手線都営三田線の巣鴨駅を降りて白山通りを南(とげぬき地蔵と逆方面。線路の方面)に向かって歩くと2.3分、自転車なら信号との絡みですが1分くらいで着きます。 入って食券を買おうとするとこんな文字がありました。「8月上旬より改装工事開始。9月上旬新装開店」 どうやら1ヶ月間食えなくなりそうです。とはいえどうせ帰省とかぶるからさして害はないんですけど。。。どんな改装をするのでしょうか?現在は立ち席だから座れるような席を用意するのでしょうか?改装が済んだら報告しようと思います。 今日はいつもの「大盛チャーシュー」ではなく、「骨太ラーメン」にしました。これは「味付け卵」「角煮」「チャーシュー」が入っているものです。それで水を飲みながら待っていたわけで以下のものが出てきたわけですが、 これにして大正解でした。もともとこの店で一番うまいのは「味付け卵」ですし、最近大盛りチャーシューがうまいと思えなかったのは「食っているうちに味が飽きる」という部分だったので、角煮があることで飽きる前に新しい味があることから飽きることもなかったです。 スープそのものは見た目より((あくまで見た目との比較))はさっぱりしている部分もあるので、食べやすいと思います。家から自転車で3分くらいとすぐそばの店ということもありますし、行列のない時間帯だとついつい食べちゃいますね~~。他には王子(北本通り方面)、北池袋(明治通り沿い)、鶯谷(いったことないのでわからない)、高円寺(同じく行ったことないのでわからない)にも支店があるようです。 スープは本店で作ってそのスープを各支店に輸送しているみたいなので、支店でも盛り合わせと麺のゆで具合を除けば本店と変わらない(というか本店もほとんどバイトと思われますが)ものを出してくれそうです。 なお三田線の千石駅近くに「千石ラーメン」という店があるのでこの店を「千石」と略しては絶対にだめです。わかりやすくするように勇気を出して1回千石ラーメンを食べてみようと思います。ほとんどお客のいないラーメン屋なのでいろいろと不安はありますが。。。

投稿者 91E : 23:59 | トラックバック

麻布ラーメン三田店

昨日の「大山に公共交通機関のみで行こう」というプランの実行可能性について調べてみたところ、可能でした。というわけで今度の帰省の際に実行することが決まりました。
問題は東海道線の富士駅からしかバスが出ていないので、新幹線の新富士から富士まで歩かなきゃってことです。(もちろん三島で降りて東海道線で富士まで移動するのも考えられますが引き返したくないのです。)夏だからとっても憂鬱です。最近は年をとったことと青春18切符が分割不可能になったため鈍行で帰省することはもう無理です。青春18切符が分割可能だったらよかったのに。。。

今日は学校でテストの採点でもしようということで行くことにしました。最初は大崎の凛にしようと思ったのですが、細麺のみで「太麺と賄いはなし」となっていたのでいく理由もないからやめました。ってちゃんと調べておけよ!って反省です。

仕方がないので田町近辺で食うことにしましたが、二郎はこのくそ暑い時期にはありません。あってもいいのですが、テスト直前ということで情報入手のため多くの学生さんがいる時期にはありえません。とりあえず麻布に行くことにしました。向かう道中で研究会の後輩に一人会いました。

何にしようかなと思ったところかねがね興味のあった坦々麺を発見したのでそれにしました。一応冷房もかかっていてまあまあ涼しかったでした。やっぱり夏は涼しくしないとラーメンを食うなんて無理です。それで5分くらい待つと出てきました。坦々麺。

ひき肉+唐辛子は名古屋ラーメンのひとつ「台湾ラーメン」によく似ているなぁという印象を受けました。実際に食ってみると台湾ラーメンは本当にすっきりしたスープなのですが、坦々麺は(ここだけかもしれませんが)ちょっとこってりですね~。もっとも麻布自体が比較的こってりなのでそのスープのせいかもしれませんが。。。
あとはくるみが入っているのでしょうか?ほのかな甘みもありました。自分としては普通のラーメンは「いまいち特徴がない」(注:二郎が基準の人だからかも)ということを思えばむしろ特徴があっていいような感じがしました。

東京の人で名古屋の台湾ラーメンがイメージしづらい人は坦々麺に近いものと思えばいいでしょう。
食った後で研究会の後輩二人にあったのにはびっくりしたなぁ。。。お約束どおり


二郎じゃないんですか?


って突っ込みを受けました。どうも後輩にも二郎を食うキャラということで浸透しているようです。この時期は暑いから二郎にはちょっと行く気力がわかないですね~。でもまっち棒がいきなりつぶれていたから次の三田近辺の店はやっぱり二郎かなぁ?さもなくば骨か鉄かになるでしょう。

投稿者 91E : 14:41 | トラックバック

2004年07月15日

喜多方ラーメン坂内大塚店

いつものようにのんきに二郎系サイトチェックをしていたら二郎系有名サイト「PC店」さんからリンクが貼られていました。
とってもうれしいです。ありがとうございます。しょせん携帯カメラの画像なのでしょぼいのが現状のネックです。FOMAがあまりに入らないので、FOMAとMOVA兼用の携帯にでも買い換えたいのですが、無職の甲斐性なしの貧乏人には厳しいです。

二郎系リンクでも作らなきゃと思っていたのですが、PC店にできたこともありもう十分なのでいいやって思っています。
というかこのサイトの売りは「車やバイクを持っていないけど二郎食べたい」って人へのアプローチなので、そういう方のお役に立てればと思います。(食べ歩きに興味を持ってくれればもちろんうれしいですし、大歓迎です)
八王子野猿街道店、めじろ台法政大学店、○二北浦和、○二神谷本店、旧町田店さえ公共交通機関のみで行っているので改めてアホだなぁって思ってます。今考えているのは「大山に公共交通のみで行く」ということなのですが、富士市の地図を見る限り厳しいという印象を持っています。ですけど何とかしたいと思います。手法があれば今度の帰省の際に立ち寄ることは自分の中で決定しています。

夏はカウンター中心の二郎には不向きな季節。なので二郎が少なくて申し訳なく思います。今日も近場の大塚で済ませちゃいました。
比較的近いところだと池袋東口・高田馬場、○二なら神谷本店、要町がありますけど、このエリアか水道橋近辺(神田とぽっぽっ屋はあるけど)に出来ないかなぁ?って思っています。

とりあえずチャーシューのみ目当てに行くならってことで選ぶとこの店になります。出来のいい日の二郎を除けば「とにかくうまいチャーシューをたくさん食いたい」ってモードになったらいくのはここです。神保町にもあるのでどちらかになります。新橋はなぜかつぶれちゃいましたが。。。

それでとりあえず入りました。それで日刊スポーツでも読みながら時間をつぶしていると出てきました。

ほとんど肉に覆われています。ここまで徹底されると脱帽です。麺は喜多方のもちもちとした感じの麺でスープはしょうゆ味です。
これらはさほどうまいという印象はありません。1回福島競馬に遊びに行った際に「喜多方ラーメンを食えるのは今回しかない!」モードになり福島駅に荷物を入れてからから郡山まで新幹線で移動し、そこから磐越線に乗って喜多方まで行って2時間で3軒いったときの麺のほうがうまかったです。このときは

福島まで行かずに郡山で降りてそこで荷物を置いておけ

って思いましたね~~。全く土地感がないところだったのでこういうことをしてしまったんでしょう。今思っても金が死ぬほどもったいなかったっす。

それはさておき、この店の魅力はある程度時間がたつとチャーシューからだしが汁に出てだんだんうまくなるということです。噛み砕いて言えば「ラーメンはチャーシューありきでしょうゆか味噌が好き」という人にはありなチョイスということでしょう。

投稿者 91E : 21:23 | トラックバック

2004年07月14日

みの麺多

本日のBGMはとんねるずの「みのもんたの逆襲」にしましょう。ってアルバム曲なんですよね、これ。

場所は京浜東北線と都電荒川線の王子駅を降りて明治通りの坂をほんの少し登ったところにあります。自転車でいける範囲ということでカテゴリーはここにしました。
エリア的に滝野川大勝軒もしくは○二神谷本店(通称王二郎だったところ)の誘惑に勝てないところですが行くことにしました。
いい年こいて足が自転車しかないのが「無職の甲斐性なしの貧乏人」たる所以なのですが、もしバイクか自動車があった日にはいろんな意味で手がつけられなくなっていたからまだましなのかなぁ?とも思います。
ちょっと前に某知人が「自転車に乗れない」という話をしていて、乗れるようになるのは?というのを調べたときに「人に後ろを持ってもらうのは最悪で、足がつく自転車に座り、足で地面を蹴りながら進むのを繰り返すと乗れるようになる」というのを見つけたということがあります。

それで家から自転車で15分くらい走るとありました。みの麺多。

ある意味で有名店です。みのもんた(本名御法川法男。みのりかわのりおと読みます。難しいということで文化放送入社時に「みのもんたにしろ」ということでこの名前を名乗るようになりました。)のパチモノ的な店として有名です。今週のあてずっぽう騎手ゲームはパチモノつながりで武英にでもしようかなぁ?

それで入ると限定という言葉に弱い自分は「夜だけつけ麺」の1.5倍にしました。写真も見ないでただ「肉野菜」と書いてあったからこれでいいかと思ったわけです。1.5倍の300グラムでも同じ値段というのは得した感じです。ちなみに中盛は100円ましで400グラム、大盛りは300円ましで800グラムです。
机の下に置いてあるイブニングやスペリオールなどを読みながら時間をつぶしていると出てきました。夜だけつけ麺。

食ってみると味噌ラーメンのスープに肉野菜炒めをいれたものと麺が分離して出てきたというものでした。何かすっごく損した気分です。これだったら普通につけ麺を頼んだほうがよかったなぁという感じがしました。

味そのものについては「店への期待度」で変わります。パチモノ的名称だからダメだろうと思って入ると意外と食えて、おいしいラーメンが食べたいと思ってはいるとうーんとうなってしまうというのが一番妥当な感想ではないでしょうか?
それでもなんか悔しいので普通のつけ麺を1回食ってみようと思います。滝野川大勝軒と○二本店の誘惑に勝てるかどうかというのが問題ですけど。。。

投稿者 91E : 23:41 | トラックバック

ますたにラーメン田町店

今日は教授の授業があり、学校へ。久々の三田だけど梅雨が明けた今くそ暑い二郎に行く気力が沸いてこないので、消去法的選択でますたにへ行くことに。

12時を過ぎると行列するからその前に着くようにいきました。11:50ごろつくとぎりぎりセーフで何とかカウンターに座れました。いやぁラッキーラッキー。
基本的に「二郎以外では行列をしてまで食べない」ということを決めているので本当にラッキーでした。

そこで大盛チャーシュー+半ライスを頼んで雑誌でも読みながら待つことに。先にライスが来てたくあんと一緒に半分くらい食い、後はスープと絡めて食うことにしました。それで待つこと5分くらいででてきました。

上が甘みのある層で、真ん中が普通のしょうゆ味、下が唐辛子です。これは混ぜて食うよりも蓮華ですくったほうがうまいタイプです。
やっぱり京都のラーメンはスープにパワーがあっていいですね~~。ねぎの辛味がなんともいえず自分は好きなのですが、+50円ということでいつも躊躇しちゃいます。入れればよかったかなぁ?唐辛子を入れないとうまくないと思うので辛いのが苦手な人にはちょっとつらいかも。

チャーシューもスープとのバランスがあっていていいのですが、麺がなんか特徴がないというかスープといまいち絡まないというかその点が若干の不満でした。

とはいえ、自分の中で「三田で二郎が食いたいというテンションになったけど食えなかった場合の代替食第一位」という位置づけなので、水準以上の味はあるのでは?とは思ってます。

ほかには東京では日本橋、御徒町にもあります。

投稿者 91E : 12:39 | トラックバック

2004年07月13日

一蘭東京ドームシティラクーア店

この日はある読者の方から「東京ドームの日本対キューバ戦のチケットあります」という話で断る理由も全くないので行くことにしました。 本当にありがとうございました。その試合の観戦記についてはこちらにて作成しておりますのでよろしければどうぞ。 せっかく後楽園エリアに行くのだから後楽園・水道橋エリアで何か一つ食おうと考えました。 吉本家、麺者服部等々候補はありましたが、ラクーアにある博多ラーメンの店一蘭に行こうと考えました。単純に一蘭は一度も食ったことないというのが理由です。 ラーメン食べて野球体育博物館に行けばちょうど入場券受け取りの時間とかぶるかなって思ったのもありました。とりあえず入り口です。ラクーアの二階にあります。 食券を購入し、しばらく待つと(というか前の人がよくわかっていなかったらしく入ろうとしなかったのでいっしょに待たされただけなのですが。。。)ようやく入れました。 この店の売りの一つが仕切りなのですが、もうちょっと広くてもいいかなという感じがしました。注文は紙に書くというやり方です。オンナノコだと口で言うのが恥ずかしいというのを考慮しているようです。ここにオンナノコの読者はいないと思いますが、それでも万が一いればチョット聞きたいのですが、 オンナノコが一人でラーメンを食うのは恥ずかしいのですか? 確かに化粧品や下着売り場などをオトコ一人でとおるのはかなり恥ずかしいのでそれと同じような感覚なのでしょうか?確かに「替え玉」((博多ラーメン独特の麺だけおかわりできる仕組み))を頼むのはオンナノコとしては恥ずかしいのかもしれないですね。 自分にとってありがたかったのは水が飲み放題だったってことです。蛇口がおいてありそこから水を自由に飲めるのは本当にありがたいです。そんなかんだで待っていると出てきました。 真中にある赤いものが「唐辛子」です。ここ2.3年で唐辛子を入れるのも平気になったのでいれてみました。食ってみると割とあっさり系で臭みもなくすっきり味でした。 お金がほとんどなかったので頼めなかったのですが、ねぎを多くすればもっとうまく食べられたかなぁ?というのが印象です。 味そのものについては、可もなく不可もなくであんまり強く印象に残らなかったですが、唐辛子のタレで何とかなったかなぁという感じでしょうか?

投稿者 91E : 23:57 | トラックバック

2004年07月12日

欣家(西台)

戎(西台)のテキストを西台のネットカフェで書いて5時が過ぎたので欣家に行くことにしました。
とりあえずこの地に行くとすれば評価の提出の1回くらいしか9月下旬まではないので、今のうちにいかなきゃいけないということで行きました。

場所は西台の西口の改札を右に出て道なりにあるき信号を渡り3つ目の角を左に見るとあります。昼間は結構行列も出来ています。
というか下に書いた戎が昼休みなしでこっちが昼休みありだったから順番が逆だったかなぁと無茶苦茶後悔です。

それで歩くこと5分ほどで着きました。欣家です。

さすがにこの時間だからすんなりと座れました。月曜日ということでGallopを読んで待つこと10分くらいで出てきました。肉いりつけめんです。

食ってみるとスープがなんとも言えずうまい。はっきりいってかーーなり上位にランキングつけてもいいんじゃないかと思いますね~。
スープが一見あっさりの色の割には脂もしっかりあり、こってり感とあっさり感が絶妙なバランスで溶け合っていると感じました。魚系のだしを使っているみたいですが自分としてはかーーなり好印象です。

豚肉もちゃんとジューシー感がありよかったです。お店に「スープにゆずの皮を乾燥させた粉を入れると新たなおいしさが」とあったので入れてみたところなんかすっきりした感じになりました。

仕事場に行くときにはここか蓮根から歩いてホワイト餃子で食うかの二者択一という感じになりそうです。あとはこのエリアはびっくりラーメン(180円ラーメンでおなじみ)くらいだからなぁ。。。

投稿者 91E : 20:08 | トラックバック

戎(西台)

今日は仕事があるので西台に来ました。こないだ1回食べにいったのですが「ここではまだネタにしたことがない」「サバ寿司を食っていない」という二点においていかなきゃあかんだろうってことでここに行くことにしました。

家を出ようと思ったときにちょうど用事が入って、それをこなしたのでぎりぎりになりましたが西台に行くのもこれでしばらくないので今日行かなきゃまずいだろうってことで行くことにしました。

西台駅の東口を降りて南に歩いて大きな信号を渡り右折してまっすぐ歩くとあります。伝説の男ガッツ石松は「この交差点を右に左折しろ!」と言ったらしいですが、ここは普通に右にいきます。こんな感じの店です。

とりあえずしょうゆ味の豚+味付け卵入りにサバ寿司1個を頼みました。先にサバ寿司が出てきたので食ったのですが、うまいといえばうまいけどわざわざラーメン屋で食うこともないよなぁという感じでした。これだったら小ライスくらいの機能を与えられるレベルまで値段は上げてもいいから量を増やしたほうがいいと思います。

サバ寿司を食いきってしばらくすると出てきました。

和歌山ラーメンというとまっち棒しか食べたことがないのでそれとの比較になるのですが、あっさり系です。ただ味付け卵は自分としては今ひとつのように感じました。これだったら入れなくてもよかったなぁと思います。

スープそのものもまあまあ飲めるし、まっち棒がちょっと濃いと思う人にはちょうどいいくらいではないかと思います。

その後仕事に行きましたが、テストだったので監督するのに疲れちゃいました。持ち込み不可にしたのですが、あんまり出来がよくなかったので持込可にすればよかったかなぁとちょっと反省です。履修者の数と受験者の数を考えると甘めの評価基準にしなきゃなと思います。

前期終了ということで自分へのごほうびとして夕方5時開店の欣家に行くための時間つぶしで西台のネットカフェでこれを書いています。お金大丈夫かなぁ?これだけがまじ不安。。。

投稿者 91E : 16:57 | トラックバック

2004年07月11日

歌舞伎町店12:30

今日は福家書店新宿サブナード店で伝説の男ガッツ石松のサイン会があるというので新宿に行きました。なおそのときの模様はここに紹介しました。

久々に新宿に行くからってことで「歌舞伎町の二郎はどうなったかな?」と様子見を兼ねていってきました。とりあえず入り口です。

とりあえず入りましたが、


あまりに臭くて逃げ出したくなりました


なんでこんなに臭いんですか?ちゃんと換気と掃除をしてほしいです。この時点で後悔しまくりです。とりあえず「大ダブル野菜辛めにんにく」にしました。いつものようにiアプリの花札をしながら待っていると出てきました。

自分としては乳化したスープは「二郎としてはよろしくない」と思っている人なのでこの口に入れる前の時点ですでにダブルパンチを食らっています。それでようやく食ってみると、豚まで臭かったです。渦巻き使っているしもうありえません。

頼んだものだから食いますけど、はっきりいってやっつけているような感じでたまりませんでした。申し訳ないですけど後悔の二文字しか浮かびません。

多分もう行くことはないかなと思います。ごめんなさい。とりあえずにおいだけはまじで何とかしてください。本当に。

投稿者 91E : 16:04 | コメント (2) | トラックバック

2004年07月10日

ラーメン二郎堀切店13:00

最近野菜まし掲示板で堀切の「馬もり」((半端なく少ない盛りのことらしい))が話題になっているので、どんなんだろう?って気になっていくことにしました。 家からは日暮里まで出てそこから京成の普通電車に乗り、堀切菖蒲園で下車します。堀切菖蒲園駅を下車して右に1分も歩くとあります。ラーメン二郎堀切店。途中魚屋やら麺香房天照やらは無視します。もっともうわさの馬もりに遭遇できれば麺香房天照を普通に食えるのかもしれませんが。。。 窓からのぞくと茶髪の兄ちゃんでした。馬って感じの人じゃありませんでした。あくまで自分は馬もり目当てできたのでショックです。はっきりいってくたびれもうけです。仕方ないので「二郎のつけ麺でも食ってみよう」ということで食ってみることにしました。 つけ麺650円にチャーシューを2枚で240円と大盛100円を加えて990円かかりました。入ってみるとすんなり座れました。やっぱり人気ないのでしょうか? とりあえずいつものようにiアプリの花札にいそしんでいると出てきました。 さほど少ないって感じもありませんでした。まずスープを飲むと酢が入っているようでちょっとすっぱい感じがしましたが、くそ暑いこの時期なのでちょうどいいかも。 自分自身こないだの大塚大勝軒でもネタにしたのですが、「つけってぬるくて中途半端な感じがして嫌だ」という印象がありましたが、ここまで暑いとさっぱりしてなんかいいかもと思います。 とりあえず豚を先にスープに浸しておいてから食うのですが、普通のラーメンを食っているときよりも多いような感じがしました。はっきりいって普通にラーメンを食ったときよりも満足しました。 そしてスープ割をしてもらいました。二郎にしてはさっぱりしてますね~~。扇風機の生暖かい風はどうかと思いますが、つけにすることで補えます。これも年を経たことにより味覚の変化の一つかなぁ? もちろんだからといって「二郎として満足できたか?」というと別問題ではあります。「二郎食った~~」って感じではなかったですから。 あくまで目的は「馬もりを味わう」ということなので、もう1回行くことにします。できれば堀切二郎だけというのは嫌なので上野の「国立西洋美術館」「東京都美術館」などで面白いイベントがあるときに行こうかなと思います。もっともこの場合は松戸駅前店との選択になるのですが。。。 食後カロリー消費で堀切菖蒲園に行ってみたのですが、やっぱり1ヶ月遅かったなぁ。。。写真に撮るべきものがなかったです。残念。

投稿者 91E : 18:33 | トラックバック

2004年07月09日

白山ラーメン

今日は朝から家で作業。本当にいいのか、こんな地味な日々。
今日からマクドナルドでチキンマックナゲット100円ということで食うことに。
マックグランのセット+マックナゲットバーベキュー味を食しました。
自分としてはビックマックのほうが好きかな。。。

それで家で再び作業をしてから、髪が長くなったので切ることに。
頭に熱を持って非常にいやーーな感じがするのできらなきゃなぁと思い切ることにしました。
ただビンボーなのでQBハウスで1000円で切ることにしました。もともと美容師さんとの会話にはあんまり期待していないので安く切れればそれでいいという気持ちはあります。ただ前回GWに水道橋のQBハウスで切ったら大失敗して実家に帰ったらあらゆる人に笑われたので水道橋は避け巣鴨に行くことにしました。
とりあえず出来栄えは前回ほどではないと思います。ただおなかがあんまりすかなかったです。なのでそれだったら8時半まで待って白山ラーメンでも久々に食うかというモードに入りました。

家に帰ってプリンセスメグとサッカーと曽我ひとみさんのニュースをザッピングしながらしていると8時半になったので白山ラーメンへ。
そこだけなら歩いてでもいけるけど、カクヤスで酒でも買おうということで自転車で行きました。自分の前には10人くらいでしたが椅子が空いていてラッキーでした。
メニューはラーメン700円と卵入りラーメン750円の二種類。前者が卵1個、後者が卵2個となかなか豪華です。とりあえず入り口です。

とりあえず今回はラーメンを注文しいつものようにiアプリの花札にいそしんでました。すると自分の番号が呼ばれました。早いですが聞こえにくいのは勘弁です。ラーメンはこんな感じです。

摩り下ろしにんにくをいれて食いました。味そのものは強い印象はないですが、

屋台にしてはうまい。飲んだ後には手ごろなラーメン

というのが印象です。全体的に水準以上だとは思いますが、食い終わった後に強い印象が残らない(基準が二郎だからかもしれませんが)ですね~。近所だから夜に食いに行くには手ごろな店なのでたまには行こうとは思います。

投稿者 91E : 21:38 | トラックバック

2004年07月08日

大塚大勝軒

昨日は後輩に無事に仕事を押し付けることが出来ました。
裏で出身高校に関するサイトを作っているのですが、そこで受験相談やらもろもろの質問を受け付けています。
ところが卒業して10年以上経過している現状においては対応するのはかーーなり難しい状況です。受験制度も違いますから。。。

というわけで今年研究会に高校の後輩がきたってことでその人にその相談を押し付けたというわけです。
ところがその人はPCを盗まれたらしく現在手元にPCがない状況。そのために何とか携帯でもその掲示板を見られるようにという作業を朝からいそしんでいました。
本質的にプログラム言語とか何一つわからない自分は苦労したのですが、マニュアルを参考にしながらなんとかできました。2apesの掲示板を使っている人で携帯対応したいという人がいればスキンを渡すことが出来るくらいの状況です。

気が付けば昼も二時を過ぎてしまいました。今日もクソ暑いので「つけ麺でも食おう」モードに突入し、時間的なことを考え「大塚の大勝軒に行こう」ということになり自転車でひとっ走りしてきました。
電車で行く人は大塚駅の北口を出てホープ軒→モスというルートをたどりそのまま道なりに歩くこと5分くらいでつきます。

席も空いていたしよかったです。というか昼の二時半くらいにいって混んでいたらすっごく嫌です。
ちょうどタイミングの悪いことに「今からスープ増やしますのでしばらくお待ちください」とのこと。まぁ朝から日刊スポーツを読んでいなかったこともあるし待たされる状況だから読むかってことで読んでました。
改めてナベツネや他球団のオーナーに対する怒りが込み上げてきました。やっぱり自分が今まで応援してきたところが自分の意志の力ではどうしようもないところでなくなってしまうのはあまりに気の毒です。

というわけで結構待ちましたが出てきました。もりチャーシューです。いつもはあつもりにしますが、さすがに今日は無理です。

やっぱり5日に食べた西台の大勝軒よりも自分の好みに合いますね~。改めて東池袋の山岸さんに敬意を表したいと思います。
以前に食べたときは「つけ麺ってぬるくていまいち」と思っていたのですが、さすがにクソ暑い中食べると「ちょっとはさっぱりしていい感じ」になります。こんな日にラーメンなんて食ったら暑くてうだりそうです。
出来としてはチャーシューもうまいし、スープも作りたてですっきりした感じで自分としては良かったです。

今度は二郎のつけに挑戦してみようかなという気持ちになってきました。

投稿者 91E : 17:14 | コメント (2) | トラックバック

2004年07月07日

神座新宿歌舞伎町店

新宿サブナードの福家書店で伝説の男ことガッツ石松のサイン会があるということで学校にいくということもあり、整理券の入手に行きました。
この日で整理券番号が25番だったということもありまだまだ余裕でしょう。

新宿に来たということで新宿でないと食えないラーメンを食おうという頭が働きました。歌舞伎町の二郎にしようかとも考えましたが、あそこまでこのくそ暑い中(最高気温34.3度。本当に梅雨明けってまだしていないの?)長距離は歩きたくないので神座の行列が少なければそこにしようと決めました。

靖国通りのドンキホーテを奥に入って天下一品を右折するとありました。神座です。

幸い行列もなかったので行くことにしました。いきなり入り口で注文させられてその後食券をゲートで支払うという東京にはない仕様のやり方に戸惑いましたがすぐに座れました。

とにかく暑かった

自分の前に待っている人が10人近くいて何かまたされそうな予感。仕方ないのでiModeの花札をしながら時間つぶし。そして10分くらい待ってようやく出てきたのがこれ。

店のフレーズに「1回目は違和感」「2回目で味の変化」「3回目で病みつき」とあり、どこかで聞いたことあるようなものでした。ジロリアンとしてはこのフレーズには寛容でなければなりません。もっとも二郎には1回目からすんなりはまりましたが。。。

味は中華料理屋で出てくるラーメンというのが自分としては一番近いような印象を受けました。チャーシューもあんまりうまくないし。途中で煮卵をいれてそれが一番うまかったように感じました。

積極的に前向きな意思を持っていくことはないかも。。。

投稿者 91E : 14:27 | コメント (2) | トラックバック

2004年07月06日

麺一筋水道橋東口店

今日は朝から競馬サイトの作業。結構手間はかかったものの何とか完成。
おなかもすいたので、水道橋にでも行こうかと。火曜日はこのエリアのマンガ喫茶はサンデーとマガジンが3時くらいにはあるしね。

どこにしようかなぁといろいろと頭を悩ませた結果、水道橋東口の麺一筋へ。

ここは畑山隆則推奨の店で7月からは彼のプロデュースするつけ麺も出たのですが、とりあえずは大怪我したくないのでノーマルにチャーシュー麺に味付け卵を。
ここも自分自身はチャーシューと味付け卵を目当てにしているところもあるので。。。

尾道ラーメンは魚のだしを前面に押し出しています。見た目よりはあっさりした感じだとは思います。
本当はランチ時にいって、ライスをつけてもらってかつおのふりかけでもかけて食いたいところではありますが、ランチは終わっていたのであきらめました。
結構日大生などで行列していることもありランチ時には行く気がしないんですけど、1回だけ食べたこのふりかけは結構うまいという印象はもっています。それでしばらく待つとラーメンが出てきました。

今回は厚切りのチャーシューのふちっこがあったこともあり結構幸せな気持ちになりました。何かチャーシューのふちっこがあるって得した感じがしないですか?
ラーメンで何を重視するかは人それぞれですが、しょうゆ系が好きでチャーシューと味付け卵を重視する自分みたいな人にはありなチョイスだと思います。

今度は畑山隆則プロデュースのつけ麺でも食べようかな。夏ですし。8月上旬まで実家に帰れないし。。。

投稿者 91E : 22:15

2004年07月05日

極麺王

仕事をこなして帰りには欣家にするか戎にするかいろいろ考えたのですが、5時まで待つのは何かと辛いので結局巣鴨まで戻りマンガ喫茶で休憩。仕事の後のマンガ喫茶はやめられないですね~。ささやかな贅沢というか。

その後近場の極麺王へ。夕方6時ということもありほとんどお客様はいません。千石自慢でさえこの時間はアイドルタイムだからしょうがないかも。

この店はチャーシューと煮卵が好きで食いに行きますね~~。二郎っぽさを目当てにはこの店はいっていません。

とりあえずチャーシューと煮卵は満足しました。前に1回カレーラーメンも食いましたが、思ったよりもうまかったという印象はあります。

投稿者 91E : 23:39 | トラックバック

西台大勝軒

月曜日は仕事なのでいつものように三田線を上に行きました。
何の気なしにラーメンマップを見ると結構恵まれていることに気づき昼には西台の大勝軒で食ってきました。

自分は大勝軒は東池袋系しか食ったことなかったのですが、食ってみた印象から先に言っちゃうと結構違うもんだなぁという感じがしました。
自分はラーメンをチャーシュー目当てで食うところがあるので細切りがちょっと残念な感じがしました。
ただ全体的なバランスは取れていて悪くはないという印象をもちました。夏は暑いのであんまり行きたくないかな。秋学期になったらまた食いにいこう。そうしよう。
あと自分はテリトリー意識が比較的強いほうなので相席を強要されるのはちょっと嫌かな。。。まぁこればっかりは大勝軒はそういう傾向が強いんですけど。やっぱりカウンター席のほうがいいなぁ。

投稿者 91E : 20:58 | トラックバック

2004年07月02日

○二四号店 6:30pm

本日のBGMは山本リンダ「狙い撃ち」です。ボキャ天ネタの歌詞をあわせてみましょう。
「南浦和、北浦和♪東浦和、西浦和♪武蔵浦和、中浦和♪浦和にゃ七つの駅がある♪」というわけで北浦和まで行ってきました。
本当はオープン初日の7/1に行くべきでしょうが、本店の吉田さんがくるというわけで「吉田さんの味」になるかもしれないということでそれは避けましょうということで二日目(単独では初日)に行くことにしました。

さしておなかはすいていなかったのですが無理やり行きました。とりあえず田端まで自転車で出て東スポを買ってから京浜東北線で北浦和まで。30分くらいでしょうか?思っていたよりは遠くなかったですけど、これがラッシュアワーだったら嫌ですね。
無事に北浦和に到着し、東口のバス乗り場へ移動。どうやら1番乗り場の「市民病院行き」というのに乗ればいいようです。
そうしてバスに乗ること10分くらいで「教育センター」というバス停になったので降りました。そしてきた方向に1分くらい歩くと店がありました。

これからは少しは画像も載せていこうと思います。着くと自分の前に10人くらいの先客がいましたが何とか座れました。しかし2ロット待たされたのはきつかったなぁ。
昔「ラーメン発見伝」でもネタにしていましたが、「座っているお客さんは自分にサービスしてもらえるものと思っていて、そのときに待たされるのは気分が悪いもの」というとおりで待たされたなぁって感じがしました。

ただ開店直後なので「二郎とは何たるや」を知らないできてしまう人も多いです。「こんなものだと思わなかった」と隣に座った市民病院の看護婦さん(ベテラン)の方も驚いていました。もともと埼玉には二郎はなじみがなかったからしょうがないんでしょうね。2ロット待たされてようやく出てきました。全体的な印象としては段取りが悪すぎというのがあります。
麺を釜あげして器に入れている状況で別の人のラーメンを下げたりとはっきりいって無茶苦茶でした。確かにあの麺だと1.2分程度じゃ延びに影響ないのかもしれませんが、見ていて感じのいいものではありませんでした。

本店のときと同じように「豚入り野菜辛めにんにく脂」にしました。食ってみるとどうもスープが薄いような感じがしました。とりあえず机に置いてあるしょうゆたれと脂を駆使しましたが追いつくものではありませんでした。
要町や西新井の時には物足りなさは感じなかったのですが、正直自分としては不満が残りました。とりあえず浦和は遠いので「浦和に用事がある」or「掲示板で評判が上がる」ということがない限り行くことはないでしょう。

食った後はカロリー消費を兼ねて北浦和まで歩くことにしました。北宿通りをひたすら道なりに歩くわけですが、歩行者にとって歩道がないのは非常に危ないという印象を受けました。まぁ歩くほうが間違っているのかもしれませんが。
とりあえず時間としては30分くらいでした。感覚としては本店に行くのに赤羽か東十条から歩くのより若干長いくらいでしょう。

投稿者 91E : 20:45 | コメント (4) | トラックバック